FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2016年7月

スクートのセール

スクートのセール201607
スクートのHPより引用

スクートがセールやってました。

LCCのスクートは、大阪や成田から、台北やバンコク、シンガポールへ
のフライトを持っているので、
沖縄発の我々にとっては、関係のないように見えますが、
LCC同士の組み合わせによっては、
安くバンコクまで行けるかもしれません。

セール期間中に関しては、
大阪関西-バンコク 8500円から
成田-バンコク 11000円から
という金額設定の日もあります。

沖縄からだと、それぞれ成田や関西まで、ピーチやジェットスターなどのLCCで出て、
そこからスクートを利用する方法になります。

これでうまく買えれば、
沖縄からバンコク往復で、30,000円を切ってくるかもしれませんね。

ただ、タイは西にあるので、
わざわざ一回、沖縄から東寄りの、
大阪や東京まで行き、再び沖縄の上空を飛び越してバンコクへ行くのって、
なんか複雑な気分ですよね。

飛行機が好きな人には、
何時間乗っていても飽きないでしょうけれど、
飛行機は移動手段と考えている方にとっては、
飛行時間が長いのはきついかもしれません。

と、次の仕入れの時期を考えていて、
そうだ、東京や大阪経由があったじゃないか・・・!
と思ったので、記事にしてみました。

そういや、スクートは使用機材が、
ボーイング787だったですね。
LCCでも新機材を使う会社も出てきております。
燃費が良いので、効率的ということなのでしょう。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : LCC, スクート, 沖縄, バンコク, ピーチ, ジェットスター, 成田, 関西,

2016年8月

9月末にタイに仕入れに行くことが決定しました。
どんな手段で行くのかというと、
いろいろ検討した結果、
大阪への帰省と合わせてタイへ飛ぶことにしました。

沖縄からタイへ飛ぶとなると、
当然直行便はないので、
どこかを経由して、バンコクやチェンマイへ向かうことになります。

今までは、沖縄から台北経由ばかりしていたので、
あえて大阪経由も悪くなかろうと。
それに、大阪からはスクートとエアアジアの2つのLCCがバンコクへ飛んでいるので、
これらに乗ってみたいなという気持もありました。

なので、簡単に大阪-バンコクが決定。
あとは、LCC2社をどちらにするかですね。

スクート TZ297
大阪関西発18:00⇒バンコク・ドンムアン着21:55
運航は 水 金 日 の週3便
機材 787

エアアジアX XJ611
大阪関西発0:10⇒バンコク・ドンムアン着4:00
運航は 毎日
機材 A330

安さからすると、
エアアジアに軍配が上がることが多いですが、
時間的には、大阪で所用を済ませて、
夕方のフライトに乗り、夜にバンコク。
そのまま、アマリドンムアンエアポートホテルへ宿泊。
翌日から行動開始。
というのが、もっとも身体に負担が少ないですね。

エアアジアだと、ナイトラン(夜行便)になってしまい、
ホテル代を浮かすことはできるものの、
翌日は大して眠っていないまま、
チャトチャックの人ごみを歩かなければならないことを考えると・・・
この年齢では体力が持ちません。。
若い頃は大丈夫だったんですがねえ。

というわけで、スクートに決めたわけです。
それに、787型機ですからね。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : LCC, 大阪, バンコク, ドンムアン, エアアジアX, スクート, 787,

2017年8月

行きは、大阪経由のバンコクINで、
スクートに決めました。
セールもやってましたが、
逃してしまったので、がっかりしてたとこですが、
運良くというか、搭乗する日は安い日にちでした。

スクートは、ボーイング787を使用しているLCCで、
かなりしっかりしている印象を受けますね。

到着はバンコクのドンムアン空港です。

HPも日本語のものがあるので、
予約もしやすかったです。
ただ、座席指定すると1080円もするのね。
これはちと高いかなあ。

それと、機内持ち込みが7kgのもの1つと厳しい。。
せめて2つにしてほしいなあと思っていたら、
救済措置としてパソコンを持っておれば、
もう一つのカバン3kgまでが追加され、合計で10kgになるらしい。

HPには、
ハンドバッグかまたはラップトップ入り3kgと書かれてるので、
パソコンを持ってないとだめなわけじゃなさそうなんで、
まあ、10kgまではOKでしょう。
scoot画面手荷物


