FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2011年6月のことです。
インドに行く前に、バンコクでトランジットとなりました。

バンコクの空港は2006年6月にこの新空港になりました。
自分としては、旧ドンムアン空港の方がタイらしくて好きだったですね。
なんか古臭くて、空港を出たときに感じるあの“ムワッ”とする暑さ、匂い・・・
ドンムアン空港にはいろいろな思い出がある方はきっと多いことでしょう。
つい最近の洪水までは、ドンムアン空港は、国内線の格安航空会社2社が使用していました。

そんなドンムアン空港も、これを書いている時点では、洪水の影響で閉鎖中です。
洪水で滑走路までもが冠水するという被害を受けておりましたが、
来年の4月には復旧するという発表が行われています。
しかし、真偽の程は・・・
一時は廃港までも噂されていましたからね。
しかし、復旧してくれるならしてほしいなあ・・・なんて個人的には思っていたりもします。
まあ、来年4月といっても、タイのいつものことで、遅れることはほぼ確実でしょう。
本当に4月だったら、かなりサプライズです・・

さて、新しいスワンナプーム空港ですが、
この空港はやはりバンコクの空港ですので、
トランジットは非常に楽しいものになりました。
何が楽しいかって?
いやあ、これだけ全世界からのフライトが集結していますから、
これらの飛行機に乗る乗客や乗務員なんかの格好を、
カフェに座って眺めているだけで楽しいですねえ。
お坊さんとか、明らかに中東の服を着た人とか、
短パンサンダルの人とか、びしっとしたビジネスマン、各社のクルーたちなどなど・・
空港の中を行き交う人々を見てると、面白いなあと感じました。

私がたまたま入ったカフェですが、
何とタイ人従業員のお姉ちゃん、レジに座って携帯でずっとメールかネットをしてました。
で、お客が来たら携帯を止めてレジ打ち。
そしてまた携帯でメール。
彼女は勤務中のはずですが・・・
しかしここは微笑みの国タイランド、このくらいはマイペンライ(問題なし)なんでしょうね。
いやあいいなー、自分も勤務時間に堂々と携帯やってみたいと、非常に羨ましく思った次第です。

まあこんな感じの方が人間らしくていいなんて、解釈してるのは私だけでしょうか。

スワンナプーム空港



関連タグ : スワンナプーム空港, ドンムアン空港, トランジット,

2016年3月
タイへ
4日目

バンコクを離れてチェンマイへ移動する日です。
早いもので、このBizotelBangkokに3泊もしちゃいましたね。
もっと、1週間以上沈没してみたいですが、
次の目的の場所、チェンマイへ移動しなければ・・・・

朝食もしっかりと摂れて、
周辺に屋台もあって、上手なタイマッサージもあって、
コンビニもあるとなれば、もう申し分ないです。
部屋も綺麗だし、このランナムというエリアも、なかなかよい場所ですね。
また、泊まってもよいかと思いましたよ。
Bizotelbangkok


さて、これからタクシードンムアン空港へ向かいます。
本当はまた戦勝記念塔まで歩いて、BTSでモーチットへ行って、
そこからA1のバスに乗ってもよかったんですが、
荷物もあるし、ここは楽しちゃいましょうか。ということで、
ホテルでタクシーを依頼しました。

チェックアウト完了後に、ホテルの人が表に行き、
おそらくそこら辺で流しのタクシーを捕まえてきたのでしょう。
大丈夫かな・・・
と思ったんですが、メーターをちゃんと使用するまじめなドライバーでした。

高速道路を使うか聞いてきたので、
もちろん使ってもらい、
料金所では私がドライバーにお金を渡して、
それで払ってもらうという無難な方法で対応してくれました。

戦勝記念塔辺りからだと、
高速使うとあっという間にドンムアン空港まで行きますね。
所要時間は25分くらい。
9時半に出て10:00くらいには余裕で到着してましたよ。

メーターは174バーツを指していましたので、200バーツ渡しておきました。
お釣りはチップでOK。と伝えましたが、
恐縮してお釣りを返そうとする律儀なドライバーさん。
バンコクのタクシーは評判悪いから、このような運転手さんは珍しいのかな??
とも思いましたが、こうしてまじめにやってる方も多いのも事実かもしれませんね。

