FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年3月
チェンマイ2日目

ロイヤルランナーホテルの、最上階から見えた市場、
アヌサーン市場へ行くことにしました。

ホテルから見えるくらいですから、
徒歩3分くらいなんですが、
歩道には多くの屋台が立ち並び大賑わいとなっており、
ゆったり歩いて、10分もかからないでしょうか。

この市場は、完全な夜市状態で、
実にいろいろなものを売っていましたね。
Tシャツから、サンダルから、布から、日用品もあったり、
ちょっと遊びに来たという感じのタイ人も、多く居ました。

ここで、偶然の出会いが、
昨日空港で別れた、日本人のIさんと偶然ばったり。
いやあ、旅行はこうゆうのがあるから面白いんですよね。

話し込むこと10分。
タイに住んでいるというお父さんも登場しました。
なんと、お父さんはハンドンに住んでいるというではないですか。

ハンドンは我々が次の目的地としているところで、
映画「プール」のロケで使われた、宿があるところなんですね。

マニアックな場所だけに、
ハンドンに住んでる人に会えるとは思いませんでしたね。
これが旅の面白さの一つでしょう。

さっそく情報を聞いたのでした。

関西のIさん、ありがとうございました。
またどこかでお会いしましょうね。
これもきっと何かの縁。
きっと、人生的にこうなっていたんだろうなあ・・・
などと、しみじみとチェンマイの地で思ったのでした。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : アヌサーン市場, ハンドン, プール, 屋台,

2013年4月
チェンマイ5日目

さて、この日は、この旅のメインイベントの一つであります、
ハンドン郡にある、hoshihana villageに向かいます。

この宿は、何年か前の映画「プール」のロケ地として使用された場所で、
今はホテルになっています。
エイズ孤児たちの施設になっている、バーンロムサイの関連施設で、
この宿に泊まると、宿泊料金の一部が寄付なります。

宿の説明は次回に譲るとして、
まずはハンドンまで移動しなければなりません。
ラッキーなことに、先日アヌサーン市場で出会ったIさんのお父さんより、
ソウテウの情報を得ていたので、
まずは、ハンドン方面行きソンテウの乗り場である、
チェンマイ門を目指すことにしました。

4泊もお世話になったロイヤルランナーをチェックアウト。

総評としましては、
なかなかよいホテルでしたよ。
立地は、誠に申し分ないです。
ホテルを出れば、そこはナイトバザーのど真ん中ですからね。
それでいて、館内は静かです。
元々は、駐在員用のアパートだったという経緯もあるので、
部屋も広いです。
ただWiFiの電波が少々弱いのが、難点。
我々の部屋はなんとか大丈夫でしたが、入らない時間帯もありました。


チェックアウトして、
部屋に忘れ物などないか確認してもらい、
名残惜しくナイトバザーを離れます。
マクドナルド前付近で、
流してくるソンテウを捕まえて、
チェンマイ門へ向かいます。

果たしてチェンマイ門にて、
黄色いソンテウをうまく拾えるのでしょうか。
そして、無事にハンドン市場で、hoshihana villageのソウテウと合流できるのでしょうか。
ちょっとワクワクしながら、向かうことになりました。

ソンテウからの眺め



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ロイヤルランナー, ハンドン, ソンテウ, hoshihanavillage, チェンマイ門,

2013年4月
チェンマイ6日目

さて、hoshihana/villageでの2日目はあっという間に過ぎました。
特に何もせずに、
ただボーっとしていただけなんですがね。

レンタカーでもあれば、
また動きが変わるのでしょうけれど、
今回は、非常にのんびりとできました。

あっという間に夜になったので、
先日から予約しておいた、レストランでの夕食です。
2日連続です。

もし、ここに長期滞在するのであれば、
ハンドン市場で何か買ってきて、
冷蔵庫で保存しておけば、調理も可能です。
調味料なんかも全て揃っているので、有効な方法となりましょう。

1週間いるなら、必ず市場に買出しに行って、
野菜など買ってきて、タイ料理などを調理っていう手順になるんでしょうね。きっと。

今回は、2泊しかしないので、
買出しするのも中途半端になるので、
2回ともレストランを利用です。

それにしても、ここのレストランは美味しいですよ。
タイヤイ風料理を楽しむことができます。
今日は、カレーやタイヤイ風トマトサラダなど、注文してみましたよ。
夕飯ホシハナ