というわけで、10kgの壁と戦わなければなりませんね。
これはLCC利用時の宿命なんでしょうか。
ジェットスターは7kgなので、まだましですけれどね。

そのためと言ってもいいくらいですが、
デジタルばかりを購入して、常備してますので、
事前に計量することで、怖さはなくなりますね。





Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : スクート, バンコク, ドンムアン, 座席指定, デジタルバカリ,

2016年9月

名古屋からサムイへLCCで行く?その5

いくつか、
名古屋発のLCCについて紹介してきましたが、
目的地がバンコクならば、
まだいくつかの方法はあるものの、
タイの他の国内の都市となると、
一手間かかることがあります。

いずれにしても、
サムイへ行くためには、
バンコクで乗り継がねばならないため、
ドンムアン空港とスワンナプーム空港間の移動が発生することもあります。

また、LCCによっては、
ドンムアンではなくてスワンナプームを利用する会社もあるので、
自分がどの航空会社で、
バンコクはどちらの空港を利用するのか、
ということもしっかり把握しておくことも重要ですね。

スワンナプーム発の国内線は、
タイ国際航空や、バンコクエアウェイズが中心で、
国内線のLCCは入っていません。

しかしながら、
バンコクエアウェイズは、
エコノミークラスの乗客にも開放されてるラウンジがあり、
ドリンクと軽食を頂くことができるので、
ちょっとお得感はありますね。

スワンナプームに着いて、
ドンムアン空港まで無料バスで移動して、
LCCを使ってタイのほかの都市へ向かうのが、
面倒くさいという方は、
空港移動をしない、航空会社の選択をすることになるでしょうね。

名古屋発に焦点を充てて話してきましたが、
大阪発にすると、
スクートやエアアジアというLCCが、
バンコク・ドンムアンへ路線を持ってますので、
こちらを利用するほうが、効率的かもしれませんね。

次回の買付け時に、
スクートを初利用しますので、
その様子も当ブログにて、報告してみたいと思います。

名古屋発の場合は、
レガシーを使った方が無難かもしれません。
ベトナム航空あたりはねらい目ですね。
ベトナム航空で、ホーチミンかハノイで乗り継いでバンコクへ。
バンコクからサムイへは、バンコクエアウェイズで。

というのが、安くする行き方ではないでしょうか。
ベトナムも見れるので面白いかもしれません。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : スクート, エアアジア, バンコクエアウェイズ, バンコク, 空港, サムイ,

2016年9月

まもなく、タイへの買い付けに出発が近づいてきましたが、
今回のルートは、
1那覇⇒関西 ジェットスタージャパン(GK)
関西バンコク スクート(TZ)
バンコク台北 VAir(IT)
台北⇒沖縄 ピーチ(MM)
というルーティングになりました。

関西バンコク台北、3都市ともに、24時間以上の滞在ということで、
航空券のルールでは、乗り継ぎとはならず、
ストップオーバー(途中降機)ということになります。

ストップオーバーが可能な航空券となると、
かなり絞られてきますし、料金も上がってくるというのが常です。

そこで、すでに航空券の購入まで完了してるのに、
まだ他に何か安いのはなかったのだろうか?
と調べてしまういつもの悪い癖が、またでました(^^ゞ

スカイスキャナーでチェックしてみると、
エバー航空が案外安いということに気が付きますね。
大阪発で沖縄着という具合にセットし、
那覇⇒大阪の1区間だけLCCを使うという作戦です。

これだと、エバー航空の、KIX⇒TPE⇒BKK⇒TPE(○)⇒OKA
で43000円くらいでした。○は24時間以上の滞在。
これに関西までのLCC代金7000円くらい?
を追加しても50,000円くらいでいけたのかな??

ただし、行きも台北を経由しなければならないので、
関西を出る時間が早くなる(当たり前ですが・・・)
それと、台北の滞在時間が上記のルートだと減ってしまうという欠点があります。

今回の目的の一つに、
トリップアンクルのための台北での仕入れもあります。
なので、台北での時間が長ければ長いほどよいので、
エバー航空利用だと、もう1泊台北に宿泊して、
旅程自体を伸ばさないといけませんね・・・・

というわけで、今回は、
LCCでよかったなあ・・・と勝手に納得したわけです。
スクートにも搭乗してみたいし。
VAirの最後のフライトにも乗って、ありがとう!を言いたいわけです。

