FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2017年3月から4月
タイ買付けへ
9日目

ゴールデントライアングルの観光は終了したので、チェンセンに向かうことに


夢にまで見たゴールデントライアングルですが、
観光してる時間は、ものの1時間くらいですかね。
この3角地帯が見れれば、もう満足です。

その昔は、この地帯は麻薬の密輸の基地となっており、
危険だと言われておりましたが、
今はそんな空気はまったくなし。
のんびりとしたものです。
夜になると、ちょっとわかりませんけれどね。

さて、ゴールデントライアングルの観光も終わったので、
チェンセンまでいったん向かおうと思って、
ロットゥー乗り場へ。

さっき乗ってきたロットゥーの時刻表があって、
1時間おきに走ってるみたいなんですが、
まったく来る気配はありません。

そういや、さっきのロットゥーの運転手は、
最終のバスは16:00と言っていたっけ。
とすると、16:00までは来ないということ?
うーん、ここはタイだからあり得るな・・・
この時刻表はそもそも活用されてないのかもしれない。
使われてないダイヤの時刻表なら下げればいいのでは?

謎のロットゥー乗り場
この写真からして、ここに時間通りにロットゥが来るか、
甚だ怪しい感じしますよね。

などなど、いろんなことが頭をよぎりますが、
しかしここはタイですからね。
逆に考えると、ゴールデントライアングルまで、ローカルな手段で来る人は少ないということの現れですかね。
観光バスはやたらとやって来ては、
どこか次の目的地へ去っていきます。

こうなってくると、、
ロットゥーはあと3時間は来ないということから、
道に出てソンテウを拾うことにしましょうか

ブルーのソンテオが、さっき通っていたような気が・・・
しかし、そんなに頻繁にソンテオは走ってるんだろうか・・・?

道に立って、
いつ来るかもわからない、本数も時刻表も不明な、
チェンセン方面のソンテオ待つこと20分。
来なかったら、16時のロットゥか・・・・などと考えてると、
おっ、ブルーの車体のソンテオが・・・

よかった!
ようやくやって来ました。
合図して停車してもらい、チェンセンへ行くことを確認して乗車。
まあ、この方向ならば次の町はチェンセンなので、途中で止まることはないと思うのですが、念のため。
どうやら、メーサイとチェンセンを結ぶソンテオのようです。

先ほど来た道を戻り、
チェンセンまでノンストップでメコン川沿いを走行、
20分足らずで着きました。
他の乗客は、おばちゃん一人と、大量の野菜。
我々をチェンセンの市場の前でおろすと、どこかへ走り去って行きました。
納品かな?
ソンテオ車内

こうして、とりあえずチェンセンの街までは来ることができました。
これで何とか、チェンライに戻れそうですね。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ゴールデントライアングル, ロットゥ, 密輸, 危険, ソンテオ, メーサイ, チェンセン, 観光バス, ローカル,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
9日目


チェンセンの街とは。。。メコン川の対岸はラオスで、イミグレもありました。


ゴールデントライアングルから、
運よくメーサイから来たソンテオを拾うことができて、
チェンセンの街までやって来ることができました。

ここまで来れば、
1時間に1本は、チェンライへのバスが出発してるので、
もう安心ですな。
最終バスを逃さなければ大丈夫というわけです。

そこで、ちょこっとチェンセンを散歩。
しかし直射日光が照り付け、そんなに長時間は無理と判断して、
チェンライ行きのバス停から、メコン川の川岸までと、
チェンセンのローカルな市場の2か所を散策。
チェンセン1

チェンセンにもイミグレーションがあって、
ラオスへの船が出ているみたいです。
我々外国人はこの船に乗ってラオスに入国できるかは不明ですが、
たぶん無理でしょうな。
タイ・ラオス間の国境は決まったポイントでしか、
通過はできないはず。(ノンカイ-ビエンチャンなど、いくつか)
チェンセン3

