FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2016年3月
タイへ
2日目

さて、BizotelBnagkokの朝食は、予想以上によかったので、
お腹も満足です。
これで、買い付けというハードなスケジュールに対応できますね。

本日は、サンペーンというチャイナタウンのエリアに向かうのですが、
その前に、
このBizotelBangkokの周辺について書いておきましょう。

ランナム通りは、タイ人の若者で多く賑わうエリアですね。
よって、深夜にでもならない限り、
人通りもそこそこあるので、そんなに危険な感じはしません。
これは重要です。
周囲に何もないと、ちょっと怖い。野犬とか・・・

ホテルの隣には、セブンイレブンあり、テスコロータスのスーパーあり、
食べ物の屋台も豊富にあり、
ちょっと賑わっているイサーン料理の食堂もあり、
またまた、タイマッサージもあり、
と、かなり十分な環境です。

BTSの戦勝記念塔駅(アヌサワリチャイ)からは、
ランナム通りを歩いてくると、
約10分というところでしょうか。
雨が降るとちょっと厳しいかもしれません。

ホテルの朝食会場から、
外を眺めていたら、バイクタクシーが待機してましたので、
地元のタイ人は戦勝記念塔あたりまで、
バイタクを利用してるのかもしれませんね。

ランナム通りも、BizotelBangkokの辺りまで来ると、
もう端っこの方になっているので、
ラチャプラロップ通りにもすぐ出れます。

ラチャプラロップ通りをそのまま南下していくと、
伊勢丹周辺までいけるということになります。
バスも走っています。
BTS利用よりも、このバスを使うという方法もありですね。

そして、BizotelBangkokのすぐ裏に、
クルンテープアパートメント(KRUNGTHEP APARTMENT)というアパートがあったんですが、
このアパート、もしかしたら昔友人が住んでいたアパートかも、
何か見覚えあるんですよね。
記憶はかなりあやふやですが・・・・
クルンテープアパート


つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : BizotelBangkok, 朝食, ランナム, バイタク, バス, 伊勢丹, ,

2016年3月
タイへ
2日目

ランナム通りを東側に歩くと、
ラチャプラロップ通りに出ます。
この通りを南下すると伊勢丹方面に行けるわけですね。

なので、今回は、目的地がサンペーンとチャイナタウンにあることから、
BTSは使わず、バスにてアクセスしてみます。
バスマップを確認してみると、204番のバスが乗り換えなしでいくではないですか。

なので、早速利用してみることにしました。

ランナム通りを東側に出て、
スタンドのある通りが、ラチャプラロップ通り、
伊勢丹方面は右なので、歩道橋を利用して反対側に渡ります。

歩道橋の上から、伊勢丹方面を望む↓
ラチャプラロップ通り


バスの停留所はタイらしく、適当な感じで、
何となく人が集まっているところ、この辺だろうね。
と待っていると、すぐに204番のバスが来ました。

おーラッキーとばかりに乗車。
これに乗ってれば、とりあえずサンペーンの周辺まで行けます。
車掌さんには、「サンペーン」と伝えて料金を払います。
エアコンバスでしたので、距離で料金が変わるので、行き先を伝えないといけないです。

いつもバンコクでバスに乗るたびに思うのですが、
このタイのバスの車掌さんは、いつも手際がいいですね。
シャシャと切符に切り込みを入れたり、筒にお金をしまったり、お釣りを出したり。
エアコンバスは、距離によって料金違うから、
きっと全区間の料金表がだいたい頭に入っているのでしょうね。
しかも、どんなに混雑していても、必ず料金を徴収にやってきます。
で、払った人の顔をだいたい覚えているところもまた凄いです。

