fc2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2015年9月
1日目

MM921のピーチの飛行機は、
時間より早く台北桃園空港に着陸しました。
到着ゲートからは、歩いて入国審査へと向かいます。

台北の入国カードは機内で記入済。
トランジットで台北には12時間くらいの滞在となりましょうか。
次に乗るVairバンコク行きは21:10出発予定。
ホテルを記入する欄があるのですが、ここってトランジットだとどうなるのでしょう。
悩んだ末、適当なホテル名を記入しました。
帰国時は、ためしにtransitと記載してみたのですが、それはまた帰国時の記事にて。

写真と指紋を摂られたものの、
難なく通過。
荷物は機内持ち込みにつき、ターンテーブルはスルー。
税関もスルーし、
到着ロビーに出てきました。

半年前の3月にも来たばかりなので、
場所はわかっています。
両替を済ませ、荷物の一時預かりを探します。

地図を頼りに行きましたが、見当たらず・・・
「あれおかしいな・・・」
地図どおりに行くと外に出てしまう・・・あれ?

ピーチ機内で出会った、中国語堪能な沖縄出身の男の子と、
再び偶然出会ったので、聞いてみると、「わからない」とのこと。
一緒にインフォメーションへ行ってみると、そこのオバちゃんの係員日本語ペラペラでした・・

結果、外に出て、出発ロビー側に移すると、カウンターがあるので、
そこに預けられるとのことでした。
沖縄の男の子、オバちゃんありがとう。

というわけで、荷物を抱えたまま台北市内を歩き回るということは回避できたので、
早速バスに乗って台北市内へ向かうことにします。

バス乗り場へ移動し、
迷わず国光客運チケットカウンターで、台北駅まで125元の切符購入。
5番乗り場へ
バス番号1819
すでにアメリカンバスが待機してました。
国光号1

このバスは、結構古いですよ。
トランクに荷物がたくさん入るので、空港線に多く使われているバスとか。
国光号2

このバスに揺られて、
台北市内へ向かいます。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 台北市内, バス, 国光客運, アメリカン, チケット, 荷物,

2016年のお正月も、
例年通り沖縄から奈良&東京へ帰省することになりました。

沖縄に移住してると、こうした高いシーズン以外の安い時期に、
帰省したくなるものですが、
親戚の集まりやら何やらで、行きたくなってしまうのが人情ですね。
なので、前から計画してた通り、帰省です。

行きは、まず奈良へ行くので、
ANAの旅割75を使用して、75日前までにゲット済みです。
沖縄-関西 9800円也 12月31日大晦日は意外と安いのです。
75日前の辺りでは、ピーチやジェットスターも候補に挙がりましたが、
そんなに差が出なかったので、ANAに決定。
例年ですと、大晦日に関しては、
75日前前後はレガシーキャリアの方が安い傾向です。

帰りは、1月5日の
東京-沖縄となりますが、
成田発のLCC、ジェットスターとバニラエアを狙ってたんですが、
どうにも価格が思うように下がらず、
これならJALのウルトラ先得にでもしようかと散々思案しましたが、
結局、陸マイラーの私のことですので、
日々ためている、JMBのマイルを使うという手法に出ました。
片道1人6000マイルでゲットです。

というわけで、毎年のお正月の帰省時における、
今回のチケット選びは、このような結果になりました。
75日前までに購入すると、大晦日に関しては、LCCよりもANAの方が安いという結果になっております。

チケットの買い方は、
本当に奥が深いです。
いつ買うかというタイミングが重要かもしれません。
今回は、大晦日に沖縄を出れれば安いとわかっていましたので、
自分たちの日程を運賃に合わせた格好です。

運賃にあわせて、日程を決めていくというのは、
安く買う方法のひとつですね。

それではまた。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : LCC, ANA, JAL, 大晦日, 安い, チケット, お正月, 帰省, レガシーキャリア,

2016年9月

トリップアンクルの仕事で、
東京に行くことになりました。
とは言っても、直近ではありませんよ。

11月の話です。
ちょうど、バニラエアがセールを開催していまして、
帰りの便は1890円+TAX+手数料でなんと、2870円!
でゲットできました。
これは破格ですね。
いやいや、嬉しい限り。

