FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2017年3月から4月
タイ買付けへ
8日目


チェンライ空港を見物の後、プリペイドタクシーにて市内へ移動 

タイライオンエアのフライトで、
ドンムアン空港から1時間ほどで到着となりました。チェンライ空港。
CEI到着201703

飛行機はちゃんとタラップにつながれ、
最後の方で降りてみると、
もうすでに、CAの方たちは折り返しの準備をしておりました。
さすがはLCC、効率的ですね。

ターミナル内に入ると、
民族音楽の演奏でお出迎えがありました。
ちょうと、荷物の出てくるターンテーブルの前で、
楽隊が音楽を奏でて歓迎を表明しており、
和やかなムードになっていました。

荷物も10分としないうちに出てきて、
人がいなくなると、演奏終了という形をとっているみたいで、
フライトが到着したら、これを毎回やるのでしょうね。
着いたのは、午後の14時だったので、少々疲れ気味の感もありましたが・・・
お疲れ様です。
CEI歓迎


空港の到着ロビーへ抜けてみると、
チェンライ空港もなかなか大きいではないか。。
と思いましたよ。
もっと、田舎の空港を予想してましたが、
チェンマイの空港を少し縮小させた感じでしょうかね。
お店もたくさんあるし。。

国際線も最近は、週2便ながら香港エクスプレスが香港から飛んできてるみたいだし、
昆明からもフライトがあるそうで、
増加する旅行者に対応しているんでしょうね。

しかし、この14時すぎの時間帯は、
フライトの空き時間となったのか、
人もまばらな状態でありましたが・・・

我々は、チェンライ市内へと向かうべく、タクシーカウンターへと導かれます。
公共のバスとかはないので、
タクシーしか選択肢はない様子です。
カウンターでチケットを購入し、お金を払うと、ドライバーが車に案内するというシステムです。

市内まで200バーツとのこと。
何か高いなあ・・とぼやくと、協定料金とのことでしたので、
ぼったくりではないようでした・・・


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : タイライオンエア, チェンライ, 空港, タクシー, 音楽, 民族, 香港,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
8日目


チェンライ空港からのタクシーの運転手さんは、話好き・・・ チェンライ市内へ移動

空港からのタクシー運転手は、
やたら話好きで、
お決まりの、チェンライは初めてか?に始まり、
タイは何回来た?
日本人?日本のどこ?
日本の政治家はすごいの誰?
車はどこの日本メーカーがよい?
いくらくらいするの?

などなど、質問攻勢。
適当に受け流すことに。
しまいには、
明日はどこにいくの?私が案内しよう。
などと言い出すので、
かなり困ったものです。

明日は、まだ何にも決まってないから、
明日になって考えようね・・・などと受け流す。

チェンライ空港は、
ちょっと市街地から離れており、
片側2車線の道路をひた走り市街へ入って行くという具合。
初めて来たら、わかりにくいような道路構成ですが、
慣れれば大丈夫そうな感じですね。

20分程走ると、市街地に入ってきたようで、
バスターミナルを発見。
しかし、今は改築工事してるみたいで、
ただの砂利の広場にバスが停まっていて、
どこかの田舎町のバスターミナルの様相を示してました。

バスターミナルを通過すると、
ハイチェンライホテルはすぐ近くです。

タクシー運転手は、明日の予約を取りたがっていましたが、
そんなこと言われても、こっちは決められないので、仕方がありませんね。
そのままお帰りいただきました。

ハイチェンライホテルは、かなり綺麗なホテルで、
おそらく完成して間もないでしょうね。
チェックインも順調で、部屋は3階とのことで、
自分で移動です。ベル係りは当然いません。

まあ、こんなもんでしょうし、
このくらいの放置具合が我々には心地よいです。

写真は チェンライ空港の様子。ピンボケですんません・・・
CEI空港の様子



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : チェンライ, 空港, タクシー, 市内, ハイチェンライホテル, バスターミナル, 改築,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
8日目

