FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2011年6月
南インド3日目

さて、明日のカニャークマリへの移動は、ほぼバスということで決まりになりそうだったのですが、
ここへきて、また方向が変わってきてしまいました。
それは宿泊している、Hotel Chentoorに併設の旅行代理店から始まるのです。

その前に、我々は本日の晩のホテルがまだ決まっていないというか、
昨晩のチェックイン時に、もしかしたら1泊かもと言われていたので、
最悪の事態を想定し、近くのパークプラザホテルへ行きました。
狙いのSupremeは今日も満室でしたので、やむなくです。
パークプラザは、部屋も申し分なく、予想以上に良かったので、ほぼ決めようということで、一旦Chentoorに戻ると、ホテルのオヤジが「おめでとう!今晩も部屋はOKだ!」というではないですか・・・!
そうなると、もう動くのも面倒だなということになり、そのままにしようとなりました。
パークプラザは、良い部屋にもかかわらず、我々がすぐに返事をしないものだから、
あと1時間後に来なければ、他のゲストにこの部屋は譲るという条件を付けてきたので、それで承諾。
なので、泊まらないのなら、そのままほったらかしておけば大丈夫なのでした。
しかしなんか申し訳ないとも思いましたが・・・

そこでChentoorの代理店に行ったわけですね。
まずは、カニャークマリホテルSeaViewを予約してもらいます。
おそらくカニャークマリで一番良いホテルではと思われると我々は考えていたのですが、
やはりそのようで、けっこう値段が高いから他のホテルを紹介しようか?
と聞かれましたが、少々贅沢をしたい我々は、「SeaView only」ということで、予約をお願いしました。
もうカニャークマリで宿を探すのが面倒に思えてきての行動です。
仕方が無いと、そこの代理店の兄ちゃんは、TELでSea view Hotelを抑えてくれました。
それもTELだけして、後はメモのようなバウチャーを寄こして終わりです・・・
これで大丈夫なのだろうか?と不安になります。

ここで去ろうとすると、カニャークマリまで何で行く?という話になり、
バスで行くと答えると、バスは満員でとても疲れるし、おまけに荷物も盗られるかもしれない、
今はインドの旅行シーズンで、君たちの想像を絶する混雑だというわけです。
そこで、うちのホテルのタクシーを利用しないかと持ちかけてきました。
バスがそんなに混んでるわけ無いだろうと、私は訝しがり信用しなかったんですが、
連れがタクシーの楽な移動を大変気に入ってしまい、まんまと予約させられてしまいました。

結局カニャークマリまで、230キロの移動費用は2500ルピー。
高い、高すぎる・・・・だってバスだったら、1人100ルピーくらいでしょう。
これでも最初は3500だったのだが、このホテルに泊まっているということで、
安くまけて貰ってこの値段・・・
やはりぼったくられのかなあ・・・
ただ、ガソリン代が高いということはしきりに言っていたのであるが、本当なのかな?
とついつい疑ってかかってしまうのでした。
連れの顔つきが変わったのを見逃してくれなかったのです。さすがインド商人ですな。
まあ日本の物価なら、4500円で230キロをタクシーで移動と考えたら、かなり安いんですがね・・

つづく


関連タグ : タクシー, ホテル, カニャークマリ, ,

2014年8月
チェンマイ2日目

バンコクエアウェイズの機内食を味わっていると、
あっという間にバンコクからチェンマイに、
到着してしまいました。
PGの機体319


荷物は持ち込みにしてあるので、
ターンテーブルで待つことなく、
そのまま出口へ。

市内へはタクシーの利用が一般的です。
いつものように、
プリペイドタクシーのカウンターで、
ホテル名を告げて、120バーツ払おうとすると、
運転手に直接払うようにと言われました。
変わったのか、何なのかよくわかりませんが、
言われるがまま、紙に行き先を書いてもらって、
外へ出ます。

チェンマイ空港は、一旦建物の外に出ると、
中に再び戻るのはできないらしく、
ファランがそれをしようとして、ガードマンに制止されてました。
空港内でトイレなどを済ませてから、表に出るようにしましょうね。

さて、タクシーに乗るには、
タクシーカウンターで貰った紙の番号が重要です。
これに記載の番号で、自分のタクシーに呼ばれるからです。
ところが、いくら待っても、お昼の時間のためなのか、台数が少ないのか、
なかなか呼ばれませんね。
しまいには、タクシー案内している、おばちゃんの指示により、
全員が表のタクシープールへ。
ここで、やっと紙に書かれた番号のタクシーと出会えたわけです。
流石はチェンマイ
空港タクシーから、適当な緩いのんびりムードです。

