FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年3月
チェンマイ4日目

ワット・チェンマンを見てから、
まだサンデーマーケットの開催までは、
多少の時間を残していました。

おそらく18時位からが賑やかになるのでしょう。
時間はまだ17時前です。
ワット・チェンマンからは少し南下すれば、
サンデーマーケットの行われている、ラチャダムヌン通りにぶち当たるので、
まあ、ブラブラ行ってみますか。

途中で、
ワットウモーンマハセラチャンを発見。
昨日ワットウモーンを見学したばかりなので、
それと関連性があるのかと思って、思わず中に入ってみました。

当のワットウモーンとの関連性はわかりませんが、
普通のお寺でしたね。
地元の女の子が2人お参りしていました。
非常にローカルな雰囲気。
やはり、タイの人は信仰心が厚いなあと、つくづく思うわけです。
ウモーンマハセラチャン


某国の仏教とはやはり違うよなあ・・・
何が違うのか・・・
はっきりとした答えはでないまま、
次は、いよいよチェンマイのイベントの一つ、
サンデーマーケットへ行きますか。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワットウモーン・マハセラチャン, サンデーマーケット, チェンマイ,

2013年3月
チェンマイ4日目

さて、ワットチェンマンからの道が、
サンデーマーケットのメイン会場の通りである、
ラチャダムヌン通りに近づくと、
急に周囲が活気づいてきましたね。

道に椅子などを並べてできた、
簡易タイマッサージのお店が、客引きに懸命です。
が、まだ、明るい時間帯なので、それほどお客さんは居ない模様。
そりゃまだ早いかも・・・

我々も、まだタイマッサーを受けるには、まだ早い時間帯なんで、
そのままスルーして、
ラチャダムヌン通りへ入っていきました。

おととい、この道を歩いているのですが、
その時とは、うって変わった通りの様子です。
道の左右はもちろん、真ん中にまで屋台が並べられ、
歩くのも難儀する状態になっています。

ただ、まだ、時間帯が早かったので、
比較的、ゆったりと見ることができました。
サンデーマーケット


屋台の種類は、食べ物もありますが、
主に雑貨が中心ですね。
おそらくは、チェンマイ中のかなりのお店が
日曜日に限り、このマーケットに店を出張させているのではないでしょうか。

現に、アヌサン市場で見た、
Tシャツ屋台も本日はこちらに出張しているようでした。

本来の、ナイトバザーは、
もしかしたら、今日はかなりこちらにお客を取られているのでは。

さて、まずは、ラチャダムヌン通りを、ワットプラシン方面へ進んでみましょう。

時間は17時半くらいで、
開店準備をするお店が多く、
まだ見物人もそれほど多くはありません。
後で、わかるのですが、この時間帯は欲しいものを探すには、
一番よいかもしれませんよ。

つづく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : サンデーマーケット, チェンマイ, アヌサン, 雑貨, Tシャツ,

2013年3月
チェンマイ4日目

サンデーマーケットは、
17時くらいが、いろいろなものを探すのに、
よいかもと書きました。

というのは、夜になってしまうと、
電気の明かりでしか、商品を見れないので、
わかりにくいという点や、
通りが、人の流れに沿って、左側通行になってしまうという点があります。
人の流れが完全にできて、
ワットプラシン方向は左側通行、
ターペー門方向はその反対、
という流れが出来上がっている所もあるので、
反対側に欲しいものが売ってるお店があると、
さあ、大変という具合になりますね。

我々は、トボトボと周辺のお店を見ながら、
ワットプラシンまで行って、
折り返してきました。

折り返し始めると、
ちょうどほとんどのお店の準備が整ったくらいの時間です。
時間でいうと、18時少し前くらいです。

しかし、ここからが、
サンデーマーケットの本当の時間帯に入り、
より賑やかになっていきますね。

私は、
タイのお菓子をいくつか、ここで味わいましたので、
写真を載せておきましょう。

タイの屋台で売られているスイーツは、
価格も安いので、ついつい手が伸びてしまいますね。
種類も豊富で、これまた迷う。

sundaymark1


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : サンデーマーケット, チェンマイ, スイーツ, タイ,

