私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2016年9月
バンコク&台北
2日目

部屋にあったホテルの案内を見てると、
一番最初のページに、
無料シャトルのご案内なるものがありました。
ホテル無料シャトル案内

これは、昔ホームページで見たことあったので、
「あーこれか利用しよう!」と思いました。

案内の紙によると、
土日のみ、モーチットへシャトル運行があり、
9:40と12:00の2便とのこと。
1時間前までにベルデスクに予約みたいなこと書いてますね。

他にも、
フューチャーパークとやらへ、毎日運行で、
これはホテルへ戻る運行便もある模様。

早速使ってみることにして、
朝食前に、ベルデスクにて声をかけると、
すぐに予約OKでした。
「はい、じゃあ、9:40に来てね」とベル係。
簡単すぎて拍子抜けです。

朝食後に、ゆっくりと支度してから、
9:30ごろチェックアウトして、
もう一度、ベデスクへ。
さっきの係員は、「玄関で待っててください」と言い残して、
どこかへ消えました。

玄関前には、団体様ご一行の大型バスが駐車中。
「まさかこれ?」なんて思ったけれど、
どう見ても違うみたいでして、そのバスは、やがて発車していきました。

9:40頃、
アマリのロゴ入りのハイエースバンが現れ、玄関前へ。
モーチットへ行くことと、シャトル予約済みと伝えると、
乗って待つようにと。
結局9:50頃に出発。
乗客は我々のみの貸切でした。

高速道路は使わずに、
一般道経由で、モーチットまで運ばれたんですが、
普段は、A1・A2バスにしても、タクシーにしても高速道路でバーっと行ってしまうところ、
一般道の渋滞に巻き込まれながら走ったおかげで、
周囲の景色などをゆっくり見れて新鮮でした。

一般道もラクシーの辺りは、結構渋滞するんですねえ。
土曜日でこれだから、平日はもっと激しく渋滞するのかもしれないです。

少々時間はかかってしまいましたが、
おかげで楽しく、無料でBTSモーチット駅まで運んでもらいました。
ありがとうございました。
また、タイミング合えば利用してもいいかなと。

急ぐ場合は、タクシーで高速利用がよろしいかと思いますし、
何だかんだ、A1・A2の30バーツのバスで、モーチットまで行った方が、
実は早いかもしれませんけれどね。
ホテルのバンは、座れるのと、ホテルから出発なので、
荷物がある時は楽かもしれません。
その時の事情で使い分けてくださいね。

以上、アマリドンムアンエアポートホテルの無料シャトルでした。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : アマリドンムアンエアポート, 無料シャトル, バン, タクシー, バス, 高速, モーチット, BTS,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
2日目


ライラックレジデンスからスワンナプーム空港へ

本当はラートクラバン駅に送ってもらおうとしてたんですが、
バンが1台しかなく、その時間に空港のお客さんがいるので、
何とか空港で・・・とお願いされたので、
まあいいやと空港へ。

11時になる前に、
早く降りて来てと催促の内線電話が鳴り、
早々とチェックアウト。
リラックレジデンス1

11時前なのにバンは待っておったです。

乗り込んでみると、
空港へ行くのはなんと従業員の方ではないですか。。
話しかけて聞いてみると、
スコータイの実家に帰省とのことでした。

また、日本に行ったこともあるらしく、
スマホで日本に行った時の写真を見せてくれました。
どうやら、北海道に行ったみたいですね。

次にもまた日本に行く計画をしてるとのことで、
タイに置ける日本人気を、この眼で確認したのでありました。

空港までは、
一方通行やら、立体交差やらが多く、
グルグルとずいぶん遠回りをしたような格好になって、
15分くらいで到着です。
道の構造上仕方がないのですね。
空港で降ろしてもらって、地下へ降りて、
ARLに乗って市内へ向かいます。

