私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2016年3月

今回のタイ行きの初日。
那覇空港LCCターミナルでのこと。
普段であれば、入ってすぐ右側にある自動チェックイン機にて、
チケットのバーコードを読ませて、次にパスポートを読み込ませれば、
とても簡単にチェックインは済んでしまうのですが、
システムがダウンしたとあって、
人手による荷物預けのカウンターに長蛇の列ができています。

全国的にシステムにエラーが出たとか・・・
結局チェックインはできないということで、小1時間待機。
システムエラーって怖いですね。

ようやく復旧したものの、
自動チェックイン機は利用できず(チェックイン時間を過ぎているので受付不可)、
人手によるチェックインとなりました。

なお、気をつけなければいけない事態が・・・
荷物を空港にて預ける場合は、現金は受け付けてくれません。
クレジットカードのみの支払いとなります。
というのも、前の方がお困りの様子でしたので・・・
⇒帰国後に調べてみるとHPに、空港ではクレジットカードのみとなる旨記載がありました。

皆さんも格安航空(LCC)に搭乗の際は、
クレジットカード(予約した時のものが望ましいですね)を必ずご持参くださいね。
なお、海外ではクレジットカードは緊急避難的にも使えたり、
ホテル宿泊の際のデポジットとしても使えるので、
海外旅行には必携のアイテムとなります。
ただし、管理にはくれぐれもお気をつけください。

やっとチェックインをして、出国審査へ。
入国審査官の方が「チェックインに時間がかかったんですか?」
と聞いてきましたので、
こういう時って情報は流れないのかな?
と不思議に思ったものです。

出国すると、LCCターミナルですから、売店1つしかありません。
あとは、DFSの商品受け取りカウンターがあるだけです。
期待しないほうがいいですね。
水だけ購入して、乗り込むことにしましょう。

OKALCCターミナル


つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : LCC, クレジットカード, 那覇空港, LCCターミナル, 自動チェックイン,

2016年7月
仙台&東京
3日目

東北新幹線のやまびこ142号東京行きは、
定刻通りに発車しました。
流石はJRですね。

仙台駅ホーム

今回のやまびこ号のチケットは、
えきねっと会員になることによって、
最大35%もの割引を受けることができるシステムを使って購入しました。
ちょっと書いてみますね。

JR東日本のページから、えきねっと会員登録し、
さらにクレジットカードを登録することで、
誰でもJR線特急指定席などのチケットの購入が,
ネット上から可能になります。
それも、10%から35%の割引が適用されてです。

早速会員登録して購入しようとして、
35%の割引が適用を受ける列車を申し込んだにも関わらず、
結果は、売切れで購入できず・・・・
JRの指定席は1ヶ月前の10:00からの販売が基本ですが、
えきねっと会員は40日前くらいから事前申し込みができるのです。
事前申し込みは確約ではなくて、1ヶ月前に抽選するための申し込みというというイメージでしょうか。

さすがに35%割引のものは、
座席数がかなり限定されているのでしょうね。
席数限定の飛行機(LCC)のセールに似てなくもないですが。

そんなわけで、東北新幹線のチケットを15%割安で購入したわけですが、
購入前に迷ったのが、
グリーン車か普通車かというもの。
グリーン車指定席も35%引きになる列車があるので、
それを使うと、かなり格安でグリーン車に乗れます。
それも、10%~15%OFFの普通車指定席と同じような料金になってしまうことも・・・
これって悩みますよね。

ただ、当然のことながら35%OFFのグリーン車も、
すでに満席のようでしたので・・・残念。。
次回はぜひ、35%OFFのグリーン車を狙ってみたいものです。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : えきねっと, 割引, JR東日本, 新幹線, ネット, クレジットカード, 35%,

2017年6月
6月のタイへの仕入れ バンコクのみ
6日目


ピーチMM990は時間通りに沖縄へ。搭乗率は7割くらいか


ほぼ定刻にゲートを離れた、
ピーチ990便の沖縄那覇行きですが、
搭乗率は7割程度でしょうか。
スワンナプーム空港の鬼

タイ人の沖縄ブームって、もう終わっちゃったのかな。
にしては、早いような感じもしてますがね。

飛行はいたって順調でした。
沖縄までは、4時間くらいだったでしょうか。
途中で夜が明けまして、だんだん明るくなる機内。

ほとんどの人が眠ってましたけれど、
やはりタイ人が多いのでしょうかね。

シートピッチの狭さを考えると、
4時間くらいで限界でしょうか。
ほとんど体も垂直なので、熟眠というわけにはいかないですね。
眠って起きると、身体が固まってる感じですね。
もう年齢が・・・