食事の後は、
夜のプールを1枚↓
夜のホシハナ


明日には、ここを離れてバンコクへ向かいます。
せめて3泊はしたかったですね。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : タイヤイ風, サラダ, 買出し, ハンドン市場, ハンドン,

2015年3月
チェンマイへ 2日目

本日はレンタカーを借りて、
ハンドン方面へ向かう予定です。
チェンマイ空港にあるハーツレンタカーで予約してあるんですが、
車にはナビを付けてないんですね。
で、持ち込んだnexus5の出番というわけです。
なぜなら、スマホのグーグルマップがナビの代わりになるからなんですね。

nexus5simフリー機なので、
タイのコンビニで売ってるsimカードを差し込んであげると、
それだけでタイの電波を拾って使用可能になっちゃうわけですね。
日本の大手通信会社でローミングしたら、金額も結構いきますから、
この方がお得というわけです。

電波を拾い続ければ、グーグルマップでナビも可能ということで、
早速セブンイレブンに行ってみました。
そこでゲットしたのがこれ↓
truemovesim


truemoveの3GTOURIST・INTERSIM
299THB

これで1週間は持つようです。
通話100バーツ分と、インターネット高速回線1GB。
空港で無料でもらったSIMは、SIM自体の有効期限が切れているらしく、
topup(チャージ)しても無駄に終わる可能性があるため、
今回は諦めて、新たに買うことにしました。

早速ホテルに戻って、
SIMの差し替えを行うと・・・
うまくいきました!
これで、nexus5を利用して、本日は楽しいドライブができそうです。

タイの電波事情はなかなか複雑ですので、
日本で売ってるsimフリー機なら、なんでも使えると言うわけではないので、
ご注意いただきたいですね。
その機体の使える周波数をよく確認して、
タイの周波数帯と合うかどうかのチェックは必ず必要です。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : sim, truemove, セブンイレブン, ハンドン, チェンマイ, ハーツ, simフリー, 周波数, nexus5,

2015年3月
チェンマイへ 2日目

simをゲットして、
スマホが自由に使えるようになったので、
気をよくして、再び空港へ向かいます。

ちょうどタクシーがやって来たので、
ラッキーとばかりに拾ってチェンマイ空港へ。
ソンテウとは違って、エアコンの効いた車内というのは、また快適ですね。

チェンマイ空港で、仕方なく両替をしたんですが、
その際にまた無料にsimカードを貰いました。
今では、無料でsim配布というのは、タイでは主流なんでしょうか。
カシコン銀行でしたが、凄いサービスですね。

チェンマイ空港の国内線側に、
ハーツレンタカーはありました。
バウチャーを提示して、まずは手続き。
保険にも追加で加入して、何が起きてもOKの状態にしておきます。

ここで、支払いはTHBかJPYか選ぶようにとのことだったんですが、
散々悩んだ末、THB(タイバーツ)立てにしてみました。
結果は正解だったんですが、
ここ最近は円安につき、10,000円両替したら、
一昔前よりも相当不利になってますよね。
10,000円が3800バーツとかいう時代もあったんですが、
今では2700バーツですからねえ・・・1000バーツの差ってかなりなもんですよ。
在住の方は、よくおわかりになると思います。

さて、初のタイでの運転となるわけで、
少々ドキドキしますが、
車へ案内してもらいました。
車種はホンダのフィット(タイではJAZZだったかな)

車の周囲を一回りして、傷の確認をします。
ここはしっかりと小さな小傷も見逃さないように、
係りの人と一回りして、完了。
まあ、ハーツレンタカーだから大丈夫でしょう。

出発となりました。
まずは空港を出て、ハンドン方面へ向かいましょう。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ハーツ, チェンマイ空港, レンタカー, ハンドン, ホンダ,

2015年3月
チェンマイへ 2日目

レンタカーで走り出してみると、意外と怖くないです。
まず、通行が日本と同じで、右ハンドルだし、
日本車だし・・・
というもの手伝ってか、割とすいすいです。

ただし、3車線の道路では、一番左側はソイからバイクが飛び出してきたり、
逆走してくる危険もあることがわかりました。
逆に一番右側の車線では、異常に速度の速い車がいることもわかってきました。
進路変更時には、その車線の後続車両の速度も読まないといけませんね。