沖縄を出てからかなり時間が経った感がありますが、
それでも、当初予定の時間通りにチェンマイに着きました。

予約してあるホテルは、
99ザ・ギャラリーホテル
最近できたばかりのようでしたが、
タクシーの運転手は、知っていましたね。

ものの、15分でホテル前に到着。
チェンマイ空港から市街地が近いので助かります。
やっとこさチェンマイに着きましたね。

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




関連タグ : チェンマイ, 空港, タクシー, 案内, ホテル,

2015年9月
4日目 バンコク

ドンムアン空港に戻ってきて、
また初日と同じように、アマリエアポートホテルへ向かいます。
今度は昼間なので、駅を眺めながら橋を越えていきます。
ドンムアン駅は対面式のホーム構成となっていて、
こじんまりとした駅なんですね。
フォアランポーン駅からここまで鉄道で来ることもできますが、時間が合わないことが多いでしょうか。

夕方にバンコクに着いたら、
ここから夜行列車でチェンマイに向かうこともできますね。
ただ、LCCが発達してますから、あえて列車を選ばなくてもよいかもしれませんが、
列車には旅情があります。
日本国内では、夜行列車がどんどん消えておりますので、
夜行列車の旅情を味わうのであれば、乗ってみる価値はあるかもしれません。。


アマリエアポートホテルに到着。
この10時の時間帯はチェックアウトする人が多いみたいで、
混雑してましたが、
フロントのお姉さんにアーリーチェックインできないか、
掛け合ってみると、喫煙の部屋でよければ空いているとのこと。
タバコは吸いませんが、この際仕方がありませんね。
了承してチェックイン。
なぜかデポジット1000バーツとられました・・・
まあ、戻ってきますけれどね。

エレベータで3階へ。
今回はグレードアップなしですので、普通の広さの部屋でした。
でも結構広いですよ。
眺望は、ドンムアン郵便局が見えるといういたって普通の景色。
中庭のプールが見えるわけではないので、
リゾート感覚はでませんね。ビジネス系といったところ。

このまま眠りたいところですが、
チャトチャックにて友人と待ち合わせしてますので、
荷物を置いて、さっさと移動しましょう。

また、ホテルから出て、また駅を跨いで空港へ。
この連絡通路は今回の旅で何回使ってるんでしょうか。
長そうで短い連絡通路。
しかし、空港直結ホテルはありがたいですね。




ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : アマリドンムアン, ドンムアン, ホテル, 空港, 夜行列車,

3月にバンコクとチェンマイに買付けに行くことは、
決定済みで今まさにその手配を進めてるところなんですが、
どこに泊まるべきか・・・・
といつも悩んでいるわけですねえ。
ということは、まだホテルも決まってない・・・ということなんです。はい。

悩むと言ってもそんなに深刻なものではなくて、
楽しみながら悩んでる感じなんですけれどね。

よさげなホテルやサービスアパートはないかねえ・・・・と
今回はバンコクに行った時にどこに泊まるかという経緯で話してみます。

まず、タイのバンコクには、空港が2つあります。
・スワンナプーム国際空港
・ドンムアン国際空港
スワンナプーム国際空港は2006年にオープンした新しい方の空港で、
ドンムアン国際空港は昔からある古い空港で、今はLCC専用ターミナルになってます。

今回は、LCC専用のドンムアン空港の降り立ちますので、
ホテル選びの候補としては、
空港から比較的近いエリアに立地のホテルを選ぶということが、
第一条件となります。

次いで、今回の渡タイの目的である買付けに出向く場所が、
サンペーン市場とチャトチャック市場の2箇所になるであろうという予想から、
その2つの市場に行くのに行き易いエリアのホテルを選ぶというのが、
第二条件となってきます。

さらに、買付け目的ですので、
なるべく宿泊費用の経費を安く抑えたいという思惑もあり、
予算の上限ラインを1泊7000円までで、朝食付き、というのを、
第三条件としました。

