FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年3月
チェンマイ3日目

ワット・ウモーン自体は、それ程大きくないので、
見るべきところは、
トンネルの中の仏像を見るのと、
裏へ周って、パゴダを見る。
入口のところにある、たくさんの仏像を飾ってあるところを見る。
の3つのポイントくらいでしょうか。

3つ目のお寺の仏像が飾ってある部屋というか、
博物館みたいなところを見てみました。

タイ語での表記が多いので、
流石に読むのに時間がかかるとか、意味がわからないということもありますが、
それにしても、
これらの仏像を見ているだけで、
心が穏やかになってくるのがわかります。
仏像マニアにはたまらないのでは。

さてさて、
表に出ますと、
ソンテウの運転手さんが待ちくたびれたらしく、
迎えに来ました。
「もう見終わったでしょ?」

ワット・ウモーンにて、
うちらがのんびりしすぎているので、
さすがに待ちくだびれたようです・・

まあまあ、ゆっくり行こうではありませんか。
とは言っても、ワット・ウモーンは、見物終了。

次回は外国人用の瞑想会にでも参加してみたいものです。

次はニマンヘミン通りへ移動です。

ワットウモーン上部



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワット・ウモーン, ニマンヘミン, 仏像, ,

2013年3月
チェンマイ3日目

ニマンヘミン通りの
ドイチャーンコーヒーのカフェで一休みしてからは、
ようやく重い腰を上げて行動開始です。

まずは、ニマンヘミン通りのSoi3へ向かいます。
Soi3に何があるってわけではありませんが、散歩です。
中を抜けて、Soi1へ周り込もうって魂胆です。
ていうか、ただの散歩です。

Soi3はサービスアパートがありましたが、
これといって特になし。
soi1に入ると少し様子が変化します。
お店が明らかに増えます。
左右にパラパラあるお店に入り、雑貨を確認します。

チェンマイは、手作りの雑貨が多く、
アーティストがお店を構えて、
大量生産はできないが、少量で質の高いものを販売していると聞きます。
まさに、ここニマンヘミンにあるお店もそんな感じなのでした。

今回は、ニマンヘミン通りがどんなところなのか偵察に来ましたが、
雑貨が好きな人は、事前にお店を調べて、
狙いをつけた方が良いかもしれませんね。

しかし、1軒1軒が個性的なお店なので、
全部見たいということになると、
散在しているお店をしらみつぶしにとなりますから、
1日使うことになるでしょう。
ニマンヘミン周辺に宿を取るのもいいかもしれません。

さて、私は、像のキーホルダーをゲットし、満足したので、
さらに散歩を続け、
ガートスワンケーオまで歩くことにしましょうか。

ニマンヘミン通りです


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : カードスワンケーオ, ニマンヘミン, 雑貨, アーティスト, 個性的,

2015年3月
チェンマイへ 1日目

台湾からLCCV-Airを利用して無事にチェンマイに到着。
時刻は20:30くらいになっています。
この時間になると、空港内のお店は閉店してるとこが多いです。

両替所も同じで、
国際線ターミナル側にようやく開いてる銀行を見つけました。
どうやら、ここしか開いてないようですね。

空港案内所のカウンターのところに、
無料SIMカードも発見。ゲットします。
今回は、SIMフリーの携帯持参でやって来たので、
このSIMを差し込んでみましょう。
ホテルに着いてから試してみることにしますか。

国際線側のタクシーカウンターは混雑していたので、
国内線側、ターミナルビルの一番北側まで移動し、
翌日、借りるレンタカーHertzのカウンターの位置も確認。すぐにわかりました。

表に出てタクシーのオバちゃんに声かけると、
すぐにタクシーに案内してくれました。
待ち時間は2分くらいでしたね。早い。

目指すはニマンヘミンにあるホテル、
GerardHabitat
ニマンヘミンのソイ3にあります。

ソイ3までは空港から10分くらいで到着。
というのも、このタクシーは、空軍基地の中を突っ切るルートを通ったからです。
でなければ、所要時間はもう少し長いですね。

週末とあってか、ニマンヘミン通り界隈は、
多くのタイ人の若者で賑わい、道も渋滞気味です。

Agoda経由での予約はしっかりと入っていて、
GerardHabitatへチェックインできました。
さて、晩御飯と行きますか。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : チェンマイ, LCC, V-Air, タクシー, SIM, 無料, ニマンヘミン, GerardHabitat, agoda, ,

2015年3月
チェンマイへ 1日目

時間は21:00頃になってしまいました。
V-AIRが1時間遅れたのが痛かったですが、
なんとか21時には予約してあった、
ニマンヘミンのGerardHabitatHotelへ到着。

