FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2011年6月
インド1日目

ついに再びインドにやって来てしまいました。
今回は比較的インドの中でも楽に?旅できるということになっている、南インドです。
目的は、インド最南端の岬のある、カニャークマリに行くという、
なんともいい加減な目的なんであります。
まあ、旅に目的なんかはあんまりないことが多いので、ただぶらっと行きたくなったから・・・
というのが本当の理由になるのでしょうか。

最初はインドチェンナイに到着です。
今回は帰りにバンコクにどうしても寄りたかったので、
タイ航空を利用して、バンコク経由でのインド入りとなりました。
タイ航空は、インド路線はあちこちの都市に運航しているんですね。
その中の一つである、チェンナイ線を使ってインドに入ります。

出発はバンコクを21:25と、とても遅い時間です。
ということはチェンナイ到着は夜中ということになりますね。
多少不安ではありましたが、チェンナイのホテルのみ予約し、送迎はあえて頼まず、
空港からホテルは自力でタクシーで行くという判断をしました。
前にデリーでタクシーにやられているという印象がありますので、かなり不安ですが、
英語のページなど検索してみた限り、チェンナイに関しては、ほとんどトラブルはないようでしたので、
一か八かの勝負をしてみることにしました。

案の定、バンコクの出発は少々の遅れ。
しかし、この程度なら、チェンナイ到着はほとんど定刻でしょう。
荷物も手荷物だけだし、順調に行けば日付の変わった0:30頃にはホテルに辿り着けるはずです。

さて飛行機は、タイの陸地を離れ、闇夜のアンダマン海上空を飛び続けます。
約3時間後、はるか彼方に、インドの街の明かりが見えてきました。
そうです、チェンナイの街の明かりに間違いないでしょう。
旅の気分が高鳴ってきました。
この時の気分は最高に好きな瞬間ですね。初めての土地を前にしてのワクワク感。
ただ、今回はかなりリラックスして、この程よい緊張感?とでも言いましょうか。
を味わうことができました。

チェンナイ到着後からは、また次回です。


関連タグ : チェンナイ, タイ航空, インド,

2011年6月
インド3日目

マドゥライの観光名所のひとつであるミナークシ寺院の見学が終わり、
まずはひとつの事をやり終えた感じになりました。
マドゥライはこのミナークシ寺院を見てしまえば、次に移動して良いのかなとも思えましたし、
次の目的地のカニャークマリがこの旅の最大の目的地でもあるわけですから・・(インド最南端へ行くというこの適当で漠然とした目的)

ということで、ホテルに一旦戻り、
少し涼んでから、Chentoorの3軒くらい隣のベジタリアンレストランへgo!となりました。
もう少し遠くのお店という選択肢も浮上しましたが、疲れていて面倒になったので近場で済ませます。

中に入ってみると、ほとんどがインド人、それも巡礼に来ているインド人といった方々で賑わっていました。
本当はミールスを食べたかったんですが、この夜の時間は本当かどうか怪しいですが、ないとのことでしたので、仕方なく、マサラドーサ、野菜カレー、野菜チャーハンなど適当に注文しました。

ここでは例にならって“”で食べることにしました。
レストランの端にはを洗う水道蛇口があり、インド人も皆そこでを洗っているので、
我々も例にならってそこでを洗ってきました。
インド人をよく観察していると、非常に上で食べるので、それを参考にしつつ真似してみます。
なかなか上手くいきませんが、手で食べ物の触感を感じて、それを口に入れるというのは、あまりない感覚ですので、非常に新鮮であり、しかも何だか子供が手でいたずらをしているような錯覚にも陥り、
でもいたずらでも何でもなくこれが正規の食べ方であるというのが、非常に心地よい感覚なのです。
ぐちゃぐちゃに食べ物がなるのが嫌でしたので、少しずつしかもよく噛んで食べることにもなり、
結果としては体にとてもよいのではないか・・・などと思いましたね。
ここらへんはしっかり考えられているのでしょうか。さすがインド・・侮れません。

マサラドーサという食べ物は、ジャガイモのスパイス炒めをクレープのような生地で包んだものなんですが、
これがまた美味しいのです。
くせになりそうな味で、つい追加で注文してしまいました。
手で食物の感覚を味わいつつ、それを口に運ぶというのは何とも言えず新鮮な感覚ですね。

