FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2017年3月から4月
タイ買付けへ
9日目

チェンライ2日目は、ゴールデントライアングルまで足を延ばします。行き方は・・


2日目は、ちょっと遠出してゴールデントライアングルまで行ってみることにしました。
しかし、結構遠いですよ。


タクシーチャーターか、日帰りツアーに入るのが最も簡単なんですが、
それじゃ面白くないので、
公共交通機関を使って行くことにします。

まずは、ホテルからチェンライバスターミナルへ歩きます。
5分くらいで到着しました。

今はバスターミナルは改築中とかで、
ただの砂利の広場がバスターミナルになっており、
その脇にはテントを立てて、
その下で出発を待つ乗客が休んでいるという状態です。
さらに、掘っ立て小屋みたいのが、バスのチケットオフィスになっているんですから、
どこかの田舎のバスターミナルに来たような感覚に陥りますますね。
ここはどこだろう??
チェンライは、もう少し大きな町だと思うんだけれどな・・・
という感じですね。

事前にいろいろ調査しておいた結果として、
朝であれば、直通のゴールデントライアングル行きおロットゥーが出ている、
それも朝の9:00前後という情報を得たので、
行きはロットゥーを利用。

帰りはチェンセンという町まで出れれば、
チェンライ行きのノンエアコンバスが1時間に1本はあるとの情報をこれまた得たので、
帰りは、どうにかソンテウでも使って、
チェンセンに出ようという作戦で行くことに。

かくして、ロットゥーは待っているか。。。
広場を見回してみますと、
居ました、いかにもそれらしいロットゥーが・・・
事前に確認していた、緑帯を巻いたハイエースのバンが居ましたね、、
近づいて運転手に確認してみますと、やはり当たりでした。
車体にもゴールデントライアングルと書かれてるので、間違いないでしょう。
「ゴールデンに行くの?」と運転手はやや省略して聞いてきましたね。
ゴールデン行きの車両


時間にして8:50頃。
これで行きは、まっすぐゴールデンまで行けそうです。

車内は、地元の人と何名かのツーリストを乗せて、
9:00過ぎくらいに出発となりました。

まずまずの出足ですよ。今日は楽しい1日になりそうです。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ゴールデントライアングル, バスターミナル, 改築, ロットゥー, バス, 小屋, チェンライ,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
9日目

ゴールデントライアングルへのロットゥーは、立客も出る盛況ぶり。。。チェンセン経由で

9:00過ぎにほぼ満員で出発のロットゥーは、
どんどん北上して、
途中でお客を乗り降りさせながら、進んでいきます。

空港の近くも通過し、
1号線から1016号線に入り、チェンセンを目指します。

驚いたのは、
ロットゥーは言わば、
ハイエースのロングタイプに座席を19席設けた、すし詰めタイプなんですが、
このロットゥーは路線バスの意味合いも兼ねていて、
途中で19人以上になっても乗客を拾うのです。
ゴールデンロットゥ車内


となると、車内では当然立客もでるということに、
すし詰めハイエースですから、立てる部分なんてほんとにわずか・・・
かわいそうなことに、
途中から、老夫婦が乗ってきて、
端の一人掛け座席に座っていた軍人さんが、席を譲ることになってしまいました。
ロットゥーの立客って、初めてみました・・・


今日はツーリストが多いせいか、
いつもと座席の需要が異なったのかもしれませんね。
こういう田舎のバスは、ツーリストが乗ると邪魔しちゃうこともあるのかな・・・

運転は安全運転でして、
そんなに飛ばすわけでもなく、ごく普通に走行してくれました。
1016号線は、片側2車線の立派な道路ですが、
周囲の風景は、畑ばかりの穏やかな景色が続きます。

ようやくチェンセンに到着して、
乗客の大半が下車しました。
ここまで1時間20分くらいかかりました。

チェンセンはメコン川沿いの町。
ゴールデントライアングルまでは、メコン川沿いを遡るイメージですね。
何もないメコン川沿いを20分くらい進みます。
途中、メコン川の対岸のラオス領には、立派なカジノが見えました。
おそらく中国資本で作られたものでしょうね。

ゴールデントライアングルの駐車場に到着しました。
時間にして、チェンライから1時間40分くらいでしょうか。。
予想以上に時間がかかりましたね。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ゴールデントライアングル, ロットゥー, ハイエース, バン, 19人, 立客, バス, 乗り合い,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
9日目

チェンライからゴールデントライアングルへの行き方 まとめ

チェンライ市内からゴールデントライアングルへの行き方をまとめます。

1 チェンライの市内にあるバスターミナルから、
ロットゥーを利用して、ダイレクトにゴールデントライアングルへ行く。
この方法が一番簡単です。
50バーツ。9時頃に発車。
ただし、帰りは、16:00ゴールデン発の1本しかないかもしれません。あれば大助かりだけれど、未確認。
自分たちは、ボロボロの時刻表に書かれている、
ロットウーには巡り会えませんでした。
帰りも、素直に16:00のロットゥーで帰れば、楽です。
ただ、現地で時間を持て余すかもしれません。
ゴールデン行きロットゥ


2 チェンセンまでローカルのノンエアコンバスに乗り、
チェンセンから、不定期と思われるソンテオに乗って、ゴールデントライアングルへ行く。
一番時間のかかりそうな方法ですね。
まず、チェンライ市内のバスターミナルからは、2時間かけてチェンセンへ。
で、おそらく市場の近辺にいるであろう、
青色のソンテオ捕まえて、ゴールデントライアングルへ行くというもの。
接続がうまくいけば、2時間半から3時間くらいでゴールデントライアングルへたどり着けるはず。
バスが、37バーツ。ソンテオが20バーツで、合計57バーツかかります。
時間がかかる上に、暑いのに、ロットゥーより高い・・・
本数は多いので時間の融通は利くけれど、体力を消耗しそうな手段です。
チェンセンバス停



3 調べてはいないけれど、ツアーかタクシーチャーターで行く
ツアーとなると、日本語ガイドかわかりませんが、結構値段がはるかもしれません。
タクシーチャーターでも、距離考えると、結構しそうですね。
因みに、GlabTaxiのアプリがチェンライ市内でも使えるので、
試しに呼んでみて値段交渉してみてもいいかもしれませんね。
タクシー使えれば、値段は上がるけれど、エアコン付き涼しいし移動は楽かと思います。
交渉力が必要になりますが・・・


と、簡単にこんな感じでしょうか。

さすがにタイ北部の秘境だった場所だけあって、
交通手段もワイルドですね。
今回の我々のように、行きはロットゥーで、帰りはバスがよいかもです。
ただし、現地での交通手段はないに等しいので、
ゴールデンからオピウムホールとかもっと奥地へ行きたくなっても、
ソンテオだけしかないから、厳しいですね。
あくまで、ゴールデントライアングルの地域、メコン川の3国交わり地点だけ見れればOKという人向けです。

いろいろとご検討ください。
旅はあれこれ検討してるときも楽しいですからね。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ゴールデントライアングル, ロットゥー, タクシー, バス, チャーター, ツアー, オピウム博物館,