FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2015年9月
2日目

アマリドンムアンエアポートホテルにて、
本当はもっとゆっくりしたかったんですが、
ここは弾丸旅行の宿命。あきらめてチェックアウトします。
まあ、朝食が味わえただけでもよしとしましょう。
お部屋もグレードアップしていただいたわけだし。

また、駅と道路を橋で渡り、
ドンムアン空港のターミナルに戻ってきました。

3階の出発階に上がると、
LCCのチェックインカウンターがズラッと並んでいます。
人もそこそこいて、大混雑状態ですね。

我々が乗るのは、タイライオンエアのチェンマイ行きです。
このタイライオンエアは、タイのLCCの中でも、かなり安いと言われていて、
おまけに荷物も15KGまで無料で預けることができます。
これは凄いサービスですね。
今回は、荷物が少ないので預けませんでしたが、
無料なら預けてみてもよかったかなあ・・・なんて後から思いましたけどね。

国内線の出発口から保安検査越えて中に入ると、
懐かしい光景ですね。
国際線で使われていた頃を思い出す光景です。
わあ、昔はこんな感じだったなあ。変わらないなあという印象。

しかし、駐機している飛行機は、
国内線のLCCばかりという状況ですね。
ノックエアタイスマイルエアアジアの並び↓
3会社並び


さて、セブンイレブンで水だけ購入し、
バスゲートである71番ゲートまで向かいます。
このセブンイレブンは、ここにしかないのか大混雑です。

71番ゲートは、1フロア下に降りる構造になっていて、
売店なんかもありました。
トイレは少ないので、下に降りる前に済ましておいた方が無難かもしれません。

SL8504 ThaiLionAirのチェンマイ行きを待ちます。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ThaiLionAir, タイライオンエア, ドンムアン, ノックエア, エアアジア, タイスマイル,

2015年9月
2日目 チェンマイ

ThaiLionAirチェンマイ行き、SL8504は、
少し遅れてバスへのご案内となりました。
それにしても、このバスゲートは狭いですね。
同じような場所で何便も案内してるから、気をつけないと間違えそうです。
チェンマイ行きの案内表示

やっと、改札が始まり、
バスへご案内となりましたが、
同時にハジャイ行きの便も案内していて、
手前のバスがハジャイ行き、奥のバスがチェンマイ行きとなってましたんで、
我々はよく確認して、チェンマイ行きのバスに乗り込みましたが、
ますます間違えそうです。
係員はそれぞれの行き先のカードを掲げて案内してますので、
それに気づけば間違えようがないのですが、
スマホに夢中とかだとうわの空で間違えそうですね。

現に1名のタイ人が間違えてました。
チェンマイ行きの飛行機に乗り込んでから、座席がオーバーブック。
CAが搭乗券確認したところ、
「この飛行機はチェンマイ行きです」となり、
「えっ、ハジャイ行きじゃないの?!」と大慌てしてました。

大慌てで、荷物を出して降りて、
地上係員が無線でどこかへ連絡して、
最後の客を送ってきたバスに、間違えたタイ人を乗せてましたから、
きっと間に合ったと思いますが、どうなったんでしょうか。
気が付かないで、チェンマイに着いたらもっとびっくりでしょうね。
トックジャイモッド!
南の都市へ行くのに、着いてみたら北の都市ですからね。
ドッキリというか訳がわからないでしょうね。
状況を理解するのに時間がかかるかもしれません。

と、こんな事件?もあったせいか、
チェンマイ行きは遅延となりました。
30分ほど遅れて、ドンムアン空港を離陸。
チェンマイへ向けて飛び立ちました。

なお、バスで飛行機まで案内されましたが、
案内先は昔の国内線ターミナルでした。
ちゃんと搭乗ゲートのじゃばらがあるんですが、
利用してないみたいで、なんか勿体ないなあ・・・・と思いました。
国内線ターミナルが再利用できれば、バスゲートじゃなくても乗り込めますからね。
ライオンエアに搭乗


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : タイライオンエア, ThaiLionAir, ドンムアン, チェンマイ, ハジャイ,

2015年9月
2日目 チェンマイ到着

乗り間違えそうになったタイ人の方は、
無事にハジャイ行きに乗れたかなあ・・・
と心配してるうち、
SL8504はようやくプッシュバックされて、
滑走路へ向けて動き出しました。