このホテルは、
ニマンヘミンのソイ3に位置しているのですが、
このすぐ近くにHong Tauw Inn(ホンタウイン
というタイ料理レストランがあり、行く予定してたので、
すぐに行ってみると、開いてました。
営業時間は22時までとのことだったのですが、
どうやら23時までの模様。助かりました。
ホンタウイン3

どうやら、ゆっくり食事ができそうです。

・サイウア
・味噌汁みたいな Keang JEUD TAOFOO MOO Soup
・Kanom Pan NA MOO(揚げたパンに豚肉のミンチがのった)
ホンタウイン1

これらの食事をして満足です。
沖縄から台湾経由でチェンマイに直接やって来て、
ニマンヘミンで食事をしてるなんてうそのような・・・
すこぶる気分もよいところへ、
店内もよい雰囲気。
流石はお洒落な通りである、ニマンヘミンにある
HongTauwInnホンタウイン
お勧めですね。
ホンタウイン2

ゆったり食事をしていると、
時刻は22:30を過ぎて、店内はお片付けモードに。
そろそろ眠くなってきました。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : HongTauwInn, ホンタウイン, チェンマイ, 台北, ニマンヘミン,

2015年3月
チェンマイへ 1日目

GerardHabitat ニマンヘミンのホテル
についてです。
空港から直行したんですが、
たまたまだったのか何なのか、
タクシーが空軍基地の中を突っ切ってくれたおかげで、
10分くらいでホテルへ到着。
GerardHabitat2

場所は、ニマンヘミンのソイ3。
ニマンヘミンの一番北側に当たるエリアにあります。

今回は1泊だけということで、
あえてニマンヘミンに宿泊し、
Hong Tauw Inn(ホンタウイン)に食事に行きたかったので、
近場のここGerardHabitatにしました。

部屋はデラックスを選択しただけあって、
かなり広めに取られており、
キッチンも付いており料理もできそうな感じだが、
タイでは、買ってきたほうが安いし美味しい場合も多いので、
本当に長期にわたり滞在する人のみ使用するのかなと。
冷蔵庫はコンビニで買ってきたものを冷やしておくのに便利だから、
あると非常に助かりますね。

GerardHabitat

浴室にはバスタブがあったのですが、
バスタブと壁の間に微妙な隙間が開いており、
その隙間に、あかすりを落とすという失態をやらかしてしまいました。
物を落とすと回収不可能、この隙間は微妙です。

朝食は付かないです。
ホテル内には朝食会場らしきものが見当たらず、
もともとの設定がないのかもしれないですね。

周囲はお店も多くて、
不便は感じませんが、
コンビニまで少し遠いかな。

フロントのお姉さんの感じはよいので、
合格です。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ニマンヘミン, , HongTawInn, タクシー, GerardHabitat,

2015年3月
チェンマイへ 2日目

チェンマイでは有名なコーヒーが飲めるお店が増えてきました。
ニマンヘミンにある、
リストレット(Ristr8to)もその一つ。

泊まっているGerardHabitatのすぐ近くとあっては、
行かないわけにはいきませんね。

8時のオープンとほぼ同時に行ってみると、
開いていました。
しかし土曜日の朝とあって、まだみんな起きていないのか、
お客さんは少ないですね。

早速、カフェオレを賞味。
ここのオーナーはオーストラリアで修行し、
バリスタとして数々の賞をとり、チェンマイにお店を開いたとのこと。

壁には、白墨にて
コーヒー豆ができるまでの詳細が描かれており、
またコーヒーを注文する際の手順みたいなものも、
詳しく描かれている。
リストレット2

本当に、こうして手を加えられている豆から淹れたコーヒーは絶品でした。

ラテアートも楽しめます↓
リストレット

時間が経つにつれてお客さんが増えてきました。
タイ人も欧米の方もいます。
ちょっと、音楽ガンガンですが、
これはコーヒーの美味しさで帳消しですね。
こんなお店が、自分の家の近所にあったら、
ついつい通ってしまいそうです。

ニマンヘミンリストレット(Ristr8to)
また来たいですね。

地図はこちら↓

大きな地図で見る


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : チェンマイ, ニマンヘミン, リストレット(Ristr8to), コーヒー, ラテアート,