ちょうど船が1艘出てラオスに向かいました。
地元の人を乗せているんでしょうね。
このメコン川の向こうがラオスということで、
川を眺めてると不思議な感覚がしてきました。国境とはこんな感じかと。
川の反対側はラオスですからね。
この川1本で、経済的にも差が出ているなんてねえ。

この辺りは、メコン川の貿易が盛んで、
中国からも船が来てるとか・・・
ただ、どのボートがそれなのかは、見当がつきませんね。
もし、船でメコン川を中国方面へ行くのなら、
結構、危険を伴うのかなあと、山賊とか出そうですよね。。怖い怖い。
チャレンジなんてしない方がいいですよ。ほんと。

そんなメコン川を見学してから、
チェンセンの市場へ行きました。
ただのローカルな市場ですね。
チェンセン2


バスが発着するあたりは、
一番栄えてるのでしょうかね。
コンビニにスーパーに銀行に市場と、一通りはそろっています。
屋台もあったので、
ここで腹ごしらえをしてから、
チェンライ行きのバスに乗ることにしましょうか。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ゴールデントライアングル, ソンテオ, チェンセン, メーサイ, チェンライ, 市場, ラオス, イミグレ, メコン川, 国境,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
10日目

ワットロンクンの帰りは、ソンテオで。そのまま昼食へと

ワットロンクン見学終了後は、
どうやって市内へ戻ろうか・・・
と考えていて、
道に出てチェンライ市内方面へのバスでも拾おうかと思ったんですが、
すぐ近くに、青いソンテオが1台停車していたので、
近づいて声をかけると、チェンライ市内のバスターミナルへ行くというので、
乗り込みます。
1人20バーツとのこと。

日本人の夫婦の先客がすでに乗車済みでした。
ピサヌロークにお宅がある、ロングステイの方で、
日本にも自宅があって行き来してるとのことで、
うらやましいですなあ。
そんな生活を、我々も目指したいものです。

チェンライ行きのソンテオは、
8名くらいの乗客になったところで出発。
パポンヨーティン通りを北上して、
20分程度でバスターミナルへ戻って来てしまいました。

行きはタクシーでしたが、
帰りは、ソンテオ。
料金は当然ソンテオの片道20バーツに軍配上がるので、
往復ソンテオでもいいかなと思いました。
ただ、バスターミナルで簡単にソンテオが見つかるかは、
調べてないのでわかりませんが、
勝手な予想として、バスターミナル周辺で、誰かに聞けば、
その時の乗り物に案内してくれるんじゃないかなと思います。
往復ソンテオも、全然ありなので、これから行かれる方は、ご検討を。

そのまま、日本人夫婦とは別れて、
我々は昼食に行きました。
行ったのは、Phang-nga Restaurant



ここは、Prompt Cafeのオーナーの紹介です。
森の中にいるような感覚、なんとも言えない雰囲気のレストランでした。
料理はタイ料理とベトナム風のも少し。
かなりマニアックなお店ですが、
それでも結構人が入ってくるのですね。
お味は、タイ料理の味でしたが、独特な雰囲気を味わえるお店でした。
大通りから少し入りますが、17時閉店と割と早くに閉まるので、
ランチ向きでしょうか。

phangga


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : Phang-nga, ワットロンクン, チェンライ, バス, ソンテオ, タクシー,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
11日目


チェンマイアーゲードに到着後、ソンテオで旧市街へKALDY Coffee Houseへチェックイン


久しぶりにやって来ました。
チェンマイアーゲードバスターミナル。
チェンライからのGreenBusは、3時間ほどでチェンマイに到着となりました。
途中の病院で、1名下車しただけで、
あとは乗降なし、ひたすらに走り続けてました。