次は、荷物の心配のないレガシーキャリアの安い時期を狙って、
快適な空の旅をしたいですね。

そういや、最近は出かける回数が増えたけれど、
LCCのお世話になりっぱなしですね。
LCCにも感謝せねばなりませんね。
どんどん、LCCにも発展していってもらいたいものです。
仕入れの味方ですからね。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : トリップアンクル, 買い付け, 仕入れ, バンコク, 台北, 関西, VAir, ピーチ, スクート, ジェットスター,

2016年9月

奈良での所用を済ませて、
またしても関西空港に戻って来ました。
タイの旅のことを書こうと思っているのに、まだ国内のこと書いてますね。
もう少しです。

これからタイへ向かうのですが、
忘れた物を追加で購入。
仕入に必須な電卓も購入。⇒仕入に行くのに何やってるんだか・・・
でもこれ、案外仕入には使わないのよね。

買うお店にたいて電卓はあるし・・・
しかし、
ダイソーの100円均一があるので、ついつい購入です。
便利ですね。
関空は、結構お店もそろっているので、
なにかと都合がよいですね。

スクートチェックインは、1時間前に締め切られてしまうので、
それまでには必ずチェックインしないといけません。
ウェブチェックインは、シンガポールでしかできないようなので、
カウンターに行くしか道はないです。

LCCは容赦なく時間で切りますから、
関空には、かなり早めに到着となりました。

カウンターに行ってみると、列はないのでラッキーです。
チェックイン時に機内持ち込み手荷物について聞いてみると、
7kgと3kgのもの2つで合計10kgとのこと。
3kgの部分について、特にパソコンでなければならないわけではないようです。
HPには、パソコンハンドバッグなどと微妙な言い回しになっているので、
聞いてみたわけですが、
少々神経質になりすぎてましたね。

中身がパソコンかどうかまでは、
調べていないようですので、
まあ、ハンドバッグ程度ならOKということでしょうか。
大きいほうが7kgという制限は、しっかりチェックしてるようです。

チェックイン後は、
早々に出国といたしました。
ところが、出国はガラガラでしたので、あっという間に通過。
セキュリティーもすぐに通過。
免税店エリアに抜けました。

久しぶりに関西空港に来ましたが、
免税店のあるエリアは、比較的賑わっておりました。
便数も以前よりは増えているのでしょう。

関空は、南北に細長い構造になっているので、
搭乗口を良く確認してから移動します。
途中に無料のシャトル電車も走っていますので、それを利用します。

スクートは、39番ゲートです。
向かいましょう。

出発待ちTZ297

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : スクート, チェックイン, 荷物, 7kg, 手荷物, パソコン, ハンドバッグ,

2016年9月
タイ&台北へ

関西空港の搭乗口
39番ゲートは、
中間駅へのシャトルを利用して移動します。

シャトルは、中間駅行きと先端駅行きに別れていて、
39番は中間駅の方が近いので、こちらを利用します。
まあ、表示に従っていくだけですので、
間違いようがないのですが、
自分のゲート番号だけはしっかりモニターで把握しておきましょうね。
そうしておけば、急なゲート変更時にも対応できます。

しかし、
予想以上に出国が早く終わってしまったので、
時間を持て余すことに・・・
しかたなく、39番ゲートのすぐ近くにある、
タリーズコーヒーにてお茶タイムです。

TZ297-39番から


スクート機内では、
持ち込んでの飲食はダメということなんですが、
お茶くらいならということで、コンビニで一応買いましたが、
飲めるかは不明なんで、
ここで、コーヒーでも飲んでバンコクまで耐えようという魂胆です。

やがて、時間が来ましたので、
搭乗します。
機材は、ボーイング787-8型で、新しい機体です。
787は長時間乗っても、従来機より疲労が少ないとのこと。
国内線で搭乗したことはありますが、
5時間以上の国際線では、その能力が発揮されることでしょう。
期待に胸を高鳴らせながら搭乗。

37列目の座席へ。
うーむ。
この座席は失敗。
なぜなら、まどの位置が微妙に前。
ちょうどダクトか何かが通ってるので窓がないというか、
窓はあるのだけれど、少しだけ前ですね。

つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : スクート, バンコク, ドンムアン, 関西空港, 39番, モニター,

2016年9月
バンコク&台北 1日目


関西空港からバンコク・ドンムアン行きのスクートTZ297便に
乗り込んでみたものの、
自分の座席の窓の位置にちょっとがっかり。
自分でこの席を選択してるので、文句は言えませんが・・・
うーむ、調べが甘かったなあと反省。
でも、まったく窓がない席ではないので、いいかと。

