FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年3月

チェンマイ2日目

ターペー門から旧市街に入り、
歩道が工事中で、非常に歩きにくい、
ラジャダムヌン通りをトコトコ歩くこと、15分くらい。

やっとこさ、
ワット・チェディールアンに到着しました。
本当はソンテウなど使えば、
もっと楽に来れるであろうに、
この炎天下を歩いてきてしまいました。
チェディールアン

歩かないと、チェンマイの市内の様子もわからないというものでしょう。

お寺に一歩入ると、
そこは、もうタイのお寺といった風情で、
どーんとランナー様式の本堂がお出迎えです。
チェディールアン3

本堂には靴を脱いで、裸足で上がるのが原則。
私はサンダルなんで、すぐに脱いで、
ぱっと上がれますが、
靴を履いてきてしまった西洋人などは、
ちょっと苦労していましたっけ。

本堂内部は、とても静かで、
ご本尊の仏像と向き合って、
しばし坐禅させてもらいました。
気分爽快ですね~
私は小乗仏教徒ではないけれど、
こうして隅っこで坐禅させていただき、誠に光栄でしたね。

それにしても、信心深いタイ人の方々が、
入れ替わり立ち代り訪れては、
みんなしっかりと祈っていきます。
これで、徳を積んでいるんですね。きっと。

本堂が、あまりに気持ちよかったので、
このお寺のメインともなる、
この裏手にある、崩れた仏塔を見るの忘れました・・・
また戻ってくることになるのですが・・・

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ワットチェディールアン, チェンマイ, ワット, 坐禅, 小乗仏教,

2013年3月

チェンマイ2日目

ワットチェディールアンでの坐禅があまりにも気持ちよかったので、
お寺めぐりに味をしめた我々一行は、
懲りもせずまた、徒歩にて、ラチャダムヌン通りをトコトコ。
強い直射日光にさらされていますので、水分補給はこまめに行います。

この通りは、日曜日にはすごい賑わいになるのですが、
平日のこのような昼間の時間は静かなもんです。

左右にあるいくつかのお寺などを確認しながら進むと、
何とKALDIのカフェを発見。
日本にある、あのカルディコーヒファームの関連店かは不明ですが、
帰り道に寄ることにしてスルー。
とりあえず、ワットプラシンを目指します。

ワットプラシンに近づくと、
通り沿いには、屋台なんかもあったりして、意外と賑やかな雰囲気になりました。
ちょっとした中心街なのでしょうか。

ワットプラシンの境内に入ります。
ここ、ワットプラシンの本堂でも、
裸足になって、ご本尊の前で坐禅させてもらいましたが、
これまた、少し違う気分のよさ。
お寺は波動が高いのでしょうか。
チェンマイ全体がパワースポットのような気もしてきました。

それにしても、タイの仏像って、
どうしてこんなにきらびやかなんでしょう。
金色に輝く仏像・・・

ワットプラシンの境内は広く、
様々な建物が建っていて、
その中には、このような寝釈迦仏も居たり、
ワットプラシン

また、こんな白い仏塔が建っていたり、
ワットプラシン2


ブラブラしていると、
いろいろな発見がありました。
ただ、ここはあくまでお寺の中ですから、
失礼のないようにしなければなりませんね。

チェンマイには、こうしたお寺がいくつもあるのでした。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワットプラシン, チェンマイ, 坐禅, パワースポット, KALDI,

2013年3月

チェンマイ2日目

さて、ワット・プラシンでの坐禅も気持ちよかったですが、
そろそろお腹が空いてきたということで、
早速、行きに通りがかったカフェKALDIに行ってみようではないか、
という運びになりました。

kaldi


カルディコーヒーファームのホームページを覗いてみると、
どうやらバンコクにはカフェがあるようなのですが、
チェンマイにあるお店については、どこにも記載がありません。

なので、このカルディチェンマイ店は、
ひょっとすると、真似してるだけなのかなあ・・・
なんて思ってしまいました。
正規営業であれば、ごめんなさい・・・

沖縄にも最近進出してきたカルディは、
タイのチェンマイにも進出してきたのかな?

早速店内に足を踏み入れてみますと、
エアコンも快適で、なかなか良い感じではないですか。
しかも、WiFiフリーときていますよ。

日本から持ち込んだauのiPhone5で、
パスワード聞いて、WiFiに接続してみますと、
サクサク繋がるではないですか~
意外や意外ですよ。

カフェカルディでは、
カオソーイを食べたり、お茶したり、
ネットを利用して、日本にいる友人と話したり・・・

いやいや、思ったより快適かもしれません。
さすがはカルディですな。

しまいには、コーヒー豆も購入しました。
ドイチャーンコーヒーですね。

カオソーイについては、次に書きましょうね。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : KALDI, カフェカルディ, カルディ, チェンマイ, カオソーイ,