バスは、プラトゥナムを抜けて、伊勢丹前、マーブンクーロンセンターを通り、
チャイナタウンに近づいていきます。

ようやくサンペーン周辺に到着した模様です。
車掌さんも「ここはサンペーン」とみんなに伝え、
ほとんどの乗客が下車。

さて、買い物地獄のサンペーンエリアに足を踏み入れて行きますか。
すでに混雑して来てますね~。

つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




関連タグ : ランナム, ラtyプラロップ, 204, バス, エアコンバス, 伊勢丹, マーブンクーロンセンター, チャイナタウン, サンペーン,

2016年9月

関西から奈良へは、往復のバスチケットがお得

ジェットスター・ジャパンのGK350は、ほとんど定刻関西空港に到着。
少し早いくらいの到着でした。

麻疹が関西空港に流行しているという情報もあったので、
マスクしてる人が多いのでは・・・
と思いましたが、到着してみると、そんな人は皆無でした。
マスク持参できましたが、心配しすぎた模様。
いつもどおりの関西空港でした。

ここから奈良まで行くのですが、
列車で行くとなると、一旦大阪まで出て、
乗り換えが必要になります。
大きな荷物を持ってとなると、結構面倒くさいので、
ここは、バスを利用します。

奈良方面へは、
1時間に1本の割合でバスが運行されています。
奈良交通関西空港交通の2社の共同運行路線です。

もし、日帰りで奈良に行く場合は、
日帰り往復チケットなるものを売っていて、2500円とかなりお得。
普通に買えば、片道2050円ですからね。

私は今回は日帰りではないので、使えませんが、
次に安くなる、14日間有効の往復チケットがあります。
これは3900円と、普通に往復を購入するより200円安いです。
うーん、もっとせめて1割引きくらいにはしてほしいもんですな。
と、わがままを書いてみました。

まあ、燃料費もありますし、
全国的に貸し切りバスの運賃も値上がりしてるし、
仕方がないのかもしれませんね。

そんなバスに乗り込み、奈良まで運ばれました。
関西空港交通の担当便でした。
所要時間は1時間と少しですかね。
列車で乗り継ぐよりは断然早いし、座れるので楽ですね。
関西空港から奈良へは、バスの利用がよろしいかと思います。

バスから見えたりんくうゲートタワービル
りんくうゲートタワー



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 関西空港, ジェットスター, 定刻, バス, 関西空港交通, 奈良交通, 奈良,

2016年9月
バンコク&台北
2日目

部屋にあったホテルの案内を見てると、
一番最初のページに、
無料シャトルのご案内なるものがありました。
ホテル無料シャトル案内

これは、昔ホームページで見たことあったので、
「あーこれか利用しよう!」と思いました。

案内の紙によると、
土日のみ、モーチットへシャトル運行があり、
9:40と12:00の2便とのこと。
1時間前までにベルデスクに予約みたいなこと書いてますね。

他にも、
フューチャーパークとやらへ、毎日運行で、
これはホテルへ戻る運行便もある模様。

早速使ってみることにして、
朝食前に、ベルデスクにて声をかけると、
すぐに予約OKでした。
「はい、じゃあ、9:40に来てね」とベル係。
簡単すぎて拍子抜けです。

朝食後に、ゆっくりと支度してから、
9:30ごろチェックアウトして、
もう一度、ベデスクへ。
さっきの係員は、「玄関で待っててください」と言い残して、
どこかへ消えました。

玄関前には、団体様ご一行の大型バスが駐車中。
「まさかこれ?」なんて思ったけれど、
どう見ても違うみたいでして、そのバスは、やがて発車していきました。

9:40頃、
アマリのロゴ入りのハイエースバンが現れ、玄関前へ。
モーチットへ行くことと、シャトル予約済みと伝えると、
乗って待つようにと。
結局9:50頃に出発。
乗客は我々のみの貸切でした。

高速道路は使わずに、
一般道経由で、モーチットまで運ばれたんですが、
普段は、A1・A2バスにしても、タクシーにしても高速道路でバーっと行ってしまうところ、
一般道の渋滞に巻き込まれながら走ったおかげで、
周囲の景色などをゆっくり見れて新鮮でした。