以上3つの条件を満たすホテルやサービスアパートは何処か?
ということで、日々悩みつつ、うなりつつ探し回っているわけですね。

この条件で行くと、かなり絞られてくるとは思いますが、
バンコクも大きな大きな街ですので、
なかなか定まりませんね。

候補としては、
・プラトゥナム
・シーロムかサトーン
・サイアム
・フォアランポーン駅
などが線上に浮かび上がってきます。

次回は、
またひとつひとつ見ていきましょう。
今日はこのあたりで。

モーチット(チャトチャック市場)とサンペーン市場の位置関係↓




Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。
http://blog-imgs-88.fc2.com/n/a/n/nanginet/20160111223136188.jpg" alt="トリップアンクル縮小版" border="0" width="204" height="90" />">トリップアンクル縮小版


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ドンムアン, スワンナプーム, LCC, ホテル, サービスアパート, チャトチャック, サンペーン,

2016年2月のこと

さて、バンコク買付けの日が迫る中、
なかなかホテルを決めることができないでいる、
Tripuncleの代表ですが、
これでも、この状況を楽しんでいるんですよ。

さてエリアもだいぶ絞られてきましたので、
あとは、シーロムエリアあたりでも検討してみますか。
ということでアゴダのサイトを見て探します。

アゴダのサイトを開いて、
地図から探すと自分は探しやすいですね。
で、料金を見て、口コミ見て、部屋の写真見て、立地考えて・・・
と進めていきます。

そんな風にしてネットサーフィンしてたら、
シーロムになかなかいい感じのホテルというかサービスアパート発見。
バーン シーロム ソイ 3 (Baan Silom Soi 3)
ここなら立地もよいのでと思ったのですが、
やはり、買い付けでチャトチャックなどに出かけるとなると、
ちょっと遠いのかなあ・・・面倒くさいことになるかなあ・・・
という考えが頭をもたげてきますね。
サービスアパートでお構いなしな感じで、非常に気軽に滞在できそうなんですが、
今回は見送ることにしましょうか。

となると、
戦勝記念塔の付近しかないのじゃあないですか??
と突っ込まれそうですが、
まさにその通りですね。

ドンムアン空港からすぐに来れるし、
チャトチャックへはBTSで一本です。
サンペーンへは204番バスを使えば行けそうな感じです。
うーん、じゃあ戦勝記念塔付近でもう一度探しなおしますか・・・

結局、決めきれずに、
どこに泊まるのがよいか??バンコク編その4で終了になりそうです。

3月の買付けの様子も、ホテル含めて書いていきますので、
どこに泊まったかは、その時までのお楽しみですね。

バンコクでもどこでも、ホテル選びは楽しいものです。
昔、あちこち旅していた頃は予約なしで現地に着いてから探していたものですが、
今は年齢や体力もあるし、インターネットがこれだけ普及してるので、
予約しておいた方が楽・・という考えにいってしまいますね。

年々旅のスタイルも変化していくものです。
今は楽にゆったり構えて旅したいなあ。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。
http://blog-imgs-88.fc2.com/n/a/n/nanginet/20160111223136188.jpg" alt="トリップアンクル縮小版" border="0" width="204" height="90" />">トリップアンクル縮小版


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : ホテル, バンコク, 予約, バーン, シーロム, ソイ, 3, アゴダ,

2016年3月
タイへ
1日目

IT505便のタイガーエア台湾は、遅れることなく、
ほぼ定刻通りにバンコクのドンムアン空港に到着してくれました。
やれやれ。

ボーディングブリッジに接続されて、
空港内の建物に入る頃には、
ドンムアン空港の独特な空気と雰囲気を肌で感じ、
そしてがっちり効いたエアコンの冷風と、
タイの生暖かい空気が絶妙に交じり合った空気を吸い込むことで、
「ああ、タイにやって来たんだ」と認識できます。

スワンナプーム空港ができる前は、
ここドンムアン空港がバンコクの玄関口だったので、
初めてバンコクを訪れた時から、何度利用したことでしょうか。

そしてLCCの台頭で、再びドンムアン空港が復活し、
自分も利用することになるとは・・・
なんとも面白いものですし、
私は、このドンムアン空港の空気も好きなので、
ここに来ると、懐かしさと相まって、テンションも上がるんですよね。

イミグレはそんなに混雑はしてませんでしたが、
その付近には、
ビザ待ちの方々が大勢おりまして、それはそれは賑やかでした。
これもいつもの光景になっていますね。

それと、タイの入国時には、入国カードがありますが、
この入国カードに、ホテル名とかタイの居場所を記入する欄があります。
そこにホテル名と住所を書かないと、
その場でいろいろ聞かれたり、記入を求められるという情報がありましたので、
今回は、
宿泊ホテル名と住所を書いておきました。
今までは、ホテル名だけ記入でよかったんですけどね。