それでも、セール運賃で、
片道4590円くらいでゲットしてるんですから、
ありがたい限りですね。
仕入にはとても助かるピーチなのです。

冬スケジュールも、
沖縄-バンコクは、3月までの運航は決まったようですが、
できるだけ永く、運航してもらいたいものですね。

那覇空港には、定刻から少し遅れて、
8:34頃に着陸。

手荷物を受け取るのを待っていたのですが、
ターンテーブルではなく、
いつも通りドアの向こうから現れたトランクを見て、
ん?何かが違う??
げっ、壊れてる??
ハンドルが見事に壊れて、ボタンを押しても出てこない状況になってました( ;∀;)

係員にすぐに申告するも、
「LCCですので保証はございません」とのこと。

ありゃりゃ、購入したばかりの、
トランクさん、壊れてしまったんですね。

まあ仕方がないか・・・と、
クレジットカードド付帯の旅行保険を使って直すことにしました。

続きは、また。
沖縄に戻っても、まだまだ旅の続きはあったのでした・・・


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : トランク, 壊れた, ピーチ, LCC, クレジットカード, 付帯, 旅行保険,

2017年6月
6月のタイへの仕入れ バンコクのみ
6日目


ピーチに預けたトランクが破損・・・LCCなので保証なし。クレジットカード付帯の旅行保険で修理

最後にトランクが壊れていたのは、
正直ショックでしたね。
まだ、4回目のご旅行でしたので・・・

で、クレジットカード付帯の旅行保険の電話番号に電話します。
状況を説明すると、
自己負担額(免責)3000円で修理可能とのこと。
ただし、上限金額は時価額となるとのことでした。
これは、購入後1年もしてないので大丈夫でしょう。

今後の手続きとしては、2パターン。

1保険会社にすべて任せて、トランクを送り、指定の工場で修理する

2自分で購入店などに連絡して手配して、修理完了後に、修理金額を請求する

の2パターンを提示され、
2の自力でやるパターンを選択しました。

購入店に連絡すると、
直接サムソナイトの修理センターに連絡するようにと。
持って来られても、修理はできないので・・・お手数をかけますとのこと。

で、結局サムソナイトの修理センターに連絡し、
何日後かに、ゆうパックが集荷に来るので、
そのまま引き渡して、センターに移送し、見積もりしてから修理へという流れ。

結局、ゆうパックに引き渡して、
手元に戻って来るまで、入院は1か月くらいでしたかね。

ハンドル部分はPUハンドルというのだそうで、
少し色が変わったけれど、元通りに直って来ました。

この部分に強い衝撃があると、
カバーが割れて破損し、
レバーを押してもハンドルがロックされたままになってしまうんでしょうね。

バンコクで積み込み時か、沖縄で降ろす時にそうなったのでしょう。

念のため、LCCのピーチにもメールで問い合わせしてみましたが
やはりこのケースは、修理の保証はできないとのことでした。
その代わり、破損証明書を発行してくれました。

皆さんもLCCに荷物を預ける時は、
こんなことも起こり得るということを念頭に置いて、
保険などに入っておくことをお勧めしますよ。

今回は、12,000円くらいの修理代金でしたので、
3000円の免責ということで、
無事、およそ9,000円をもらうことができました。
保険の加入があってよかったです。

古いトランクだと、時価額になるので、
このあたりは保険会社によく確認した方がいいですね。

壊れたトランク201707


これで、2017年6月のタイ仕入の旅行記を終わります。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : トランク, 破損, 修理, 入院, 旅行保険, クレジットカード, 付帯, ピーチ, ,

2017年9月

タイライオンエアのチケットを買おうとしたら、海外発行のクレジットカードは不可??要注意ですな。


ThaiLionAirのチケットをいつも通りに購入しようと、
サイトで検索していました。
11月のチェンマイで行われるロイクラトンに行こうということで、
値段が高いなあと言いながら検索です。
thailionairtop
ThaiLionAirから抜粋↑

私はタイライオンエアには、会員登録してあって、
IDもあるので、名前の入力をしなくていいので楽ちんなんですね。
で、チケットも安く買えるので重宝してるんです。

もう過去には何回か利用してるし、
今回も各社比較して、一番安い便を発見したので、
早速ログインして購入に走ります。

しかし、クレジットカード番号を入力して、決済画面へ進むと、
あれ?クレジット認証に失敗という文字が出るではないですか。。

何回かやり直し、
クレジットカードも変更したりしましたが、やはりだめですね。

限度額を超えてるわけでもないし、
何でだろう?
あっ、入力を間違えていた・・・?
で、やり直して、2回ほどトライしましたが、やはりだめ。。。

この日はあきらめて、
翌日にクレジットカード会社に連絡してみました。

すると、認証までは成功してクレジット会社側ではOKの信号を送ってるのに、
なぜか、先方で拒否してるようなので、
先方に確認してみてくださいとのこと。
限度額や不正使用をしたような形跡もなく、
全く問題なくカードは使える状態とのこと。