3列シートのVIPバスは、やはりかなり楽でしたね。

アーゲードバスターミナルは、
もう何年も来ていないなあ・・・なんて思いながら、
ベンチに座ってしばし休憩です。
昔はこんなターミナルだったかなあ?
そういや新しいターミナルもできたようだけど、ここは古い方かな??
なんて、もの思いにふけったりします。
chenmaiアーゲード
チェンマイは、まだあんまり変わってないかもしれません。
しかし、時代の流れで変化は仕方のないことでしょう。
諸行無常ですね。なんて思ったりもします。

さて、アーゲードターミナルからは、
ソンテオに乗って旧市街へ向かいます。
そこらへんで客待ちしてるソンテオだと、ぼったくられそうなので、
ちょっと歩いてターミナルから離れた場所で、
流してるソンテオを拾って旧市街へ。

旧市街のユーチェンマイホテルの前まで、
と伝えると、1名30バーツね。とのことで乗り込みます。
途中、少しばかりの交通渋滞があったりして、20分くらいで、
旧市街に到着しました。

宿泊はユーチェンマイではありません。
ユーチェンマイホテル、泊まってみたいですが、
今回は、その前に位置している、
「KALDY Coffee House」に宿泊です。

このコーヒーショップは何度か利用していて、
場所もわかっているし、
サンデーマーケットが目の前、
朝食付きで安くて、部屋が広いということで、
5泊してみることにしました。

到着すると、チェックイン時間前だったようですが、
すぐにチェックインできました。
予約がAGODAから、連続で2泊と3泊の合計5泊で入れていたのですが、
それも、もちろん把握されていて、
「2つの予約で5泊ね」と確認してくれました。安心。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : アーゲードバスターミナル, GreenBus, チェンライ, チェンマイ, ソンテオ, 旧市街, KALDYCoffeeHouse,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
13日目

ハンドン郡にあるかごのお店まで買い付けに出向く


ハンドンにある、いつものかご屋さんへ行きます。
行き方は、チェンマイ門まで行って、そこから黄色のソンテオで行きます。

カルディーからチェンマイ門へは徒歩。
全然歩ける距離ですし、
行きは手ぶら同然ですので、ブラブラと散歩です。
チェンマイ門市場も少し覗いてみました。
ごく普通の市場ですね。生鮮食料品が多いのでしょうか。
トイレも拝借しておきましょう。

で、チェンマイ市場の反対側の道路には、
黄色いソンテオが停まって客待ちしてるので、
それに乗り込みます。
確か、サンパートンとかかなり遠くまで行っているようですね。

黄色いソンテオに揺られて、
ハンドン市場の手前くらいの道沿いで下車。
反対側へ歩道橋を渡って行き、
かご屋さんへ。

ここのかご屋さんは、見応えがありますので、
かなりの時間をここで費やします。
そのうちの1軒は、コーヒーショップが併設され、
若者に代替わりしてました。

この周囲にある2件のかご屋を梯子し、
かつ、新設されたコーヒーショップでカフェを注文したりして、
あっという間に3時間以上経過。。
ハンドン1


袋に満載のかご製品をつめ、
目の前からチェンマイ方向のソンテオを待ちます。
お店のおばちゃんが、ソンテオ停めてくれて、
ワット・チェディールアンまでと告げてくれて乗せてくれました。

「あれ?チェンマイ門止まりじゃないの?」
30分くらいで、チェンマイ門に到着。
どうなるのか、周りの乗客を観察すると、
ほとんどのお客さんは下車せず。
代わりに1名のおばちゃんが乗車。どうなってるの?

で、順調にチェンマイ門からチェディールアンまで到着。
我々が下車すると、
黄色いソンテオはさらに、他のお客さんを乗せたまま、
北上していったのでした。
終点は、チャンプアック門のあたりなのかしら?
疑問の残る黄色いソンテオでした。
次回は、チェディールアンの前で黄色いソンテオ来たら、乗ってみようかな。。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : チェンマイ, ハンドン, かご, ソンテオ, 黄色, ハンドン市場,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
15日目


