FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年4月
バンコク2日目(旅行自体は8日目)

カオサンを離れて王宮へ向かいます。
もちろん徒歩で向かいます。
カオサンを警察署の方から抜けて、
ロイヤルホテルの辺りを通って、王宮前広場の脇を歩きます。

この日もいい天気で、直射日光がきつい・・・

ただ、この王宮前広場を歩くのって、気持ちがよいもんです。
しかし、あまりの暑さのためか、ほとんど人影はありません。
周囲の道を車だけが行き交っています。

ここ王宮前広場サナームルーアン)も何回も歩いていますが、
何故か、ワット・プラケオには入場したことがないんですよね。

やっとこさ、王宮の入口に着きました。
カオサンからゆっくりで30分くらいでしょうか。(遅い!)
王宮とはいっても、ここに王様は実際には住んでいません。
昔は住んでいたのですが、今は別の場所に居住しており、
今居る王宮は、現在は観光地となっていますね。
ただ、王室の行事があると、入場できない日もあるとのことで、
事前チェックが必要になりましょう。

門から一歩中に入ると、すぐに服装検査があります。
短パン、ミニスカ、タンクトップなど、
肌の露出が多い服装をしていると、ここで衛兵に止められて、
入場お断りとなってしまいますが、
応急的に服の貸し出しをしてくれるそうです。
しかし、デポジットなどで難儀してしまいますから、
できる限り露出の少ない格好で行きましょうね。

服装検査を通過したら、こんな光景が見えます。↓
王宮_convert_20131007154228


さらに進むと入場券売り場があります。
てことは、ここまでは入場無料なんですね。

次回は、王宮の内部の様子を書きましょう。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 王宮, ワットプラケオ, サナームルーアン, 王宮前広場, カオサン,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
10日目

お寺を見学してから、チェンライのナイトバザーへ


ワットロンクン(白いお寺)の見学を終えて、
チェンライバスターミナルに戻ってきて、
お昼ご飯も食べたので、ハイチェンライホテルへ戻ってしばし休憩。

また夕方から散歩に出発となりました。

土曜日だけ行われるサタデーマーケットに行く前に、
2件のお寺を巡ってみようかと。

まず、
ワットプラシンへ。
チェンマイにも同じ名前のお寺があるんですが、
こちらは、無料ではいることができました。
本堂の仏像はきらびやかで立派でした。
ワットプラシンチェンライ

続けて、
ワットプラケオへ。
バンコクのワットプラケオにある、翡翠の仏像はもともとこちらチェンライにあったとか。
ただ、時間が遅くなってしまったので、
翡翠の仏像を見ることができませんでした。
ワットプラケオチェンライ

移動中に見つけた、旧時計塔。
元々は、これがあのロータリーに備わっていたんですね。
なんだか、ひっそりとしてるような。
廃止されなくてよかったですね。
旧時計塔チェンライ

と、チェンライ市内をウロウロして、
パッとお寺見学しましたので、
いよいよ、サタデーマーケットに行こうと思いますよ。

せっかくなので、端っこから見ていきます。
道路を歩行者天国にして行われる、サタデーマーケットは、
これまた意外に賑やかそうですよ。
本家のナイトバザーのお店もこちらに今日は出店でしょうか。

夕方の18時を回った時間帯で、
お店もボチボチ出そろってくることでしょう。

つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワットプラケオ, ワットプラシン, バンコク, チェンライ, チェンマイ, お寺, ナイトマーケット, サタデーマーケット,