FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年3月
チェンマイ3日目

ワットプラタートドイステープの見物を終わり、
待ってもらっていたソンテウと、
無事に落ち合えたので、やれやれです。

また山を下ってチェンマイ市街地に戻り、
今度は次なる目的地である、
ワット・ウモーンへ向かいます。

もと来た道を、今度は山を下りながら戻ります。
途中で、おそらくチェンマイ市街地へもどるであろう、
乗り合いソンテウを抜かしていきます。
結構な人数が乗っていましたよ。

チェンマイ大学あたりまで戻り、
運河沿いに少し南へ進んだあたりに、
ワット・ウモーンはありました。

周辺は住宅もいくらかあり、
この道沿いの本当にお寺があるのかいな?
とも思いましたが、
到着してみると、
なるほど、森の中っぽいお寺ではありませんか。
watumon2

このお寺、ワット・ウモーンは、
トンネル寺と言われていて、
トンネルの中に仏像が安置されていて、
主に瞑想を行うお寺のようです。

いざ、内部に入ってみると、
ひんやりとしていて、
ちょっと違う空気を感じますね。

次は、ワットウモーンの内部について書きますね。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワットプラダートドイステープ, ワットウモーン, ソンテウ, 瞑想, お寺,

2013年3月
チェンマイ4日目

ワット・チェンマンに到着後、しばし雨宿り。
雨が上がったのを見計らって、
本堂内部に入りました。

本堂の内部では、
なにか法要が行われた後のようで、
椅子が多く並べられていました。
きっと大勢の人が訪れたのでしょう。

いくつかのお堂を回ったり、
裏にある仏塔を見たりしていましたが、
このお寺がとても多いですね。

タイはどこに行ってもがいることが多いですが、
このお寺ワットチェンマンは、
居心地がよいのか、多くのに出会えましたよ。
ワットチェンマン2


まるで、お堂を守るかのように、入口の左右で眠っていたりと、
これまた癒されますね。

きっと何かよい流れを、
たちは感じ取っているのかもしれませんね。

裏にあるお堂には、
仏像と仏像の手の指同士を、
紐で結んであったのが、印象的でした。
赤い糸ではないけれど、
きっと何かの意味があるんでしょうね。
ワットチェンマン3


雨も上がり天気も持ち直してきました。
さて、本日のメインのサンデーマーケットへ向かうとしますか。
近いので、徒歩で行きます。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : , ワットチェンマン, お寺, 本堂, お堂,

2013年3月
チェンマイ4日目

Tシャツ購入、警察官のライブ、お菓子の食べ比べなどをしていると、
あっという間に、夜になってしまいました。
とは言っても、時間的には19時くらいですね。

ここでは、ワットチェディールアンの仏塔のライトアップを見に行きました。
ワットチェディールアンの前の道にも、
非常に多くのお店が屋台を出していて大賑わいです。

それに比べて、チェディールアンの内部は比較的静かでした。
ライトアップされた仏塔です。
やはり夜に来ると、また幻想的に見えますね。
昼と夜でこれだけ違うとは・・・
チェディルアン夜

サンデーデーマーケット沿いにあるお寺には、
ワットチェディールアン以外にも立ち寄りました。
お寺の名前はちょっと失念してしまったんですが、
とても感動した出来事がありました。

タイのお菓子を買おうと、あるお寺境内に足を踏み入れました。
たぶん「ワット・チャイプラキアット」と思われます。
何故かお寺境内には、食料の屋台が多いのです。
いろいろな屋台を見て歩いていると、お寺の本堂の中から、
タイ語のお経が聞こえてきました。
思わず本堂に入って、一番後ろに座ってみました。

ちょっとした坐禅をしようと、
座って、呼吸を整えつつ、タイ語のお経を聞いていると、
なんだか懐かしいような、
どこかで聞いたことのあるような、
そんなお経に聞こえてきました。
チャイプラキアット