そして、
自分の座席のやや前方についてる
787の大きな窓の装置である電子シェードですが、
押しても反応しない・・・
壊れてるのかな???
残念、これではせっかくの電子シェードを味わえないではないか・・・
この電子シェードですが、バンコクに到着する頃には、
自然と直ったのですが・・・不思議です。
わざとできないようになっていたのかなあ。わかりませんが・・・

それにしても、
787の機内はLEDの照明で、
一風変わった雰囲気でした。
色が、青になったり、オレンジになったりしてました。

こうして、スクートTZ297バンコク経由シンガポール行きは、
定刻よりやや遅れて離陸となりました。
ちゃんと日本語の案内放送もありましたよ。

いろいろ書いてしまいましたが、
座席も広くて、なかなか快適ですよ。
スクートは機体が新しい787だし、
なんかLCCらしくないのですが、
今後も利用したくなってきますねえ。

スクートの機内誌

scoot機内誌

沖縄からは、飛ばす計画なんてないですよね。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : スクート, 機内誌, バンコク, ドンムアン, , 787, LED, 関西,

2016年9月
バンコク&台北 1日目


離陸してベルトサインが消える頃、
改めて機内を見渡すと、
搭乗率は70%くらいでしょうか。
この搭乗率だと、
もしかしたら前日でも比較的安い料金で購入できるのかもしれませんね。

機内販売のワゴンが巡回を開始。
機内食等を販売中。
我々も水でも買おうか・・・
機内誌の一つをチェックしてみると、
水が1本約300円くらいですね。
これなら、買ってから乗るべきだったなあ・・・
まあ、コソコソになるんだけれどね。
放送では、「持ち込みでの飲食はご遠慮ください」とは言っていた。

さらに周りを見てみると、
結構、お菓子なんかを食べてる人もチラホラ。
それを見ても、CAは何も言いません。
そこまで厳格ではないのかもしれませんね。

787の機内で湿度は少し上がったとはいえ、
まだまだ地上に比べたら、低いですからね。
身体によくないので、お茶は飲ませてもらいましたよ。すみません・・・

あとは、寝るなり考え事するなり、
モニターなどが付いていないので、
こうした時間も取れるというのが、LCCの良いところとも言えます。

安く運んでくれるのですから、
あとは、おとなしく座っていればよろしい。

というわけで、ウトウトしてるうち、
バンコクのドンムアン空港に着陸となりました。
少し遅れて出発した割には、
ほとんど定刻通りの運航でしたね。
TZ297出発直前



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 機内, 機内食, コソコソ, スクート, 飲食, 遠慮,

2016年9月
バンコク&台北 1日目

スクートの787型機で、
無事にドンムアン空港まで運ばれてきました。
到着してから、思ったんですが、
気のせいか、いつもより疲労度合いが少ないなと。

やはり、機内の気圧が
通常の航空機よりもやや低い高度の1800mに設定されていて、
かつ湿度も25%ほどになっているので、機内の環境は快適といえます。
何せ、従来の機材では、
高度2500mの気圧に設定、湿度は8%から10%となっているんですから、
その差は歴然としてるし、
長時間のフライトになればなるほど、差が実感できるのですね。

毎日のように乗務されてる方は、さぞかし大変でしょうから、
787型機に乗務希望の乗務員が増えてきそうですが、
技術の発達でいずれは、
このような快適環境で旅できる飛行機ばかりになるのかもしれませんね。

と、国内線の1時間くらいのフライトでは、
なかなか実感できない機内環境、ボーイング787の実力を、
身を持って体感したのでした。

スクートは、LCCなのに、このような新鋭機材を運用し、
座席配置も通常のLCC機材の詰め込みタイプよりも、
明らかに広い座席で提供してるんですから、
さすがとしか言いようがありませんね。

ただし、肘掛の上にCA呼び出しボタンが付いてるのは、
ちょっとね。間違って押しそうになることが、何回も・・・
あれ、間違って押しちゃう人多いんじゃないかな。
無意識に押してるみたいな・・・
CAがかわいそうだねえ。間違いで何度も呼ばれては・・・
スクートの肘掛スイッチ


こんなことを考えながら、
スクートの787を降りて、
タイのイミグレーションに向けて、
トボトボと、懐かしいドンムアン空港の中を
歩いていくのでした。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 787, 新鋭機材, スクート, LCC, バンコク, 運用, 座席, CA, 呼び出し,