30分ほど遅れて離陸。
南向けに離陸したので、バンコクの街の上空で右旋回。
ちょうどクレット島の上のあたりでした。
クレット島は陶器の島で、前に行った事があります。
当時の記事は⇒こちら(クレット島への道 その1)

どんどん高度を上げていきますが、
チェンマイまでは1時間足らずですので、
そんなに高くまでは上がりません。
タイライオンエアから眺め


眠気もありウトウトしてるうちに、
飛行機は降下を開始。
チェンマイ郊外の田園風景の中に、
ワット(お寺)の仏塔がちらほら見える、
お決まりのチェンマイ空港に至る進入経路の上空です。

この光景を見ると、
「ああ、チェンマイに来たなあ」と思いますね。

こうした、弾丸旅行では、
機内でのこの時間が数少ない休憩タイムとなりますので、
景色を楽しみつつ、
身体を休めておくことも必要ですね。

チェンマイ空港に着陸しました。
写真は、エアアジア機です。
チェンマイ空港です



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : タイライオンエア, チェンマイ, ドンムアン, ハジャイ, クレット島,

2016年3月
タイへ
4日目

ドンムアン空港のターミナル2は、とても懐かしかったですが、
肝心なチェンマイ行きのフライトにチェックインしておかないと・・・
というわけで、新しくなったターミナル2のカウンターへ。
ドンムアン11

タイライオンエアは、全方面同じカウンターチェックイン中。
かなりの長い列ができておりました。
仕方なく、最後尾に並んで様子を見ます。

ところが、意外や意外。
かなりしっかりしていて、
出発時刻が迫っている便の人を呼んで、
順次先にチェックインをしてました。
「おーなかなかやるなあ・・」
と感心してると、ついに我々のチェンマイ行きの便も呼ばれました。

係員のお姉さんに、
チェンマイ行きですと、Eチケットを見せると、
優先カウンターにチェンマイへの客を集めて、チェックイン
詰まってくると、その隣のカウンターに振り分けたりと、
なかなか手際よく対応してました。
なかなかやりますな、タイライオンエア

タイの他の航空会社はわかりませんが、
かなり好印象でした。
少しでも遅延させないための措置なんでしょうけれど、
日本ではよくある光景ですが、
タイでも・・・うーん素晴らしい。変わってきてますなあ。

こうして比較的短時間でチェックインもして、
荷物も預け入れ完了。
タイライオンエアは、15kgまでの荷物は無料で預けられるので、
遠慮なく預け入れさせてもらいました。
前は持ち込んだんですが、やはり無料なら預け入れしたくなるもの。
空港内を飛行機まで荷物持って移動しなくて済みますからね。

さて、セキュリィティーを抜けて搭乗口に向かいましょうか。
今日もバスゲートです。

ドンムアン22


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : タイライオンエア, LCC, 遅延, チェックイン, カウンター,

2016年3月
タイへ
4日目

タイライオンエアのチェックインが、思った以上にしっかりしていたので、
驚いた次第です。
まさか、出発時刻順に呼び出して、優先的にチェックインさせているとは・・・
言葉は、ほとんどタイ語でしたが、まあお客さんはタイ人がほとんどですからね。

それでは、ターミナル2の探検も終わったことだし、
セキュリィティ抜けてみます。
レーン数も多いので、列は長くても意外と早く終わりましたよ。
ただ、飲み物とかはあるとだめですし、男性はベルトも外させられてました。
結構厳しそうでしたので、
あらかじめ、財布や携帯はかばんの中にしまって、
ポケットには何もない状態でチェックを受けました。
ベルトはもともとしていないので・・

セキュリィティ抜けると、
セブンイレブンから少し離れたところに出ました。
ターミナル1から入ると、セブンイレブンで飲み物買って、
そのままゲートへ向かえますが、
ターミナル2からだとセブンイレブンへは、戻る感じになりますね。

クリスピードーナッツもあったので、
食べたいなあと思ったんですが、
今回は見送りです。
沖縄にもないクリスピードーナツ、
我々からしたらすごく食べたくなるドーナツですが、ここは我慢。