ところが、問題は行きのチケット。
日にちの調整がつかず、まだ買ってません・・・
私は、よくこういうことをするんですよね。

タイに買付け行く時も、
よく台湾からバンコクまでチケットを買っておいて、
台北までのチケットは持ってないとか・・・
帰りのバンコクからのチケットは、まだ買ってないとか・・・
ある1区間だけ購入してないってことは、よくあるんですね。

「なにしてんの?」っと突っ込まれてますが、

なんだか、こういうのが好きみたいです。
イメージとしては、
このまま粘って安くなるのを待っているということなんですが、
これはもし失敗すると、
逆に値上がりしてしまうことにもなるので、
諸刃の剣というところでしょうか。

これを読んでるみなさんは、
あんまりマネをしない方がいいかもしれませんね。

LCCのセール運賃でチケットを買うのは、
いつもドキドキして、楽しく買ってますが、
安く買えた時は嬉しいものですね。

さて、次は、沖縄から東京へ行くチケットを購入せねばなりませんな。
タイミングを見ながらという、まめさが必要になります。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : バニラエア, セール, 沖縄, 成田, バンコク, チケット, 台北,

2016年10月

昨年というか、ここ最近は、
年末年始で沖縄から内地へ帰省する際に、
早めに航空券(チケット)を買うようにしています。

沖縄⇒大阪や東京へは、
大晦日12/31の出発が安いのです。
それも、JALのウルトラ先得やANAの旅割75などを活用し、
75日前までに購入すると安いのです。
ここ最近は、毎年大晦日のチケット購入してるのですが、、
12/30よりも安かったり、
また、LCCよりも安かったりします。
今年は。12月30日もそんなに変わらないようですが、曜日の関係ですね。

沖縄発なので、
レジャー路線という観点から見ると、
12/31に沖縄から東京へ戻る需要はそんなに多くないのかなと。
やはり、沖縄で綺麗な海を見ながら、年越ししたいですからね。

沖縄の人が内地へ向かう需要は、
我々のような移住者くらいで、
全体の人口の比率からすると、そんなに多くないのかもしれません。

だから、大晦日の沖縄発内地方面の航空券は、安くなるのかもです。

今年も大晦日のチケットはすでに入手済みですが、
購入前にLCCなんかとも比較してみましたが、
やはり、この日に限っては、
レガシーキャリアに軍配が上がりました。

LCCは、見た目運賃が安くても、
・荷物の追加
・座席指定
を追加し、決済画面まで進むと、
最後に、
発券手数料なるものが追加され、
この料金では、レガシーキャリアとあんまり変わらないなあ・・・
という事態も発生するかもしれません。
購入ボタンを押さなければ、決済されないので、
慎重に最終画面まで進んだところで、
料金のチェックを怠らないようにしたいものです。

払い戻しについては、
各航空会社のそれぞれの規定をご確認ください。

と、年末の航空券について、つらつらと書いてみました。
以上です。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 年末年始, JAL, ANA, 航空券, チケット, 大晦日, 沖縄, 東京, 関西,

2017年1月
台北仕入&小旅行
1日目

台湾2泊3日の弾丸気味の仕入へ、出発はいつものピーチの朝一番のフライトで、LCCターミナルの過ごし方

いつもの朝の那覇空港LCCターミナル。
ピーチのフライトは、国内線、国際線共にこちらから出発します。

いきなりLCCターミナルに来てしまうと、
あまりのお店の少なさに唖然とするし、
朝のフライトに乗り込む前には、
コーヒーの1杯くらいは飲んでおきたいもの。

しかし残念ながら、
LCCターミナルでは、大したものは購入できないと思っていた方がいいでしょう。
お土産屋さんや、コーヒーショップもありますが、
時間帯で開いてないこともあります。
よって、
那覇空港国内線ターミナルのコンビニで何か購入してくるのがよろしいでしょう。
私はいつも、国内線ターミナル2階のローソンで、
ホットコーヒー買って、一息ついてから、
LCCターミナル行きの無料シャトルバスに乗り込んでます。

ただし、チェックイン時間の締め切りには厳しいLCCのこと。
那覇空港国内線ターミナルとは、
無料連絡バスにて5分くらいの所要時間で結ばれているものの、
満員で乗れないこともあるので、
ギリギリだと、
チェックイン締め切りに間に合わなくなることもあるかもしれません。
おそらく、最低でも2台の巡回バスが回ってますが、
便が重なると、長蛇の列&乗車不可となり、次のバスとなることもあるかもしれません。