ああ、懐かしい!自分はもしかしたら、前世タイにいたのかも・・・
と思うと同時に、感動している自分がいました。
自然と、涙も流れ出てきました。感動の涙ですよ。

ふと我に返ると、とてもすがすがしい気分です。
それでも、お経は続いています。
どうやら若い僧侶たちが順番に唱えてるみたいです。

10分足らずの時間でしたが、
なんだか非常に貴重な、かつ感動的な体験をこのお寺でさせてもらいましたね。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : お経, お寺, 境内, 坐禅, 感動, ワットチェディールアン, ワットチャイプラキアット,

2013年4月
バンコク3日目(旅行自体は9日目)

なんとか捕まえた505番のバスは、
バンコク市内を北へ向かいます。
途中何箇所も渋滞にぶつかり、なかなか進みません。

どこでノンタブリー県に入ったのかわかりませんが、
途中で電車の高架を作っている道路もあったりして、
これから、バンコク周辺の交通網も整備されるのかな?
とも思いました。

結局1時間半ほどかかって、
終点のパーククレットに着きました。

降ろされた場所は、橋の下でした。
さてどうしたものか。
とりあえず、感覚的にバスの進行方向左側に船着場というイメージで、
歩を進めます。

すると、WatBooというお寺の中に迷い込み、
お寺を抜けると、シクロが待ち構えていましたが、
クレット島へ行くと告げると、近いから歩けというようなしぐさをされたので、
川の方向へ進んでいくと、
WatSanamNuaというお寺の裏手に、
ついにクレット島行きの渡し舟を発見!
クレットへの船

歩いた道の、地図はこんな感じです。

大きな地図で見る

地図上でAがバスを降りた地点。
Bが船着場周辺。
我々は、WatBooの中をショートカットしました。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : クレット島, 渡し舟, パーククレット, 505番, お寺,

2014年8月
チェンマイ5日目

托鉢を見て感動を覚え、もっと他の托鉢光景が見たいと、
ワットチェディールアンの方向へうろうろしてみたんですが、
ちょっと遅かったですね。
次回は、もうひとつ早起きをしてみないとですね。

さて、散歩するうち、昨日ソンテウで通りがかった時に、
仏像の顔が見えたお寺があったので、調べたところ、
ワットジェットリンとわかったので、散歩がてら行ってみることにしました。

着いたら、門前に3匹のが鎮座しており、
吼えられて中にいれてくれません。
あきらめかけたころ、お寺の人が外から餌を持って戻ってきました。
その人が、を奥へと引っ張って行ってくれたおかげで、
境内に入ることができました。
ワットジェットリン1

早速本堂にて、座禅・・・
仏像の前で静寂を感じつつ、
座っていると、とても心がすっきりとした気分になります。
ワットジェットリン2


このお寺はかなり奥行きがある敷地で、
僧侶の宿坊らしき建物もいくつかありました。
実は、もっと奥の方には池もあって、橋も架かっているとの情報が後から聞こえました。
知ってれば行ったのに・・・
うーむ、残念でしたね。
また次回のお楽しみということで。

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワットジェットリン, , 境内, 宿坊, 座禅, お寺, ワットチェディールアン,

2015年3月
チェンマイへ 5日目

さて、本日でチェンマイ滞在も終わりです。
今回は、あちこちと動き回っていたので、
なかなか昼間にお寺に行くことができませんでした。

朝に托鉢に出ているお坊さんを眺めることはありましたが、
早朝の6時ではまだお寺の本堂は開いていません。
chedeiruannigiht


明日の朝には帰国の途に着くので、
夕食後に宿の近くの有名なお寺
ワットチェディールアン」に行ってみましたが、
すでに本堂の扉は閉じられていました。

そりゃ、お坊さんは朝早いので、
21時過ぎには眠っていてもおかしくありませんな。
と自分でな納得して、チェディールアンの大きな仏塔のみ見学し、
宿に戻りました。

この大きな仏塔、昔はもっと高かったというのですから・・・
いまでも十分大きくて、
ライトアップもされているので、
とても綺麗でした。

チェンマイに来たら、
ちゃんとお寺巡りも行程に入れておかないと・・・

明日の朝は、
LCCのタイガーエア台湾にて、台北経由で帰国です。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : チェンマイ, ワットチェディールアン, お寺, ライトアップ, 托鉢,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
9日目

