FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版



2017年11月
ロイクラトン見学と仕入れ
2日目

モーチット駅の近くにコインロッカーを発見。早速活用してチャトチャックへ

トンタリゾートの滞在?を終えて、
スワンナプーム空港へ送ってもらい。

エアポートレイルに乗って、パヤタイへ。
さらにBTSでモーチットまでやって来ました。

本日は、夕方の飛行機でチェンマイ入りする予定なので、
荷物を持ったまま買付して、
ドンムアン空港へ移動するというハード日程をこなす予定だったんですが、
なんと、モーチット駅を降りて、
いつもの階段を下って、公園入口へ歩いていくと、
コインロッカーが目に入って来ました。
モーチット駅のコインロッカー

思わず立ち止まると、
意外や意外、かなり安く使えるではないですか。
これは大助かりと早速活用することにしました。

場所は、BTSモーチット駅のチャトチャックに近い出口の階段を降りると、
すぐ右手にMRTのチャトチャック駅へ入る入口があるのですが、
そのすぐ目の前です。
写真の右側に少し写ってるのが、MRTの駅入り口です。

使い方は、中央にあるタッチパネルで操作。
まず、好きなロッカーのナンバーを選んで、お金を投入すると、
ドアのカギが開く仕組み。

で、荷物を入れて施錠の操作と暗証番号の設定と行うと、
鍵が閉まります。

本当は、レシートが出てくるはずなんですが、
いくら待ってもレシートは出てこず・・・
しかし、鍵はしっかり施錠されているようなので、
そのまま、ロッカーを信用することにしました。

ロッカーの大きさは、何種類かあって、
一番小さなものでも、我々のバックパックは2つ入りそうだったんですが、
万一入らないとなると、2つのロッカーを使うことになり、
余計な出費になるので、
ここは確実に一番小さなものの次のタイプにしました。

結果、一番小さなものでもいけたのかな・・・?
このロッカーの欠点は、お金を払ってからでないと中のサイズが確認できないこと。
書いておいてくれれば助かるんですけれどね・・・
まあ、仕方がありませんね。

しかし、9月にはなかったと思うコインロッカーが、
出現していたので、
荷物を持ったまま買付をするという事態は免れました。

あーよかった。
今日はチャトチャック内は空いていると思われますがね。
それでも面倒ですから。。

この後は、
JJモールに先に行って少し仕入れ。
その後は、チャトチャックに回って仕入れしました。
結構な荷物ですので、これを持ってチェンマイ行くの??
ってなるけれど、まあ、買い付けなんてこんなもんでしょうね。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : モーチット駅, コインロッカー, JJモール, チャトチャック, A1バス, ドンムアン空港,

2017年11月
ロイクラトン見学と仕入れ(チェンマイ、バンコク)
2日目

モーチット駅近くのコインロッカーから無事に荷物を出して、ドンムアン空港へ向かいます。

長い長い2日目。
とにかく、バンコクでの仕入れは何とか終了。
これも偶然に発見したコインロッカーのおかげです。

モーチット駅の近くのコインロッカーまで戻り、
荷物を引っ張り出しました。

最初の2時間までが80バーツ
その後1時間ごとに40バーツ
これが、中サイズ?の料金です。

タッチパネルで電気式になっていて、
近くに係員もいないので、
万一故障とかのトラブルがあると、
かなり面倒なことになるというリスクはありますが、
これのお陰で、とても助かりました。

荷物を出す際にも、
レシートとかは必要なく、
自分で設定した暗証番号を打ち込むだけで開錠されるので、
預ける時にレシートが出なくても、特に問題はないみたいです。

タッチパネルは、一応日本語対応でしたよ。

何より、次にドンムアンに向かうので、
そのバスに乗る際にはとても便利な場所だったのも助かりました。

バンコクでちょこっと買付して、そのままチェンマイへ向かう場合は、
このコインロッカーとっても使えますね。
しかし、いつまであるかはわかりませんがね。

市内にもこうしたロッカーを発見できれば、
荷物を預けて深夜便を待つという方法もありかもです。
泊まってたホテルに預けるのが一番確実ではありますがね。

というわけで、
すぐ近くのバス停から、
A1のバスに乗って、ドンムアン空港へ向かったのでした。
A1の空港行きバスは、ちゃんとバス停前で停車しました。
フライングして、バス停の手前から乗り込もうとしたら、
運転手がバス停で待ってと手で合図??
空港行きのバスだけに、ちゃんとしてるんでしょうか。

タイのバスも、だいぶ良くなってきた?のでしょうかね。
車両は相変わらずのオレンジ色の年季の入った車体ですが、
エアコンはきちんんと効いているので、快適です。
運転手は、女性の方でした。

モーチット駅からドンムアン空港までは、高速道路経由で渋滞もなく、25分足らずで到着しました。。

ここから、次のトラブルが待ち受けているとは・・・




Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : コインロッカー, バンコク, チャトチャック, モーチット, A1バス, ドンムアン空港,