時間が来ると、容赦なくクローズして、
乗り遅れてチケットがパーになるという話は、
たまにではありますが、耳に入ることもあります。

時間には余裕を持って、
ある程度の食糧も持って、
LCCターミナルへ移動しましょうね。

さて、いつもの通り
チェックインも無事に終わり、
さっさと出国。

殺風景な待合室で待たされてから、搭乗開始。
飛行機までは徒歩で向かいます。

台北への2泊3日の小旅行の始まりです。

LCCターミナル那覇風景


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : ピーチ, LCC, LCCターミナル, バス, チェックイン, チケット,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
9日目


チェンライバスターミナルで、翌々日のチェンマイ行きVIPバスチケットを購入


チェンセンの街から、
ノンエアコンのミニバスに揺られて、
約2時間(厳密には1時間50分)も灼熱の車内に留め置かれたため、
結構な疲労感が付きまといます。

とりあえずエアコンを浴びたい・・・

しかし、ここで一仕事が待っていました。
そうです、翌々日にチェンマイへバスで移動する予定をしており、
そのチケットを今買おう!となったわけです。

調べによると、
チェンライからチェンマイへは、
何本もバスが出ていますが、
その中でもVIPバスが一番快適そうなので、どうしても利用したいなと思ってました。

今回、2時間の移動でノンエアコンにやられたので、
チェンマイまで3時間以上の時間が、同じ状況では、
今後の仕入れにもかかわることなので、
ここは何としても、今すぐにVIPバスを予約せねば・・・
と思ってしまったんですね。

しかも、バス降りたら、
目の前にGreenBusのチケット販売の小屋があるもんですから、
「もう予約してしまおう!」
となったんですね。勢いです。
チェンライバスターミナル1


バスターミナル改築中とのことで、
とても簡素な掘っ立て小屋みたいな、GreenBusのチケット売り場へ並ぶと、
無事に予約することができました。
VIPバスは、座席数も少ないので、
当日の購入では乗れる可能性がとても低くなるので、
事前購入は正解と思いますよ。。

これで一安心。。。
ということで、
バスターミナルからトボトボと徒歩でいったんホテルへ戻りました。

因みに、Greenbusはネットからでも予約できるみたいです。
http://www.greenbusthailand.com/website/en/
やったことないのでわかりませんが、
窓口が確実だけれど、買いに行く時間がないという場合には、
ネット予約トライしてみてもいいですね。
試しに、予約画面に進んでみたとこ、座席指定までできるようになってました。
次にはチャレンジしてみようかな・・・

チェンライバスターミナル2




Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : チェンライ, チェンマイ, VIP, GreenBus, チケット, チェンセン, ミニバス, バス,

2017年12月
台湾へちょこっと仕入と旅行を兼ねて 台南&台北 4日間
1日目

高鐵桃園駅で、KKDAYで購入したチケットを指定席券に交換した件


KKDAYというサイトがあります。
ここで台湾の新幹線を予約すると、
20%オフになると、いろいろ調べてると出てきました。

https://www.kkday.com/ja/product/2674

このサイトから、チケットを購入しておき、
いざ新幹線に乗る時に、
駅の窓口で、乗車券&指定席券に替えてもらうというものです。

本当か??
とも思いましたが、大丈夫そうなので、
出発の3日前くらいに購入しました。
すると、メールで確認書が送られてくるので、
それを印刷して台湾へ渡航。

乗車当日、桃園駅の窓口で、
係員にこのバウチャーを見せて、
台南までこれでチケットをくださいと、お願いすると、
次の次の列車新幹線で、指定席券を発行してくれました。

何やら、席を外して、裏の事務所まで行き、
いろいろ手続きをしてくれて、
戻って来て、発券してくれました。

手続きは、かなり簡単ですので、予定が決まっているならば、
KKDAYは利用してもいいんじゃないでしょうか。
高鐵桃園駅構内


交換後は、桃園駅をゆっくりと見学して、
食事を買うところはないか、と探すも、
MRTの駅の周辺と、新幹線の連絡口界隈には、
パン屋くらいしかありません。

仕方なく、ここでパンを買ってみましたが、
新幹線の改札を通り抜けて、
コンコースに降りてみたら、、
なんとお店はたくさんあるじゃあないですか・・・
セブンイレブンもあったりして・・・
しまった!早まった!と思ってももう遅い・・・

