FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年4月
バンコク3日目(旅行自体は9日目)

マンハッタンホテルで、少し待ったので
少々出遅れた感はあったのですが、
今日は予定通りに、クレット島へ向かうことにしました。

そこで行き方になるのですが、
いろいろ調べた結果、
メトロバスのM35が、どうやらパーククレットまで行っているようですので、
これを捕まえていくことにしました。
一番快適そうであったので選んだのですが、
これがまた大変な方向への始まりとは・・・

まず、スクンビット駅から地下鉄に乗って、
ベップリー駅へ。
ここからベップリー通りへ出て、
プラトゥーナム方向へ向いたバス停まで歩き、
M35のバスを待ちます。

ところが、待つこと30分。
バスはたくさんやって来るのですが、
肝心なM35が来ません・・・

60、113、99などはやって来ましたが、
M35は現れず・・・
同じような新車っぽいバスは、現れるのですが・・

さすがに待ちくたびれて、
計画変更して、
11のバスに乗ってしまいました。
というのも、
プラトゥーナムから505番のパーククレット行きに乗るという、
作戦に変更したためです。

ところが、これは11の別系統。11のタイ語の1文字付きで、
見落としていました。
これでは、私の行きたいプラトゥーナムのバンティップ前には行きません・・・
バーヨークスカイホテルの辺りで、
終点となり下車させられてしまいました。

さあ、バンティップの辺りまで歩くとしますか。
プラトゥーナムあたり
インドラリージェントの横あたりから↑


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : クレット島, パーククレット, プラトゥーナム, バイヨークスカイ,

2013年4月
バンコク4日目(旅行自体は10日目)

77番のミニバスで、チャトチャックから戻りましたが、
またこれがどえらい運転でした。
前回の記事に書きましたね。

バンティッププラザに用事があったので、
プラトゥーナムの辺りで、バスを降りて徒歩で行くことに。

バスを降りたのは、
プラトゥーナムのど真ん中。
インドラリージェントホテルのやや南側ですね。
このあたり、大きな道の両側は、
屋台が多くて、日よけにシートが貼られていて、
通りがよく見えませんね。

ようやく道を横断したりしながら、
プラティナムファッションモールの前を通って、
バンティッププラザに辿り着きました。

腹ごしらえに、たこ焼きのような、
ココナツ味のお菓子をかじります。
バンティップお菓子


バンティッププラザは、
パソコンソフトや機器を売っている、
秋葉原のようなところ。
ビルの中には無数のお店がひしめいています。
中には怪しげな方々もいて、違法なものを売りつけてくるので、
要注意ですね。

私はささっと買い物を済ませて、
少しぶらついていましたが、
ここは日本かと思うくらい、PC関連の品物は充実してますね。

何故か、沖縄にあるA&Wもありました。
バンティップA&W



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : プラトゥーナム, バンティッププラザ, プラティナムファッションモール, A&W,

2016年3月
タイへ
2日目

フォアランポーン駅の終着駅の旅情を味わったので、
買い付け旅行から、一転本来の旅のムードになりかけましたが、
まあ、それもよいかなということで、
駅の見学は終了としました。

とりあえず伊勢丹のある辺りまで行き、
可能なら、プラトゥーナムでも行こうかと、
まずは、地下鉄MRTの階段を降りていきます。

そうすると、セキュリティのチェックがあります。
空港に置いてあるのと同じやつを潜り抜けていきます。
大きな荷物を持っていると、
止められて中身をチェックされますので、
MRTに乗る際には、大荷物の方は少し時間がかかりますよ。

それから、
地下鉄で2駅のシーロムへ。
タイの地下鉄も、ちゃんとホームドアがあって、
日本の地下鉄に似てますね。

乗った感じも、「ここは日本かな?」と思えてきてしまうほどです。
タイ人の女性も、かなりお洒落になりましたしね。

シーロムで下車して地上に上がって、
BTSに乗り換えようと思ったのですが、
いきなり目に付いたのが、「Au Bon Pain」というベーカリカフェ。

買い付けの疲れもあって、
一息入れていこうかと、思わず吸い込まれてしまいました。

注文して席に着くと、
今日の疲れがどっと出てきましたね。
万歩計つけていたら、どのくらいの歩数になったんだろうね。

ふと、今日のことを振り返りつつ、
ゆったりとコーヒータイムです。
このカフェ内も、まるで日本にいるかのような錯覚に陥ります。
aubonpain11

「今日はもういいかな・・・」
というわけで、ホテルに戻ることにしました。

この後は、BTSにて、
ランナムのホテル、Bizotel Bangkokへ。
この晩は、フットマッサージに出向き、
足の張りを、元に戻してもらいました。

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : BTS, MRT, シーロム, AuBonPain, ホームドア, プラトゥーナム,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
7日目