ラートクラバンからは、ものすごい人が乗ってきて、
車内は一気に混雑度が増したので、
逆に空港から乗って、座れたのでラッキーでした。
ラートクラバンからだと混雑して大変だったかもですね。

このエアポートレイルリンク、前に特急として使用していた車輌を、
各駅停車用のロングシートに作り直して使っている編成もあり、
それだと4両編成なんですが、乗車できるのは3両のみ・・・
それで大混雑の様相を呈してます。4両使わせてくれればいいのに・・・

ツーリストも多く利用しており、
また沿線住民の通勤用路線にもなっていて、
混雑度が増しているような気がしました。
ホームは長いので、もっと増結できるはず・・・
5両編成でもいいかもしれませんね。
今後に期待です。今のままでは厳しいかな。。

ラチャプラロップ駅で下車。

本日のホテル、
ランナム通りにある、ビゾテルバンコクへ向かいます。
ラチャプラロップ通りを北上して、徒歩で10分くらいでしょうか。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ライラックリラックスレジデンス, ラチャプラロップ通り, ランナム, スワンナプーム, スコータイ, バン, ARL,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
9日目

ゴールデントライアングルへのロットゥーは、立客も出る盛況ぶり。。。チェンセン経由で

9:00過ぎにほぼ満員で出発のロットゥーは、
どんどん北上して、
途中でお客を乗り降りさせながら、進んでいきます。

空港の近くも通過し、
1号線から1016号線に入り、チェンセンを目指します。

驚いたのは、
ロットゥーは言わば、
ハイエースのロングタイプに座席を19席設けた、すし詰めタイプなんですが、
このロットゥーは路線バスの意味合いも兼ねていて、
途中で19人以上になっても乗客を拾うのです。
ゴールデンロットゥ車内


となると、車内では当然立客もでるということに、
すし詰めハイエースですから、立てる部分なんてほんとにわずか・・・
かわいそうなことに、
途中から、老夫婦が乗ってきて、
端の一人掛け座席に座っていた軍人さんが、席を譲ることになってしまいました。
ロットゥーの立客って、初めてみました・・・


今日はツーリストが多いせいか、
いつもと座席の需要が異なったのかもしれませんね。
こういう田舎のバスは、ツーリストが乗ると邪魔しちゃうこともあるのかな・・・

運転は安全運転でして、
そんなに飛ばすわけでもなく、ごく普通に走行してくれました。
1016号線は、片側2車線の立派な道路ですが、
周囲の風景は、畑ばかりの穏やかな景色が続きます。

ようやくチェンセンに到着して、
乗客の大半が下車しました。
ここまで1時間20分くらいかかりました。

チェンセンはメコン川沿いの町。
ゴールデントライアングルまでは、メコン川沿いを遡るイメージですね。
何もないメコン川沿いを20分くらい進みます。
途中、メコン川の対岸のラオス領には、立派なカジノが見えました。
おそらく中国資本で作られたものでしょうね。

ゴールデントライアングルの駐車場に到着しました。
時間にして、チェンライから1時間40分くらいでしょうか。。
予想以上に時間がかかりましたね。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ゴールデントライアングル, ロットゥー, ハイエース, バン, 19人, 立客, バス, 乗り合い,

2017年6月
6月のタイへの仕入れ バンコクのみ
2日目


ほぼ定刻にピーチはバンコクに到着。入国は深夜なのに混雑してます。向かうはリラックライラックレジデンスホテル

ピーチは、ほぼ時間通りに、
バンコクスワンナプームに到着しました。
着陸したのは0:05くらいでした。
そのまま、E2ゲートまでタキシングしていき、
到着となりました。
1:15ぐらいでしたね。

ピーチの乗務員は、やはりこれから沖縄へ戻るみたいです。
客室乗務員は折り返し、
運航乗務員はバンコクステイとなるとのこと。

いやあ、激務ですなあ。お疲れ様です。


E2ゲートから徒歩でイミグレーションへ向かいます。
入国審査はかなりの行列になってました。
深夜の時間帯というのに、
到着するフライトが多いということでしょう。
遅々として進まない入国審査の列に並ぶのが我慢できないのか、
大声でなにやら喚く方もいて、入国審査の係官は大変そうでした。
中国大陸の人なのでしょうか??