2013年3月
チェンマイ2日目

先日書いた、KALDIは、日本にあるカルディーと関係があるのか、
よくわからずじまいですが、
今日は、そこで食べた、カオソーイについて書いておきましょう。

カオソーイチェンマイ名物なので、
来たら、かならず食べたいと思っていた料理の一つですね。

カオソイ

写真のようなものになります。
カレースープの中に、米粉でできた麺が入っており、
上に揚げた麺がトッピングのようにのっていました。

本当はチェンマイにもカオソーイの名店なるものがあって、
そこで食べてみたいと思っていたのですが、
KALDI店の、
この冷房の効いた、しかもWiFiも無料でバリバリ繋がる環境下で、
小腹もすいたといことで、食べたくなりました。

スープが思ったより辛く、
炎天下を歩いてきた身体にはよく効きます。
付け合せの赤玉葱の味もまた絶妙で、
辛いスープによく合うのでした。

量はタイの屋台らしく少なめでしたが、
辛くて一気には食べられず、
少しずつ時間をかけて食べたせいか、
お腹一杯になりましたね。

うーむ、満足。
次は名店に行ってみたいものですな。
今回はいけるかな?

ということで、
次は、行っておきながら、見忘れてしまったという、
ワット・チェディールアンの仏塔を見に行くことにしますか。



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : チェンマイ, カオソーイ, KALDI, ワットチェディールアン, 屋台,

2013年3月 
チェンマイ2日目

アヌサーン市場では、
ちょっと変わったものを食べました。

カオニャオ・マムアンです。

マンゴスティッキ2

蒸して塩味をつけた、もち米の上に、
マンゴーをのせて、
その上から、やや塩味の効いたココナッツソースを掛けて、
そして食べます。

マンゴースティッキーライスとも言います。

マンゴスティッキ


連れは、「えっ」という顔をして、
食べないという宣言をしてみたものの、
私があまりに美味しそうにたべるもんだから、
ついつい、一口と言って、口に運び入れると、
あまりの美味しさに唖然・・・

という展開になりました。
やはり、こうゆうものは、
日本人には馴染みが薄いものですから、
変な先入観をもっちゃうんですね。

でも、食べてみてびっくり!
(いろんな意味のビックリ!)
というのはよくあることなんですね。

タイ料理にも、まだまだ知らない類の料理がたくさんあるはずですから、
この先入見は捨てなければ・・・
と常日頃から私も思ってるんですね~
ただ、どうしても自分には無理、食べられない・・・
という類のものもありますよ。

この、カオニャオ・マムアンは、
一皿140円くらいと非常に安いですね。

沖縄に住んでいるので、マンゴーの高価なことは重々承知しているからこそ、、
この料金では、毎日食べたくなる代物です。
事実、この後のタイ滞在中は、機会があるたびに、食べることになるのですが・・・

タイに来たら、
ぜひ怖がらずに、
このカオニャオ・マムアンを食べてみてくださいね。



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : チェンマイ, カオニャオ, カオニャオマムアン, マンゴー, マンゴースティッキーライス,

2013年3月
チェンマイ3日目

ワット・プラ・タート・ドイ・ステープの本堂は、
真ん中にあるお堂の周りを、
マントラを唱えながら、周るとご利益があるようで、
タイ人の方はみんなそうしているようでした。

英語バージョンのマントラもあったので、
眺めてみましたが、
何のことやら・・・
すると、英語バージョンはないの?と探してる、
シンガポール人?と思しきおばちゃんがいたので、
ここにあるよ!と渡しておきました。

本堂の周りの回廊を一回りして、
本堂からは出てきて、サンダルをゲット。
ちゃんとお布施は払いましたよ。

境内は広く、裏手に回ると、
チェンマイの市街地を一望できるはずなのですが、
天気がよいのに、モヤがかかっていて、何も見えず。
やはり、PM2.5の影響ってあるのかしら・・・
ドイステープより

ドイステープより2


ここで、トイレに行くと、
なんと麓までケーブルカー?があるではないですか。
どうりで、登ってくる人数の割りに、
境内が混雑しているなあと感じるわけですよ。

しかし、それほどの距離でもないので、
我々は歩いて階段を下りて行くことにしました。

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ, ケーブル, お布施, チェンマイ,

2013年3月
チェンマイ3日目

山から下りてきて到着した、
ワット・ウモーン。
別名をトンネル寺とでもいうのでしょうか。

このお寺は、それほどメジャーでもないらしく、
お参りに来ている人もそれほど多くはなく、
来ていても地元のタイ人ばかりという様相でした。

外国人ツーリストは、
あんまり来ないようでしたね。

さて、靴を脱いでトンネル内部へと入っていきます。
とはいっても、しっかりと電灯で灯されていますので、
懐中電灯などは必要ございません。

井形に掘られたトンネルのあちこちの突き当たり部分に、
それぞれの仏像が安置されていました。
一つの仏像の前でお決まりのように、坐禅してみます。
watumon

非常に気分がいいですね。
ここのお寺は、なんだか自分の感覚の中で、
チェンマイに来たら、どうしても訪れたいお寺の一つでしたので、
来てみた感想は、やはり落ち着いた気分でいられるというものでした。
念願叶ったので満足。

