fc2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2020年8月

タイの入国、観光客はまずはプーケットから??

最近になって、
プーケットのみ、
観光客の入国を認めるという話も出てきました。

しかし、
14日間の隔離期間は絶対のため、
最初の14日間はホテルで過ごさねばなりません。

プーケットのASQホテルは、
リゾートホテルなので、
プライベートビーチもあることから、
隔離者専用のビーチで遊ぶことができるようにし、
14日間経過後は、プーケット島内なら移動は自由。
さらに7日間過ぎれば、タイ国内どこでも行けるようになると。

要するに、
21日間の隔離で異常なしならば、
初めてタイ国内の移動の自由が許されるというわけ。

で、ホテル代ですが、
アナンタラ プーケット スイーツ&ヴィラ
で2名15万5千バーツから
約55万円くらいです。(1名27万5千円くらい)
これ14日間の隔離代金です。

結構な代金ですね。

それに、プーケットまで行くのは、
直行チャーターになるのか、
バンコクでトランジットさせるのか、
よくわかりませんが、
航空チケット代金もかなりの金額になりそうです。

報道では、
プーケットへ日本からも直行チャーターを飛ばす計画があるみたいです。

搭乗するためには、
事前にPCR検査を受けてからになるのか、
検査なしでいきなりチケットが買えるのか、
いろんな疑問がありますね。

タイ国内はどこでもそうですが、
プーケットも観光産業はかなりの打撃を受けてるはずなので、
少しでもプラスにしたいでしょうけれど、
これでは、ホテル内だけで終わってしまい、
それ以外の人は恩恵を受けれないのでは・・
と勝手に思ってしまいます。

さらには、
そんな大金を払って、
隔離だけ、ホテル内だけで終わるなんて・・・
そんなまでして、タイに行きたい人が何人くらいいるのでしょうか?

現在。プーケットのホテルが、
Alternative State Quarantine(ASQ)のホテルになるべく、
審査中とのことです。

もう少しすると、どのホテルになるのか、
内容は、値段は、
など詳細が明らかになって来るでしょう。

これだと、
プーケットに3週間して、
残り1週間を他の街でとなりますね。
通常だと、ノービザで30日間の入国しか認められませんが、
延長等はできるのでしょうか?
入国の際に何日まで滞在が認められるのか?
も気になりますね。

と、問題は多いと思われますが、
とにかくこの企画がタイへの観光客の門戸を開く第一歩になればと思います。

もしプーケットでうまくいけば、
次はサムイ島で実施するという話も出ているようです。

次々のタイ国内に広まってくれればいいですね。
個人的にはチェンマイとかで実施してほしいけれど、
陸続きの街は、感染リスク高いですからね。

もう少し様子を見ていきましょう。

現在、ASQのホテルは、
こちらから確認できます。
COVID19いろいろ

バンコク近郊では50軒くらいにホテルが増えました。

greenbusCEI-CNX201711


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ASQ, 隔離, 入国, タイ, プーケット, バンコク, 自由移動, 14日間, チャーター便, チケット,

2020年5月

7月からプーケットがワクチン接種済みで隔離なし入国可能に サンドボックスモデル

現状タイ国内でも感染者が増加中ですが、
どうやら7月からプーケットに限り、
ワクチン接種済みであれば、
隔離なし入国が認められる模様です。

プーケットに入国してから、
7日間はプーケット島内からは出られないが、
それ以降はタイ国内を自由に旅行できるようになるとのことです。

詳しくはこちら↓
バンコクポスト紙から引用(英文)
https://www.bangkokpost.com/business/2114975/phuket-banking-on-129-000-arrivals


今、プーケットでは、
入島規制を行っていて、
空路の場合は、ワクチン接種済みか陰性証明書を持ってないと、
搭乗できない模様です。
陸路や海路の場合は、上陸地点に検問があるのでしょうね。