列を見ていると、
やはり記入がない人は、その場でいろいろ聞かれたり、
なんだかんだ、すったもんだしてましたが、
自分の番が来てみると、何も聞かれなかったので、
今後は、ホテル名&住所の両方を記入をした方が無難ですね。

税関はフリーでスルーして、
いよいよタイへ入国。
ドンムアン空港到着荷物


ここからは、
本日の宿泊ホテル、Bizotel Bangkokへ向かいます。
場所は、BTS戦勝記念塔駅に近い、ソイ・ランナムにあるので、
A2バスを使うか、タクシーか、悩んでおります。
現在時刻は19:35。A2バスは20:00発らしいです(係りの方が言ってましたが、どうかな)

その前に、ドンムアン空港内の郵便局の営業時間をチェックしましょう。

つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : ドンムアン, 入国, イミグレ, カード, ホテル, 居場所, Bizotelbangkok, タイガーエア台湾, LCC,

2016年3月
タイへ
5日目

さて、連れの指が痛くて化膿した件ですが、
損保ジャパン日本興亜の海外旅行保険のおかげで、
なんとキャッシュレスで、現地でお金を立て替える必要なく、
治療を受けることができました。

以前にバンコクでは、
何度も病院のお世話になっていましたが、
チェンマイでも日本語の通訳付きの病院に行ってしまいました。

やはり、海外旅行保険は入っておくべきです。必須ですね。
クレジットカード付帯のものだと、
手続きがもう少し複雑かもしれないのですが、
クレジットカードの保険は使ったことがないので、
よくわかりません。

指も治療してメスを入れた部分は、麻酔が切れる頃には、
再び痛みが出てくるとのことだったので、
今日の買い付けは、ここまでですね。

でもせっかくなので、
すぐ隣にあるカードスーアンケーオに立ち寄っていくことにしました。
徒歩で5分ほどで、カードスーアンケーオに到着。



時間も夕方17時くらいになっていたので、
ちょっと早めの晩御飯。
トップススーパーに併設のフードコートがあるので、
ここで簡単に済ませました。

あとは、うろうろとモール内を彷徨いましたが、
買い付けの収穫はなし。(結局探してる・・・)
日本へのお土産を少し購入。
こういったスーパーで売ってるタイのお菓子とかって、
珍しいので喜ばれることが多いですので。。

お菓子の味も、甘いものであれば、
少し砂糖の量が多いかなという程度で、
美味しいものも多いのです。
ただし、好みによりますので・・・
ちなみに私は、超甘党です。

その後は、ウロウロ探検もしてましたが、
連れの指の麻酔が切れる頃になってきたので、
ソンテウにてホテルへ引き上げることにしました。

カードスーアンケーオに併設のホテル
ロータスパンスーアンカオホテルもあるのですが、
どうなんでしょうね。
カードスーアン



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : カードスーアンケーオ, フドーコート, トップス, チェンマイ, ホテル, ソンテウ,

2016年3月
タイへ  
8日目

チェンマイからV-Air台北に到着。
イミグレを通って一旦台湾に入国します。

チェンマイからのV-Air ZV10は、
定刻よりも早めに台北桃園空港に到着。
時間にして午前2:00。
さすがにこの時間のイミグレはガラガラでしたね。

イミグレでは、
乗り継ぎ(トランジット)である旨告げると、
次の飛行機までどこにいるの?
と係官に聞かれました。

「いや、ここの空港で眠っておくけれど・・・」
と答えると、
その係官は、ホテルは取らないの?大丈夫?
みたいな顔をしてましたけれど。

とは言っても、
たかが8時間で市内まで出たり、
わざわざ空港近くのホテルまで行っても、
実質的にホテルにいる時間なんて、
4時間くらいなんじゃないですかね。
なので、予約はしなかったんです。

空港近くのホテルで、
時間で部屋貸ししてくれるのがあれば・・・
なんて思いもしましたが、
そんな都合のよいものは見つからず・・・

帰りのこの時間に、台北に着いて、
夜明かししなきゃならないというのが、
ずっと引っかかっていたんですが、
今回は、まず試してみよういうことでやって来たわけです。

第一ターミナルの到着ロビーに出てみると、
深夜だというのに、
まずまず人の流れはあるものなんですね。

まずコンビニで調達しつつ、
場所を探さねばなりませんね。
さて、どうするか・・・


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 台北, 桃園空港, 仮眠, ホテル, V-Air, 深夜,

