FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2014年8月
チェンマイ2日目

99ザギャラリーホテルにて、少し仮眠した後、
サタデーマーケットを目指します。

チェンマイでは、
土曜日はサタデーマーケットを、ウアライ通りにて。
日曜日はサンデーマーケットが、ラチャダムヌン通りにて、
それぞれ行われておりますので、
2日間、露天の市を楽しめるのでした。
これもチェンマイの魅力の一つに数えられましょう。

ウアライ通りへは、ソンテウにて移動します。
場所はチェンマイ門の少し下側にあたるので、
ワットプラシンの近くである現在位置から、徒歩で行けないこともないですが、
疲れから、ソンテウでの移動となりました。

どうせ、マーケットでは歩かねばならないわけだし・・・

チェンマイソンテウは、非常に便利で安いですから、
ぼったくりの心配もないし、
というわけで、流してくるソンテウを捕まえました。

サタデーマーケットと運転手さんに伝えると、
どうやらそちら方面へ向かうようでしたので、
荷台に乗り込みます。
これに乗ると、タイにやって来たなあ・・・
と言う感じになりますね。

ソンテウは走り出し、チェンマイ門方面へ向かっていきます。
チェンマイの土地勘もだいぶついてきたので、
だいたいどの辺りを走っているかわかるようになってきました。

途中から、中国人らしき家族連れが乗り込んできました。
どこへいくのでしょうか。
たぶんサタデーマーケットだろう・・・

やがて、サタデーマーケットの出口(チェンマイ門とは反対側)に到着。
我々は、40バーツ(2人分)払って下車。
中国人と思しき方々も、最初乗っていましたが、
やがて運転手さんと一緒に降りてきました。
「ここサタデーマーケット?」と聞いてきたので、そうだと答えました。

運転手さんも流石に中国語はわからない様子で困ってましたね。
もちろん日本語もわからないですが・・・
中国人の観光客が増えてきたなあ。。と思いました。
それは、マーケットに入ってさらに、よくわかることになります。

それにしてもこのソンテウの運転手さん、
気を利かしてくれたのか、
サタデーマーケットの出口側へ回してくれました。
これは後で気が付いたのですが、とても助かりましたね。

CNXサタデー



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : チェンマイ, ソンテウ, サタデーマーケット, ウアライ, サンデーマーケット, ラチャダムヌン,

2014年8月
チェンマイ4日目

ラチャダムヌン通りをブラブラと歩きながら、
暑さにもだるくなってきたころ、
ようやく、タマリンドヴィレッジの入口に到着しました。

今まで何度もこの前を通り過ぎて、
いつか泊まりたいと思っていたのですが、
ついに実現しました。

この竹のアーチをくぐって、
いよいよホテルの敷地内へ入ります。
今日は宿泊なのですから、堂々としたものです。
タマリンド1

荷物を持って入っていくと、
係りのタイ人がやって来てチェックインか確認してくれ、
チェックインです」と伝えると、
すぐに空いているソファに座らされ、
冷たいウェルカムドリンクとおしぼりを用意してくれました。

我々が暑い道路を大汗かいて歩いてきたことを、
わかっていたのでうか。
気が利いています。
さすがは、よいホテル、かゆいところに手が届くとはこのことでしょうか。

あとは、パスポートならびにエクスペディア経由で予約した、
ホテルのヴァウチャーを渡すと、
ほとんどの手続きをしてくれました。
最後に、クレジットカードの確認をして、順調にチェックイン完了。

しかし、早く着きすぎたので予想通り、
部屋の準備は14時以降になるとのこと。
それまで荷物を預かってもらうことにしました。

無料でできる、10分間タイマッサージのチケットをもらったので、
早速スパにお試しにいくことにしましょうか。
タマリンド2



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : タマリンドヴィレッジ, チェンマイ, マッサージ, チェックイン, ラチャダムヌン,