こうして、外来者の受け入れを規制しつつ、
ワクチンの接種率を高め、
1日の感染者数を減らすという作戦をとってるのでしょう。
本気度を感じますね。


しかし、サンドボックスモデルは、いろいろと疑問点は多いですね。

まずワクチン接種済みの者ということですが、
どのように証明するのか、これからの発表を待ちたいところ。

タイ国内で認可されてるワクチンのみ認めるか、
それぞれの国で認められてるワクチンでもOKなのか、
イエローカードでの証明でいいのか、
それともアプリとかでデジタル的にやるのか。。
などなど

で、今後日本でワクチン接種証明(海外渡航用のみ、かつタイで認められるもの相当)が発行されるのかどうかも気になりますね。

これがないと、タイ入国時に証明ができないので、
いくらタイ側が開国しても、行くことができないですね。
タイロスの患者にとっては最悪な事態が・・・
まあ、何かしらの手はあるのでしょうけれど・・・

あと、ワクチン接種しないなら、
隔離でいいのか?という選択肢もあるのかも気になります。


それに、
このサンドボックスモデルは、
パッケージツアーになるらしく、
値段も15万バーツからとのこと。。
ちょっと高すぎやしませんかね。

プーケット7日間の価格。
おそらく、高級ホテルの宿泊パッケージなのでしょう。
このパッケージに航空券なども含まれるのかは不明ですが、
それにしても日本円で50万ほど。。。
航空券は別で、単にプーケット7日間滞在の価格だったら、
ちょっと簡単に行くことはできないですね。

基本プーケットへの直行便
利用ともありますが、
バンコクでの乗り継ぎも認められそうな気配もありますね。
どういう仕組みになるのかはわかりませんが。。

ここへきて、
少しずつ進んできた開国への扉が、
再び閉まりつつあるような気がするのは私だけでしょうか。
本当に7月からプーケットでサンドボックスモデルなるものが、
開始されるのでしょうか。。。
期待を半分ということで、
待つことにしましょう。

プーケットがうまくいけば、
次は、バンコク、パタヤ、ホアヒン、チェンマイなどの県で、
同じような要領で解放されてくるはず。


ワットムングンゴーンの仏像


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル 特設支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ワクチン, コロナ, プーケット, 開国, 解放, バンコク, 隔離, 自由に旅行, タイに行きたい,

2021年6月

タイからの帰国時の規制が強化されました。「変異株B.1.617指定国・地域」に指定

先日、タイへの渡航中止勧告が発表され、
タイには行くことが難しい状況になってはいますが、
さらに、ダメ押しという形で、
変異株指定国にされてしまったタイ国。

詳しくはこちら↓
https://www.mhlw.go.jp/content/000787220.pdf

渡航はしないでね。
ということだったんですが、
今度は帰ってこないでね的な感じですね。

というのも、
タイからの帰国時は、
検疫所長の指定する場所で3日間待機し、
入国3日後にPCR検査を行い、
陰性であれば、指定場所からは解放されるものの、
残りの11日間に関しては自主隔離を行うもの。
当然、その間は公共交通機関を使うことはできません。

つまり、
今は、まず出国はできても、
タイに着いたら14日間の隔離。
陰性だったら、その後はタイ国内旅行してよし。
ただし、状況によっては県間移動に規制がかかる場合もあると。
で旅が終わり、
日本に帰国したら、
検疫所の隔離が3日間あって、
その後11日間は自主隔離となるわけです。

日本政府は、タイを危険国としてる模様ですが、
しかしながら、
7月1日からプーケットは、
ワクチン接種済みの人のみ、
隔離なし入国が認められるという話があります。

プーケットサンドボックスモデルと呼ばれているものです。

簡単に言えば、
ワクチン接種済みの人は、
プーケットに7日間滞在した後は、
タイ国内どこでも自由に旅行できるというもの。
最初の7日間は隔離ではないが、
プーケット島内で過ごす必要があるとのことです。
部屋に缶詰めではなく、島の中で過ごせると。