運転も高速でかっ飛ばすわけでもなく、
普通に安全運転でした。
とてもラッキーな出だしですね。

こうしてドンムアン空港に到着した次第です。

つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : タクシー, BizotelBangkok, ドンムアン空港, ランナム, 高速, ドライバー, 運転手,

2016年3月
タイへ
4日目

当たりのタクシーで、気分よくドンムアン空港に到着。
昨年末に、ドンムアン空港ターミナル2がオープンしていて、
国内線のチェックインカウンターがそちらへ移動したとのことだったので、
タクシーを降りたターミナル1から徒歩で、ターミナル2へ移動。

ターミナル2と言っても、
すぐ隣なので、別にどうということはありません。
新装というよりも、
以前使っていたターミナル2を改装して再出発させた感じです。
かなり懐かしいターミナル2。

これができる前は、ターミナル1の混雑は結構なものだったんで、
かなり解消されたんではないでしょうか。

懐かしいターミナル2。
昔はよくここに到着してカオサンへ移動して。
帰りは、ここでチェックインして出国していたものです。
国内線ターミナルへは、長い歩道橋を歩いていた記憶が・・・

しかし、今はここドンムアン空港自体が、
LCCの発着がほとんどのターミナルになろうとは、
時代は変わっていくものですね。

いずれは、日本にピーチあたりも沖縄からドンムアンへ直行便出してくれないかな・・・
デイリーでなくとも、週3便くらいでもよいので・・・
と勝手な願望を書いてみました。


ターミナル2のお店も
・銀だこ
・クロワッサンたい焼き
など和風テイストなお店もあって、
なかなかの充実振りです。
ドンムアン銀ダコ

マックのワイをした人形がタイであることを物語っております。
マックのワイ人形

おっといけない!
チェンマイ行きのタイライオンエアのチェックインしないと。
ターミナル2が懐かしすぎて、ついつい時間を忘れてうろうろ。
LCCのチェックイン締め切りは厳しいので、
早めに行動しないとですね。

つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ドンムアン空港, ターミナル2, LCC, チェックイン, マック, 銀だこ, 和風,

2016年9月
バンコク&台北 1日目

LCCのスクートバンコクに到着。
最近では、スワンナプームに到着がメインですが、
ここは、ドンムアン空港です。
昔ながらの空港でして、
飛行機からつながったジャバラのトンネルを通って、
ターミナルビルへ吸い込まれます。

そこは、昔からあるドンムアンの光景そのままでして、
天井はなんとなく低く感じ、
エアコンの独特な匂いが鼻をついてきて、
「ああ、タイに来たんだな・・・」
という実感も沸いてくるわけです。

思えば、タイに最初に行ってから、
もう20年以上になるんですね・・・
そして、またしてもドンムアン空港から入国してるってのも、
不思議な感じがしますね。

さて、そんなドンムアン空港ですが、
まずはイミグレーションの列に並びます。
ところが、
今さっき到着されたのか、某国からの団体さんが、
イミグレの全部の列に並ばれており、賑やかなこと。
これでは、時間がかかるぞーと、気長に待っていると、
予想以上にテキパキと、我々の列の入国審査官はこなしてましたよ。。。
それでも20分以上はかかったでしょうか。

いつものドンムアンの到着ロビーへ抜け、
いそいそと、アマリドンムアンエアポートホテルへ向かいます。

アマリのサインに従って進み、
道路と線路を越える橋を渡り、ホテルのロビーへ。
チェックインはすぐにできました。。。

今晩は、そこで旅の疲れを癒します。
スクート機内1



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 懐かしい, ドンムアン空港, LCC, スクート, バンコク, スワンナプーム, 利用,

2016年9月
バンコク&台北
6日目

ドンムアン空港へはタクシーにて移動

BizotelBangkokでチェックアウトして、
タクシーを呼んでもらいました。
といっても、おかかえのタクシーがいるわけでもなく、
ホテルのスタッフが表まで行って、
流してるタクシーを捕まえてくるだけの話。

これなら、GRABTAXIのアプリ使って、
昨晩のうちに予約しておくのも悪くないかなと思ったりもします。

ドンムアン空港までは、
高速道路(TOLLWAY)を利用します。
料金所では、
しっかり、ドライバーにお金を渡して領収書もらいます。
ここで、お釣りを誤魔化したりするドライバーもいるので、
自分でしっかり払いましょうね。

