FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年4月
バンコク3日目(旅行自体は9日目)

マンハッタンホテルで、少し待ったので
少々出遅れた感はあったのですが、
今日は予定通りに、クレット島へ向かうことにしました。

そこで行き方になるのですが、
いろいろ調べた結果、
メトロバスのM35が、どうやらパーククレットまで行っているようですので、
これを捕まえていくことにしました。
一番快適そうであったので選んだのですが、
これがまた大変な方向への始まりとは・・・

まず、スクンビット駅から地下鉄に乗って、
ベップリー駅へ。
ここからベップリー通りへ出て、
プラトゥーナム方向へ向いたバス停まで歩き、
M35のバスを待ちます。

ところが、待つこと30分。
バスはたくさんやって来るのですが、
肝心なM35が来ません・・・

60、113、99などはやって来ましたが、
M35は現れず・・・
同じような新車っぽいバスは、現れるのですが・・

さすがに待ちくたびれて、
計画変更して、
11のバスに乗ってしまいました。
というのも、
プラトゥーナムから505番のパーククレット行きに乗るという、
作戦に変更したためです。

ところが、これは11の別系統。11のタイ語の1文字付きで、
見落としていました。
これでは、私の行きたいプラトゥーナムのバンティップ前には行きません・・・
バーヨークスカイホテルの辺りで、
終点となり下車させられてしまいました。

さあ、バンティップの辺りまで歩くとしますか。
プラトゥーナムあたり
インドラリージェントの横あたりから↑


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : クレット島, パーククレット, プラトゥーナム, バイヨークスカイ,

2013年4月
バンコク3日目(旅行自体は9日目)

さて、M35のメトロバスが使えないとなると、
次なる手は、505番のバスで、パーククレットを目指すというもの。

このバスは、バンティップの辺りから乗車できるはず。
505番なんてあんまり見たことないけど大丈夫かな?
と一抹の不安を抱えながら、
バンティッププラザの少し手前まで歩きます。

タイの歩道は歩きにくいです。
屋台も出ていたり、道がボコボコだったり。
転ばないように注意も必要ですね。

それに道を横断するのも一苦労です。
まともな横断歩道もあまりないので、
道路を横断する際には、
少々テクニックが必要になったりもします。

そんなかんだで、なんとかバンティップの近くのバス停まで着きました。
インドラリージェントホテルの辺りからでしたが、
距離は大したことないのに時間が掛かりましたね。

後は、505番のバスを待つだけ・・
いったいいつやって来るのか。

20分も待ったころ、ついにやって来ました!
505番エアコンバス
これに乗れば、終点はパーククレット
車掌に行き先を告げて、確認。

やっとこさ、パーククレットまで行けそうですが、
ここからのバス乗車時間は結構なものです。
12時半くらいに505番をプラトゥーナムで乗車して、
パーククレット到着は14時少し前となったのでした。
(つづく)

ルート

大きな地図で見る

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : メトロバス, 505番, エアコンバス, パーククレット, バンティップ,

2013年4月
バンコク3日目(旅行自体は9日目)

なんとか捕まえた505番のバスは、
バンコク市内を北へ向かいます。
途中何箇所も渋滞にぶつかり、なかなか進みません。

どこでノンタブリー県に入ったのかわかりませんが、
途中で電車の高架を作っている道路もあったりして、
これから、バンコク周辺の交通網も整備されるのかな?
とも思いました。

結局1時間半ほどかかって、
終点のパーククレットに着きました。

降ろされた場所は、橋の下でした。
さてどうしたものか。
とりあえず、感覚的にバスの進行方向左側に船着場というイメージで、
歩を進めます。

すると、WatBooというお寺の中に迷い込み、
お寺を抜けると、シクロが待ち構えていましたが、
クレット島へ行くと告げると、近いから歩けというようなしぐさをされたので、
川の方向へ進んでいくと、
WatSanamNuaというお寺の裏手に、
ついにクレット島行きの渡し舟を発見!
クレットへの船

歩いた道の、地図はこんな感じです。

大きな地図で見る

地図上でAがバスを降りた地点。
Bが船着場周辺。
我々は、WatBooの中をショートカットしました。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : クレット島, 渡し舟, パーククレット, 505番, お寺,

2013年4月
バンコク3日目(旅行自体は9日目)

念願のクレット島への上陸を果たした後、
バンコクへどうやって戻るかということを考えました。

行きは505番のバスを使ってプラトゥーナムからやって来て、
所要時間が2時間近くかかって、パーククレットへ着いたので、
また、もと来た道を戻るのでは、芸がない・・・ということで、
166番のバスを待ってみることにしました。

船着場から、またワット・ボーの中を突っ切らしてもらって、
バスを降りた場所へ。
どうやら、高架下のこのバスを降りた場所が終点で、
ここからバスはくるっとUターンして戻っているようです。

道の反対側に渡り、
セブンイレブンにて、水を補給。
周囲を見渡すと、かなりの数の屋台が出ていて、
よい匂いを出しているではないですか。
パーククレットのここら辺りに泊まるホテルはあるのか、
チェックはいれてませんが、
もし宿があるのであれば、クレット島への旅も充実したものになったりして。

さて、そんな賑やかな場所にて、
バスを待っていると、案外あっさりとやって来ました。
166番のエアコン車。
166bus

このバスを待つ間に、メトロバス35番もチェックしようと思っていたのに、
何やら待たずに済んでしまい、ラッキーかも。
逃すと次がいつか不明なので、早々に乗り込みます。
あれ、ここは始発ではないの?
すでに半分の座席が埋っていました。
(つづく)



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : クレット島, パーククレット, バンコク, 166番, エアコン,

2013年4月
バンコク3日目(旅行自体は9日目)

すぐにやって来た166番のエアコンバスに乗り込んでしまったので、
パーククレットの周辺調査が思うようにできませんでした。
また次の機会にしましょうか。
近そうで遠いクレット島。
次回は土日か休日に来ようと思います。お店が開いてませんからね・・・

我々を拾うとすぐに走り出した166番のバス。
車掌に戦勝記念塔へと告げると、
18バーツの2人分で36バーツでした。安い・・・。
行きの505番もそうでした。
バンコクのバスって安いですねえ
と、改めて思いました。

バンコクバスマップを見てみると、
166番高速道路を利用するようで、
その前に、左へそれてどこかの街へ寄るとなっているのですが、
立ち寄らずにいきなり高速道路に上がってしまいました。

もしかしたら、パーククレットへ行く前に立ち寄るのかも・・・
だから、パーククレットで乗り込む時に座席がかなり埋っていたのかもしれませんね。

さらに驚きは、
バスの車内は大変な混雑で、
立っている乗客もたくさん居たのですが、
それでも高速道路をかっ飛ばしてること。

高速道路で、お客さんを立たせたまま乗せるのも、
何だか変な感じですが、ここはタイランドですから、
まあ、ありでしょう・・・ということなのでしょう。

最初は順調に高速を走り続けていましたが、
とうとう渋滞に捕まり、
ノロノロになってしまい、ついに停車してしまいました。
かなりの大渋滞です。

モーチットの先辺りで高速を降りたものの、
戦勝記念塔までは、ずーっと混雑していて、
結局1時間半くらいかかりました。

やっとこさ着いた戦勝記念塔(アヌサワリーチャイ)
victory 戦勝記念塔

さて、BTSに乗り換えて、スクンビットへ行きましょう。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : パーククレット, 高速, 166番, 戦勝記念塔, BTS,