ハイチェンライホテルにチェックイン後、散歩へ、すぐにお洒落なカフェを発見「prompt cafe」で一息


ハイチェンライホテルは、
バスターミナルに近くて、とても便利。
コンビニまでは少し歩くかな。

本当は、すぐ隣にある、
「Wiang Inn Hotel」にしようかと思っていたんですが、
ちょっと古いかもなあ。。
思い切って「Dusit Island Resort」にでも泊まろうか。。
とかいろいろ考えが頭の中を駆け巡る中、
このハイチェンライホテルを発見しました。

サイトは、Agodaです。⇒こちら

いつもは、Agodaの地図を見て、
場所の確認をしながら値段を見て、
総合的に判断して、宿を探しています。

結果的に、このハイチェンライホテルは当たり!でした。
なぜかは、後日に書きますね。
ハイチェンライホテル


今日は、チェンライの初日ということで、
街の様子を確認しようということになり、早速散歩へGO。

初めての街歩きは、なかなか楽しいものです。
今回は仕入れを兼ねた旅行ですが、
チェンライでは遊ぼうと心に決めていたので、
あんまり仕事のことは考えないようにしようと。

ハイチェンライを出て、右に行くと、
お洒落なカフェを発見しましたよ。

PromptCafe
こういうお店がチェンライにあるとは意外でした。
コーヒーの文化というものがタイにも、急速に浸透してるんでしょうか。
いやあ、それにしても、素晴らしい!

オーナーの若者夫妻も好印象。
かなりのコーヒー好きで、友達のところで焙煎機を借りて、
そこで好きなように焙煎してるようです。
どちらかというと、浅煎りが多い感じですね。
この日は、カプチーノをいただきましたが、
これは深煎りの豆を使用してるようで、なかなかの味わいでした。

お店の構造はいたってシンプル。
これがまたいいんですよね。
明日もまた来よう!と思いました。
プロンプトカフェ



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : チェンライ, ハイチェンライホテル, カフェ, 散歩, PromptCafe, 浅煎り, 焙煎, ,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
8日目

ワットジェッドヨートというお寺で、お経を聞き、時計塔の近くで夕食を

PromptCafeという、お洒落なカフェを見つけたので、
幸先の良い、チェンライ散歩のスタートです。

優雅なお茶の時間を過ごしてから、
市内の散歩へ出発。

まずは、ワットジェッドヨートへ。

徒歩ですぐに着きました。
ごくごく普通のお寺です。
いつもタイに来るとお寺に入って、
仏像と向き合ってると、心が非常に落ち着きますね。

本堂のご本尊の前に座らせてもらっていると、
夕方のお経の時間が始まったのか、
お坊さんが2名、すっと本堂に入ってきて、お経を始めました。
ワットジェットヨート_


タイ語のお経で、言葉の意味ははっきりとはわかりませんが、
何か耳に心地よくて、
ついつい聞き入ってしまいました。

20分くらいでしょうか。
お経を聞き終わって、晴れやかな気分で、時計塔方面へ散歩再開。



時計塔にやって来ました。
ワットジェットヨートから時計塔までは、
夜になると、怪しいバー街に変身しそうな空気が漂います。
なので、足早に通過。
チェンライの飲み屋街はこのあたりなんでしょうね。
私はお酒を飲まないので、用事のない場所ですが・・・

チェンライと言えば、時計塔!
と自分の中で勝手に決めていた、肝心な時計塔は、
道の真ん中に煌びやかな装飾を身に着け、
金ぴか輝いておりました。
ワットロンクンと同じ作家の作品とのこと。
チェンライ時計塔

いやあ、なんでこんな道の真ん中に、
煌びやかな時計塔にしたんでしょうね。
旧時計塔も、この近所に移設されて残されているみたいで・・・
その旧時計塔は、後日、サタデーマーケットにの時に確認することになります。

夜になるとライトアップされるみたいですが、
まだちょっと早かったので、
そのあたりで、食事でもして帰ろうとなりました。

なので、時計塔の周辺にいくつかあるお店を見て回って、
よさげなお店に入って食事をしようと、
フラフラします。
と言っても、そんなにお店の数が多いわけではないので・・・

すぐにお目当てのお店は見つかりました。
店の前にマンゴーを積み上げて、カオニャオマムアンを売ってるお店です。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 時計塔, チェンライ, ワットロンクン, ワットジェットヨート, バー, 飲み屋, 怪しいい, タイ, ,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
8日目

