FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年3月
チェンマイ3日目

ワットプラタートドイステープの見物を終わり、
待ってもらっていたソンテウと、
無事に落ち合えたので、やれやれです。

また山を下ってチェンマイ市街地に戻り、
今度は次なる目的地である、
ワット・ウモーンへ向かいます。

もと来た道を、今度は山を下りながら戻ります。
途中で、おそらくチェンマイ市街地へもどるであろう、
乗り合いソンテウを抜かしていきます。
結構な人数が乗っていましたよ。

チェンマイ大学あたりまで戻り、
運河沿いに少し南へ進んだあたりに、
ワット・ウモーンはありました。

周辺は住宅もいくらかあり、
この道沿いの本当にお寺があるのかいな?
とも思いましたが、
到着してみると、
なるほど、森の中っぽいお寺ではありませんか。
watumon2

このお寺、ワット・ウモーンは、
トンネル寺と言われていて、
トンネルの中に仏像が安置されていて、
主に瞑想を行うお寺のようです。

いざ、内部に入ってみると、
ひんやりとしていて、
ちょっと違う空気を感じますね。

次は、ワットウモーンの内部について書きますね。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワットプラダートドイステープ, ワットウモーン, ソンテウ, 瞑想, お寺,

2013年3月
チェンマイ3日目

山から下りてきて到着した、
ワット・ウモーン。
別名をトンネル寺とでもいうのでしょうか。

このお寺は、それほどメジャーでもないらしく、
お参りに来ている人もそれほど多くはなく、
来ていても地元のタイ人ばかりという様相でした。

外国人ツーリストは、
あんまり来ないようでしたね。

さて、靴を脱いでトンネル内部へと入っていきます。
とはいっても、しっかりと電灯で灯されていますので、
懐中電灯などは必要ございません。

井形に掘られたトンネルのあちこちの突き当たり部分に、
それぞれの仏像が安置されていました。
一つの仏像の前でお決まりのように、坐禅してみます。
watumon

非常に気分がいいですね。
ここのお寺は、なんだか自分の感覚の中で、
チェンマイに来たら、どうしても訪れたいお寺の一つでしたので、
来てみた感想は、やはり落ち着いた気分でいられるというものでした。
念願叶ったので満足。

境内のトンネルを抜けると、裏側へ出られます。
しかし、裸足のため、痛いのと、地面が暑いのとで、
あまり長い時間は無理でしたが、
裏側からこのお寺を眺めてみると、
トンネル寺であるということが、
立体感覚的によくわかりました。

気に入った仏像をひとつ。
watumon3


なんだか、こうした仏像を見ていると、
見ているだけで、
落ち着いた気分になれますね。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ワットウモーン, トンネル, 仏像, 立体的, チェンマイ,

2013年3月
チェンマイ3日目

ガートスーアンケーオは、セントラルデパートが入ってるんですが、
建物自体は古いようで、
かなり年季が入っているようにも、
見受けられます。

今日は土曜日とあって、人が多いです。
東京堂書店も入っていますので、
念のためそこに行ってみましょう。

東京堂書店は、バンコクにもありますが、
日本の書籍を扱っているので、
希少価値はありますね。
ただ、本自体の値段は日本より高めの設定です。
まあ、持ってきてるんだから、当たり前ですよね。

ここで、ワットウモーンが出している、
1冊30バーツの小冊子をゲット。
ターニングポイント(人生の転換点)というものでした。
読み込んでみたところ、
生き方の本質みたいなものが、垣間見れました。
やはり、ワットウモーンは面白い。

一通り、ガートスーアンケーオの内部を見終わったところで、
フードコートでお茶。
ラムヤイジュースを・・・
日本語で龍眼というものですが、
このジュースがとことん甘いのです。
少し氷が溶けるのを待ってからとも思いますが、
エアコンががっちりと効いていて寒いくらいなので、
氷も溶けません。

まあ、表は暑いでしょうから、
ここでじっくり涼んでいくとしますか。
ソンテウでナイトバザーまで戻ることにしましょうね。

リンカム交差点からの、
フエイゲーオ通りの散歩は一旦終了です。
何やら工事中の建物があるリンカム交差点↓
リンカム交差点



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ラムヤイ, 龍眼, ガートスアンケーオ, ソンテウ, ワットウモーン,