境内のトンネルを抜けると、裏側へ出られます。
しかし、裸足のため、痛いのと、地面が暑いのとで、
あまり長い時間は無理でしたが、
裏側からこのお寺を眺めてみると、
トンネル寺であるということが、
立体感覚的によくわかりました。

気に入った仏像をひとつ。
watumon3


なんだか、こうした仏像を見ていると、
見ているだけで、
落ち着いた気分になれますね。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ワットウモーン, トンネル, 仏像, 立体的, チェンマイ,

2013年3月
チェンマイ3日目

ようやく、最終目的地のニマンヘミン通りへ向かいます。
念願のワットウモーンも見れたので、
まずまず満足。

次は、チェンマイ青山通りということになっている、
ニマンヘミン通りへ降ろしてもらいます。

ワットウモーンからは、
結構近いので、ソンテウで10分たらずで到着。

ここで、このソンテウとはお別れになります。
5時間ほど、お付き合いいただきました。
ニマンヘミン通りのちょうど中間地点くらいで、
停めてもらって、2人で1000バーツ払いました。

なんか、運転手さんはかなり上機嫌でしたよ。
そりゃそうか・・・
ソンテウニマン

で、ニマンヘミン通りですが、
間違っても、東京の青山通りと同じと思わないことですね。
その、通りの雰囲気は、全然青山通りではないですから・・
タイにならどこにでもありそうな、ただのソイかタノン(通り)ですね。

交通量はそこそこありますが、
この15時前後の時間は、暑さのせいか誰も歩いていません。

この界隈には、オシャレなお店も多いらしいのですが、
ブラブラしているうちに、ニマンヘミンの北限まで到達してしまいました。
ちょうど、良い感じのカフェがあったので、
ここでお茶でもしますか。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワット・ウモーン, ニマンヘミン通り, チェンマイ, 青山通り, カフェ,

2013年3月
チェンマイ4日目

ワット・チェンマンを見てから、
まだサンデーマーケットの開催までは、
多少の時間を残していました。

おそらく18時位からが賑やかになるのでしょう。
時間はまだ17時前です。
ワット・チェンマンからは少し南下すれば、
サンデーマーケットの行われている、ラチャダムヌン通りにぶち当たるので、
まあ、ブラブラ行ってみますか。

途中で、
ワットウモーンマハセラチャンを発見。
昨日ワットウモーンを見学したばかりなので、
それと関連性があるのかと思って、思わず中に入ってみました。

当のワットウモーンとの関連性はわかりませんが、
普通のお寺でしたね。
地元の女の子が2人お参りしていました。
非常にローカルな雰囲気。
やはり、タイの人は信仰心が厚いなあと、つくづく思うわけです。
ウモーンマハセラチャン


某国の仏教とはやはり違うよなあ・・・
何が違うのか・・・
はっきりとした答えはでないまま、
次は、いよいよチェンマイのイベントの一つ、
サンデーマーケットへ行きますか。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワットウモーン・マハセラチャン, サンデーマーケット, チェンマイ,

2013年3月
チェンマイ4日目

さて、ワットチェンマンからの道が、
サンデーマーケットのメイン会場の通りである、
ラチャダムヌン通りに近づくと、
急に周囲が活気づいてきましたね。

道に椅子などを並べてできた、
簡易タイマッサージのお店が、客引きに懸命です。
が、まだ、明るい時間帯なので、それほどお客さんは居ない模様。
そりゃまだ早いかも・・・

我々も、まだタイマッサーを受けるには、まだ早い時間帯なんで、
そのままスルーして、
ラチャダムヌン通りへ入っていきました。

おととい、この道を歩いているのですが、
その時とは、うって変わった通りの様子です。
道の左右はもちろん、真ん中にまで屋台が並べられ、
歩くのも難儀する状態になっています。

ただ、まだ、時間帯が早かったので、
比較的、ゆったりと見ることができました。
サンデーマーケット


屋台の種類は、食べ物もありますが、
主に雑貨が中心ですね。
おそらくは、チェンマイ中のかなりのお店が
日曜日に限り、このマーケットに店を出張させているのではないでしょうか。

現に、アヌサン市場で見た、
Tシャツ屋台も本日はこちらに出張しているようでした。

本来の、ナイトバザーは、
もしかしたら、今日はかなりこちらにお客を取られているのでは。

さて、まずは、ラチャダムヌン通りを、ワットプラシン方面へ進んでみましょう。

時間は17時半くらいで、
開店準備をするお店が多く、
まだ見物人もそれほど多くはありません。
後で、わかるのですが、この時間帯は欲しいものを探すには、
一番よいかもしれませんよ。

つづく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : サンデーマーケット, チェンマイ, アヌサン, 雑貨, Tシャツ,