チェンライに来ても、カオニャオマムアンを食し、ナイトマーケットへ


結局、時計塔のすぐ近くの、
「Barrab」という、店の前にカオニャオマムアンを出していて、
持ち帰りで買っていく人が多いお店に入りました。

とにかく、すごい量のマンゴーを積み重ねているので、
よく目立ちますし、
美味しそうなので、食べてみたかったというのが影響し、
ついついお店の中へ吸い込まれてしまったというわけです。barrab2_

結果、このBarrabは食事も美味しくて正解でした。
ソムタムは味を調節してもらって、
辛くないバージョンにしてもらったので、
これはまた正解でしたね。
barrab1

チェンライは、都会ではあるのですが、
チェンマイの延長という感覚で来ると、
店の数はぐっと減りますので、
食事の際の選択の幅としては狭くなりますね。
そんな中でも、美味しい店を見つけるのはとても楽しいものです。

食べ終わると、
日も暮れていて、時計塔のライトアップが気になりますが、
まだまだのようです。
ライトアップはされてるんですが、
ある時間になると、いろんな色で輝くのだそうで、
それを見たかったんですが、まだその時間には早かったみたいで・・
それでも綺麗ですよね。
chiangrai+clocktower

そのまま徒歩でナイトマーケットを見に行きました。
ここは、毎日夜になると営業するマーケットで、
エリア的には狭いものの、
お店の数は多かったんですが、
民芸品中心で、仕入れというわけにはいかなかったですね。

お土産を買うならば、
うろうろしていると、
掘り出し物がみつかるかもしれないですね。
この規模のマーケットならば、
だいたい2周すると、目が肥えてきて、いろんなものが発見しやすくなるんですね。
でも、1周目はかなり早く回らないと、
時間がいくらあっても足りないんですけれどね。

この日は、これで終了です。

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : チェンライ, チェンマイ, Barrab, レストラン, 美味しい, カオニャオマムアン, ナイトマーケット,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
9日目

チェンライ2日目は、ゴールデントライアングルまで足を延ばします。行き方は・・


2日目は、ちょっと遠出してゴールデントライアングルまで行ってみることにしました。
しかし、結構遠いですよ。


タクシーチャーターか、日帰りツアーに入るのが最も簡単なんですが、
それじゃ面白くないので、
公共交通機関を使って行くことにします。

まずは、ホテルからチェンライバスターミナルへ歩きます。
5分くらいで到着しました。

今はバスターミナルは改築中とかで、
ただの砂利の広場がバスターミナルになっており、
その脇にはテントを立てて、
その下で出発を待つ乗客が休んでいるという状態です。
さらに、掘っ立て小屋みたいのが、バスのチケットオフィスになっているんですから、
どこかの田舎のバスターミナルに来たような感覚に陥りますますね。
ここはどこだろう??
チェンライは、もう少し大きな町だと思うんだけれどな・・・
という感じですね。

事前にいろいろ調査しておいた結果として、
朝であれば、直通のゴールデントライアングル行きおロットゥーが出ている、
それも朝の9:00前後という情報を得たので、
行きはロットゥーを利用。

帰りはチェンセンという町まで出れれば、
チェンライ行きのノンエアコンバスが1時間に1本はあるとの情報をこれまた得たので、
帰りは、どうにかソンテウでも使って、
チェンセンに出ようという作戦で行くことに。

かくして、ロットゥーは待っているか。。。
広場を見回してみますと、
居ました、いかにもそれらしいロットゥーが・・・
事前に確認していた、緑帯を巻いたハイエースのバンが居ましたね、、
近づいて運転手に確認してみますと、やはり当たりでした。
車体にもゴールデントライアングルと書かれてるので、間違いないでしょう。
「ゴールデンに行くの?」と運転手はやや省略して聞いてきましたね。
ゴールデン行きの車両


時間にして8:50頃。
これで行きは、まっすぐゴールデンまで行けそうです。

車内は、地元の人と何名かのツーリストを乗せて、
9:00過ぎくらいに出発となりました。

まずまずの出足ですよ。今日は楽しい1日になりそうです。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ゴールデントライアングル, バスターミナル, 改築, ロットゥー, バス, 小屋, チェンライ,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
9日目