こちらも早くしてほしいとは思うけれど、
こればかりは致し方ない話で、喚こうが泣こうが、
入国審査の処理するスピードが変わるわけではないんですけどね。

入国審査にかなりの時間を要して、
0:50過ぎに入国完了。
荷物はすぐにpickupできました。

次は税関検査ですが、
我々は普通にスルーできましたが、
たまたま大きな段ボールをいくつもキャリーに積んだインド人が居て、
彼はストップさせられていましたね。

最近税関検査が厳しくなってきてるらしいのですが、
もし、全員の検査となったら、もっと時間がかかるでしょうね。。

到着ロビーに出て、待ち合わせポイントの、
3番と4番の出口の間に行くと、
案の定、私の名前が掲げられてました。
名前とホテルを告げると、
「少々お待ちください」とのこと。
バンコク空港の待ち合わせ場所201706


今回は、待ち時間10分くらいでした。

1:15には、
リラックライラックレジデンスのバンがやって来ました。

夜道を15分くらい走って、1:30頃ホテルに着きました。

チェックインも無事完了で、やっと横になれます。

リラックライラックレジデンスは、送迎がしっかりしてるので、
安心感がありますが、ちょっと価格が高めの設定ですね。

毎回1:00頃に空港でトンタリゾートの人を見かけるので、
次回はトンタリゾートにしてみようかな。
だって、価格がライラックの半額になるんですもん。
ちょっと魅力的です。
しかし、かなり前にpickupされなかった経験もあるからなあ・・・


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : リラックライラックレジデンス, トンタリゾート, 待ち合わせ, スワンナプーム空港, バン, 待ち時間, 送迎,

2017年9月
弾丸仕入のバンコクへ
2日目

トンタリゾートスワンナプームの迎えは20分で到着しました。

最近はライラックレジデンスというホテルを使ってましたが、
今回は、値段が半額のトンタリゾートスワンナプームを選択しました。
以前に利用したことがあって、
その時は2時間待ってタクシーで行くという散々な結果でしたが、
今回はリベンジをということで、
トンタに、再チャレンジですね。

結果は、
迎えのバスが来るまで、20分程でした。
ただし、椅子も何もない通路に、立たされて待つことになるので、
深夜の疲れ切った身体には堪えますが、
20分足らずで、迎えのバンが来てくれたのて、
本当に助かりました。ラッキーです。

トンタという名前が、頭に付くホテルは、
他に何軒かあるようでして、
ちゃんとトンタリゾートスワンナプームの看板のとこに居る、
係の人に声をかけないと、
うちじゃないよと、
直ぐに自分のスマホの画面に戻ってしまい、無視されますので、
ご注意下さいね。
ここで腹を立ててはいけませんからね・・・

トンタリゾートの案内板空港にて
こんな看板を見つけて、そこらへんの係りに声を掛ければOK。

20分足らずの待ち時間で、
案内されたハイエースワゴンは、
他のお客と混載でした。
15分もあればホテルに到着するので、
全く問題ないです。

チェックインも、パパっと適当におわりました。
明日の帰りの空港へのバンの時間も確認せず、
パスポートと予約確認して、キーを渡して、
「ハイ、4階ね」で終わりでした)^o^(

「ちょっと、明日の空港への送りは、10:30の便ね」
と念を押すと、「OK!」と調子の良い返事でしたが、
どういう管理をしてるのでしょう??
まあ、明日になればわかりますけれどね。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : トンタリゾートスワンナプーム, バンコク, バン, 空港, タイ, ハイエース,