その後、いろいろ検索してみると、
どうやらタイライオンエアは、海外発行のクレジットカードは受け付けないようです。
海外発行クレジットカードは利用できないということですね。
タイ国から見ると日本は、海外にあたるので使用不可と、こんな具合です。

ならば、他のエアラインをと思いましたが、
インドネシアのライオンエア(親会社?)のサイトからやればできるんじゃないか??
と考えて検索を掛けると、
料金表示はインドネシアルピアですが、
計算するとほぼ同じ料金で購入できることが判明。

そのまま購入画面へと遷移して、
クレジットカード番号を入れると、
WEBの暗証番号を求められますが、そこも普通に入力。
すると、どうでしょう・・・
待つこと10秒くらい。

購入できました!
画面がEチケット画面に遷移して、チケット番号も出ています。
メールも来て、中身を見ると、
ちゃんとEチケットで航空券番号も確認できました。

やれやれ。
ただし、この送られてきたPDFは1人1枚のEチケットだったので、
ぱっと見では、2名分の名前がなかったので不信に思いましたが、
ページを進んでいくと、やっと2人目の名前が出てきて、一安心。

ようやくロイクラトン前に、バンコクからチェンマイに行くチケットをゲットです。

すぐに購入できなかったので、
1人200バーツずつ、値上がりしてしまったのは残念でした。。。

タイのLCC、タイライオンエアですが、
このような罠が待ち受けているとは・・・
前回までは普通に購入できていたのにね。
次回からは、気を付けないと・・・

タイライオンエアは、無料で15kgまで荷物を預入できるので、
重宝するんですよね。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : タイライオンエア, クレジットカード, 認証, Eチケット, バンコク, チェンマイ, ロイクラトン, 海外発行,

2017年11月
ロイクラトン見学と仕入れ(チェンマイ、バンコク)
2日目

あれれ?予約したはずのフライト便名が、電光掲示板にない!チェックインカウンターに並んでみると・・・

コインロッカーの恩恵か、
予想以上に早くドンムアン空港に到着したので、
余裕だなと考え、
チャトチャックで購入したかごを、大きな袋に詰め替えたりして、
荷物整理を行いました。

タイライオンエアは、国内線は15kgまで無料で預け入れができるので、
とっても助かります。
前までは、機内でお水とお菓子も出ていたんですが、
そのサービスは最近はなくなったようです。
ライバルのノックエアも一番安いタイプのチケットは、
荷物料金を別途支払うことに変更になっており、
お菓子は出なくても、荷物無料のタイライオンエアの価値が増してきているではないですか。
LCCの場合は、荷物が多いと余計な出費になりますからね。

ところが、
このタイライオンエアは、チケット購入が面倒くさくなったんであります。
以前は、日本発行のクレジットカードで、支払いができたのですが、
最近はできなくなったようで、
タイライオンエアのチケットを購入するために、
わざわざ、親会社のライオンエアのサイトから購入する手順しかなかったのです。
詳しくは⇒https://nanginet.blog.fc2.com/blog-entry-1101.html

まさか、これが仇になるとは・・・
ドンムアン空港201703


荷物整理を終えて、
タイラインエアのチェックインカウンターに並びます。
相変わらず大きな電光掲示板には、SL518のフライト表示はなし。
嫌な予感を抱きつつ、列に並びます。
そんなに混雑してなかったので、
程なくして自分たちの番が来ました。

カウンターのお姉さんに、
パスポートとEチケットを印刷した紙を提出。
最初、PC画面をカチャカチャやってたので、
大丈夫なんかいな??と思っていたら。
隣の、上司らしきお姉さんに、「チェンマイ行きのお客さん来ちゃいました」(タイ語)
と告げ、緊張が走ります。

隣の上司らしきお姉さんは、
「今日はチェンマイ行きのフライトは、16時に出発しました。これが今日のチェンマイ行きの最終便でした。時間変更のメールは行かなかったですか?」(英語)
メールが来てれば、今頃ちゃんと搭乗してますよ。。。
ということで、あちらも困り顔。
内部で、いろいろ話合いが行われてる間に、
カウンターのお姉さんに、「明日のチェンマイ行きは空席ある?」
と聞いてみると、PCをカチャカチャやって、朝一番のフライトなら空いてるかもとのことでした。

やばい、このままでは、
チェンマイにたどり着けない可能性が出てきたなと。
せっかくのロイクラトン祭を見れないなんて・・・
悲しすぎる・・・
何だったんだこの1年・・・
といろいろな考えが浮かんできますが、
ここは、頭をフル回転させて、ベストな方法を見つけねばといわけで、
頭の中は、タイの地図が出てきてクルクルしてます。

つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : タイライオンエア, ノックエア, ラインエア, 親会社, クレジットカード, チェンマイ, チェックイン, ドンムアン,