2017年11月
ロイクラトン見学と仕入れ(チェンマイ、バンコク)
7日目

ワットムングンゴーンで、休憩タイム

ワットムングンゴーン
このお寺は、少々マニアックかもしれません。

「プール」という映画のロケで使われたお寺で、
寝釈迦様がいらっしゃいます。

場所もワットプラシンから程近いのですが、
観光客にもあまり知られていなくて、
静かな環境ですので、
いつもやって来ては、本堂で瞑想休憩させてもらってます。

今回もまたやって来ました。

寝釈迦様とご対面です。
ワットムングンゴーンの寝釈迦


本堂では瞑想です。
静かに座るだけで、気分が晴れやかになってきますね。

地元の人もやって来ない時間だったのか、
とても静かで、街の中にあるにもかかわらず、
別の世界に行ったような気分になりましたよ。

さて、次は久々に、
ニマンヘミン方面の散策へ行ってみようかな。
ソンテオを使いましょう。
ここは赤いソンテオを利用、ですね。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワットムングンゴーン, ニマンヘミン, チェンマイ, お寺, 座る, ソンテオ, ,

2017年11月
ロイクラトン見学と仕入れ(チェンマイ、バンコク)
7日目

ニマンヘミンで帽子のお店「ムアック」と麺のお店「クィティオタムルン」にてカオソイを

ホテルのあたりで、赤ソンテオを拾って、ニマンヘミンへ。
この運転手さんは裏道を知っており、
ニマンヘミンの1本東側の通りからアクセスし、
ソイ1の裏側へ抜けてくれました。
さすがですね。

ニマンヘミン通りの北向けは大渋滞していたから、
この道で来て正解だったですね。
少し時間を短縮できました。
ソンテオは、途中でお客さんを拾うと、
遠回りされることもあるので、所要時間が読めなかったりしますが、
今回はまっすぐに行きましたね。

ニマンヘミンのソイ1には、
いろいろとお洒落なお店があって楽しいですが、
まずは、帽子の店「ムアック」へ。

いやあ、クオリティが素晴らしいです。
チェンマイのターペー通りのお店が開店する前に、
お店の前を通りかかった際に、
偶然開店準備されてた、オーナー夫妻にお会いしたことがあるのですが、
今回は、お店にはいらっしゃいませんでした。

きっと帽子製作を一生懸念されてるんでしょうね。
バンコクにもお店を出してるムアックさん。
応援してますよ~。


その後、今回の旅で食べそびれていた、
カオソイを頂きに、
ニマンヘミンのソイ1にある「クイティオタムルン」へ

店構えはただの食堂ですが、
かなり前から開店してるんでしょうね。
そんな年季の入った店構えです。

カオソイは、マイルドな辛さで美味しかったです。
お店によっては激辛のこともあるんですが、
ここのは、ちょうどよい辛さ。
仕込みのタイミングとかで味が微妙に変化するお店もあるとのことですが、
こちらはどうなんでしょう。
古いお店だから、伝統の味なのでしょうね。きっと。
タムルンinチェンマイ


朝から食べてばかりですが、
カオソイが美味しかったので、
次に来たら、
他のメニューも食べてみたいですね。
普通のクイティオとかも。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : チェンマイ, ニマンヘミン, ムアック, クイティオタムルン, カオソイ, ターペー通り,

2017年11月
ロイクラトン見学と仕入れ(チェンマイ、バンコク)
7日目

コーヒーのお店「Ristr8to」リストレットへ再び。人気店ですね。

まだ食べるのかい??
というくらい時間の間隔が短い中で、
いろいろな物を食い倒れることになりそうなこの日。

お次はリストレットにコーヒーを飲みに。
お茶をしにやって来ましたよ。
マヤのショッピングセンターを1時間くらいウロウロしてましたので、
多少は胃の中のものは消化できたでしょうか。

ニマンヘミンの「リストレット」
以前にも訪れてるんですが、
その時にも増して、人気が高まっているんでしょうか。
店内は大賑わいとなっています。
店の外側にしつらえた椅子席にも、
お客さんが大勢座り、楽しそうに雑談してますね。

しかし運のよいことに、
ちょうど帰るお客さんがいたので、
席を確保。

ワッフルと、カフェラテを注文。

ここのバリスタは、オーストラリアで有名なんですよね。
コーヒーにはかなり詳しいのです。
お店をみれば、壁一面にコーヒーのことが描かれていて、
とても面白いし、興味深い。
これを見ると、コーヒーに関してはかなりのこだわりをもってるんでしょうね。

リストレット


ラテアートでも、
どんなしたら、このコーヒーを美味しく飲めるかとかを
突き詰めてるんだそうな。

そんなカフェラテをいただき、
ワッフルもいただきながら、
今回の仕入れ状況についての作戦会議も行いました。

内容は、企業秘密です・・・なんてね。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ニマンヘミン, マヤ, リストレット, カフェラテ, コーヒー, ワッフル, 人気店, カフェ,