2013年3月
チェンマイ4日目

サンデーマーケットは18時をすぎるとなると、
だんだんお店の数も増えてきて、
これで完全にお店が出揃ったイメージです。

お巡りさんのライブを見た後は、
Tシャツなどを購入したりしましたが、
ここでタイのそこら辺の屋台で売っている、
お菓子をいくつか紹介していきます。

まず、
カノム・ブアンタイ
sundaymar4
見た目は、何だこりゃ?という感じですが、
周りはサクッとしたウエハースのようで、
中身は、綿菓子に似たような食感のお菓子。
口の中でとろけるので、すぐに食べ終わってしまいますね。

次は、
カノム・ターン(上の方のお菓子です)
sundaymar3
パン椰子を使って作った蒸しパンですね。
バナナの葉に包まれていて、
甘さも程よいお菓子ですね。
結構見かけないので、もしかしたら珍しいのかな??

お菓子の屋台には、多くの種類が並んでいるので、
何にするかとても迷ってしまうのです。
どれも甘そうだけれど、
甘党の私にとっては、なんとも嬉しい限り。

こうゆうところで買うお菓子って、
食べてみないとわからないことが多いので、
博打みたいなところもまた面白いのでした。

日も暮れてきて、すっかり夜の市の雰囲気です。
そんな中、お菓子の買い食いもまた楽し。



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : チェンマイ, サンデーマーケット, カノム・ブアンタイ, カノム・ターン, パン椰子,

2014年8月
チェンマイ2日目

99ザギャラリーホテルにて、少し仮眠した後、
サタデーマーケットを目指します。

チェンマイでは、
土曜日はサタデーマーケットを、ウアライ通りにて。
日曜日はサンデーマーケットが、ラチャダムヌン通りにて、
それぞれ行われておりますので、
2日間、露天の市を楽しめるのでした。
これもチェンマイの魅力の一つに数えられましょう。

ウアライ通りへは、ソンテウにて移動します。
場所はチェンマイ門の少し下側にあたるので、
ワットプラシンの近くである現在位置から、徒歩で行けないこともないですが、
疲れから、ソンテウでの移動となりました。

どうせ、マーケットでは歩かねばならないわけだし・・・

チェンマイソンテウは、非常に便利で安いですから、
ぼったくりの心配もないし、
というわけで、流してくるソンテウを捕まえました。

サタデーマーケットと運転手さんに伝えると、
どうやらそちら方面へ向かうようでしたので、
荷台に乗り込みます。
これに乗ると、タイにやって来たなあ・・・
と言う感じになりますね。

ソンテウは走り出し、チェンマイ門方面へ向かっていきます。
チェンマイの土地勘もだいぶついてきたので、
だいたいどの辺りを走っているかわかるようになってきました。

途中から、中国人らしき家族連れが乗り込んできました。
どこへいくのでしょうか。
たぶんサタデーマーケットだろう・・・

やがて、サタデーマーケットの出口(チェンマイ門とは反対側)に到着。
我々は、40バーツ(2人分)払って下車。
中国人と思しき方々も、最初乗っていましたが、
やがて運転手さんと一緒に降りてきました。
「ここサタデーマーケット?」と聞いてきたので、そうだと答えました。

運転手さんも流石に中国語はわからない様子で困ってましたね。
もちろん日本語もわからないですが・・・
中国人の観光客が増えてきたなあ。。と思いました。
それは、マーケットに入ってさらに、よくわかることになります。

それにしてもこのソンテウの運転手さん、
気を利かしてくれたのか、
サタデーマーケットの出口側へ回してくれました。
これは後で気が付いたのですが、とても助かりましたね。

CNXサタデー



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : チェンマイ, ソンテウ, サタデーマーケット, ウアライ, サンデーマーケット, ラチャダムヌン,

