FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2016年2月24日

バニラエアからニュースがありました。
近い将来に、以遠権を活用して、
台北からタイベトナムへ就航するというではありませんか。

以遠権というのは、
簡単に言うと直行する2国間以外の第三国へも営業飛行できますよ。というもの。
バニラエアの場合は、
成田から台北桃園へ飛んで、
その後は、すぐに成田へ引き返してますが、
そうではなく、さらに、ベトナムホーチミンや、タイバンコクへと、営業飛行を行う。
台湾からのお客さんも集客すると。
これが、以遠権の活用ですね。

もし、これが本当に実現するのであれば、
沖縄からタイへ行く道がまた一つ増えることになり、
非常にありがたい話です。

現在、
台北までは、沖縄からピーチを使って入るとして、
そこから先の選択肢としては、
VairかTigerAirくらいに限られてましたからね。
ここへバニラエアが入ってくると、
さらに競争が加速して、
運賃が安くなる可能性もあります。

ベトナムへは、
べトジェットエアが台北から飛んでるようですが、
HP見ても路線が何故かでてきません。
台北国際空港のHP見ると、運航してるような・・・
なんだかよくわかりませんが、
台北-ベトナム間もこんな状況なんで、
バニラエアが打って出てくると、面白いことになってきそうな予感もあります。

バニラエアは、レジャー路線をメインにしているようで、
奄美大島へも就航して、旅客数も順調に推移とのことで、
期待できそうですね。

欲を言えば、
Vairが、台北から沖縄へ就航してくれたらいいんだけれどねえ。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : バニラエア, Vair, タイ, ベトナム, ホーチミン, バンコク, ベトジェットエア, ,

2016年7月

まだ少し先のニュースですが、
LCCのバニラエアが、
台北-ホーチミン路線に就航します。
就航時期は、今年9月14日から毎日運航。

VW-SGN
バニラエアのサイトより引用

これは画期的なニュースですね。
何故画期的がというと、
それは、
以遠権を用いているということ。
それと、日本のLCCとしては初の海外路線であるということ。
の2つがあげられます。

以遠権というのは、
各国が航空協定を結ぶことで2国間での運航が原則になるが、
さらに、第3国への運航もして良い権利のことであって、
簡単に言うと、経由地から第三国への運航が可能、
すなわち、日本の航空会社なのに、
海外発⇒海外行きのフライトが営業運航できる。かな。

バニラエアはこの以遠権を活用してるんですね。

以前は、日本の航空会社は、
日本航空が、
成田-バンクーバー-メキシコシティ
成田-ニューヨーク-サンパウロ
などの区間を運航してましたが、
撤退してしまったので、
久しぶりに日本の航空会社が以遠権を活用することになるのですね。

沖縄からでも、
バニラエアの活用で、
台北での乗り継ぎでベトナムのホーチミンへ行くことができます。
台北-ホーチミン間には、
ベトジェットエアというベトナムのLCCも就航してますので、
選択肢が増えたことになりますね。

今後の旅に取り入れていきたいものです。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : バニラエア, LCC, 以遠権, 台北, ホーチミン, 日本航空, 乗り継ぎ,