渋滞も特になく、
高速道路に上がれば、
そのままドンムアン空港まで一直線です。
この高速道路からの見慣れた光景。
ビルが少し増えたのかなあなんて思います。
現に増えているのでしょうけれど、
20年前にここを初めて通ってから、そんなに経ってないような感もあり、
なんだか不思議です。

高速道路の脇に
使われなくなった、
かつての鉄道用高架橋の橋桁だけが、
無残にも廃墟のように残り、
その隣には、さらに新しいドンムアンを越えて、
ランシットまで行くという、真新しい鉄道の工事が盛んに進んでるのですから、
無駄だなあ・・・と思います。

この橋桁、20年前からあるような気もするのですが、
結局活用されないまま、壊されてしまうのでしょうね。

ビゾテルからドンムアン空港までは、30分足らずという所要時間でした。

ビゾテル前にあるバイタク乗り場↓
ビゾテル前のバイタク乗り場



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ビゾテル, バンコク, ドンムアン空港, ランシット, タクシー, 高速道路,

2016年9月
バンコク&台北
6日目

ドンムアン空港には無事に到着。
タクシーのボッタクリもなし。
メーターも不正ではなかったので、やれやれです。
運転手もまじめな方でよかったです。
チップあげておきました。

ドンムアン空港に着いて、
V-Airの掲示板を見ると、
10:35⇒11:00に変更となってます。

そういや、台北付近に台風が近づいていて、
欠航になりやしないかと、
ヒヤヒヤしていたのですが、
どうやら飛ぶようですね。
ということは、台北を飛行機は出発してるということでしょう。

V-Airのカウンターにてチェックイン前に
お土産買い忘れとかないかを確認しつつ、
空港内をうろついてみます。

まず、郵便局を発見。
これは第2ターミナル側の郵便局ですね。
第1ターミナルにもありますが、
こちらの方が広くて広々してます。
ここからも、船便で送ることができるので非常に便利ですね。
次回仕入時に利用できそう。
ドンムアン第二郵便局

RAirlineという知らない航空会社
Rairlines

LionAirのコックピットの写真・・・
カウンター内がコックピットになっている・・・
よく見ると手前に椅子とその上にペットボトルのお水が・・・
コックピットの写真、DMK


などなど、
面白いものもみさせてもらいました。

V-Airのカウンターにてチェックインしてみると、
あんまり混雑してないですね。
最終的に値段が上がったので、機内の状況はわかりませんが、
V-Airのラストフライトも目前に控えていることから、
ガラガラということはないでしょうね。
まあ、搭乗してみてのお楽しみということで。
今回は、20kgの荷物を預け入れしました。

名残惜しいですが、
今回は、この辺でタイ出国とあいなり、
イミグレを通過しました。空いていてすぐに通過でき、
あっという間に制限エリアに来てしまいました。
まだ、まだ時間に余裕ありますね。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : RAirline, ドンムアン空港, V-Air, 台北, 郵便局, LionAir, ラストフライト, トリップアンクル,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
8日目

1週間滞在したビゾテルバンコクをチェックアウト ドンムアン空港へタクシーで


早いもので、1週間なんて、本当にあっという間でした。
朝ごはんも、ここで6回食べた計算です。
毎日リクエスト通りに卵も焼いてくれるのですが、
全種類制覇し、レストランの人も覚えてくれて、
かなり快適な滞在でした。

ビゾテルバンコクホテルはこちらで確認

ランナムに常宿になるホテルを発見したのは大きいですね。
まあ、ホテルの評価については、
人によって変わりますので、もしここビゾテルバンコクに宿泊したいという場合には、
過度な期待は禁物ですね。
所詮、他人の評価であるということを忘れずにお願いします。

また来ますということで、
GMにも挨拶して、
チェックアウトして、
タクシーを呼んでもらって空港へと向かいます。
GMが見送ってくれました(*^-^*)

ホテルで呼ぶタクシーと言っても、
ビゾテルに常駐してるタクシーというわけではなく、
ホテルの係りが表に呼びに行って、
ホテルのパーキングまで連れてくるという仕組みです。

よって、メーターはすでに作動済みというわけです。
ホテルから動き出すと、すぐにメーターが上がるので、
びっくりし、ターボメーター??とか思いますが、大丈夫なんですねえ。
今まで何度か利用してますが、今のところそのようなタクシーには当たってません。
ラッキーなだけ?