一般道もラクシーの辺りは、結構渋滞するんですねえ。
土曜日でこれだから、平日はもっと激しく渋滞するのかもしれないです。

少々時間はかかってしまいましたが、
おかげで楽しく、無料でBTSモーチット駅まで運んでもらいました。
ありがとうございました。
また、タイミング合えば利用してもいいかなと。

急ぐ場合は、タクシーで高速利用がよろしいかと思いますし、
何だかんだ、A1・A2の30バーツのバスで、モーチットまで行った方が、
実は早いかもしれませんけれどね。
ホテルのバンは、座れるのと、ホテルから出発なので、
荷物がある時は楽かもしれません。
その時の事情で使い分けてくださいね。

以上、アマリドンムアンエアポートホテルの無料シャトルでした。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : アマリドンムアンエアポート, 無料シャトル, バン, タクシー, バス, 高速, モーチット, BTS,

2016年9月
バンコク&台北
6日目

V-Airの遅延から、台湾の入国審査待ち、それに荷物待ち、予想以上に時間がかかる


V-Airは最終搭乗となったのですが、前日の台風の影響で遅延。
おまけに、タイの上空とベトナム上空にて旋回(ホールディング)して遅延拡大。
ようやく到着した台北空港は、到着便が重なったのか、入国審査も大混雑の大行列となっていたのでした。

名残惜しくV-Airの機体やスタッフに別れをつげました。

V-Airは沖止めスポットでしたので、
バスでターミナルに移動。
いつもはLCCの場合は、端っこのB1とかに着くので、歩く距離が結構あるのですが、
バスなのでそれ程歩かずに済むのは助かりました。
しかし、
入国審査へ向かうと、大混雑。
ちょうど日本からのフライトと重なったようで、日本人もかなりいました。
入国審査待ち行列は、かなり長くなっており、
この長さでは、かなりの長時間を覚悟しました。

案の定、40分ほどを要し、
やっとこさ入国完了。

あとは、荷物待ちとなるのですが、
これが長かった・・・
ターンテーブル1番で、1時間は待たされましたね。
この間に両替とかしましたけど、
こんなことなら、入国審査前にSIMカード買っておけばよかったなあ・・・
TPET1ターンテーブル


結局荷物が出てきたのが、
20:00過ぎ、
そこから中華電信のカウンターでSIMを購入し、
下へ降りてバスターミナルへ。
やっと國光号に乗車となったわけですが、詳細はまた。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : V-Air, LCC, バス, 入国審査, バスゲート, 台北, 國光,

2016年9月
バンコク&台北
6日目

夜の国光号は40分ほどで台北駅に到着⇒ホテルリラックスⅡへ

入国から荷物もピックアップして、
SIMカードも購入したし、
これでやっと台北市内へ向かえます。長かったなあ・・・

中華電信のSIMも手に入れたので、
手元のNexus5も順調に電波を拾ってくれています。
Googleマップも見ることができるので、
バスがどの辺りを走行してるかもわかりますね。

國光客運は台北空港から台北駅行きの1819番が頻発してるので、
全く待たずにすぐにバスに乗れました。
カウンターでチケットを購入して乗るだけなので、
極めて簡単。
しかもカウンターでは、
「タイペイステーション」と人数を言えば英語でOKなんで、
気楽なものです。

私の場合は、タイの癖が抜けず、
ついついタイ語で話してしまうので気をつけねばならないですね。

バスには、日本人も結構乗っていました。
順調に高速道路を走行して、
高速降りたら市内へ入り、何箇所かの停留所を経て、
台北駅前に到着。
所要時間は40分くらいでした。
空港20:30頃出発⇒台北駅21:10頃
國光号のバス車両1

台北駅の横に到着しましたが、
何やら工事中で、柵がされてるので、荷物のピックアップが大変でした。
1列に並んで・・・みたいな。
私は一番最後に荷物を取りました。
今考えると、
この場所の工事は、いずれバスの乗り場がこちらに移転するための、
関連工事であったと思われます。