もし、これが成功したら、
他の観光地、
パタヤ、ホアヒン、サムイ、チェンマイなどに広げていく計画とのこと。

ワクチンの接種をどう証明していくのか?
直行便以外も使えるのか?
検査はないのか?
指定ホテルはあるのか?
金額が高いのでは?(前に15万バーツとか聞いた)

などなど現時点では疑問点も多いけれど、
徐々に明らかになっていくことでしょう。

タイ開国への大きな前進になりそうですが、
個人的には、ワクチン接種はまだしたくないので、
ワクチンなしの隔離入国も認めてもらいたいなと思ったりしてます。

ワットポー1


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル 特設支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : コロナ, 変異株, 隔離, サンドボックスモデル, プーケット, バンコク, ワクチン接種,

プーケットサンドボックスモデルは始まりそうですが、日本は対象国になれるか

2021年6月

どうやら7月1日から、プーケットがサンドボックスモデルということで、
開放されるとのこと。

タイ国から見て、
低リスク国と中リスク国が対象で、
すでに、ヨーロッパの各都市、アジアの各都市からプーケットへの直行便の運航が計画されています。

サンドボックスモデルとは、
プーケットの島内であれば、
ある程度は自由に移動でき、
最初の14日間を過ごせば、タイ国内は自由に移動できるというもの。
だったのですが・・・

当初の計画では、7日間となっていたけど、14日間に延長されてしまいました。
さらに、島内の行動の自由に制限がもう少しかかってしまうかもです。

ホテル内と、
指定された観光地へ指定された移動手段で移動との制限もありそう。
ほぼ、隔離に近いような。。

それに、ワクチン接種済みというのが一つの条件にもなっています。
日本では、まだワクチン接種がそれほど進んでいるわけでもなく、
接種したところで、どう証明するのかという問題もあります。
英文の証明書をどうやって取得するかですね。
ワクチンパスポートなるものの議論がまだ始まったばかりでもあります。

さらに、、ワクチンは副作用もあるので、
自分の身体の状態ともよく相談の上、判断したいところです。
もう少し詳しくワクチンの情報が欲しいところですね。

このワクチン接種の案件は、日本にとっては曲者だけど、
実際は、
6月1日から、タイ国は日本をコロナ感染の高リスク国に指定していて、
そもそも、日本はサンドボックスモデルの対象国ではなくなっています。
今後、中リスク国へ戻れれば、対象となるので、
そうなれば、
日本からプーケットへの直行便が運航するかもしれませんね。

なお、プーケットへ入るために、
バンコクでの乗り継ぎも可能らしいですが、
どのフライトからどのフライトへならOKなのかまでは、
公表されておらず、不明のままですね。

スワンナプーム空港のE9エリアでの乗り継ぎ可能とあるので、
おそらく、
スワンナプーム空港のE1-9の搭乗ゲートのことかと。
国内線がAとBエリアから出発するので、
そこに一番近いのがEエリアとなっていて、
導線を組みやすいのかと思ったりと、勝手に想像してます。
そしたら、乗り継ぎのためには、確実にこのゲートに入る(到着)ことが条件ですので、
それを事前に調整しきれるのかなとも思います。
どこからのフライトが、このエリアに到着となるのか??

サンドボックスモデルと言っても、
結局は、あるエリアからは出られないわけで、
隔離の広域版というところですね。

プーケットサンドボックスモデルでは、
最初はパッケージだけでえらい高額な料金が掲示されてましたが、
それはなくなり、
個人手配でも大丈夫そうです。

SHA認定のホテルに宿泊することになりそうですね。

SHAは、
Safety and Health Administrationの頭文字をとったもので、
その前にAmazing Thailandが付きます。
アメージングタイランド健康安全基準(SHA)とのこと。
この基準を満たしたホテルとか、交通機関を使うことになるようです。


