FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2017年3月から4月
タイ買付けへ
9日目

ゴールデントライアングルの観光は終了したので、チェンセンに向かうことに


夢にまで見たゴールデントライアングルですが、
観光してる時間は、ものの1時間くらいですかね。
この3角地帯が見れれば、もう満足です。

その昔は、この地帯は麻薬の密輸の基地となっており、
危険だと言われておりましたが、
今はそんな空気はまったくなし。
のんびりとしたものです。
夜になると、ちょっとわかりませんけれどね。

さて、ゴールデントライアングルの観光も終わったので、
チェンセンまでいったん向かおうと思って、
ロットゥー乗り場へ。

さっき乗ってきたロットゥーの時刻表があって、
1時間おきに走ってるみたいなんですが、
まったく来る気配はありません。

そういや、さっきのロットゥーの運転手は、
最終のバスは16:00と言っていたっけ。
とすると、16:00までは来ないということ?
うーん、ここはタイだからあり得るな・・・
この時刻表はそもそも活用されてないのかもしれない。
使われてないダイヤの時刻表なら下げればいいのでは?

謎のロットゥー乗り場
この写真からして、ここに時間通りにロットゥが来るか、
甚だ怪しい感じしますよね。

などなど、いろんなことが頭をよぎりますが、
しかしここはタイですからね。
逆に考えると、ゴールデントライアングルまで、ローカルな手段で来る人は少ないということの現れですかね。
観光バスはやたらとやって来ては、
どこか次の目的地へ去っていきます。

こうなってくると、、
ロットゥーはあと3時間は来ないということから、
道に出てソンテウを拾うことにしましょうか

ブルーのソンテオが、さっき通っていたような気が・・・
しかし、そんなに頻繁にソンテオは走ってるんだろうか・・・?

道に立って、
いつ来るかもわからない、本数も時刻表も不明な、
チェンセン方面のソンテオ待つこと20分。
来なかったら、16時のロットゥか・・・・などと考えてると、
おっ、ブルーの車体のソンテオが・・・

よかった!
ようやくやって来ました。
合図して停車してもらい、チェンセンへ行くことを確認して乗車。
まあ、この方向ならば次の町はチェンセンなので、途中で止まることはないと思うのですが、念のため。
どうやら、メーサイとチェンセンを結ぶソンテオのようです。

先ほど来た道を戻り、
チェンセンまでノンストップでメコン川沿いを走行、
20分足らずで着きました。
他の乗客は、おばちゃん一人と、大量の野菜。
我々をチェンセンの市場の前でおろすと、どこかへ走り去って行きました。
納品かな?
ソンテオ車内

こうして、とりあえずチェンセンの街までは来ることができました。
これで何とか、チェンライに戻れそうですね。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ゴールデントライアングル, ロットゥ, 密輸, 危険, ソンテオ, メーサイ, チェンセン, 観光バス, ローカル,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
9日目


チェンセンの街とは。。。メコン川の対岸はラオスで、イミグレもありました。


ゴールデントライアングルから、
運よくメーサイから来たソンテオを拾うことができて、
チェンセンの街までやって来ることができました。

ここまで来れば、
1時間に1本は、チェンライへのバスが出発してるので、
もう安心ですな。
最終バスを逃さなければ大丈夫というわけです。

そこで、ちょこっとチェンセンを散歩。
しかし直射日光が照り付け、そんなに長時間は無理と判断して、
チェンライ行きのバス停から、メコン川の川岸までと、
チェンセンのローカルな市場の2か所を散策。
チェンセン1

チェンセンにもイミグレーションがあって、
ラオスへの船が出ているみたいです。
我々外国人はこの船に乗ってラオスに入国できるかは不明ですが、
たぶん無理でしょうな。
タイ・ラオス間の国境は決まったポイントでしか、
通過はできないはず。(ノンカイ-ビエンチャンなど、いくつか)
チェンセン3

ちょうど船が1艘出てラオスに向かいました。
地元の人を乗せているんでしょうね。
このメコン川の向こうがラオスということで、
川を眺めてると不思議な感覚がしてきました。国境とはこんな感じかと。
川の反対側はラオスですからね。
この川1本で、経済的にも差が出ているなんてねえ。

この辺りは、メコン川の貿易が盛んで、
中国からも船が来てるとか・・・
ただ、どのボートがそれなのかは、見当がつきませんね。
もし、船でメコン川を中国方面へ行くのなら、
結構、危険を伴うのかなあと、山賊とか出そうですよね。。怖い怖い。
チャレンジなんてしない方がいいですよ。ほんと。

そんなメコン川を見学してから、
チェンセンの市場へ行きました。
ただのローカルな市場ですね。
チェンセン2


バスが発着するあたりは、
一番栄えてるのでしょうかね。
コンビニにスーパーに銀行に市場と、一通りはそろっています。
屋台もあったので、
ここで腹ごしらえをしてから、
チェンライ行きのバスに乗ることにしましょうか。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ゴールデントライアングル, ソンテオ, チェンセン, メーサイ, チェンライ, 市場, ラオス, イミグレ, メコン川, 国境,