FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2011年6月
南インド8日目

さて、インド国内の最終行程になりました。
バンガロールの市内MGロードのホテルから、エアポートバスで空港まで行くというものです。
今回の旅では、鉄道、飛行機、タクシー、リキシャ、船などなどの乗り物を使いましたが、
バスだけは使ってなかったのですね。
それが心残りとなったので、今回はバスで空港に向かうことにしたわけです。

バンガロールの空港へは、いくつかのエアポートバスの路線があるのですが、
MGロード周辺を果たして通っているのか?乗り場はどこか?などということを調査している時間がなかったので、
一番本数が多いと思われる、ケンペゴウダ・バスステーションからの便を選択し、
あえて昼間に偵察に行ったという次第です。
http://www.bmtcinfo.com/site/BSBusServicesDetails.jsp?bsserviceid=1
のホームページからバスの時刻を調べました。BIAS-9という路線番号です。

本当は、ホテルからタクシーで空港へ行けば、一番楽なのですが、
ここはあえてバスを使うという、そんな道を選んでしまったのでした。

ホテルをチェックアウトしたのは、19時を少しまわった頃。
昨晩は20時くらいにチェックインしたので、丸々24時間使ったわけで、
24時間制のホテルのシステムには本当に感謝でした。南インドはこのシステムが多いですね。
夜遅いフライトで移動の時などは、本当に便利なシステムです。

ホテルを出てオートリキシャを捕まえて、ケンペゴウダ・バスステーションへ。
やはりメーターは使ってくれません。
何故かというと、この時間は道が渋滞しているからだとか・・・
まあいいやと80ルピーで妥結。
言うほど渋滞していないみたいで、20分で到着。

昼間と少し異なる場所で降ろされたので、少々迷ったものの、
無事にエアポートバス乗り場に到着。
やはり昼間に偵察に来たのは大正解でした。
夜だと暗い上に、初めて来たとなると、これまた探すのにかなり難儀だったことでしょう。

停車中のエアポートバスに乗車。
19時50分ごろに発車。
バンガロール市内を走り抜けて空港へ向かいます。
ところがこのバスの運転がまた荒いこと・・・・
路線バスなのに、クラクション鳴らしまくり、パッシングしまくり、幅寄せ、割り込み何でもあり・・・
しまいにはバイクの運転手と怒鳴りあう始末・・・
日本ではあまり見られない光景に、やはりインドなんだなあと感じました。
そんな荒い運転のためか、かなり飛ばしたためか、空港までは1時間くらいで着きました。早い!

あとは、タイ航空でバンコクへ向かうだけとなり、
今回の旅のインド国内の移動の行程はこうして終了となりました。

(つづく)





関連タグ : バンガロール, エアポートバス, 運転, ケンペゴウダ・バスステーション,

2015年9月
4日目 バンコク

アマリドンムアンエアポートに無事にアーリーチェックインできたので、
荷物は部屋に置いておいて、チャトチャックへ移動します。

チャトチャックとは、ウィークエンドマーケットのことで、
バンコクのBTSモーチット駅に隣接の場所で行われている、
週末のみ開催のマーケットです。
いつもはものすごい人出なのですが、
今日は8月に起きた爆弾テロの影響で客足は減ってるでしょうか。

ドンムアン空港からは、バスで向かいます。
最近、運行を開始したらしいエアポートバスA1で向かいます。
ドンムアン空港のエアポートバスの表示に従って、
空港の建物から出ると目の前にバス停があります。
スワンナプーム空港行きの無料バスのバス停と並んでいます。

A1とA2が運行してるらしいです。
結構な人が並んでおり、利用者の多さが伺えます。
昔はここから、廃止されてしまったエアポートバスに乗ってカオサンを目指したものです。
懐かしいなあ・・・

しばらく待つと、A2のバスがやって来ました。
A2は戦勝記念塔(アヌサワリチャイ)まで行くようです。
A1はモーチットのバスターミナルまで。
どちらも、モーチット駅(BTS)を通りますので、心配ないです。
A2の方が本数が少ないと思うのですが、タイミングですね。

乗り込んでみると、結構な混雑っぷりでして、
座ることができませんでした。
このバスは、高速道路を走行するようですが、
立っていても問題ないというのが、タイらしいところなんでしょうか。
バスの車両は、普通の路線バスで使われている、オレンジ色の車体のタイプです。
エアコン付き車両、どこまで乗っても30バーツの模様。
車掌が集金にやって来ました。筒を持ってね。

やがて、発車しまして、
高速道路を駆け抜けて、25分くらいでしょうか。
立っていると、窓が低くて景色があんまり確認できないのが痛いとこですね。

モーチット駅の真下に停車しまして、
ほとんどのお客さんが下車しておりました。
我々もここで下車。
バスができて便利になったもんですね。
ドンムアンからは、このバスとBTSや地下鉄を乗り継いで、
バンコク市内へアクセスできるので、非常に便利ですが、
大きな荷物がある時にはタクシーをお勧めいたします。

帰りも、このバスを使って、空港へ戻ることにしましょう。
さて、久しぶりのチャトチャックへGo!


ドンムアンからの地図ですが、エアポートバスは載ってないです。
29 59 510などの一般路線バスは、一般道経由ですので時間がかかります。
エアポートバスA1やA2利用が便利ですね。



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : エアポートバス, A1, 路線バス, ドンムアン, チャトチャック, 週末,