ビゾテルバンコクからだと、ドンムアン空港まで、
メーターで175バーツくらい。
それに高速代金がたしか70バーツ。
で合計で250バーツくらいでしょうか。

高速道路を走ってると、左側に高架電車の工事をしてるのが見えます。
これが開通すれば、
ドンムアン空港までも利用できるので、
かなり助かることになると思うのですが、いつのことやら・・・

そういや、20年くらい前、初めてバンコクに来た時に、
同じように高速道路でバンコク市内へ向かうと、
進行方向の右側に高架鉄道の柱がいくつも立っていて、
将来的には、高架電車でドンムアン空港と結ばれるなんて話もありましたが、
その柱は、今でも利用されることはなく、
その隣に新たに橋脚を作って新しい電車を通すみたいで・・・

昔の橋脚は廃墟同然となって、
鉄骨の錆をさらし、
使われることなく解体されるのを待ってるんでしょうな。
なんだか、もったいない気もするけれど、
何十年も風雨にさらされた柱をまた使うなんて言われても、
ちょっと怖い気もするしね。今のままでいいのかななんて思ってしまいます。

というわけで、ドンムアン空港に到着しました。
ドンムアン空港201705到着


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ビゾテルバンコク, タクシー, 高速道路, メーター, ドンムアン空港, 橋脚, 高架電車,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
17日目

ThaiSmileでスワンナプームへ移動。なかなか快適なエアラインでした。

チェンマイ空港で少しゆっくりしてから、
今回初めて搭乗する、
タイスマイルのカウンターが開いたので、チェックイン。

タイスマイルは、タイ国際航空の廉価盤のエアラインで、
タイ航空のフライトとコードシェアもしてるのかな。
直接サイトで買うと、結構安かったので予約しました。

今回は、ピーチでスワンナプームから帰国するので、
ドンムアン空港へ着いてからの移動が面倒だったのと、
タイスマイルの値段が意外と安かったので、
こちらを選択してみました。

荷物も大きなトランクがあるので、
エアアジアや、ライオンエアだと荷物分が高くなるのと、
ドンムアン空港からスワンナプーム空港への移動が、少々面倒くさいのとあって、
まあ、移動は無料バスに乗ればいいだけの話で、
所要時間も1時間ほどでしょうけれど。。
何か微妙だなと・・・

なので、荷物も預けれ可能だし、
座席指定もできるし、
機内食も出るみたいで、
なんやかや、LCCよりもこちらの方がお得かなと判断しました。

WE201704

で、搭乗してみましたが、
チェンマイ-バンコク路線は、LCCに軍配があがるのか、
搭乗率は60%くらい。

しかし、座席も広いし、(LCCよりは)
このような機内食も・・・
機内食っていても、大したものではないがあるのが嬉しい( ^ω^)・・・
何か機内食って久しぶりだね。。。
しかし、タイスマイルは、LCCに分類されるんですかね。
WE164201704_


あっという間にバンコク、スワンナプーム空港に到着。
飛行時間1時間弱ってところですね。

LCCに乗りまくってる我々にとっては、
タイスマイル、かなり良いと感じましたよ。
また、次回も値段が安ければ使っちゃおうかな。。

バンコクエアウェイズでラウンジ利用ができるのも、
捨てがたいので、
いろいろ航空会社の選択に悩んでしまいそうですが・・・
そこは、旅の楽しみの一つとして、
検索しまくりましょうね。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : タイスマイル, バンコクエアウェイズ, チェンマイ, LCC, バンコク, スワンナプーム空港, ドンムアン空港,


2017年11月
ロイクラトン見学と仕入れ
2日目

モーチット駅の近くにコインロッカーを発見。早速活用してチャトチャックへ

トンタリゾートの滞在?を終えて、
スワンナプーム空港へ送ってもらい。

エアポートレイルに乗って、パヤタイへ。
さらにBTSでモーチットまでやって来ました。

本日は、夕方の飛行機でチェンマイ入りする予定なので、
荷物を持ったまま買付して、
ドンムアン空港へ移動するというハード日程をこなす予定だったんですが、
なんと、モーチット駅を降りて、
いつもの階段を下って、公園入口へ歩いていくと、
コインロッカーが目に入って来ました。
モーチット駅のコインロッカー