2014年8月
チェンマイ3日目

hoshihanaVillageにて、美味しいランチを頂いた後は、
バーンロムサイのショップにも立ち寄って、少し買い物。
バーンロムサイの個展は、沖縄の那覇でも開催されたことがあるのです。
沖縄在住の我々にとっては、うれしい限り。

いつもお世話になっている、
バーンロムサイのAさんにも出会えたので、
ここまで来た甲斐があるというものです。

タクシーのお姉さんも、予定時間をオーバーしてしまい、
かなり長い時間待ってるよと、
レストランの方が教えてくれたので、
サンデーマーケットとの兼ね合いもあるため、
そろそろチェンマイに戻ることにしました。

次は泊まりたいねえ~と、
hoshihanaVillageを後にしたのでした。

途中で、ハーンドングランドキャニオンと言われている場所に、
タクシーのお姉さんが立ち寄ってくれました。
ハンドン名所グランド

こんなところあったんだー!
と思いましたが、もし崖から落ちたら・・・
高い所が苦手な方はご注意ください。
僕らは恐る恐る下をみようとしたけど、・・・・できませんでした。
高所恐怖症です・・。

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ハーンドン, hoshihanavillage, グランドキャニオン, タクシー, チェンマイ, サンデーマーケット,

2014年8月
チェンマイ3日目

ハーンドンのhoshihanaからチェンマイ市内へ戻ってくると、
なんと渋滞しているではないですか。
これも、サンデーマーケットの影響だそうで、
お堀の周りは、交通量がかなり増えていますね。

少し時間かかってしまいましたが、
99ザ・ギャラリーホテルに一旦戻り、
少し休んでから、再びマーケットへ。

何と言っても、サンデーマーケットはすぐ近くなので、
便利極まりないですね。

サンデーマーケットに突入したのは、
日が暮れるまえくらいだったかな。
夜になってしまうと、電気の灯りだけになるので、
商品をチェックするのに時間がかかることもあるので、
なるべく明るいうちがいいんですがねえ。。。

とは言っても、ここはナイトマーケットでもあるわけで、
またこのマーケットの雰囲気もいいもんですから、
ついついブラブラと、ターペー門まで行ってしまいました。
さすがにターペー門に近づくにつれて、
人人人の波です。

スイカのシェイクを飲み干し、
カオニャオマムアンを食べたりして、
マーケットを満喫。
カオニャオマムアン見つけた

ホテルへ戻ります。
このサンデーマーケットで、ちょっとした事件?
があったので、それは次回に書きましょう。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ターペー門, サンデーマーケット, カオニャオマムアン, チェンマイ, お堀,

2014年8月
チェンマイ3日目

サンデーマーケット遭遇した事件とは。

まあ、事件と書くほどでもないですし、
事件でもないのですが、
子供が居なくなってしまった、フランス人お父さんが、
大声で騒ぐというものでした。

マーケットで、いろいろと商品を見ていると、
大声で叫ぶ声が・・・・
これは何かあったなと、一瞬身構えて、
あたりをよく見回して見ると、
外人の方が、大声で何か叫んでいる様子。

何事かと周りのお店のタイ人やら、
買い物に来てる外国人やらが、集まってきました。
よく見ると、お父さんの他にお母さん子供もいます。
家族のようですね。

近寄ってみると、
どうやら2歳くらいの子供がいなくなってしまって、
探しているとのこと。

周囲は騒然となりましたが、
タイ人はポリスを呼ぼうと電話をかけたり、
アメリカ人が英語で聞いてみると、フランス人らしく、
フランス語のできる人を呼んできてほしいとのこと。
ならばツーリストポリスしかないよね・・・などなど

