FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年3月
チェンマイ2日目

先日書いた、KALDIは、日本にあるカルディーと関係があるのか、
よくわからずじまいですが、
今日は、そこで食べた、カオソーイについて書いておきましょう。

カオソーイチェンマイ名物なので、
来たら、かならず食べたいと思っていた料理の一つですね。

カオソイ

写真のようなものになります。
カレースープの中に、米粉でできた麺が入っており、
上に揚げた麺がトッピングのようにのっていました。

本当はチェンマイにもカオソーイの名店なるものがあって、
そこで食べてみたいと思っていたのですが、
KALDI店の、
この冷房の効いた、しかもWiFiも無料でバリバリ繋がる環境下で、
小腹もすいたといことで、食べたくなりました。

スープが思ったより辛く、
炎天下を歩いてきた身体にはよく効きます。
付け合せの赤玉葱の味もまた絶妙で、
辛いスープによく合うのでした。

量はタイの屋台らしく少なめでしたが、
辛くて一気には食べられず、
少しずつ時間をかけて食べたせいか、
お腹一杯になりましたね。

うーむ、満足。
次は名店に行ってみたいものですな。
今回はいけるかな?

ということで、
次は、行っておきながら、見忘れてしまったという、
ワット・チェディールアンの仏塔を見に行くことにしますか。



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : チェンマイ, カオソーイ, KALDI, ワットチェディールアン, 屋台,

2013年3月

チェンマイ2日目


さて、KALDIでカオソーイを食べてお腹一杯のところで、
再び歩き出しました。

目的地は、
見忘れた仏塔を見るために、
再びわワットチェディールアンへ。

炎天下を水を補給しながら歩きます。

先ほどの正面から入ろうとしましたが、
よく観察してみると、裏口があることを発見。
ラチャダムヌン通りからも入ることができました。
ここから入れば、仏塔は近い。

しかし、途中にこんな仏様が居て、
しばし立ち止まり。
チェディルアン111


そして、目的の仏塔へ。
この仏塔はもともと高さが86メートルあったそうですが、
地震で崩れてしまい、今は30メートル低くなったので、
56メートルくらいあるんですかね。
近くで見ると圧巻です。
チェディルアン112

しかし、我々はこの仏塔を見逃しそうになったんですから、
いったい何をしに来ているのやら・・・
でも、まあ見れたので良かったですよ。本当に感謝。

この仏塔の周囲にも、
いろいろな建物があって、
そこにもいろいろな仏様が鎮座されているのでした。
チェディルアン113

仏像が何体か納められている場所の前にいたおばちゃん、
ここの管理をしているのかと思って、よく見ていたら、
なんと離すための小鳥を売っていました。
タイでは、籠に入れられた小鳥や、亀などを離す事によって、
徳を積む(タンブン)という行為をしているんですね。
逃がしてまた捕まえるのかな?面白い商売ですね。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ワットチェディールアン, 仏塔, 仏様, ,

2013年3月
チェンマイ4日目

Tシャツ購入、警察官のライブ、お菓子の食べ比べなどをしていると、
あっという間に、夜になってしまいました。
とは言っても、時間的には19時くらいですね。

ここでは、ワットチェディールアンの仏塔のライトアップを見に行きました。
ワットチェディールアンの前の道にも、
非常に多くのお店が屋台を出していて大賑わいです。

それに比べて、チェディールアンの内部は比較的静かでした。
ライトアップされた仏塔です。
やはり夜に来ると、また幻想的に見えますね。
昼と夜でこれだけ違うとは・・・
チェディルアン夜

サンデーデーマーケット沿いにあるお寺には、
ワットチェディールアン以外にも立ち寄りました。
お寺の名前はちょっと失念してしまったんですが、
とても感動した出来事がありました。

タイのお菓子を買おうと、あるお寺境内に足を踏み入れました。
たぶん「ワット・チャイプラキアット」と思われます。
何故かお寺境内には、食料の屋台が多いのです。
いろいろな屋台を見て歩いていると、お寺の本堂の中から、
タイ語のお経が聞こえてきました。
思わず本堂に入って、一番後ろに座ってみました。

ちょっとした坐禅をしようと、
座って、呼吸を整えつつ、タイ語のお経を聞いていると、
なんだか懐かしいような、
どこかで聞いたことのあるような、
そんなお経に聞こえてきました。
チャイプラキアット