仕方なく、コーヒーだけ購入して、
新幹線に乗り込むことにしましたぞ。

空港から、直接高鐵桃園駅に来た場合には、
改札内には、お店有りと覚えておいてくださいな。

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : 高鐵桃園駅, KKDAY, チケット, 新幹線, 予約, 改札内,

2018年5月

7月のチェンマイへのThaiLionAirのチケットを買おうとしたら・・・その1

結構前のブログで、
タイライオンエアのチケットを買うのに苦労したことがあったと書きました。

で、結局、苦労して買ったにもかかわらず、
当日、無連絡で2時間も早発(遅延ではない)され、
チェンライへ行くことになった・・・
で、その後の返金処理の話に続いていくのでした。
返金まで4か月くらいかかったです)^o^(

そんな件があったにもかかわらず、
懲りない私。。
過去ブログは⇒こちら

また、チャレンジしようと、
タイライオンエアのチケットを購入に走ったわけです。

理由は、
LCCにしては珍しく、10kgまでの預け入れ荷物が付いてる。(無料)
これは、つい最近までは15kgだったんですがね((+_+))

これは、どうしても譲れないです。
仕入れで荷物が増えるので・・・。

他のノックエア、エアアジアは、運賃は安いけれど、
荷物は当然お金がかかるシステム。

荷物代金を足しこんでいくと、
ThaiSmileの方が安いのでは?あんまり変わらないのでは?
という事態になってしまい、
だったら、タイスマイルにしようかなとも思うけれど、
ドンムアン空港の様子も見たいしなという想いが来て、
やっぱり、ライオンエアにしよう!
という流れというか、思考回路になっているのです。

それにもう一つの理由として、
ちょこっと書きましたけれど、
ドンムアン空港を見たいというのもあります。

ドンムアン空港は、
私がタイに行き始めた時からある空港で、
スワンナプーム空港の開港と同時に、
一旦は、貨物とVIP専用空港になりましたが、
LCCの便数が増えすぎて、スワンナプーム空港では対応しきれなくなり、
エアアジアがドンムアンに移転し、
再び、脚光を浴びることになったわけです。
途中で、大洪水にも見舞われましたが、何とか復活。

という
とても懐かしくて、思い入れのある空港なんですね。

だから、チェンマイに行く時は、
必ずドンムアンに行っておかないと気がすまないというのが本音ですかねえ。

おっと、話が脱線。。。
続きは次回

ドンムアン空港201705到着


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ThaiLionAir, タイライオンエア, チケット, 親会社, ライオンエア, インドネシア, ドンムアン空港, スワンナプーム空港,

2020年8月

タイの入国、観光客はまずはプーケットから??

最近になって、
プーケットのみ、
観光客の入国を認めるという話も出てきました。

しかし、
14日間の隔離期間は絶対のため、
最初の14日間はホテルで過ごさねばなりません。

プーケットのASQホテルは、
リゾートホテルなので、
プライベートビーチもあることから、
隔離者専用のビーチで遊ぶことができるようにし、
14日間経過後は、プーケット島内なら移動は自由。
さらに7日間過ぎれば、タイ国内どこでも行けるようになると。

要するに、
21日間の隔離で異常なしならば、
初めてタイ国内の移動の自由が許されるというわけ。

で、ホテル代ですが、
アナンタラ プーケット スイーツ&ヴィラ
で2名15万5千バーツから
約55万円くらいです。(1名27万5千円くらい)
これ14日間の隔離代金です。

結構な代金ですね。

それに、プーケットまで行くのは、
直行チャーターになるのか、
バンコクでトランジットさせるのか、
よくわかりませんが、
航空チケット代金もかなりの金額になりそうです。

報道では、
プーケットへ日本からも直行チャーターを飛ばす計画があるみたいです。

搭乗するためには、
事前にPCR検査を受けてからになるのか、
検査なしでいきなりチケットが買えるのか、
いろんな疑問がありますね。

タイ国内はどこでもそうですが、
プーケットも観光産業はかなりの打撃を受けてるはずなので、
少しでもプラスにしたいでしょうけれど、
これでは、ホテル内だけで終わってしまい、
それ以外の人は恩恵を受けれないのでは・・
と勝手に思ってしまいます。

さらには、
そんな大金を払って、
隔離だけ、ホテル内だけで終わるなんて・・・
そんなまでして、タイに行きたい人が何人くらいいるのでしょうか?