マドゥライ最後の晩御飯も非常に満足のいくものでしたが、
この店のオヤジがチップを請求してきたのと、
食器を片付けるオバチャンが、我々がチップを払うまでなかなか去ろうとしないなどのトラブル?
はありましたが、我々は笑顔がチップということで、その場を切り抜け、
定額のみ払ってレストランを後にしたのでした。
自分が本当にサービスを受けて、感動したのならば、惜しげもなくチップを払いますがね。




関連タグ : マドゥライ, マサラドーサ, チップ, , インド,

2011年6月
インド5日目

予定のカニャークマリに到着の安心感からか、ついつい寝入ってしまいました。
朝日を拝みに海まで行く予定だったんですが、
起きてみたらやや出かけるには遅い時間となっており、
やむなく部屋の窓から御来光を拝みました。
ところが水平線上には雲があり、少し遅れての日の出。
驚いたのは、かなりの人数のインド人が海岸線沿いにずらっと連なって、
みんな朝日を拝んでいることですね。
どこから来たんだろう?と思うくらいの人数がいました。それに家の屋上とかにも。

カニャークマリ 日の出


今日はここから見える沖合いの島に渡ってみることにしました。
2つあって1つはヴィーヴェーカーナンダ岩、もう一つはティルヴァッルヴァル像の岩。
ホテルの部屋から見ていると、船が最初にヴィーヴェーカーナンダ岩、次にティルヴァッルヴァル像の岩と、
巡回運行しているようです。
通常は2隻でぐるぐるし、多い時で3隻体制になっている模様。

それならば行ってみようではないかということになりますよね。
船はかなり頻発しているようで、10分おきくらいに次々と出港しては岩へ人々を運んでいきます。
そんな様子を部屋から観察して状況を確認していたのですが、
見ているのと、実際に行って見るのとではかなり様子が異なることを、
この後思い知らされることになろうとは・・・

午後にトライすることにして、
まず午前中は銀行に行ってみました。
場所はメインロードの駅近くです。
町で唯一の銀行ですから、当然トラベラーズチェックも両替OKだろうとタカをくくっていたものの、
何と、「駄目!」と断られてしまいました。
では、ドルキャッシュならどうか?
これもできないというのではないですか。いったいこの銀行はどうなっているんだろう?
恐るべしインドの銀行。因みにCANARA BANKですぞ。
「じゃあどこで両替すんの?」と聞くと、今通ってきたゲストハウスでやれということらしいのです。
銀行がそんな両替所を紹介するなんて、どうかしてる。と思いつつも、
ここはインドだし仕方がないという結論に達し、踵を返して、
名前は忘れたが、先ほど前を通過してきた怪しげなゲストハウスへ。
しかし、どう考えてもインド人の銀行員が面倒くさかったとしか思えないのですが・・・
銀行もかなりのインド人でごった返していたし・・・

さて、そのゲストハウスで両替は無事にできたのですが、
私のパスポートを持ってしばらくどこかへ消えたのと、
どこがビザのページか聞かれたことの2点が不審な点でしたね。
で、どこからか謎の両替人が現れて、お金交換するという手はずなんですが、これはマドゥライでも経験済みでしたので、まあこんなものかと。
相変わらず、よくわからないことがインドではよくあるんです。





関連タグ : インド, カニャークマリ, 両替,

2011年6月
インド8日目

バンガロールの空港内で、セキュリティーを抜けた制限エリア内に来てしまいました。
後はタイ航空に乗り込んで、インドを後にするだけです。
セキュリティーはやはり男女別に分かれていて、けっこう厳しいかなという印象ですね。

免税店は思ったより品揃えは少なく、金額も高いです。
やはり空港は高いというイメージは当たりのようですね。
なので、ここで買い物をしているという人はほとんど見かけませんでした。
残ったお金で最後のチャイを飲んで、満足です。それにしてもチャイの味は変わらないのに、値段の高いこと・・・

タイ航空は無事定刻に離陸です。
上昇していくと、バンガロールの街の夜景がとても綺麗に見えました。
バンガロールの街の大きさは上空から見るとよくわかるものですね。
しかし、そんな大きな街であるバンガロールを離れると、後は闇の中を飛んでいきます。
もうインドを離れたのは間違いないのでした。
この飛行機は、アンダマン海上でかなりの揺れに遭遇しました。
ベルトのサインは点灯したまま・・・無事にバンコクに着けるのか不安に思ったものです。