ああ、懐かしい!自分はもしかしたら、前世タイにいたのかも・・・
と思うと同時に、感動している自分がいました。
自然と、涙も流れ出てきました。感動の涙ですよ。

ふと我に返ると、とてもすがすがしい気分です。
それでも、お経は続いています。
どうやら若い僧侶たちが順番に唱えてるみたいです。

10分足らずの時間でしたが、
なんだか非常に貴重な、かつ感動的な体験をこのお寺でさせてもらいましたね。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : お経, お寺, 境内, 坐禅, 感動, ワットチェディールアン, ワットチャイプラキアット,

2014年8月
チェンマイ5日目

この日は、早起きして、
まだ薄暗い中ホテルを抜け出し、道へ出てみました。
すると、目の前の道を横切る僧侶の姿が・・・
居ました。
目的の托鉢を見る、これでクリアです。

もう少し早起きしたら、
そこかしこにお坊さんを見ることができたのかもしれませんが、
この日は逆に探し始めた瞬間に見つけた、といった感じですね。

タイ人のおばさんが道に出て、
うやうやしく座りながら、お坊さんを前にして、
托鉢の鉢にいろいろな食物などを入れています。
入れ終わると、お坊さん2名がお経を唱えて終わります。

たったこれだけなのですが、
なんだか美しい世界です。
見ているだけで、なんだか胸が熱くなってしまうのでした。
托鉢チェンマイ


これを見た後、
もっと他の托鉢光景を見ようということになり、
ワットチェディールアン方面へ歩を進めていきました。
すると、托鉢が終わって帰ってくる僧侶には、たくさん出会いましたが、
托鉢の鉢に入れる光景は、結局1回しか見れず・・・
でも、この1回、とても価値がありました。

今度は、もっと早起きしてみよう。
そんな気になりましたね。

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : チェンマイ, 托鉢, お坊さん, おばさん, 僧侶, ワットチェディールアン,

2014年8月
チェンマイ5日目

托鉢を見て感動を覚え、もっと他の托鉢光景が見たいと、
ワットチェディールアンの方向へうろうろしてみたんですが、
ちょっと遅かったですね。
次回は、もうひとつ早起きをしてみないとですね。

さて、散歩するうち、昨日ソンテウで通りがかった時に、
仏像の顔が見えたお寺があったので、調べたところ、
ワットジェットリンとわかったので、散歩がてら行ってみることにしました。

着いたら、門前に3匹のが鎮座しており、
吼えられて中にいれてくれません。
あきらめかけたころ、お寺の人が外から餌を持って戻ってきました。
その人が、を奥へと引っ張って行ってくれたおかげで、
境内に入ることができました。
ワットジェットリン1

早速本堂にて、座禅・・・
仏像の前で静寂を感じつつ、
座っていると、とても心がすっきりとした気分になります。
ワットジェットリン2


このお寺はかなり奥行きがある敷地で、
僧侶の宿坊らしき建物もいくつかありました。
実は、もっと奥の方には池もあって、橋も架かっているとの情報が後から聞こえました。
知ってれば行ったのに・・・
うーむ、残念でしたね。
また次回のお楽しみということで。

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワットジェットリン, , 境内, 宿坊, 座禅, お寺, ワットチェディールアン,

2015年3月
チェンマイへ 5日目

さて、本日でチェンマイ滞在も終わりです。
今回は、あちこちと動き回っていたので、
なかなか昼間にお寺に行くことができませんでした。

朝に托鉢に出ているお坊さんを眺めることはありましたが、
早朝の6時ではまだお寺の本堂は開いていません。
chedeiruannigiht


明日の朝には帰国の途に着くので、
夕食後に宿の近くの有名なお寺
ワットチェディールアン」に行ってみましたが、
すでに本堂の扉は閉じられていました。

そりゃ、お坊さんは朝早いので、
21時過ぎには眠っていてもおかしくありませんな。
と自分でな納得して、チェディールアンの大きな仏塔のみ見学し、
宿に戻りました。

この大きな仏塔、昔はもっと高かったというのですから・・・
いまでも十分大きくて、
ライトアップもされているので、
とても綺麗でした。

チェンマイに来たら、
ちゃんとお寺巡りも行程に入れておかないと・・・

明日の朝は、
LCCのタイガーエア台湾にて、台北経由で帰国です。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : チェンマイ, ワットチェディールアン, お寺, ライトアップ, 托鉢,