國光号のバス

2016年10月30日から、
台北空港行きのバス乗り場が、
台北西站A棟から、台北駅東三門のこちらへ変更になりましたので。

到着後は、
久しぶりの台北宿泊となるのですが、
ホテルリラックスⅡへ向かいます。
もちろん、徒歩で。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 國光号, バス, 台北, ホテルリラックスⅡ, 中華電信, SIM, Nexus5, トリップアンクル,

2017年1月
台北仕入&小旅行
1日目

台湾2泊3日の弾丸気味の仕入へ、出発はいつものピーチの朝一番のフライトで、LCCターミナルの過ごし方

いつもの朝の那覇空港LCCターミナル。
ピーチのフライトは、国内線、国際線共にこちらから出発します。

いきなりLCCターミナルに来てしまうと、
あまりのお店の少なさに唖然とするし、
朝のフライトに乗り込む前には、
コーヒーの1杯くらいは飲んでおきたいもの。

しかし残念ながら、
LCCターミナルでは、大したものは購入できないと思っていた方がいいでしょう。
お土産屋さんや、コーヒーショップもありますが、
時間帯で開いてないこともあります。
よって、
那覇空港国内線ターミナルのコンビニで何か購入してくるのがよろしいでしょう。
私はいつも、国内線ターミナル2階のローソンで、
ホットコーヒー買って、一息ついてから、
LCCターミナル行きの無料シャトルバスに乗り込んでます。

ただし、チェックイン時間の締め切りには厳しいLCCのこと。
那覇空港国内線ターミナルとは、
無料連絡バスにて5分くらいの所要時間で結ばれているものの、
満員で乗れないこともあるので、
ギリギリだと、
チェックイン締め切りに間に合わなくなることもあるかもしれません。
おそらく、最低でも2台の巡回バスが回ってますが、
便が重なると、長蛇の列&乗車不可となり、次のバスとなることもあるかもしれません。

時間が来ると、容赦なくクローズして、
乗り遅れてチケットがパーになるという話は、
たまにではありますが、耳に入ることもあります。

時間には余裕を持って、
ある程度の食糧も持って、
LCCターミナルへ移動しましょうね。

さて、いつもの通り
チェックインも無事に終わり、
さっさと出国。

殺風景な待合室で待たされてから、搭乗開始。
飛行機までは徒歩で向かいます。

台北への2泊3日の小旅行の始まりです。

LCCターミナル那覇風景


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : ピーチ, LCC, LCCターミナル, バス, チェックイン, チケット,

2017年1月
台北仕入と遊びに
1日目


台北桃園国際空港からは、1819番のバス國光号で台北市内へ。


イミグレーションを通過後は、
荷物は預けていないので、
そのまま税関通過して外へ。
荷物を受け取る人は、ここターンテーブル付近にも両替所があるので、
荷物が流れてくるのを待つ間に両替という方法もあります。

私は、到着ロビーにある両替所で両替と
SIM購入を行いました。
SIMは中華電信のカウンターで。
あらかじめ、日本で使っているSIMを抜いておいたので、
スマホNexus5を手渡すことで、
SIMの挿入とセッティングまで、
窓口のお姉さんが全てやってくれました。
あんまり愛想はよくなかったですが、まあこんなもんでしょう。
これで、台北滞在中は、気兼ねなくネットが使えます。

さて、空港での準備は整ったので、
國光号に乗るべくバス乗り場へ。
台北駅前まで行く1819番の國光号は、さすがに乗客が多く、
チケットカウンターも10人くらい並んでました。
乗り込んだら台北駅までほぼ直行みたいなもんですからね。
所要時間も短いし。
國光号のバス停第一

すでに停車中のバスは、すでに満席で、
1本バスを見送りましたが、
すぐに次の便がやって来て、
ほぼ待つことなく乗車。
國光号の車両

出発したら、
台北駅まで50分くらいの所要時間です。
途中で、MRTの線路が見えましたよ。早く開業しないかな。。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 桃園空港, 國光号, バス, 台北駅, 所要, SIM, 中華電信,