いやいやこうして書き出してみると、
怖いなあと感じるかもしれませんが、
自分は運転も好きだし、大型2種免許保持なので、
逆に面白いかなあとも思えてきました。

チェンマイ空港から出発し、
truemoveのsimを差し込んだnexus5のグーグルマップを使って、
目的地のバーンタワーイへ向けて、
108号線を南下していきます。
片側3車線のほぼまっすぐな走りやすい道路です。
昨年、ハンドンに向けてタクシーやソンテウで走った道路ですので、
まったく初めてというわけではないのですが、
今回は自分で運転してるので変な感じですね。

レンタカーがあれば、普段なかなか行けないようなとこへ行ってみよう。
というわけで、
バーンタワーイへ行く前に少しだけ寄り道して、
ハンドンBIG-Cへ行ってみました。
ハンドンのBIG-C


レンタカーでもなければ、
こんなところにあるBIG-Cにはまず来ないでしょう。

ローカル色豊かなショッピングセンターといった感じでした。
それでもみんな車でやって来て買い物するらしく、
人の出入りは結構あるんだなと思いましたね。




ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : BIG-C, ハンドン, バーンタワーイ, レンタカー, 108号,

2015年3月 
チェンマイへ 3日目

テスコロータスをもっと見物したい!
と思ったのですが、今日に限っては時間切れとなりました。
そそくさと駐車場に戻り、
誰も片づけないで放置されているカートを見ながら、
「いったいいつになったら、これらのカートは定位置へ・・・」
と思いつつも、テスコロータスの駐車場を脱出です。

また、108号線をハンドン方向へ向かいつつ、
次の信号でUターンします。
Uターンは結構神経を使いますね。
対向車がなかなか切れず・・・待つこと数分か・・・
やっと転回完了。

次はガソリンスタンド(GS)へ入りました。
91という日本で言うところのレギュラーガソリンを給油。
セルフスタンドがと思いきや、ちゃんと店員がいました。
給油中は、フロントガラスのところに宣伝のボードが置かれます。
が、別に買わなくても何も言われません。

このレンタカーのフィット(JAZZ)は、
かなり燃費がよくて、ほとんどガソリンは入りませんでした。
5リッターも入らなかった感じです。
ハンドンを往復してきただけですからね。
距離にして、100KMも走ったでしょうか。

そして、ようやく空港へ。
チェンマイエアポートプラザの横を曲がってまっすぐに進んで、
空港のレンタカースポットへ。
たまたまなのか、誰もいなかったので、電話で呼んで来てもらって、
チェックしてもらって終了となりました。

レンタカーJAZZありがとう。
デポジットは翌日に返ってくるとのことでしたので、
しっかりとクレジットカードのチェックをした方がいいですね。
一旦引かれてるはずですから。
ハーツではクレジットカードでデポジットできましたが、
街中のレンタカー屋さんでは、パスポートを預けることになるんだそうで、
少し考えてしまいました。

rentcar1


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ハーツ, レンタカー, JAZZ, ハンドン, ガソリンスタンド,

2015年9月
3日目 チェンマイ

昨日からの疲れもありますので、
やや寝坊気味の目覚め。
本当は朝早く起きてから、托鉢の光景でも見てと思ったのですが、
体力的に起きられませんでした。

ナップインチェンマイは、朝食が付いてませんので、
そこら辺で朝食ということで、
Cafe de siam(カフェドサイアム)へ行きました。
店員さんは眠ってましたが、我々が店内に入ると慌てて起きてきました(笑)
チェンマイらしくていいですねえ。
眠りながら客を待つ。最高と思います。なんか笑えました。

ここで朝食を食べて一息ついて、
一旦ホテルへ戻ってから、チェンマイ門ソンテウで向かいます。
10分ほど。赤いソンテウで1人20バーツ。

ここでハンドン方面行きの黄色ソンテウに乗り換えです。
チェンマイ門のお堀外回り側に停車している黄色ソンテウに声掛けして乗り込みます。
今回は、買い付けのお店のため、
場所の特定ができないので、見つけたらベルを鳴らすからと運転手に伝え、
大体の場所を、googlemapで示しておきました。
わかったかなあ・・・

しかし、googlemapが使えるのは心強いです。
今回は、以前から使っているタイのtruemoveのツーリストSimを期間延長して、
ここまで伸ばしてきました。
なので、空港に着いた瞬間から使えてるわけです。
これは、後日書きますね。

黄色ソンテウハンドン方面行きは、
やがて出発し、ウアライ通りを経て国道108号線を南下していきます。
googolemapと照らし合わせながら、だいたいの降りる場所を見つけて、
ブザーを押し、下車いたしました。ここまで1人20バーツ(安い)