それから、上等なパン屋さんもありました。
ここでコーヒー飲みながら、出発前のひと時も過ごせそうです。
ホテルに朝食なしなら、ここで食べるものありかも・・・

ドンムアン空港もこれだけの便数、これだけのお客さんがいるんだったら、
飲食店も充実しますよね。

あと、懐かしいこんな建物も・・・
ドンムアンから帰国する際に、
この建物はよく見かけていたんで、記憶が蘇りました。
昔のまんま残っていたんですね。
ドンムアン今昔




Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ドンムアン, クリスピードーナツ, セブンイレブン, タイライオンエア, ,

2016年3月
タイへ
4日目

ターミナル2のセキュリィティを抜けてしまえば、
後は昔と同じ。
入り口はターミナル1に絞って、出発ゲートは、ターミナル2の側にあるのも使用してましたからね。
それがターミナル2からも入れるようになっただけのことです。
タイライオンエアも国内線はターミナル2でのチェックインですね。
他のノックエア、タイエアアジア、なんかもターミナル2です。
間違えても隣だから、徒歩移動できますので、
あわてる必要はありませんね。

ゲートは73番でバスゲートからの搭乗です。
前のチェンマイ行きもバスゲートだったですね。
個人的には、飛行機を間近に見ることのできるバスゲートは、好きですね。
空港内を、他の飛行機を見ながら走るもの、なかなか乙なもんです。

いよいよ搭乗。
前は、ここでハジャイ行きの便が隣のゲートで、同時に案内してて、間違えた人がいましたね。
今日はチェンマイ行きのみの案内です。
タイライオンへ

時間通りに飛び立ちました。

機内では、軽食が配給されるとのことでしたが、
軽食というよりもお菓子と水でした。
タイライオン機内食


LCCなのに、これだけのお菓子でも配ってくれるだけでありがたいですね。
ノックエアも配ってるので、対抗してるんでしょうか。
以前乗ったライオンエアでは配られた記憶がないので、最近からのサービスなんでしょうかね。
それとも眠っていたとか・・・

ちゃんと食べたお菓子のゴミの回収にも来てました。

飛行も安定して、1時間足らずでチェンマイ空港に到着。
約半年ぶりのチェンマイで、山が見えて落ち着く光景ですね。

ターンテーブルで荷物待ちしていたら、
TRUEMOVE(携帯会社)のカウンターがしつらえられていて、
SIMの販売をしていました。
自分は、すでに以前購入したSIMを延命措置しながら使っているので、
特に購入はしませんが、
初めてタイに来た人なんかは、SIMフリーの機体を持ってれば、1枚あると便利ですね。

荷物を取って、表に出ます。
まずはタクシーではなくて、ソンテウでも拾ってみましょうか。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : バスゲート, トドンムアン, ターミナル2, TRUEMOVE, チェンマイ, LCC, 軽食, タイライオンエア,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
8日目


ドンムアン空港でタイライオンエアチェックイン。総合カウンターとなっているので時間かかる。


ドンムアン空港のチェックインカウンターへ。
乗り込むのは、タイライオンエアのフライトですが、
チェックインカウンターは行先別に分かれてるわけでもなく、
全便が同じ場所でチェックイン手続きをする仕組み。

よって、長い長い長蛇の列ができており、
1時間前に到着したのでは、ちょっと時間的に焦ることになるので、
今回は出発時刻の1時間半前には、ドンムアン空港に到着するようにしました。
DMK201704


国内線ターミナルは、
昔の第2ターミナルで、最近再オープンしましたね。
これで第1ターミナルの混雑はかなり解消されたのではないでしょうか。

まずは、タイライオンエアチェックインカウンターへ行ってみると、、
おおーやっぱりかなり並んでるね・・・
と想定通りだったので、
一番最後尾へ並んでみます。

係員が、出発間際に駆け込んでくる客のために、
30分後くらいに出発する便名をタイ語と英語で告知し、
優先的にチェックインさせている模様です。
まあ、行先の地名を言われたら、気が付くかと。
時間的にもやばくなってれば、焦ってるでしょうし・・・