あとは、
今までの入国時の手順と同様に、

COEの取得、
コロナ対応保険の加入
出発前72時間以内にPCR検査
などがありますね。

ビザに関しては、
取得せずとも観光で45日間認められてるので、
そのままCOE取得申請に進めます。
少々面倒ですがね。

要は、
ASQホテルの予約がサンドボックスモデル対象の
SHA認定ホテルに代わるだけですね。
日本は、現時点でサンドボックスモデル対象外ですが。。。

上記に書いたことは、
タイ政府の発表により、
随時変更されるので、
常にチェックしておいた方がいいですね。
必ず、ご自身で確認されてください。
ほんと、変更が多いので。。

プーケットサンドボックスモデルは、
部屋に缶詰めにならないだけマシですね。
これもタイ入国正常化への一歩前進と捉えて前向きに。


チェディルアン113



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル 特設支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : サンドボックスモデル, プーケット, 直行便, 低リスク, 高リスク, 日本, タイ, ワクチン, 接種,

2021年6月

プーケットサンドボックスモデル 日本は対象国にならず・・・

7月1日からついに、
プーケットサンドボックスモデルが開始される模様ですね。

プーケットサンドボックスモデルは、
コロナワクチン接種済みの人は、
隔離なしでプーケットに入国できるというもの。

最初の14日間をプーケットで過ごせば、
他県への移動も可能になるとのこと。

バンコクなどへ入国した場合は、
通常のASQホテル(政府指定隔離ホテル)へ入り、
14日間をホテルの部屋の中で過ごさねばならないけれど、
プーケットサンドボックスモデル適用でプーケットへ入国する場合には、
到着時の検査を陰性でパスできれば、
プーケットの島の中であれば自由に移動できるというもので、
ホテルの部屋に14日間缶詰めになるよりは、はるかにマシであること間違いないですね。

一見いいことづくめですが、
なんと日本は高リスク国ということで、
対象から外れてしまいました。

対象国は低リスクおよび中リスク国のみ。

これは国籍ではなくて、
あくまでも出発国はどこだったかという話。

例えば、シンガポールにいったん入国して、
ある程度の期間を過ごすことができたとしたら、
そこからCOEを取得してプーケットへ入国すれば、
日本人でも使えるけれど、
非現実的な話になりますよね。

それに状況は変わるので、確約もできないし。。

あと、
日本からのプーケットへの直行便の運航計画がされなかったということは、
最初から日本は対象外ということだったのでしょうかね。
バンコクでの乗り継ぎの話は出てこないので、
当面は、ヨーロッパと一部のアジアの地域から直行便を運航して、
対象となる国の観光客を集めようということなのでしょう。

それぞれの国で帰国後の隔離とかもあるので、
そう簡単に旅行者が集まるかはわかりませんが、
これでも一つずつ進めていくしかないのでしょう。
タイの観光産業は大変なことになってますから。。

隔離期間をホテルの部屋の中だけで過ごさなくていいのは、
とっても魅力的だし、
かかるストレスも全然違うと思われるだけに、
日本が非対象なのは、誠に残念な限り。

今後に期待したいですね。

あと、ワクチン接種の問題もありますし(後遺症、副反応など)、
感染者も双方で減らないとだめだろうし。
当分は、隔離14日間は必須という条件でタイに入国する以外になさそうですね。

せめて、隔離期間が少しでも短くなることを望みますか。。。

ワットポー1



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル 特設支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : プーケット, プーケットサンドボックスモデル, 入国, 隔離, ワクチン, コロナ, 検査, バンコク, 直行便, 隔離なし,


2021年7月

タイの状況。バンコクはついにロックダウンとなってしまった。


最近は、タイでのコロナ陽性者の数が急激に増えてきて、
ついに1万人を超えましたね。

そして、バンコクなどはレッドゾーンとされ、
夜間外出禁止となり、
お店の営業もかなり制限がかかるようになってしまいました。

レッドゾーンとなっている県は、
バンコク都、ノンタブリ県、パトゥムタニ県、サムットサコン県、
ナコンパトム県、サムットプラカン県、ナラティワート県、
パタニー県、ヤラー県、ソンクラー県、チョンブリ県、
チャチュンサオ県、アユタヤ県の1都12県となりました。