ゴールデントライアングルについて、セブンイレブンもある観光地

到着すると、
まず驚くのはセブンイレブンがあること。
ど田舎でなにもないことを想定してくると、
その違いに驚かされるかもしれませんね。

コンビニ、カフェ、土産物屋などなどが軒を連ね、
両替のできる銀行まであります。
かなり観光地の様相になっておりますが、
よくありがちな、船に乗らないかとか、案内してやるなどと言って、
近寄ってきては、しつこく付きまとう輩がいないのは、
大変よいことだし、楽でもありますね。

まずは、メコン川のこの地で、
タイ、ラオス、ミャンマーの3国が国境を接する様子を見てみましょう。
これを見ないことには、このゴールデントライアングルに来た意味がないですからね。

以下の写真です。
goldent1

この景色を見終わると、
この地での観光はほぼ終了になり、
後は、船でもチャーターして対岸の近くまで行ってもらうとか、
そんなことしかできないわけですね。

というわけで、
他にやることがなくなった我々は、
セブンイレブンの前のお寺の参道らしきところを登り詰めると、
またこの3国の国境地帯が良く見渡せるというエリアに行けるという情報をキャッチし、
いざ、この目の前の急な坂道を登り始めたのでした。
goldent3

登り詰めると、お寺がありました。
ワット・プラタートプーカオとあります。
付近には、日本軍の慰霊塔もありました。
この地まで、日本の兵隊は来ていたのですね・・・
ここで散った、日本の英霊に思わず手を合わせずにはいられませんでした。
近くのお堂で、お経を読み上げておきましたよ。
goldent4

登ってきたお寺からの景色は、こんな感じです。
goldent2

車でも登ってこられるみたいで、
お土産屋さんもありましたが、
さすがにここまで来る人は少ないのか、暇そうですね。

もし、ゴールデントライアングルに来ることがあったら、
ぜひ、この山の上のお寺のところまで、
登ってみることをおすすめします。
所用時間は10分くらいじゃないでしょうか。
ひと汗かきますが、景色がよくて、気持ちが良いですよ。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ゴールデントライアングル, お土産, セブンイレブン, 両替, カフェ, 観光地, お寺,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
10日目

お寺を見学してから、チェンライのナイトバザーへ


ワットロンクン(白いお寺)の見学を終えて、
チェンライバスターミナルに戻ってきて、
お昼ご飯も食べたので、ハイチェンライホテルへ戻ってしばし休憩。

また夕方から散歩に出発となりました。

土曜日だけ行われるサタデーマーケットに行く前に、
2件のお寺を巡ってみようかと。

まず、
ワットプラシンへ。
チェンマイにも同じ名前のお寺があるんですが、
こちらは、無料ではいることができました。
本堂の仏像はきらびやかで立派でした。
ワットプラシンチェンライ

続けて、
ワットプラケオへ。
バンコクのワットプラケオにある、翡翠の仏像はもともとこちらチェンライにあったとか。
ただ、時間が遅くなってしまったので、
翡翠の仏像を見ることができませんでした。
ワットプラケオチェンライ

移動中に見つけた、旧時計塔。
元々は、これがあのロータリーに備わっていたんですね。
なんだか、ひっそりとしてるような。
廃止されなくてよかったですね。
旧時計塔チェンライ

と、チェンライ市内をウロウロして、
パッとお寺見学しましたので、
いよいよ、サタデーマーケットに行こうと思いますよ。

せっかくなので、端っこから見ていきます。
道路を歩行者天国にして行われる、サタデーマーケットは、
これまた意外に賑やかそうですよ。
本家のナイトバザーのお店もこちらに今日は出店でしょうか。