チェンセンの街とは。。。メコン川の対岸はラオスで、イミグレもありました。


ゴールデントライアングルから、
運よくメーサイから来たソンテオを拾うことができて、
チェンセンの街までやって来ることができました。

ここまで来れば、
1時間に1本は、チェンライへのバスが出発してるので、
もう安心ですな。
最終バスを逃さなければ大丈夫というわけです。

そこで、ちょこっとチェンセンを散歩。
しかし直射日光が照り付け、そんなに長時間は無理と判断して、
チェンライ行きのバス停から、メコン川の川岸までと、
チェンセンのローカルな市場の2か所を散策。
チェンセン1

チェンセンにもイミグレーションがあって、
ラオスへの船が出ているみたいです。
我々外国人はこの船に乗ってラオスに入国できるかは不明ですが、
たぶん無理でしょうな。
タイ・ラオス間の国境は決まったポイントでしか、
通過はできないはず。(ノンカイ-ビエンチャンなど、いくつか)
チェンセン3

ちょうど船が1艘出てラオスに向かいました。
地元の人を乗せているんでしょうね。
このメコン川の向こうがラオスということで、
川を眺めてると不思議な感覚がしてきました。国境とはこんな感じかと。
川の反対側はラオスですからね。
この川1本で、経済的にも差が出ているなんてねえ。

この辺りは、メコン川の貿易が盛んで、
中国からも船が来てるとか・・・
ただ、どのボートがそれなのかは、見当がつきませんね。
もし、船でメコン川を中国方面へ行くのなら、
結構、危険を伴うのかなあと、山賊とか出そうですよね。。怖い怖い。
チャレンジなんてしない方がいいですよ。ほんと。

そんなメコン川を見学してから、
チェンセンの市場へ行きました。
ただのローカルな市場ですね。
チェンセン2


バスが発着するあたりは、
一番栄えてるのでしょうかね。
コンビニにスーパーに銀行に市場と、一通りはそろっています。
屋台もあったので、
ここで腹ごしらえをしてから、
チェンライ行きのバスに乗ることにしましょうか。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ゴールデントライアングル, ソンテオ, チェンセン, メーサイ, チェンライ, 市場, ラオス, イミグレ, メコン川, 国境,


2017年3月から4月
タイ買付けへ
9日目

チェンセンからチェンライへは、ノンエアコンのバスで暑い旅路となりました。


チェンセンからのチェンライ行きのバスは、
昔バンコクで走っていたミニバスのぼろいのが、
そのまま来たという感じのするバスですね。
チェンセンからバス2

バンコクのお古を使ってるかはわかりませんけれど、
かなり暑い時間帯ですので、
発車の寸前までは、誰も車内に入ろうとはしませんね。
車内が暑すぎて困るので・・・
チェンセンからバス1


当然、エアコンなどはなく、
扇風機がまわり、熱い空気をかき混ぜるだけで、
気温が下がってるかはわからないけれど、
気休め程度に扇風機回しとこ。。。みたいな。


発車は13:30とのことで、暑さを避けて直前に乗り込みます。
やがてゆっくり発車したバスは、
チェンセン市内は、かなりゆっくりとしたスピードで走り、
乗る人がいないかを確認しながら、
クラクションを軽く鳴らして進んでいきます。
何人かの乗客を拾い、城壁を過ぎると、スピードアップ。

走行中も熱気が車内をただよい、
疲労度が増していくのがわかります。
途中で、水分の補給は必須となりますね。
何もしないと熱中症間違いなし。。
そういや、モロッコでの移動がこんな感じだったっけな。。。

かなり進んできたころ、
結構大きな町に入りました。
もしかしてチェンライと思ったけれど、
グーグルマップで確認してみると、
メーチャンという町であるらしいです。
ちょうど、1号線と1016号線が交わるところですね。

その後も、
ミニバスは、乗降を繰り返して、
1時間50分くらいかかって、
ようやく、チェンライのバスターミナルへ戻ってこれました。。。

結構、疲れましたね。。
せめて、エアコンバスでも走っててくれたら、
必ず利用するんだけれどね。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : チェンセン, バス, ノンエアコン, エアコン, チェンライ, ミニバス, バンコク,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
9日目


