FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年4月
チェンマイ5日目

hoshihana villageに無事にチェックインしたので、
あとはのんびり過ごすだけです。
自転車も貸してくれるのですが、
外は暑いので、周囲の探検は明日にして、
本日は、この敷地内でのんびりを決め込みました。

早速、プールを拝見。
誰もいなくて、小鳥のさえずりを聞きながら、
プールサイドで昼寝もできそうです。
ただ、日焼けが怖くて、とてもできませんが・・・
昼寝はリビングでとしますか。
hoshihanapool


このプールは映画「プール」にもろに出ていますから、
「ああ、ここね」みたいな感じになりますね。

その後、
hoshihana villageショップへ行ってみようということに。

そもそも、
hoshihana villageは、バーンロムサイという、
両親をエイズで亡くしてしまって、自分たちもHIVに母子感染した孤児たちの生活施設に、
隣接している宿泊施設で、
ここに泊まることによって、寄付していることにもなります。
http://www.banromsai.jp/
にて是非確認してみてください。

この施設で作られた数々のグッズが販売されている、
ショップに行こうというわけです。
17時までですので、早いとこ行かないと・・・

実は、このショップも映画の撮影で使われているんですね。
しかし、撮影時とはまったく違う趣になっていますが・・・


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : バーンロムサイ, ショップ, hoshihana, village, エイズ, 施設, 孤児,

2013年4月
チェンマイ5日目

hoshihana villageの初日は、
到着後、のんびりとしているうちに、
あっという間に、夕食の時間となりました。

この場所では、周辺のお店に行くのも大変なので、
ここで食事を取る方がいいですね。
もし、どこかへ行くとしたら、タクシーを呼ばないとですね。
周辺は夜になると、本当に真っ暗闇です。

食事は、敷地内のプール脇のレストランで。
・豚のバジル炒め(ご飯付き)
タイヤイお茶の葉サラダ
・焼き豚タイスパイシーソース
などを、事前に予約しておきました。
二人で食べるには、ちょっと量が多すぎたかもしれません。
バンロム夕飯で

特にタイヤイお茶の葉サラダは、
豆が多く使われていて、さっぱりとしている味付けにつき、
どんどん食べてしまいました。
バジル炒めご飯は、タイ料理の定番ですので、
半熟目玉焼きと一緒にいただくと、これまた非常に美味しいのです。
バジル炒めに目玉焼きは必須ですね。

夕食の後は、
リビングでまったり・・・
しかし、ここは、WiFiがつながるので、
東京に居る姉とiPhoneのFaceTimeを活用して、おしゃべりを。
時代は変わったもんですなあ。

Hoshihana・Villageには、
テレビというものは置いていません。
これがまたいいんです。
夜は、何の動物かわからない鳴き声を遠くに聞き、
近くではいろいろな虫の声を聞く。
そんな中で、眠りにつくわけです。

これは、まさに贅沢なことなのかもしれません。
静寂にただ身を置く。これだけで心って落ち着いてくるものなんですね。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : バーンロムサイ, hoshihanavillage, バジル炒め, タイヤイ,

2015年3月
チェンマイ 3日目

hoshihana-Villageにて心地よい眠りから覚めて、
気分も爽快、現実に引き戻されました。
この場所は、自然の多い場所のためなのか、何かの磁力のためなのか、
わかりませんが、
久しぶりに心地よい目覚めといった気分を味わいました。

日ごろの日常生活にどんだけ疲れているのでしょうか?
このhoshihanaに1週間も宿泊したら、もう社会復帰はできないかも・・・
なんて思いました。
だったら、早期リタイヤを目指したら・・・と言う声が聞こえてきそうですね。

朝御飯もベジタイプでお願いしました。
フルーツつきで、優雅な目覚めとともに頂きます。
hoshihanaBF

午前中は、プールサイドやコテージでまったりと過ごしたり、
バーンロムサイの施設を見せてもらったりして過ごしました。

バーンロムサイは、
HIVに母子感染した子供たちのために設立された施設です。
hoshihanaに泊まると、その宿泊代の一部が寄付となる仕組みです。

春休み?とあってか、
普段は子供たちで賑わう施設も、心なしか静かなんだとか。
それでも子供たちは、必死に何かを作っていたり、
思い思いに過ごしているようでした。
詳しくは、ホームページをご覧ください。
バーンロムサイ

12:00頃チェックアウト。
レンタカーにて出発なので、時間はついつい適当になりがちでしたが、
いつも来るたびに、もっと長く居たい!と思ってしまいます。
hoshihanaはさすがそんな気持ちにさせるのうまいですね。

次はロイクラトーンの時期(11月ごろ)にやって来たいものです。
と、そんな口約束をスタッフのAさんとして、お別れとなりました。
Aさんも、ぜひ沖縄にお立ち寄りくださいね。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : hoshihana, バーンロムサイ, レンタカー, ロイクラトーン,