結果、30分くらいで僕らはチェックインして、
荷物も預けることができました。
タイライオンエアは、15kgまでは無料で預け荷物にできるのが嬉しいところ。
15kgというのは非常に微妙なところで、
ギリギリのラインで荷造りしたんですが、
実際には、15kgを少々オーバーしていても、問題なく預けることができました。
というか、チェックイン時に計ってチェックしていないので、20kgでもOKだったのかも。。。

しかし、ここはタイのこと。
急に気が変わって量ったりすることがあるかもしれませんよ。

ちなみに、僕らは買付の際は、
重さにとっても敏感ですから、
ラッゲージチェッカーという、簡易式の手計を持っています。
デジタル式で、およその重さがわかるので、とても便利ですよ。




旅のお供に欠かせない存在ですね。
しかし、簡易式なので、15kgなら14.5kgくらいで
荷造りしておくのがポイントでしょう。
空港のはかりと、微妙に誤差が出るので、このくらいみておかないと危ないわけです。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ドンムアン, タイ, タイライオンエア, バンコク, 荷物, チェックイン, ,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
8日目


タイライオンエアSL538にて、チェンライ空港へ

前の記事で書いた、蜂蜜を没収される事件があったのち、
セキュリティを抜けてから、しばし呆然としてました。
蜂蜜没収は、ショッキングな事件でしたね。。

本当は、沖縄にも売ってない、
クリスピードーナツを買おうと思ったんですが、
そんな気も失せていましたね。
そのくらいショックでした。
蜂蜜が開封されずに誰も食べずに、終わってしまったことがショックでした。

気を取り直して、ゲートへ進みます。

今まで、ドンムアンから何回かチェンマイへ行きましたが、
いずれもバスゲートだったので、
今回もそうかなと思っていたら、
42番だったかな。通常のゲートからの出発でした。
バスは70番台のことが多い気が。。
SL538DMK-CEI

個人的にはバスゲートも好きなんですけれどね。
間近で飛行機をよく見れるし・・・

12:35が定刻でしたが、
12:40にドアクローズ
12:56にテイクオフ 21Lより

となりました。

機材は、ボーイング737-800でした。
ライオンエアは737-900ERがほとんどと思ってましたので、
ちょっと意外な感じもしましたが、
後で調べてみると、737-800もかなりの数を保有してるんですね。
737-800が9機
737-900ERが17機
となってました。

チェンライ行きだから、キャパシティーの少ない737-800かと思ったら、
日によって737-900が運用に入る日もあるので、
どっちになるかはその日次第ですね。
thailionair1


Thai LionAirは、
737-900ER持ってるなら、-バンコク沖縄路線を開設してくれないかなと、勝手な想像してましたが、
現時点では、新路線の開設ができない状態でしからね。
解禁になったら、期待しちゃいますよね。

チェンラーイ空港までは、
1時間と少し、14:00に着陸しました。

チェンライの街は上空から眺めてみると、
緑の多い街というイメージですね。
どんな出会いが待っているのか・・久しぶりにワクワク感がでますね。

ほとんど定刻で飛んでくれた
タイライオンエアに感謝して、
飛行機を降りました。

LCCですので、機内のサービスはなかったですが、
以前に乗った時には、お菓子をもらえた気がしたんですが、
なくなっちゃったんですかね。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : タイライオンエア, ドンムアン, チェンラーイ, 沖縄, ボーイング, 737-800, 機材,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
8日目


チェンライ空港を見物の後、プリペイドタクシーにて市内へ移動 

タイライオンエアのフライトで、
ドンムアン空港から1時間ほどで到着となりました。チェンライ空港。
CEI到着201703

飛行機はちゃんとタラップにつながれ、
最後の方で降りてみると、
もうすでに、CAの方たちは折り返しの準備をしておりました。
さすがはLCC、効率的ですね。

ターミナル内に入ると、
民族音楽の演奏でお出迎えがありました。
ちょうと、荷物の出てくるターンテーブルの前で、
楽隊が音楽を奏でて歓迎を表明しており、
和やかなムードになっていました。

荷物も10分としないうちに出てきて、
人がいなくなると、演奏終了という形をとっているみたいで、
フライトが到着したら、これを毎回やるのでしょうね。
着いたのは、午後の14時だったので、少々疲れ気味の感もありましたが・・・
お疲れ様です。
CEI歓迎