植木がメインのカムティアン市場へ行ってみたら、面白かったですよ。で、かごに一目惚れ。。


先日、Muakという帽子屋さんのご主人に、
カムティエン市場が面白いという話を聞いたので、
早速行ってみることにしました。

チェンマイの地図は、
常日頃からよく眺めているので、
カムティアン市場の名前を聞いた時には、場所はだいたいわかりました。

今泊まっている、カフェカルディーから行くと、
北方面でソンテオでも20バーツ圏内ではなさそうだなと思いつつ、
通りを流しているソンテオを拾って、
「カムティアン市場まで」というと30バーツ(1人)で行くとのこと。



こんな地図の感じで走って20分までかからないくらいでした。

着いてみると、本当に植木の市場ですね。
苗木とかをたくさん売っていて、
植木が好きな人にはたまらないエリアでしょうね。
しかも、タイの植木、南国の樹木なんでしょうから、
日本のものとは種類が違うものも多いはず。
カムティアン市場お花


しかし、我々の目的はこの中にかご屋さんがあるという情報を得たためです。
うーん、この広い土地の中から1軒のかご屋を探し出すのは、
なかなか時間がかかりそうだなあ・・・
なんて思いつつも、歩いていると、簡単に見つかりました。

道沿いのかごを置いてるお店。
このカムティアン市場で1か所かないという噂のかごのお店。

いやあ、目の前にかごが見えた時は、
本当か??と目を疑い、再度確認してやっぱりかご屋だ!と認識した時には、
感動して涙しました・・・
なんて、大げさかな。。

しかし、良い仕入れができましたよ。

ここで買ったかごの代表は
こちら⇒タイ製のワンハンドルかご

いやあ、このかご、日本に持ち帰るのが大変でした。
で、持ち帰った後も、虫に食われたりして・・・
熱湯消毒にもかかって、いろいろ歴史のあるかごなんですね。
今は、虫はいなくなりましたが、虫食いの跡が散見されるので、
値段を少しお安くしてのご提供とさせていただいてます。

それにしても、このかご、
私が一目で日本に持って帰ろう!と決めたかごです。

と、こんな場所で仕入をしまして、
次の場所に向かったのでした。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : カムティアン市場, チェンマイ, ソンテオ, かご, , 虫食い, かご屋,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
15日目


カムティアン市場を後にして、犬のお寺、ワット・ケッカラームへ





カムティアン市場で、かごを購入して、
今日の仕入れはここまでかなあ・・・
なんて思いながら荷物もって、市場内をうろうろ。

結構、面白い雑貨が出てきそうですね。
しかし暑い。
日を遮るものが何もない中で、歩き回るほど厳しいものはないです。

なので、少し見てから
犬のお寺、ワット・ケッカラームへ行くことにしました。

ソンテオを探したんですが、
客待ちソンテオは、やたらと高いことを言うし、、
道に出てソンテオを待ちます。

近くにテスコロータスもあるので、
ソンテオはたくさんやって来そうですが、
待てど暮らせど来ませんね。
逆方向は来たりするんですが、2車線道路で交通量も結構あるので、
拾えません。

10分後にようやく拾ったソンテオで、
ワットケッカラームもわかってもらって、
ようやく乗り込みます。やはり30バーツとのこと。

途中でガソリンスタンドに立ち寄ったり、
渋滞に巻き込まれたりして、
20分くらいで犬のお寺に到着。
この付近の道は狭くて、交通量も多いので駐車するのに少々難儀ですね。

チェンマイには十二支を祀るお寺があるようでして、
そのうちの一つの犬寺がここワットケッカラームというわけです。

境内に入ると、なるほど犬(本物)も多いような気もしますが、
チェンマイのどこのお寺も似たようなものか・・・
と思ってしまいました。不謹慎。。

それでも、犬のお寺らしく、
犬の銅像もあちこちにあったりして、
ここは犬のお寺であることを示してるようでした。
参拝客も多く、結構な数の方が、祈りをささげてました。
ワットケッカラーム犬のお寺