今回のインド旅行は、また大きく得るものがありました。
やはりインド人のすごさというものを、身体で感じられたということが大きいです。
とにかく、やる気があるのか、ないのかわからないインド人の謎めいた部分が、
自分の心に大きく響いてきたのでした。
輪廻転生を信じているインド人が多いと聞きますが、
行って見るとやはりそうなのかもしれない、彼らは諦めているようで、実は達観しているのかもしれない。
などと、勝手な想像をついついしてしまうのでした。
インドに何年も住んだら、この部分はもっとよく見えることでしょう。

日本で生きていくうえでも、何か重要なもの。
それが果たして何なのか?という答えを暗示してくれる国、ある種の指針みたいなものを示してくれる国、
それがまさしくインドなのかもしれません。
もちろん、感じ方は人それぞれなので、何とも言えないのは重々承知の上で書いているのですが、
人生に迷ったら、インドに行くと何かを得られるかもしれないし、
他の国とはやはり何かが(具体的にはわからないが)違っている国なのかもしれないと、
感じながら旅をしてきました。
もちろん自分だけがそうなのかもしれませんから、押し付けではありませんので、念のため。
次回インドに呼ばれたら、またどうな風に感じるのか、書いてみたいと思いました。

すばらしき、インドよ。ありがとう。

今回の南インド旅行記は一旦終了です。

関連タグ : インド, バンガロール, タイ航空, ,

2018年3月 沖縄にて

先週くらいに、
日本経済新聞に、ピーチとバニラエアが経営統合という記事を発見。
しかし、いろいろ調べてると、
ANAからの発表で、「まだ正式決定ではない」みたいな・・・
で、なんだ何かの間違いだったのかな・・・
なんて思っていたら、
やはり、正式決定の報道が来ましたね。
2019年度末までに統合と。。

中距離LCCの開設を狙ってるとのことですが、
沖縄拠点の強化につながる可能性も秘めており、
沖縄在住の人にとっては、朗報となるかもしれません。

最近は、
関西からホノルルへ
エアアジアXとスクートの2社が就航していて、
かなりの搭乗率を維持してるらしいので、
それで、そこへ参入したいとの思惑があるのでしょうね。

2020年にオリンピックもあるし、
訪日需要が伸びてくるのは、想定内ですので、
ここで、海外の中距離LCCがどんどん入ってくると、
日本LCCとしてのうま味を持って行かれてしまう可能性もあって、
これも防ぎたいのでしょうね。

ただ、今の保有してるエアバスのA320では、
航続距離の関係で、
どんなに長くても5時間の飛行時間でギリギリでしょうね。

沖縄-シンガポールに、ジェットスターアジアが5時間ほどの飛行時間で飛んでますが、
これくらいで限界なんでしょうね。
先日、ジェットスター機は、シンガポールから那覇へ来て、悪天候で着陸不可能と知るや、
ホールドせずに踵を返して、台北へダイバード。
で、那覇へ向け、再出発してましたね。多分これって、燃料の関係でしょうね。
長時間ホールドして、天候回復しないと、大変ですから。。

もし、ピーチが今後、
A320neoを投入すれば、
もう少し航続距離が伸びてくると思うけれど、
中距離の機体としては、
A321LRあたりを欲しくなるでしょうね。
220人くらい乗って、7時間くらいは行けるんじゃあないでしょうか。

そうなると、沖縄からインドのコルカタくらいまではいけるかな・・・
その前に需要の問題があるから、どうなんでしょうね。
あと、グアム、サイパンは、ありきたりなので、
インドネシアのジャカルタ、デンパサールあたりが、
就航候補地になってくるんでしょうか。。
東南アジアに就航するなら、断然沖縄からの方が遠くへ飛べるわけで。

夢は、広がりますが、
日本にここまでLCCを広めてきたんだから、
もっと、発展させてもらいたいですね。

でも、ANAの完全子会社になっちゃうと、
ピーチの良さが、消えてしまうこともあるかと思うので、
それだけは、勘弁してほしいですね。

と、ずらずらと書いてしまいましたが、
とにかく、沖縄拠点は守っていただき、
もっと路線の拡充に期待したいところですね。
買い付けで、東南アジア方面へ行きやすくなりますように・・




Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ピーち, バニラエア, 経営統合, 沖縄拠点, 東南アジア, インド, ジャカルタ, A321LR,