2016年3月
タイへ
総括編 その2

前回は、飛行機でどうやって沖縄からタイへ行っているか。
という話を書きました。
LCCを活用して、行っているという話でしたね。

で、今回は、どこに泊まったのか。
ということですね。

バンコク ビゾテルバンコク
チェンマイ アルテハウス 1泊とリンピンビレッジ に2泊とレイトチェックアウト
ですね。

バンコクのビゾテルバンコクは、予想以上によかったホテルですね。
BTSの戦勝記念塔から徒歩10分くらいと、少し歩きますが、
このホテルの周辺には、
屋台、レストラン、コンビニ、タイマッサージ、
と何でもそろっていますので、
まったく不自由はありません。
朝食も付いており、
これがまた卵まで好みの焼き方で焼いてくれるサービスまであり、
他の食事の内容も、満足できるものでした。
散々迷って決めたホテルですので、してやったりという感じです。

チェンマイの2軒ですが、
まず、ArteHouse。
普通のお宅にお邪魔してるような・・・
いわば民宿のタイ版みたいなノリでしょうか。
朝食は付いてませんが、
目の前の直営カフェでいただくことができ、
これがなかなかの量で、コーヒーもなかなか美味しかったですよ。

次に、リンピンビレッジ。
予想通りの全く期待を裏切らないホテルでしたね。
TripAdvisorの書き込みの通りでしたが、
良いのは、スタッフの距離感ではないでしょうか。
しつこくなく、それでいてちゃんと見てるな。という印象ですね。
プールもあるので、庭でくつろぐことも可能。
しかし、ナイトバザーからは少し距離があるので、
出歩きまくる人には不向きかもしれませんね。
日中も静かにホテルでのんびりしたい人には、最高のホテルでしょう。
すぐ近くに、ローカルな市場もあるし、
リンピンスーパー(高級スーパー?)もあるので、
買い物には困らないかもですね。

と、まあ、総括を簡潔に述べてみました。
次にチェンマイやバンコクに行くときは、
また、違うホテルに泊まるかもしれないですが、
それはそれで、レポートします。

以上で、2016年3月のタイ買い付けレポートは終了します。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ホテル, LCC, チェンマイ, バンコク, ビゾテルバンコク, アルテハウス, リンピンビレッジ, ナイトバザー,

2016年9月

またしても仕入れでバンコクに行く話。
かなりのハードなスケジュールにつき、
あちらに着いてから、ゆったりとホテルを探すということは、
やってる暇がないので、
本当は、そうゆうドキドキした旅もいいんですが、
今回は、見送っておきましょう。

というわけで、
まもなく出発のタイへの買い付け(仕入れ)の旅となっておりますが、
ホテルはすでに予約済となっていたんですが、
私の悪い癖で、今の値段はどうなってるんだろう??
とついつい調べてしまうのですねえ。

で、結果を見ると、
前に予約した時よりも、今予約したほうが安い・・・
という事例を発見してしまいましたとさ。

宿泊予定の、BizotelBangkokというランナムにあるホテルですが、
1ヶ月前にagodaのサイトで予約した時よりも、
今予約した方が、3000円安くなってました。

Bizotelbangkok


3000円といえば、タイバーツにて約1000バーツ。
この1000バーツは大きいですので、
早速、前の予約はキャンセルとして、
新たに取り直しをしました。

今回予約したのは、「返金不可」というものですので、
いかなる理由があってもお金は返ってこないのですが、
もう直近ですし、
運良く前に予約したのが、3日前までキャンセル無料というタイプの部屋でしたので、
もう行くことは決まってるんだし、今しかない!
ということで、予約取り直しを敢行しました。

でもね、
ちょっと怖いのが、
同じ日に、同じ名前の人が、記録を動かしているんですから、
何かの間違いで、予約が入っているにもかかわらず、
予約されてない=部屋なし⇒交渉・・・
という事態にはなったりしないよねえ・・・ということです。

タイであるだけに、
あってもおかしくないような内容なんですが、
まあ、もう支払いもクレジットカードで払ってしまったし、
信用するしかないですねえ。

あとは、ホテルに到着してからのお楽しみ・・・
ですね。
結果は、もちろん、大丈夫だったかどうか?
このブログで帰国後に書いてみたいと思います。

さてさて、渡航の準備を進めなきゃね。

ビゾテルバンコクホテルはこちら↓
                 BizotelBangkokどんな?


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




関連タグ : agoda, 予約, 取り直し, バンコク, キャンセル, 安い, BizotelBangkok, ホテル,