これで、買い付けの仕事ができると言うわけです。

ここに4時間居ましたが、内容は割愛させていただきます。
仕事の話はつまらないし・・・


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




関連タグ : チェンマイ門, ソンテウ, ハンドン, 108号線, 黄色, ナップインチェンマイ,

2015年9月
3日目 チェンマイ

ハンドン辺りの、カゴ工場にて買い付け完了。
所要時間は4時間?!
いやあ、粘る粘る。
なかなか、よい商品が定まらないですから、時間がかかるのは仕方がないです。

さて、チェンマイ市内への帰り道ですが、
108号線を何台も走ってる、黄色いソンテウを捕まえます。
いつもは、たくさん走ってるのに、いざ乗ろうとするとなかなか来ないんですよね。

すると、赤いソンテウがやって来ます。
あれ、なんでここに赤いソンテウがいるんだろう?
と思いつつも手を下に差しだしてみると、なんと停車するではありませんか。

すでに先客が1名おりましたが、
チェンマイのナイトバザーまで行く?
と確認すると、OK行くよ。とのこと。
再度確認して乗り込みます。

本当は、チェンマイ門まで行って、
乗り換えようと思っていたのですが、
一気にホテルまで行けそうでラッキーです。
荷物も相当な量になっているので、これをまた抱えて別のソンテウを・・・
とか考えると億劫に感じたものですが、
何と言うラッキーなのでしょう。

108号線を順調に北上し、
チェンマイエアポートプラザの脇を通り抜け、
旧市街のお堀の外周へ。
旧市街に入り、3人の王像のある広場の近くで先客を降ろし、
ロイクロ通りに入って、
ナップインチェンマイのまん前に停車。
という順序で、所要時間は40分くらいだったでしょうかね。
かなり助かりました。

運賃は200バーツでした。
空港から150バーツだから、お徳な感じしますね。
運転手さんの感じがよかったので、
もっと値切りたいと思ったけれど、やめときました(^-^)/


3人の王像広場と、ナップインチェンマイホテルとの位置関係



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : カゴ, ソンテウ, チェンマイ, ナップインチェンマイ, ハンドン,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
13日目

ハンドン郡にあるかごのお店まで買い付けに出向く


ハンドンにある、いつものかご屋さんへ行きます。
行き方は、チェンマイ門まで行って、そこから黄色のソンテオで行きます。

カルディーからチェンマイ門へは徒歩。
全然歩ける距離ですし、
行きは手ぶら同然ですので、ブラブラと散歩です。
チェンマイ門市場も少し覗いてみました。
ごく普通の市場ですね。生鮮食料品が多いのでしょうか。
トイレも拝借しておきましょう。

で、チェンマイ市場の反対側の道路には、
黄色いソンテオが停まって客待ちしてるので、
それに乗り込みます。
確か、サンパートンとかかなり遠くまで行っているようですね。

黄色いソンテオに揺られて、
ハンドン市場の手前くらいの道沿いで下車。
反対側へ歩道橋を渡って行き、
かご屋さんへ。

ここのかご屋さんは、見応えがありますので、
かなりの時間をここで費やします。
そのうちの1軒は、コーヒーショップが併設され、
若者に代替わりしてました。

この周囲にある2件のかご屋を梯子し、
かつ、新設されたコーヒーショップでカフェを注文したりして、
あっという間に3時間以上経過。。
ハンドン1


袋に満載のかご製品をつめ、
目の前からチェンマイ方向のソンテオを待ちます。
お店のおばちゃんが、ソンテオ停めてくれて、
ワット・チェディールアンまでと告げてくれて乗せてくれました。

「あれ?チェンマイ門止まりじゃないの?」
30分くらいで、チェンマイ門に到着。
どうなるのか、周りの乗客を観察すると、
ほとんどのお客さんは下車せず。
代わりに1名のおばちゃんが乗車。どうなってるの?

で、順調にチェンマイ門からチェディールアンまで到着。
我々が下車すると、
黄色いソンテオはさらに、他のお客さんを乗せたまま、
北上していったのでした。
終点は、チャンプアック門のあたりなのかしら?
疑問の残る黄色いソンテオでした。
次回は、チェディールアンの前で黄色いソンテオ来たら、乗ってみようかな。。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : チェンマイ, ハンドン, かご, ソンテオ, 黄色, ハンドン市場,