FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2015年9月
1日目から2日目 バンコク到着

台北からのVairは、極めて順調に飛行して、
ついに、私にとって久しぶりのドンムアン空港に着陸です。
機内は眠っている人が多かったですね。
Vair様子機内

窓の外は、懐かしい光景が・・・
ここは本当にドンムアンなんだろうか・・・?
と思ってしまいますね。

なんと、45分も早く、23:30頃に到着してしまいました。

入国審査へ向かうと、
大量の某国の人々が、通路をふさぎ、
なにやら大声で話していて、賑やかです。
ビザ待ち?なんでしょうか・・・よくわかりませんね。

そんな人々を横目に見ながら、入国審査に並びます。
何事も無く通過して、スタンプ確認と。
久しぶりにドンムアン空港から入国して、不思議な気分です。
以前は、2006年だったかな。懐かしさが蘇りますね。

今日の宿は、アマリドンムアンエアポートホテル
空港から連絡通路でつながった、エアポートホテルです。
この時間では、ちょっと街に出るのも億劫だし、明日の朝はチェンマイへ移動だし、
と考えると、この空港直結のホテルは魅力的です。

疲れた身体には、ちょっと長い連絡通路ですが、
夜のドンムアン駅を見ながら、
道路を行く車を見ながら、
ホテルへたどり着き、無事にチェックインとなりました。

やっと、眠ることができそうです。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : アマリドンムアンエアポートホテル, 空港, Vair, ドンムアン, ,

2015年9月
2日目

昨晩はVairで台北桃園空港からドンムアンへ移動。
バンコクに到着したのは深夜。
それでも人が多く混雑するドンムアン空港から、
駅と道路をいっぺんに越える橋を渡り、やって来ました、
アマリドンムアンエアポートホテル

深夜にもかかわらず、
チェックインは極めてスムーズ。
流石は空港直結のトランジットホテルですね。

通された部屋は、
エレベータ降りてからかなり歩かされたものの、
ただのデラックスから、プール付きの広いお部屋にグレードアップ。
やりましたね。
一晩で帰るのがもったいないくらいです。
エレベータもルームキー使わないと乗れないし、
なかなか満足ですね。

この日はすぐに眠ってしまいましたが、
朝起きてみて、テラスへ出ると眼下にはプールが見えて、
空港のホテルにいるというよりも、
どこかのリゾートホテルに来た気分になりました。
アマリドンムアンホテル景色


朝食会場もなかなか広く、
料理の種類も豊富なもんですから、
ますます得点はUPしますね。
オムレツなど焼いてもらいました。

ホテルに泊まったときは、朝食の質って大事ですね。
ブッフェスタイルだと食べすぎに注意ですが、
どんな朝御飯なのか、とても楽しみにできるので、
私は大好きですね。

このアマリドンムアンエアポートは、朝食の期待は裏切りませんでしたね。

名残惜しくも、
今日はこれから、チェンマイに向かいます。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : チェンマイ, アマリドンムアンエアポートホテル, 朝食, ブッフェスタイル, ドンムアン, 桃園,

2016年9月
バンコク&台北
2日目


無事に無料シャトルバスにて、
アマリドンムアンエアポートホテルから、
モーチットのBTS駅まで運ばれてきました。

荷物もあったので、大助かりです。
ただ、一般道経由でしたので、
所要時間はかかりましたが、
景色も見れて楽しかったので、また利用してみようかな。

BTSモーチット駅は、
まだお昼前の早い時間なのに、結構な混雑ぶり・・・
そうですね、
本日は、土曜日につき、
ウィークエンドマーケットが始まっており、
この時間で、すでに人が多くなりつつあるような感じですが、
まだまだ、これからでしょう。

今日は、またここへ帰ってこなければならないことを考えると、
暑さでやられそうな気がして、頭がクラクラしてきましたが、
ここは、辛抱どころ。
そして、
BTSに乗り込んで、でビクトリーモニュメント(アヌサワリーチャイ)へ

で、徒歩にてホテルへ。
ホテルは、最近常宿化しつつある、
Bizotel Bangkokです。
ビゾテル・バンコクホテル

ランナム通りを入ってしばらく行った、
右側に位置するホテル。

荷物がある時は、
アヌワワリーでBTS降りたら、階段で下に降りると大変なので、
一旦、連絡通路でつながった「Century Mall」に入り、
館内のエスカレータ使って下へ降りると苦労しないで済みます。
最初は、私も階段をゆっくりと、荷物を抱えて降りてましたが、
他のツーリストもそうしてたんで・・・しかしよく考えてみると、そっかこの手があったか。
というわけで、
今ではこの技?を使っています。

タイのポスト現役
ランナム通りのポスト、何故か道路に対して角度を付けた位置に設置。。

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ビゾテルバンコクホテル, バンコク, アマリドンムアンエアポートホテル, チャトチャック, BTS, アヌサワリ,