今日はこのまま、帰るとしますか。

でもお茶かしたいという気分でしたので、次のポイントへ。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ソンテオ, カムティアン市場, ワットケッカラーム, チェンマイ, 十二支, お寺, テスコロータス,

2017年11月
ロイクラトン見学と仕入れ(チェンマイ、バンコク)
3日目

チェンマイ市内はお祭り騒ぎの中、旧市街のカルディーコーヒーハウスへソンテオで向かった件

チェンライからのグリーンバスは、
ほぼ定刻の22:30少し過ぎにチェンマイアーゲードに到着。

問題はここから、ソンテオでホテルまで何分かかるかということ。
それと、そんな簡単にソンテオが捕まるのだろうか・・・
という問題もありました。

結果、アーゲードターミナルを出て、
市内方向へ向けて歩いていこうとすると、
やって来ました、赤のソンテオ。

早速捕まえて、旧市街のユーチェンマイホテルと告げると、
「1人50バーツ」とのこと。
やっぱり少々高く言ってきましたね。
でも、今日はこんな時間だし、祭りで渋滞が予想されるから、
まあ、50なら安いもんだし、
早くコムロイ上げに参加したかったので、
OKと了承して乗り込みます。

最初は順調に走っていましたが、
やはり渋滞につかまり・・・
チェンマイ市内大渋滞201711


本当は、ナコンピン橋を渡って、まっすぐお堀の方へ向かってほしかったんですが、
途中でファラン1名とタイ人2名を拾い、
彼らがナイトバザーの対岸あたりと言ったもんだから、
わざわざ、川向うの渋滞が最も激しい通りへ突入して、
結果、リンピンビレッジの近くまで行って、
そこでさらにアメリカ人2名を拾って、
ぐるっと、メンライアルソン橋まで行ったもんだから、
2名のアメリカ人は不審に思ったらしく、
大声で運転手に「どこ行くんじゃ??」と叫んでましたが、
聞いてみると、彼らは、ナイトバザーに行きたいらしく、
自分たちのスマホのグーグルマップを見て、逆方向へ進んでいたので、ビビった模様。

まあ、あの状態じゃ、逆走してもまた大渋滞にはまるしね。
「次の橋を渡るから大丈夫よ」と自分のスマホで伝えると、
少し安心した模様。

と、ようやくナイトバザーの近くの、
バンティップのところで、アメリカ人2名を降ろし、
また、ファランの女性1名を拾って、
ようやくお堀まで到達し、
やっとこさ、ユーチェンマイホテル前に到着。
アーゲートから所要時間1時間と少し。

2名で100バーツ払いました。

ファランの女性は、自分の目的地と見当違いのとこに来たようで、
運転手に必死の形相で何か言ってましたが、
ソンテオの仕組みがわかってなかったんでしょうか。
もう我々も、説明する体力残っておらず。。。
まあ、夜中だしね。不安にもなるかもね。まあ、大丈夫よ。。
今日は、こんな遅くまでソンテオが走ってるわけだし。。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ユーチェンマイ, ナコンピン橋, お堀, チェンマイ, アーゲード, ソンテオ,

2017年11月
ロイクラトン見学と仕入れ(チェンマイ、バンコク)
5日目

この日は仕入れにハンドンへ。黄色いソンテオの動きについて

今回の仕入れの旅の主目的は、
仕入れではなく、コムロイ上げにあったのか??
とチェンマイにて気が付きました。
それだけ、コムロイ上げがよかったので、
毎年の癖になりそうです。

というわけで、
今日は、お祭り明けでやってるかわからなかったのですが、
前に仕入れ先とLINE交換しておいたので、
試しに聞いてみると、
開店してるとのことだったので、
ハンドンまで出向くことにしました。

