fc2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年4月
バンコク2日目 (旅行自体8日目)

ワット・スタットの大ブランコを見学した後、
またしても徒歩にて、懐かしきカオサンを目指します。

トボトボと、ディンソー通りを北上していきます。
このディンソー通りは、屋台やお店も多くて、
なかなかの賑わいです。

時間としてもちょうどお昼の時間帯。
タイの人々もお昼ご飯時なんでしょうな。

ディンソー通りを突き抜けると、
民主記念塔に突き当たります。
民主記念塔前にして左折していくと、
ちょうど伊勢丹方面からカオサンに帰ってきた時、
バスを降りるところですね。

民主記念塔なつかし

昔は、よくこの辺りでバス降りてトボトボとゲストハウスへ戻っていったものです。
懐かしいですね。
宝くじ売り場がずらっと並んでいる光景は、
昔からあんまり変わっていない様子で、少しホッとします。
当時、常宿としていたのは、タイゲストハウスですね。日本人宿で有名な。
確か、最初はDiorG.H⇒ThaiG.H⇒D&D INと変遷していきました。
そして今は、スクンビット界隈へと宿を移し・・・時代は変わります。

信号を渡ると、カオサンの下(しも)側と呼んでいた場所です。
警察署のある場所と反対側ですね。

いよいよ下側から、カオサンに入ります。
お腹も空いてきたし、歩き疲れて休みたいところです。
スターバックスを探したのですが、
看板が見つからず、断念し、
昔からよく利用していた、カオサン沿いのNATカフェへ。

僕らがカオサンに宿泊していた頃は、
よくこのNATカフェで、朝ご飯食べたりしてました。
何故、NATカフェに行くようになったのか、
定かでありませんが・・・

ふと、日本語のとても上手な子がいたなあ・・・
などと思い出しました。
今も健在のNATカフェ、この存在があるだけでも嬉しいものです。

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : カオサン, 民主記念塔, ゲストハウス, ThaiG.H, D&DIN, NAT,

イビススタイルズ・バンコク・カオサン・ビエンタイがASQホテルに

2020年11月

まだまだ、タイに簡単には観光で行けないし、
特別観光ビザも発給対象国から外されてしまった日本ですが、
そんな中で、ASQのホテルは確実に件数を増やしています。

そしてついに、100軒を超えてきましたね。
で、104軒目のASQ指定ホテルとして、
イビススタイルズ・バンコク・カオサン・ビエンタイが指定されました。

昔の話になってしまいますが、
カオサンにある旧ヴィエンタイホテルです。
それが、イビススタイルの系列にリブランドされて、
現在に至るわけです。

私がカオサンに宿泊していた頃は、
ヴィエンタイホテルなんて高嶺の花でしたけれどね。
1泊100バーツとかのゲストハウスに宿泊してましたんで。。

よくても、
D&DINN(今でもある)や、NANAPLAZA INとかのAC付400バーツくらい
のお部屋に泊まるのが関の山でしたからね・・・
セコイ話です。

年齢と共に、
次第に楽をするようになり、
宿泊ホテルもゲストハウスではなくなり、
宿泊エリアが変化していったこともあり、
カオサンエリアに宿泊することはなくなってしまったんですが、

ASQに旧ヴィエンタイホテルが指定されたということで、
「ああ、ついにカオサンのホテルもか・・・」
と思いましたが、

値段を調べてみたら、
結構高いのですね。

ASQホテルは、コストがかかる・・・

現在の
カオサンのエリアは、
ツーリスト目当てのお店が多いことから、
今は閑古鳥状態らしく、厳しい経営状態が続いてるようですね。

カオサン自体が、タイ人もよく来るエリアに変化したみたいな話も聞きましたが、
やはり、ツーリストに占める割合もかなりあったのでしょうね。
インバウンド不在で、
ゲストハウスも休業してるところが多いみたいで・・・

イビスとしては、
この状態だと、ASQに指定してお客さんを入れた方がよいと判断したのでしょうね。

もしかすると、
お世話になることがあるかもしれない、
いや、このままの状況だと必ずお世話になるであろうASQホテル。
どこに宿泊がよいか、想像を膨らませることで、
タイロスを回避してる今日この頃です。

ドイカムの寝釈迦


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく

関連タグ : ASQ, ビエンタイホテル, イビススタイル, カオサン, ゲストハウス, 懐かしい, タイロス,