そうこうしているうちに、
ここに居合わせた人みんなで探そうみたいな雰囲気に、
屋台の下とか、付近のソイの奥とか、お寺の中とか・・・
我々も、居なくなってしまった子供の写真を見せてもらい、
捜索に協力しようと・・・
そうするもつかの間、
子供を抱いたお父さんが登場。
周囲はほっとして、いつものサンデーマーケットに戻りました。

子供は、ちょっと目を離した隙にどこに行くかわかりませんものね。
もし、お子さん連れてチェンマイに限らず海外に行くときは、
買い物に夢中になってしまって、気が付いたら・・・
という騒ぎにならないように注意していただきたいものです。

今回は、見つかったので、本当によかったです。

夜ご飯はタイらしい屋台で・・・
タイの屋台光景


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




関連タグ : サンデーマーケット, フランス人, タイ人, 子供, お父さん, お母さん,

2014年8月
チェンマイ4日目

今日は、99ザギャラリーホテルをチェックアウトして、
ホテルを、タマリンドヴィレッジへ移動します。

チェンマイの旧市街の中では、少し高級なタマリンドヴィレッジへの宿泊とあって、
心はウキウキとしておりますが、
タクシーでホテルへ乗りつけるわけでもなく、
徒歩でチマチマと移動していこうと言う魂胆です。

といっても、大した距離を歩くわけではないので、
タクシーに乗るほどでもないかというのが、
正直な理由でしょうか。

で、トボトボと徒歩で行動開始。
ラチャダムヌン通りを東へ、ターペー門へ向けて歩きます。
昨日は、サンデーマーケットで大賑わいを見せていた、
大勢の人々と屋台で埋め尽くされていたこの通りも、
今日は普段の光景に戻り、車が普通に行き来し、
ツーリストも実にのんびりと歩を進めています。

そんな中、1件のお寺に立ち寄りました。
ワットチャイプラキアット
プラキアット2

前にチェンマイに来たときに、
サンデーマーケットで夜の8時前くらいにここを通りかかったのですが、
その時、修行僧のお経が聞こえてきて、
すっと、お寺に吸い込まれ、
思わず涙が溢れ出してしまったお寺。

立ち止まらずにはいられませんね。
ここは、遥か遠い昔に自分が住んでいたのかも・・・
そんな残像を探してみる旅も面白いかもしれないですね。
プラキアット1


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ワット, ワットチャイプラキアット, チェンマイ, サンデーマーケット, タマリンドヴィレッジ, 99ザギャラリーホテル,

2015年3月
チェンマイ3日目

日本語を適度に話すニポンさんのタクシーにて、
無事にMakkaHotelへ運ばれました。
できてあんまり経たないホテルなのですが、
迷わずに行ってくれました。

サンデーマーケットが近いので、
周辺の道路は16時以降は通行止めになってしまいます。
というか、歩行者天国になるので通れませんからね。
で、時間は16時少し前・・・
危なかったですね~。ニポンさんのタクシーは慌てて戻っていきました。

さて、MakkaHotelですが、
agodaから予約ちゃんと入ってました。
2泊と1泊と分けて予約してあったんですが、
連続して同じ部屋でOKとのことでした。

キーをもらって部屋へ案内してもらいます。
途中で靴を脱いで下駄箱に仕舞って、
サンダルに履き替えて自室へ。
1階の部屋でしたので、近い近い。
何と言っても、全部で26室、2階建てのホテルですからね。

仏陀の教え?がコンセプトになっているのか、
お寺を模した構造になっており、
静かに寛ぐことができます。
2階にある図書室なんかは最高です。

部屋はそれ程広くなかったので、自室よりも図書室など、
他のスペースでゆっくりとしてくださいということなのでしょう。

残念なのは、シャワールーム。
洗面部分との仕切りが中途半端な大きさで、
普通にシャワーを浴びると、浴室全体が水浸しになってしまいました。
仕切りをもう少し大きくするか、シャワーカーテンをつけてもらいたいと思いました。

図書室はこんな感じです。↓
マッカホテル図書


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : MakkaHotel, サンデーマーケット, タクシー, 空港, 仏陀,