チェンライバスターミナルで、翌々日のチェンマイ行きVIPバスチケットを購入


チェンセンの街から、
ノンエアコンのミニバスに揺られて、
約2時間(厳密には1時間50分)も灼熱の車内に留め置かれたため、
結構な疲労感が付きまといます。

とりあえずエアコンを浴びたい・・・

しかし、ここで一仕事が待っていました。
そうです、翌々日にチェンマイへバスで移動する予定をしており、
そのチケットを今買おう!となったわけです。

調べによると、
チェンライからチェンマイへは、
何本もバスが出ていますが、
その中でもVIPバスが一番快適そうなので、どうしても利用したいなと思ってました。

今回、2時間の移動でノンエアコンにやられたので、
チェンマイまで3時間以上の時間が、同じ状況では、
今後の仕入れにもかかわることなので、
ここは何としても、今すぐにVIPバスを予約せねば・・・
と思ってしまったんですね。

しかも、バス降りたら、
目の前にGreenBusのチケット販売の小屋があるもんですから、
「もう予約してしまおう!」
となったんですね。勢いです。
チェンライバスターミナル1


バスターミナル改築中とのことで、
とても簡素な掘っ立て小屋みたいな、GreenBusのチケット売り場へ並ぶと、
無事に予約することができました。
VIPバスは、座席数も少ないので、
当日の購入では乗れる可能性がとても低くなるので、
事前購入は正解と思いますよ。。

これで一安心。。。
ということで、
バスターミナルからトボトボと徒歩でいったんホテルへ戻りました。

因みに、Greenbusはネットからでも予約できるみたいです。
http://www.greenbusthailand.com/website/en/
やったことないのでわかりませんが、
窓口が確実だけれど、買いに行く時間がないという場合には、
ネット予約トライしてみてもいいですね。
試しに、予約画面に進んでみたとこ、座席指定までできるようになってました。
次にはチャレンジしてみようかな・・・

チェンライバスターミナル2




Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : チェンライ, チェンマイ, VIP, GreenBus, チケット, チェンセン, ミニバス, バス,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
10日目


チェンライ最終日はワット・ロンクン(White Temple)へ。行きはGrabTaxiを活用してみた件


チェンライの観光で外せないのは、
白いお寺である「ワットロンクン」ですね。
このお寺、すべてが真っ白ということで、
話のタネにどんなものなのか、見に行ってみようとなりました。

行き方は、
バスターミナルから、チェンマイ方面へのバスに乗り、
途中下車というのがよさそうですが、
空を見上げると、今にも雨が落ちてきそうな空模様。
そこで、チェンライの街でも使えるようになっている、
「GrabTaxi」アプリを使うことにしました。

バンコクではこのアプリが重宝しますが、
チェンライでも使えるなんて・・・
本当にそんなにタクシーは走っているんだろうか?
という疑問もありましたが、
目的地をワットロンクンに設定してみると、
10台くらいはタクシーがいるとの情報が画面に出てきます。

[book]というところをタップすると、
すぐに、ドライバーと車両のメッセージが来て、
電話もかかって来て、
「ハイチェンライホテルに居ます」と伝えると、
5分で行くとのこと。

本当に5分ほどで、ホテルの玄関前までタクシーが乗り入れてきました。。
ナンバーを確認して、
アプリに表示されてるのと同じだったので、
運転手に声をかけて乗り込みます。
仕組みは、当たり前ですがGrabTaxiはどこでも同じですね。

おとなしい運転手さんで、
ワットロンクンね?と確認して走り出しました。
車内はエアコンが効いていて快適です。
雨も何とか持ちこたえられるかな・・・という空模様です。

20分くらい走りまして、
あっという間にワットロンクンに到着です。
タクシーのメーターは、70バーツを示してますが、
170バーツとのこと。
なんで??と確認すると、
距離で1kmが10バーツ 12㎞走ったので120バーツ+GrabTaxi手数料50バーツで、
合計170バーツでした。

メーターはあんまり関係ないんですね・・・

さて、ワットロンクンの白いお寺、
もう見えてます。
早速境内へ入って行きます。
ワットロンクン1


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワットロンクン, GrabTaxi, アプリ, バンコク, チェンライ, タクシー, ナンバー,