上記の県では、
実質的にロックダウンというところですね。

県間移動もままならない状態なので、
今の時期に仕入れに行っていたら、
大変なことになっていたところです。

日本入国時も、
タイからの場合は、3日間は検疫所指定場所での待機が義務化されています。

入国はできる状態にありますが、
隔離マストなのはもちろん、帰国時も大変。
なによりも、タイ国内が受け入れOKな状況ではないですね。

厳しい。。。

プーケットでは、
サンドボックスモデルが開始され、
続々とワクチン接種済みの旅行者が入国してきてる模様です。

7月20日には、
プーケットに362人が到着
エミレーツが1便 シンガポールが2便

累計では、
8981人が入国。

しかしこの状況では、
せっかく、14日間の滞在をプーケットで終えたとしても、
その後タイ国内にどこにでも行ってよいということになるのか?
現在のタイの状況を見る限り、自由な移動は望めないと思われますね。

現に、レッドゾーン発着の飛行機の運航はだめなので、
プーケットからバンコクへの移動は陸路のみ。
しかも、タイ全土で長距離バスは運休との情報もあり、
なかなか厳しい状況ですね。
タクシーという手もあるけど、値段がかなり高くなるかもですね。

プーケットサンドボックス終えた人が、
サムイへ移動してるケースはあるようです。
人数からしたら僅かですが。
サムイプラスは、条件もプーケットより厳しめですので、
あんまり人も集まらないのでしょう。。

いつになったら行けるやら。。。
ですが、状況の改善を期待して、待つ以外になさそうですね。

気になるのは、
プーケットに入る際に、
ワクチン接種済みでないと入れてもらえない点。
タイ入国が、ワクチン接種済みが条件にならないよう望みますが、
これまたどうなることやら・・・

タイ入国への道は、まだまだ困難を極めますね。。

watumon


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル 特設支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ロックダウン, タイ, プーケット, バンコク, ワクチン接種, サンドボックスモデル, サムイプラス, 県間移動だめ,



2021年8月

タイに行きたいが、まだ微妙ですね。いつになるか

久しぶりのブログ更新
タイに行きたいという悶々とした日々を過ごしてますが、
皆さまはいかがでしょうか?

今はタイも感染者が増加してしまい、
日本も増加中とあっては、
なかなか渡航に踏み切ろうとは思いませんね。

ワクチン接種済みの方は、
プーケットサンドボックスモデルなども使えます。
プーケット島に7日間いれば、サムイなど他の島に行くこともできて、
そこで7日間過ごすと、いわゆる隔離期間は終了して、
タイ国内を自由に移動できるようになるとのこと。
プーケットサンドボックス7+7サンドボックスエクステンション

ワクチン接種してない方は、
バンコクなどの隔離ホテルに14日間の隔離をするしかないです。
これは完全隔離で部屋から出ることはできません。。
検査の時が唯一の外の空気を吸える時??

上記、いずれの方法で今のところタイ入国は可能ですね。
ただし、
行くまでの手続きも大変だし、
たとえ隔離期間をなんとかやり過ごしたとしても、
その後のタイ旅行を順調にこなせるかは微妙なところ。
というか厳しいのではないでしょうか。

隔離を終えれば、
タイ国内を自由に移動できるというけれど、
タイ国内は夜間外出規制や飲食店の運営にも規制がかかっている県もあったり、
やってないお店も多数と聞きます。
もう閉店してしまったお店もかなりあるとのことです。

以前のお気軽タイ渡航のようなわけにはいきませんね。

いったいいつになれば元の状態に戻るのでしょうか??