夕方の18時を回った時間帯で、
お店もボチボチ出そろってくることでしょう。

つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワットプラケオ, ワットプラシン, バンコク, チェンライ, チェンマイ, お寺, ナイトマーケット, サタデーマーケット,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
15日目


カムティアン市場を後にして、犬のお寺、ワット・ケッカラームへ





カムティアン市場で、かごを購入して、
今日の仕入れはここまでかなあ・・・
なんて思いながら荷物もって、市場内をうろうろ。

結構、面白い雑貨が出てきそうですね。
しかし暑い。
日を遮るものが何もない中で、歩き回るほど厳しいものはないです。

なので、少し見てから
犬のお寺、ワット・ケッカラームへ行くことにしました。

ソンテオを探したんですが、
客待ちソンテオは、やたらと高いことを言うし、、
道に出てソンテオを待ちます。

近くにテスコロータスもあるので、
ソンテオはたくさんやって来そうですが、
待てど暮らせど来ませんね。
逆方向は来たりするんですが、2車線道路で交通量も結構あるので、
拾えません。

10分後にようやく拾ったソンテオで、
ワットケッカラームもわかってもらって、
ようやく乗り込みます。やはり30バーツとのこと。

途中でガソリンスタンドに立ち寄ったり、
渋滞に巻き込まれたりして、
20分くらいで犬のお寺に到着。
この付近の道は狭くて、交通量も多いので駐車するのに少々難儀ですね。

チェンマイには十二支を祀るお寺があるようでして、
そのうちの一つの犬寺がここワットケッカラームというわけです。

境内に入ると、なるほど犬(本物)も多いような気もしますが、
チェンマイのどこのお寺も似たようなものか・・・
と思ってしまいました。不謹慎。。

それでも、犬のお寺らしく、
犬の銅像もあちこちにあったりして、
ここは犬のお寺であることを示してるようでした。
参拝客も多く、結構な数の方が、祈りをささげてました。
ワットケッカラーム犬のお寺

今日はこのまま、帰るとしますか。

でもお茶かしたいという気分でしたので、次のポイントへ。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ソンテオ, カムティアン市場, ワットケッカラーム, チェンマイ, 十二支, お寺, テスコロータス,

2017年11月
ロイクラトン見学と仕入れ(チェンマイ、バンコク)
3日目

チェンライでの時間ができたので、ワット・ジェッドヨードにて静寂を味わいます。

どうにか今日のうちには、チェンマイに行くことができそうです。
時間は、19:30チェンライ発のチェンマイ行きグリーンバス。
1等バスですね。
前回は、VIPバス利用しましたが、
乗車時間が3時間なので、あんまり大差はないかなと。
しかし、今回は、選択の余地なしで、このバスしか空いてないのだから、
仕方がないですね。・・・

窓口で、PCをカチャカチャ操作してるおばちゃんに、
他の便も一応チェックしてよと思ったが、
もう、この便1本という気合が感じられたので、
もうこの最終便に掛けてみることにしました。

さて、現在は、10:30。

まずホテルへ戻って、買い付けた荷物の整理をして、
12:00に一旦チェックアウト。
荷物は預かってもらいました。

まずは、
お寺に行きました。
ワット・ジェットヨードです。
ワットジェットヨード1


ここのお寺は人も少なく、とても落ち着きますね。
仕入にタイに来ていて、
こんなのんびりした時間ができたことには、
とても感謝しましたね。

行き交う車やバイクの音以外は、
何も聞こえない。それもたまにで、基本的には静寂の中にいる感じです。
とても心地よいです。
ワットジェットヨード2


時間が経つのを忘れそうですから、
そろそろ次に行きましょうか。

チェンライでの滞在はまだ続きます。

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : ワットジェットヨード, チェンライ, 時間, お寺, 静寂, グリーンバス, チェンマイ, 最終,