2017年1月
台北仕入と遊びに
1日目


台北駅に國光号で到着。乗り場も変わったので確認。台北駅の中の郵便局も確認


1819番 國光号は順調に高速を飛ばし、
やや雨模様の中、高速降りて台北市内に入っていきます。
台北市内の何箇所かの停留所で、幾人かを降ろしながら進み、
台北駅までは50分ほどで到着。

台北駅の東三門に着きました。
乗り場も最近からこちらに変更されており、
工事も終わって、綺麗にバス停らしくなっておりました。

台北駅の東三門出口を出ると、
すぐにSLが置いてあり、
その横のあたりに、チケットブースができているのが目に入ります。
帰りは、ここでチケットを買って、空港行きのバスに乗車ですね。

間違って、昔の台北バスターミナルA棟とかに行くと、
今は取り壊されて空き地になってますから、
かなり慌てることになるでしょうね。
空港へのバスは、今後は台北駅の東三門から出発と、
覚えておけば間違いないでしょう。勘違いなさらぬよう。。。


もうひとつ、
台北駅の中に郵便局があるんですね。
場所は南一門の出口の脇です。
こちらは、両替もやってるみたいで、非常に便利です。
両替の時の手数料はないみたいでお得ですね。

土曜日もお昼まで営業してるらしく、
結構な人が行列を作ってました。
駅という便利な場所にあることから、
きっと人気があるのでしょう。

手紙を日本に送ったりする方や、
空港で両替し損ねた時には、利用してみたらよいでしょう。
ただし、日曜祝日と土曜の午後はやってませんから、
注意してくださいね。
少しわかりにくいですが、営業時間↓
台北駅内郵便局



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 1819番, 國光号, 台北, バス, 東三門, 台北駅, 郵便局, 乗り場, 変更,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
9日目

チェンライ2日目は、ゴールデントライアングルまで足を延ばします。行き方は・・


2日目は、ちょっと遠出してゴールデントライアングルまで行ってみることにしました。
しかし、結構遠いですよ。


タクシーチャーターか、日帰りツアーに入るのが最も簡単なんですが、
それじゃ面白くないので、
公共交通機関を使って行くことにします。

まずは、ホテルからチェンライバスターミナルへ歩きます。
5分くらいで到着しました。

今はバスターミナルは改築中とかで、
ただの砂利の広場がバスターミナルになっており、
その脇にはテントを立てて、
その下で出発を待つ乗客が休んでいるという状態です。
さらに、掘っ立て小屋みたいのが、バスのチケットオフィスになっているんですから、
どこかの田舎のバスターミナルに来たような感覚に陥りますますね。
ここはどこだろう??
チェンライは、もう少し大きな町だと思うんだけれどな・・・
という感じですね。

事前にいろいろ調査しておいた結果として、
朝であれば、直通のゴールデントライアングル行きおロットゥーが出ている、
それも朝の9:00前後という情報を得たので、
行きはロットゥーを利用。

帰りはチェンセンという町まで出れれば、
チェンライ行きのノンエアコンバスが1時間に1本はあるとの情報をこれまた得たので、
帰りは、どうにかソンテウでも使って、
チェンセンに出ようという作戦で行くことに。

かくして、ロットゥーは待っているか。。。
広場を見回してみますと、
居ました、いかにもそれらしいロットゥーが・・・
事前に確認していた、緑帯を巻いたハイエースのバンが居ましたね、、
近づいて運転手に確認してみますと、やはり当たりでした。
車体にもゴールデントライアングルと書かれてるので、間違いないでしょう。
「ゴールデンに行くの?」と運転手はやや省略して聞いてきましたね。
ゴールデン行きの車両


時間にして8:50頃。
これで行きは、まっすぐゴールデンまで行けそうです。

車内は、地元の人と何名かのツーリストを乗せて、
9:00過ぎくらいに出発となりました。

まずまずの出足ですよ。今日は楽しい1日になりそうです。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ゴールデントライアングル, バスターミナル, 改築, ロットゥー, バス, 小屋, チェンライ,