現在、
日本とタイの間は、
タイ航空をはじめ、日本航空(JAL)、全日空(ANA)、ZIPAIR、
の各社が毎日のように運航中。

ZIPAIRなどは、貨物便が飛んでるのがFlightRadar24で確認できます。
日本とタイの間の貨物需要は旺盛のようですね。

搭乗するためには、入国許可(COE)や出発前72時間以内のPCR陰性証明、
隔離ホテルの予約確認書、10万ドル以上のコロナ対応の旅行保険の加入証明など、
様々な手続きをしなければなりませんが・・・
PCR陽性と出たら、すべての予定をキャンセルしなきゃならないので、
相当のリスクがありますね。
出発前は、自宅で大人しくしてるしかなさそう・・・

いつ行けるかわからないけれど、
頭の隅に入れておきます。

プーケットサンドボックスが開始され、
それにサムイ島も加わり、
やがては、他の都市もとなっていくことを期待しつつ、
今は見ているしかないですねえ。
せめて、隔離期間の短縮だけでもしてくれるとありがたいですが。。

チェンマイ ターペー門のとこのスタバ
ターペースタバ



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル 特設支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 隔離, ホテル, プーケット, 隔離なし, タイ, ZIPAIR, バンコク, チェンマイ,


2021年9月

タイへの入国後、国内移動はどうなっているか

コロナの陽性者がタイでもなかなか減らないですね。
一時は2万人超えてたけれど、
今は11000人くらいまでになりました。
まだまだ、かなり多い領域ですね。

入国関連は、
プーケットサムイへは、
ワクチン接種済みの人は、
いわゆる隔離なしでの入国ができて、
プーケットサンドボックスモデル
サムイプラス
などとネーミングされています。

プーケットは、到着時の検査で陰性であれば、
14日間は島内で自由に過ごし、
それ以降はタイ国内への移動は自由にできるというものです。
これに、7+7という仕組みがあって、
プーケットで7日間過ごした後、サムイに移動してさらに7日間過ごすことができるというものだそうです。
完全にリゾートですね。

サムイ単独の場合は、
最初の3日間は隔離で、それ以降は固定ルートでの移動は可能で、
自由に島内を歩き回ることはできないですね。

しかし、プーケットサムイへの入国には、
ワクチン接種済みという条件があります。

ワクチン打てない人はどうなるのか?
まず、バンコクへ入り、ASQホテルでの隔離14日間となります。
これは部屋に缶詰めで出ることはできません。
パタヤやブリラムの隔離ホテルも使えるみたいです。

部屋に缶詰めか、ある程度動けるかというのは実に大きな差ですね。

HISのホームページに、
タイ国内移動規制まとめ
というのがありました。
https://www.his-bkk.com/movement_regulation/

それによると、
県によってワクチン接種済みじゃないと、
入れないこともあるようで。。
今後は、ワクチン接種の有無でタイの国内での行動に制限がかかりますね。

チェンマイ、チェンライ、ナーン
などは、ワクチン接種してれば、
問題なく入県できるみたいですが、

ランパーン、スコータイ、ピサヌロークなどは、
ワクチン接種済みでも、
隔離が必要との記載がありました。

アユタヤ、カンチャナブリー、パタヤなどは、
通常通りに入県可能と。

県によっては、対応がまちまちだし、
コロコロ変わってくると思うので、
出掛ける前には、必ず確認が必要となりますね。

ワクチン接種してない場合は、
72時間おきに検査を受けて陰性証明を受ければよいとか。
ただ、これもどうなることやらです。

いざ、タイに行くとなっても、
いろいろと手続きが面倒ですね。。
時代は変わります。

上記の情報につきましても、
目まぐるしく変化しているので、
常に確認しておかないと、すぐに置いてきぼりになります。
確認必須!

チェンマイ市内大渋滞201711

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル特設支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワクチン, プーケット, サムイ, 入国情報, 接種, 隔離, 国内移動, 制限, タイ,