空港の到着ロビーへ抜けてみると、
チェンライ空港もなかなか大きいではないか。。
と思いましたよ。
もっと、田舎の空港を予想してましたが、
チェンマイの空港を少し縮小させた感じでしょうかね。
お店もたくさんあるし。。

国際線も最近は、週2便ながら香港エクスプレスが香港から飛んできてるみたいだし、
昆明からもフライトがあるそうで、
増加する旅行者に対応しているんでしょうね。

しかし、この14時すぎの時間帯は、
フライトの空き時間となったのか、
人もまばらな状態でありましたが・・・

我々は、チェンライ市内へと向かうべく、タクシーカウンターへと導かれます。
公共のバスとかはないので、
タクシーしか選択肢はない様子です。
カウンターでチケットを購入し、お金を払うと、ドライバーが車に案内するというシステムです。

市内まで200バーツとのこと。
何か高いなあ・・とぼやくと、協定料金とのことでしたので、
ぼったくりではないようでした・・・


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : タイライオンエア, チェンライ, 空港, タクシー, 音楽, 民族, 香港,

2017年9月

タイライオンエアのチケットを買おうとしたら、海外発行のクレジットカードは不可??要注意ですな。


ThaiLionAirのチケットをいつも通りに購入しようと、
サイトで検索していました。
11月のチェンマイで行われるロイクラトンに行こうということで、
値段が高いなあと言いながら検索です。
thailionairtop
ThaiLionAirから抜粋↑

私はタイライオンエアには、会員登録してあって、
IDもあるので、名前の入力をしなくていいので楽ちんなんですね。
で、チケットも安く買えるので重宝してるんです。

もう過去には何回か利用してるし、
今回も各社比較して、一番安い便を発見したので、
早速ログインして購入に走ります。

しかし、クレジットカード番号を入力して、決済画面へ進むと、
あれ?クレジット認証に失敗という文字が出るではないですか。。

何回かやり直し、
クレジットカードも変更したりしましたが、やはりだめですね。

限度額を超えてるわけでもないし、
何でだろう?
あっ、入力を間違えていた・・・?
で、やり直して、2回ほどトライしましたが、やはりだめ。。。

この日はあきらめて、
翌日にクレジットカード会社に連絡してみました。

すると、認証までは成功してクレジット会社側ではOKの信号を送ってるのに、
なぜか、先方で拒否してるようなので、
先方に確認してみてくださいとのこと。
限度額や不正使用をしたような形跡もなく、
全く問題なくカードは使える状態とのこと。

その後、いろいろ検索してみると、
どうやらタイライオンエアは、海外発行のクレジットカードは受け付けないようです。
海外発行クレジットカードは利用できないということですね。
タイ国から見ると日本は、海外にあたるので使用不可と、こんな具合です。

ならば、他のエアラインをと思いましたが、
インドネシアのライオンエア(親会社?)のサイトからやればできるんじゃないか??
と考えて検索を掛けると、
料金表示はインドネシアルピアですが、
計算するとほぼ同じ料金で購入できることが判明。

そのまま購入画面へと遷移して、
クレジットカード番号を入れると、
WEBの暗証番号を求められますが、そこも普通に入力。
すると、どうでしょう・・・
待つこと10秒くらい。

購入できました!
画面がEチケット画面に遷移して、チケット番号も出ています。
メールも来て、中身を見ると、
ちゃんとEチケットで航空券番号も確認できました。

やれやれ。
ただし、この送られてきたPDFは1人1枚のEチケットだったので、
ぱっと見では、2名分の名前がなかったので不信に思いましたが、
ページを進んでいくと、やっと2人目の名前が出てきて、一安心。

ようやくロイクラトン前に、バンコクからチェンマイに行くチケットをゲットです。

すぐに購入できなかったので、
1人200バーツずつ、値上がりしてしまったのは残念でした。。。

タイのLCC、タイライオンエアですが、
このような罠が待ち受けているとは・・・
前回までは普通に購入できていたのにね。
次回からは、気を付けないと・・・

タイライオンエアは、無料で15kgまで荷物を預入できるので、
重宝するんですよね。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : タイライオンエア, クレジットカード, 認証, Eチケット, バンコク, チェンマイ, ロイクラトン, 海外発行,