FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年4月
バンコク3日目(旅行自体は9日目)

クレット島にも、何と寝釈迦仏がおりました。
お土産屋が多く立ち並ぶというエリアに向けて、
徒歩でトボトボ向かっていると、
標識より、寝釈迦の案内が・・・

では、行ってみようではないかということになり、
早速、WAT・PORAMAIYIKAWASなるお寺の寝釈迦を見に行きました。
このお寺には、トイレもありました。
この場所にトイレは、希少価値あります。

寝釈迦はこんな感じですね。
クレット寝釈迦

寝釈迦を拝ましていただいた後、
クレット島のお土産屋さんが並んでいるというエリアに入っていきました。

それにしても、平日につき、
人が少なくて閑散としています。
クレット通り

実は、このクレット島は、お菓子の島でもあるらしいのです。、
なので、お菓子を探していると、ありました。
お菓子を売るお店。早速、購入してみました。
見た目は、普通のクッキーのようですが、
独特の味のするお菓子です

たぶんではありますが、
キャンドルの煙を利用して、香りつけをしたのではないかと。
食べた感じの味が、少し煙いというか、
何ともいえない、独特な味(決してまずいわけではないのです)がします。
ちょっと、クセがありました。

そんなお菓子を味わいながら、
お土産屋さん通りを結構進んでみましたが、
陶器の数も少なく、行けども行けども製作現場には出くわしません。

飽きてきたので引き返すことにしますか。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 寝釈迦, WAT・PORAMAIYIKAWAS, クレット島, キャンドル, お菓子,

2017年1月
台北仕入と遊びに
3日目

永康街の奥の方にある、パイナップルケーキのお店主天品を目指します。


さて、最終日はと言いますと、
体調も復活してきたので、
まず、チェックアウトをしてから、出発です。

目的地は永康街です。

地下鉄ができて、
東門駅まで台北駅からあっという間に到着です。
かなり前は、永康街行くのにはバスしかなかったんですが、
地下鉄のおかげで、かなり観光客も増えたのではないでしょうかね。

永康街の奥地にある、
手天品にむかうことにしました。

手天品は、パイナップルケーキなどを作ってる、
お菓子のお店で、
昨日の日曜日がお休みだったので、
どうしても買いたくて、帰国前に向かうことになったのでした。



永康街を入り、結構歩きますが、
目的の手天品に到着です。

パイナップルケーキをいくつかと、
ナツメのお菓子を購入しました。

手作りのパイナップルケーキは、
帰国後に食べましたが、
もっと個数を買ってくればよかった・・・
と思うくらい美味しかったです。
素材に余計なものが入っていないのでしょうね。

手天品外観


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : 手天品, パイナップルケーキ, 永康街, 東門, 地下鉄, ナツメ, お菓子,

2017年4月

台湾のお菓子「孔雀香酥脆」を食べてみたら、意外と美味しい

孔雀香酥脆1

台湾に以前行った時に、
ホテルリラックスⅢに置いてあった、
サービスお菓子の一つ、香酥脆を食べる日がついにやって来ました。
孔雀香酥脆2

パッケージが不気味で、
香魚と記載があるので、
魚の味が満載なのでは・・・
と、魚のお味が得意でない私は、
かなり警戒していたんですが、
いろいろ調べていくと、大丈夫そうなことがわかったので、
このたび、思い切って食べてみることにしました。

封を開けると、
確かに魚のような香ばしい香りが漂うのですが、
これは、パッケージによる思い込みの影響もあろうと、
頭の中で誤魔化して、お皿へ。
孔雀香酥脆3


一口食べてみたんですが、意外や意外、結構いけますね。
何の味かというと、上手く言えませんが、
ポタポタ焼きにかっぱえびせんをかぶした感じといえば、
おわかりいただけるでしょうか。
そんなに不味くはないので、
普通の日本のスナック菓子のように食べれました。

裏をよく見ると、
八角も入っているではありませんか・・・
かっぱえびせんのような香ばしさ?に負けてか、
あんまり八角の味はしなかったですが、
やはり、どこか台湾の味だなあ・・・と思った次第です。

台湾旅行の際の、
ばら撒き土産にはよいかもしれませんよ。

その際には、
「パッケージは不気味だけど大丈夫よ」と一言添えてから、
渡した方が食べてもらえます。きっと。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 台湾, お菓子, 孔雀香酥脆, 香魚, リラックスⅢ, パッケージ, トリップアンクル, 不気味,

2017年12月
台湾へちょこっと仕入と旅行を兼ねて 台南&台北 4日間
1日目

台南は食いしん坊の街と聞いていたが、その通りかもしれない。序章は「新裕珍餅舖」から始まったのでした。

台南にやって来たのは、
何となく雰囲気が良さそうで、
我々の好みに合いそうというのが、
一番最初の理由。
それも、何年も前にこの計画を思い付いてからというもの、
ずいぶんの月日が経ってしまったけれど、
やっとこさ、やって来れたという次第です。

食いしん坊の街であるという噂も聞きつけ、
きっと良い街に違いないということで、
新幹線を駆使して馳せ参じたのであるから、
期待を裏切られる結果になっては困るのですが、
その心配は杞憂に終わることになるのですね。

台南の駅から街を歩きながら、ホテルへと歩を進める中で、
いい匂いを漂わせている、
飲食店が多いと感じて、
期待できるのかもしれないなと密に思い始めましたね。

飲食店と美容室がやたらと多い街だな。。
というのが、最初の印象ですね。
台南。

で、ホテルへ早速チェックインし、
目星をつけていた、
「新裕珍餅舖」へと行ってみました。
ここは、お菓子屋さんで、
ホテルの目の前でしたので、ラッキー。

ショウウインドーに並ぶお菓子を見ながら、
どれにしようかと迷うもの、
また楽しいですね。

この「新裕珍餅舖」から、食べまくることになるのでした。



写真はこちら、
クッキーなどのお菓子。
手作りしてるんですねえ。。
一つ一つは小さいけれど、作り手の心が伝わってくるような、
程よい甘さのクッキーたちでした。
幸先のよい食べ歩きの第一歩ではないですか。。
ごちそうさまでした。

新裕珍餅舗台南


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 台南, 食いしん坊, 飲食店, 新裕珍餅舖, クッキー, お菓子,