現在。プーケットのホテルが、
Alternative State Quarantine(ASQ)のホテルになるべく、
審査中とのことです。

もう少しすると、どのホテルになるのか、
内容は、値段は、
など詳細が明らかになって来るでしょう。

これだと、
プーケットに3週間して、
残り1週間を他の街でとなりますね。
通常だと、ノービザで30日間の入国しか認められませんが、
延長等はできるのでしょうか?
入国の際に何日まで滞在が認められるのか?
も気になりますね。

と、問題は多いと思われますが、
とにかくこの企画がタイへの観光客の門戸を開く第一歩になればと思います。

もしプーケットでうまくいけば、
次はサムイ島で実施するという話も出ているようです。

次々のタイ国内に広まってくれればいいですね。
個人的にはチェンマイとかで実施してほしいけれど、
陸続きの街は、感染リスク高いですからね。

もう少し様子を見ていきましょう。

現在、ASQのホテルは、
こちらから確認できます。
COVID19いろいろ

バンコク近郊では50軒くらいにホテルが増えました。

greenbusCEI-CNX201711


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ASQ, 隔離, 入国, タイ, プーケット, バンコク, 自由移動, 14日間, チャーター便, チケット,

2022年10月

ピーチの関西-バンコク線の就航 沖縄発着はどうなる

ついに、ピーチがバンコクへ飛ぶことになったです。
しかし、私が住んでいる沖縄からでなく、
関西からバンコクへのフライトで、12/27から新規就航と。

コロナ前は、沖縄-バンコク線が就航していて、
早くその復活が望まれるのですが、
やはり需要が追い付かないのか、もう少し先になりそうな気配ですね。

というのも、
関西バンコク線のピーチの運航ダイヤを見てみると、

MM91 KIX19:30→BKK0:10+1
MM92 KIX1:10→KIX8:55

となっています。

バンコクスワンナプーム空港の発着時間が、
以前飛んでいた沖縄バンコク線のバンコク発着時刻とよく似ています。
確か
OKA21:45→BKK0:15+1
BKK1:25→OKA8:00
こんなダイヤだったと記憶しています。

なので、以前のスワンナプーム空港発着の沖縄路線のスロットを使って、
関西路線としたのではと推測します。

もし、沖縄バンコク線を復活させるなら、
また新たなスロットを取らないといけなくなるため、
時間がかかるかもしれませんね。

同じような時間帯も結構発着が多いスワンナプーム空港ですので、
復活させるとしたら時刻変更もあり得ますね。

2022年12月27日に就航開始予定のピーチの関西バンコク線ですが、
気になる運賃を見てみますと、
片道11280円からとなっています。

が、販売開始早々に11280円のチケットは売り切れてしまった模様。
今日10月19日11:00の時点では、
11280円のものはなくて、年末は5万円台。
1月にちらほら2万円台はあるものの3万円台が主流。
これはシンプルピーチの片道運賃です。
座席指定なし、荷物なし、の手ぶら状態での搭乗です。

帰国便の方が高い傾向にあります。

試しに、
往路 1月13日の26580円
復路 1月20日の39380円
で選択すると、
諸税入れて78730円となり、
これに発券手数料などがかかりますね。
約8万です。

個人的な感想としては、
せっかくピーチが関西-バンコク路線を就航するのに、
なんか高いなあという印象。

まあ、燃油が上がったり、
その他諸々値上げされてるので仕方がないかもしれませんね。

これじゃ、FSCのタイ国際とかの方がいいかもと思ってしまったので、
上記と同じ日のタイ国際航空の運賃を調べてみたんですが、
往復で13万しました。

ピーチの荷物付けても、10万くらいで収まるでしょうから、
やはりLCCのピーチの方が安いということになるのでしょう。

これに円安が加わり、
日本から海外への旅は厳しいものになってきました。

少しでも安いのを探していくしか方法はないですね。

MM502 20220512



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル 特設支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : LCC, ピーチ, バンコク, タイ航空, 関西, 新規就航, 値段, チケット, 高い,