センセーブ運河の水が頭から・・・運河ボートはやはりすごい乗り物でした。

バムルンラード病院の
北側にあるセンセーブ運河のボート乗り場から、
伊勢丹付近まで10分くらいで行けてしまうから、
とてもで便利ですね。

センセーブ運河は、どぶ川ですので、
水しぶきに要注意ですが・・・

しかし、バムルンラード病院から行くと、運河沿いに作られたボート乗り場は、
見落としてしまいそうな場所にあります。
タイ人の利用がほとんどですね。
結構、通勤の足として利用されている模様。

運河ボートの乗り場で待つこと10分。
逆方向のボートは来ますが、伊勢丹方面は来ません。
来ても、回送状態でお客さん乗ってないまま通過していきます。
センセーブ運河ボート


しかし、他のタイ人も、プラトゥーナム方面に待っている人が多数いるので、
運航終了というわけではなさそうです。
回送ボートが2隻ほど通過後、ようやくやって来ました。
しかし満員。
接岸後、何とか身体を滑り込ませて、船内へ。
このあたりは、多少テクニック必要かも。

この船は真ん中あたりが、立って乗るところで、
前後にベンチのイスが並んでいます。
イスは真ん中に座ってしまうと、降りようと思ったら、他の人にどいてもらわないとだめな仕組み。

切符は、船の縁を救命胴衣を着た係員が張られたワイヤーに捕まりながら伝って来て、
行先告げて購入。
彼らは、そこで運賃の収受をするんですから、大したものです。
よく落っこちたりしないもんですね。
落ちてもいいように救命胴衣つけてますが、
この汚いどぶ川には落ちたいとは思わないでしょうね・・

走り出すと、水しぶきが上がるので、
横のシートを引っ張り上げて、そいつで水しぶきから体を守るのですが、
今回は、上げ方が少々少なかったのか、そのシートの上を不幸にも水が越えてきて・・・
頭と顔にかかっちゃいました。。。

この汚いセンセーブ運河の水がですよ・・・
かなりブルーな気分になります・・・
おそらく生活排水垂れ流しの運河の水に違いありませんよ。。。

それにしても、こんなボートで毎日通勤してるタイ人ってすごいですね。
朝から、この水かぶったら、会社には行きたくなくなりますよね。
いやあ、運河ボートってよく考えるとすごい乗り物だなって、改めて思った次第です。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : センセーブ運河, 運河ボート, 通勤, バムルンラード病院, 乗り場, ボート, 水しぶき, プラトゥーナム,

2017年6月
6月のタイへの仕入れ バンコクのみ
5日目

やはり外せない、ピンクのカオマンガイ「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」へ

パーデンにて、パフェを頂いたばかりなんですが、
今日の帰国前の少しだけ早い夕飯ということで、
やって参りました、
ピンクのカオマンガイ。



ここは、美味しいカオマンガイを食べれるとあって、
行列ができることで有名です。
ちゃんと歩道に整列できるように囲いがされており、
整然とそこに並ぶ、観光客や地元の人を見ることができます。

今日は、17時の開店時間の10分前に到着してますので、
少しだけ並んだというか、待っただけですが、
すぐに店内に入り着席できました。
ピンクノカオマンガイ開店前


ここのカオマンガイは、
やはり美味しいのです。
何かが違うのです。
まず、店の雰囲気や名前がそうさせてるかもしれないですが、
食べてみると、本当に違いがわかりますね。

なので、何度も足を運んでしまうのでした。
それでいて、安いです。
この値段で、これだけの味なら、そりゃ混み合いますわね。

もし、急いでるなら、
テイクアウトもできるし、
実際そうしてるタイ人も多いですね。
ホテルに持ち帰るのもありかもしれませんね。

と、今回の仕入旅の最後の夕食をとり、
BizotelBangkokへ戻り、
レイトチェックアウトの21時まで、
荷造りに追われるのでした。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : プラトゥーナム, カオマンガイ, ガイトゥーン, バンコク, 食事, 夕飯, ホテル, テイクアウト,