仕入れのお話は書いても面白くないので、
ここは、ソンテオの謎について、

ハンドン方面へ向かうソンテオは、
黄色いボディーのもので、
チェンマイ門市場の前あたりが始発がガイドブック情報。

ところが、ワットチェディルアンの前からでも乗れてしまいました。
前にハンドンから帰って来る時にも、
ワットチェディルアンまで来れたし、
よくこの辺りで、黄色いソンテオを見かけるので、
もしかして乗れるのかな??
と思っていたんですが、案の定乗れてしまいました。

確認はしてませんが、
チャンプアック門のあたりが本当の起終点なんじゃないか??
と自分は思ってるので、
次回当たりに確認してみたいものですね。

ただし、この日は日曜日だったので、
サンデーマーケットの通行規制の影響で
帰り道では、チェンマイ門から北上してきて、
ワットチェディルアンの手前の十字路のところで右折してしまうので、
その辺りで下車することになりました。
おそらく迂回運行で、チャンプアック門の方へ向かうのでしょうね。

なので、ハンドン方面へのソンテオは、
ワットチェディルアンの前付近からでも乗ることができます。
黄色いソンテオが来たら、
手を斜め下に差し出して止めて、乗り込むだけです。

赤のソンテオとは違うので、
特に行先を告げる必要はなく、
ハンドン方面に向かうことだけ確認し、
下車のポイントで降車ブザーを押して下車し、
その時に運賃を払えばOK。
いわば、バスのような感じですね。

ハンドンの帰りは、
赤のソンテオも来るんですが、
止まってくれません。
(前に1回止まってくれた・・・)
赤色のソンテオは営業区域が決まっているようですね。

ニマンヘミン付近を走る赤ソンテオ↓
maya付近赤ソンテオ


つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : ソンテオ, ワットチェディルアン, , 黄色, ハンドン, バス, 行先,


2017年11月
ロイクラトン見学と仕入れ(チェンマイ、バンコク)
5日目

日曜の午後、ハンドン方面からチェンマイへ向かうソンテオに乗り込んでみたが、かなりの混雑。道路は渋滞気味

黄色のソンテオは、
その後いろいろ調べてみると、
やはり、チャンプアックバスターミナルから出発して、
チェンマイ門を経由して、
108号線をひたすら走り、ハンドンを経てチョムトン郡まで行ってるみたいです。

黄色ソンテオの表示をチェックしてると、
ハンドンとか、サンパートンとかの表示もあったから、
もしかすると、区間運行のソンテオも存在してるのかもですね。

謎は深まるばかりです。

仕入れの後は、
大抵大荷物になってるので、
気が引けるのですが、ついついソンテオを使ってます。
しかも、日曜の午後のソンテオはチェンマイに向かう人も多くて、
結構混雑してるんですね。
そこへ来て、大荷物(かご満載のビニール袋)を持った人が乗り込むのですから、
迷惑ですね・・・

しかし、GrabTaxiは捕まらないし、
ソンテオを使うしかないのが現状。。
レンタカーとか借りてしまうと、コストがね・・・
楽ではあるんですがねえ。。

というわけで、
仕入先のおばちゃんの協力を経て、
比較的空いてるソンテオに乗り込んでチェンマイ方面へ。

黄色ソンテオは満員の車が多く。
何台か見送りました。
その間に赤のソンテオも通ったので、
合図してみましたが、すべてスルーされました。
流しの赤のソンテオを貸し切って、前に200バーツで帰ったことがあったので、
そのくらいの料金なら致し方なし。。と思ってたんですが、
赤のソンテオは営業区域外らしく、
お客さんを拾ってはダメだそうな・・・
かご屋の前でソンテオ待ち


黄色いソンテオは、
我々のせいで満員になりつつも、
どうにか、ワットチェディルアンの近くまでやってきました。

今日は日曜なので、
サンデーマーケット開催につき、
ワットチェディルアンの真ん前というわけにはいきませんが、
ここまで帰って来れただけでもよし。

大荷物抱えたまま、ホテルへ引き上げたのでした。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ハンドン, チャンプアックバスターミナル, ソンテオ, 黄色, サンパートン, ジョムトーン, ,