FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2016年3月
タイへ
2日目

ランナム通りを東側に歩くと、
ラチャプラロップ通りに出ます。
この通りを南下すると伊勢丹方面に行けるわけですね。

なので、今回は、目的地がサンペーンとチャイナタウンにあることから、
BTSは使わず、バスにてアクセスしてみます。
バスマップを確認してみると、204番のバスが乗り換えなしでいくではないですか。

なので、早速利用してみることにしました。

ランナム通りを東側に出て、
スタンドのある通りが、ラチャプラロップ通り、
伊勢丹方面は右なので、歩道橋を利用して反対側に渡ります。

歩道橋の上から、伊勢丹方面を望む↓
ラチャプラロップ通り


バスの停留所はタイらしく、適当な感じで、
何となく人が集まっているところ、この辺だろうね。
と待っていると、すぐに204番のバスが来ました。

おーラッキーとばかりに乗車。
これに乗ってれば、とりあえずサンペーンの周辺まで行けます。
車掌さんには、「サンペーン」と伝えて料金を払います。
エアコンバスでしたので、距離で料金が変わるので、行き先を伝えないといけないです。

いつもバンコクでバスに乗るたびに思うのですが、
このタイのバスの車掌さんは、いつも手際がいいですね。
シャシャと切符に切り込みを入れたり、筒にお金をしまったり、お釣りを出したり。
エアコンバスは、距離によって料金違うから、
きっと全区間の料金表がだいたい頭に入っているのでしょうね。
しかも、どんなに混雑していても、必ず料金を徴収にやってきます。
で、払った人の顔をだいたい覚えているところもまた凄いです。

バスは、プラトゥナムを抜けて、伊勢丹前、マーブンクーロンセンターを通り、
チャイナタウンに近づいていきます。

ようやくサンペーン周辺に到着した模様です。
車掌さんも「ここはサンペーン」とみんなに伝え、
ほとんどの乗客が下車。

さて、買い物地獄のサンペーンエリアに足を踏み入れて行きますか。
すでに混雑して来てますね~。

つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




関連タグ : ランナム, ラtyプラロップ, 204, バス, エアコンバス, 伊勢丹, マーブンクーロンセンター, チャイナタウン, サンペーン,

2016年3月
タイへ
2日目

インド人街を彷徨った挙句、
何も目ぼしいものが見つからなくなったというか、
かなりの疲労度になってきたので、
一旦、サンペーンからの撤収を決めました。

チャオプラヤ川のエクスプレスボートは、
乗ろうとしたものの、乗り場探しで失敗したというか、
探すのが面倒くさいし、歩くのも面倒ということで、
あきらめ、バスにてどこかへ向かうことにしたものの、
なかなか、この場所からサイアムスクエアまで行くバスはない。

そんな中で40番のバスが、
バスマップBMTA(バス公社)のアプリから行きそうな気配。
しかしながら、アプリ画面を見ていると、
40番のバスが3つ載っており、
途中で止まってしまうものもあるみたいです。

見ていると、40番のバスは、
ミニバスとエアコンバスが交互にやって来てる印象だったので、
おそらくどちらかが途中止まりかもしれないなと思いながら、
40番のミニバスに乗車。

すぐに女性の若い車掌が回ってきたので、
「ワートレ」(伊勢丹辺り)というと、
すごく変な顔をして、感じ悪・・・と思ったけど、
ここは作戦通りに「じゃあ、フォアランポーンね」と言うと、
少しほっとした顔して、料金を徴収。

この後、バスは爆走して、
チャイナタウンを走行していきます。
ミニバスは、たいていの場合、運転が荒いことが多いのですが、
このミニバスの運ちゃん、何を血迷ったのか、
前がつかえているのに、
アクセル全開、急ブレーキ、
進路変更しまくり、空ぶかししながら強引な割り込み、
を繰り替えし、がんがん前へ前へ。
そんなに急いでも変わらないと思うけどね・・・
大丈夫なんだろうか?と不安になりました。
40番のバス ミニバス

いやあ、久しぶりに、ヤバイ運転に出会いました。
座れたのでよかったけれど、
立っていたら、あの運転はかなりヤバイです。

みなさんも、バンコクのミニバスに乗車の際は、
お気をつけくださいね。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ミニバス, チャイナタウン, BMTA, バスマップ, 伊勢丹, フォアランポーン,