思わず立ち止まると、
意外や意外、かなり安く使えるではないですか。
これは大助かりと早速活用することにしました。

場所は、BTSモーチット駅のチャトチャックに近い出口の階段を降りると、
すぐ右手にMRTのチャトチャック駅へ入る入口があるのですが、
そのすぐ目の前です。
写真の右側に少し写ってるのが、MRTの駅入り口です。

使い方は、中央にあるタッチパネルで操作。
まず、好きなロッカーのナンバーを選んで、お金を投入すると、
ドアのカギが開く仕組み。

で、荷物を入れて施錠の操作と暗証番号の設定と行うと、
鍵が閉まります。

本当は、レシートが出てくるはずなんですが、
いくら待ってもレシートは出てこず・・・
しかし、鍵はしっかり施錠されているようなので、
そのまま、ロッカーを信用することにしました。

ロッカーの大きさは、何種類かあって、
一番小さなものでも、我々のバックパックは2つ入りそうだったんですが、
万一入らないとなると、2つのロッカーを使うことになり、
余計な出費になるので、
ここは確実に一番小さなものの次のタイプにしました。

結果、一番小さなものでもいけたのかな・・・?
このロッカーの欠点は、お金を払ってからでないと中のサイズが確認できないこと。
書いておいてくれれば助かるんですけれどね・・・
まあ、仕方がありませんね。

しかし、9月にはなかったと思うコインロッカーが、
出現していたので、
荷物を持ったまま買付をするという事態は免れました。

あーよかった。
今日はチャトチャック内は空いていると思われますがね。
それでも面倒ですから。。

この後は、
JJモールに先に行って少し仕入れ。
その後は、チャトチャックに回って仕入れしました。
結構な荷物ですので、これを持ってチェンマイ行くの??
ってなるけれど、まあ、買い付けなんてこんなもんでしょうね。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : モーチット駅, コインロッカー, JJモール, チャトチャック, A1バス, ドンムアン空港,

2017年11月
ロイクラトン見学と仕入れ(チェンマイ、バンコク)
2日目

モーチット駅近くのコインロッカーから無事に荷物を出して、ドンムアン空港へ向かいます。

長い長い2日目。
とにかく、バンコクでの仕入れは何とか終了。
これも偶然に発見したコインロッカーのおかげです。

モーチット駅の近くのコインロッカーまで戻り、
荷物を引っ張り出しました。

最初の2時間までが80バーツ
その後1時間ごとに40バーツ
これが、中サイズ?の料金です。

タッチパネルで電気式になっていて、
近くに係員もいないので、
万一故障とかのトラブルがあると、
かなり面倒なことになるというリスクはありますが、
これのお陰で、とても助かりました。

荷物を出す際にも、
レシートとかは必要なく、
自分で設定した暗証番号を打ち込むだけで開錠されるので、
預ける時にレシートが出なくても、特に問題はないみたいです。

タッチパネルは、一応日本語対応でしたよ。

何より、次にドンムアンに向かうので、
そのバスに乗る際にはとても便利な場所だったのも助かりました。

バンコクでちょこっと買付して、そのままチェンマイへ向かう場合は、
このコインロッカーとっても使えますね。
しかし、いつまであるかはわかりませんがね。

市内にもこうしたロッカーを発見できれば、
荷物を預けて深夜便を待つという方法もありかもです。
泊まってたホテルに預けるのが一番確実ではありますがね。

というわけで、
すぐ近くのバス停から、
A1のバスに乗って、ドンムアン空港へ向かったのでした。
A1の空港行きバスは、ちゃんとバス停前で停車しました。
フライングして、バス停の手前から乗り込もうとしたら、
運転手がバス停で待ってと手で合図??
空港行きのバスだけに、ちゃんとしてるんでしょうか。

タイのバスも、だいぶ良くなってきた?のでしょうかね。
車両は相変わらずのオレンジ色の年季の入った車体ですが、
エアコンはきちんんと効いているので、快適です。
運転手は、女性の方でした。

モーチット駅からドンムアン空港までは、高速道路経由で渋滞もなく、25分足らずで到着しました。。

ここから、次のトラブルが待ち受けているとは・・・




Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : コインロッカー, バンコク, チャトチャック, モーチット, A1バス, ドンムアン空港,