FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年3月
チェンマイ3日目

この日は、チェンマイ郊外の山の頂上にある、
ワット・プラ・タート・ドイ・ステープへ行く計画です。

行き方は、
チャーンプアック門あたりに停まっているソンテウを利用とありますが、
そのソンテウは人数が集まらないと出発しない仕組み。
本日は土曜日ですが、どうなんでしょうかね。

と思いつつ街へ出てみたものの、
やはりチャーンプアック門へ行くのが面倒になり、
ターペー通りで、流してくるソンテウ交渉しました。

赤いソンテウには、
よくドーイステープのステッカーが貼ってあるのを、
見かけていたので、
たぶん、どの赤いソンテウも行くんだろうという想定で、
流してくる、しかも空車っぽいものを停車させます。

タイ式に手を斜め下に伸ばして合図。

ルートは、
ワット・プラ・タート・ドイ・ステープワット・ウモーン⇒ミマヘミン通り

1台目のソンテウ
これで交渉してみたものの、
2人で1000バーツとのこと。

「えー高いよー。800で」と粘るも、
「これだけ行ったら、何時間もかかるから割に合わないよ」
と泣き顔の運転手さん。
「いや、ドーイステープは1時間でいいから800で」
と粘り交渉も虚しく、
連れも「もういいよそれで・・」となり、
上記ルートは1000バーツなり・・・
まあ、いいかっと。

昨日歩いたターペー通りを経て、すぐにターペー門へ。
さすがに乗り物は早い。
お堀に沿って進んで、
カードスーアンケーオの脇を通過し、
どんどん郊外へ進んで行きます。

ドイステープの犬


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ, ワット・ウモーン, , ソンテウ, 交渉,

2013年3月
チェンマイ3日目

ワット・プラ・タート・ドイ・ステープを見学後、
同じ階段をトボトボと降りてきました。
下りの方が意外と大変かもしれません。

ましてや、この階段は、タイ製ですので、
段差が一定ではない部分もあったりと、
結構適当な造りになってるんですね。

ゆっくりと、ひざを笑わせながら降りてきましたよ。

麓が近くなると、屋台が多くなります。
ふと1軒の屋台に目が止まりました。

どうみてもたこ焼きではないですか。
カノム・クロックというタイのお菓子です。
味は、たこ焼きとは全然違います。
ココナツ味の生地の中にネギが入っていました。
そこに砂糖がかかっていて、ほんのり甘いのとネギが混ざった、
何とも言えない味。
タイ人には人気なんだそうですよ。
カノムクロック

この後、イチゴを発見。
聞くところによると、チェンマイの周辺はイチゴの産地なんだそうです。
1カップにイチゴがぎっしり入ったもので、20バーツ。
イチゴ自体は思ったより甘くなかったですが、
これにも砂糖がまぶされているので、
その砂糖の味でなんとか甘さを出している感じですね。

他にもいろいろな屋台があったんですが、
この2種類のみにしておきましょう。
暑いので食欲があまり出ず。
ついつい水分を取りすぎてしまいますが、
これが熱中症防止なんだとか。

さて、ソンテウのおじさんに言われたとおり、
ドイステープの参道より、少しチェンマイ寄りに降りて、
歩いていくと、停まってました。ソンテウおじさん。
仲間たちと談笑中でしたね。

さあ、次の目的地、ワット・ウモーンに向かうとしますか。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ, カノム・クロック, イチゴ, 屋台, ワット・ウモーン, ソンテウ,

2013年3月
チェンマイ3日目

ワット・ウモーン自体は、それ程大きくないので、
見るべきところは、
トンネルの中の仏像を見るのと、
裏へ周って、パゴダを見る。
入口のところにある、たくさんの仏像を飾ってあるところを見る。
の3つのポイントくらいでしょうか。

3つ目のお寺の仏像が飾ってある部屋というか、
博物館みたいなところを見てみました。

タイ語での表記が多いので、
流石に読むのに時間がかかるとか、意味がわからないということもありますが、
それにしても、
これらの仏像を見ているだけで、
心が穏やかになってくるのがわかります。
仏像マニアにはたまらないのでは。

さてさて、
表に出ますと、
ソンテウの運転手さんが待ちくたびれたらしく、
迎えに来ました。
「もう見終わったでしょ?」

ワット・ウモーンにて、
うちらがのんびりしすぎているので、
さすがに待ちくだびれたようです・・

まあまあ、ゆっくり行こうではありませんか。
とは言っても、ワット・ウモーンは、見物終了。

次回は外国人用の瞑想会にでも参加してみたいものです。

次はニマンヘミン通りへ移動です。

ワットウモーン上部



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワット・ウモーン, ニマンヘミン, 仏像, ,

2013年3月
チェンマイ3日目

ようやく、最終目的地のニマンヘミン通りへ向かいます。
念願のワットウモーンも見れたので、
まずまず満足。

次は、チェンマイ青山通りということになっている、
ニマンヘミン通りへ降ろしてもらいます。

ワットウモーンからは、
結構近いので、ソンテウで10分たらずで到着。

ここで、このソンテウとはお別れになります。
5時間ほど、お付き合いいただきました。
ニマンヘミン通りのちょうど中間地点くらいで、
停めてもらって、2人で1000バーツ払いました。

なんか、運転手さんはかなり上機嫌でしたよ。
そりゃそうか・・・
ソンテウニマン

で、ニマンヘミン通りですが、
間違っても、東京の青山通りと同じと思わないことですね。
その、通りの雰囲気は、全然青山通りではないですから・・
タイにならどこにでもありそうな、ただのソイかタノン(通り)ですね。

交通量はそこそこありますが、
この15時前後の時間は、暑さのせいか誰も歩いていません。

この界隈には、オシャレなお店も多いらしいのですが、
ブラブラしているうちに、ニマンヘミンの北限まで到達してしまいました。
ちょうど、良い感じのカフェがあったので、
ここでお茶でもしますか。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワット・ウモーン, ニマンヘミン通り, チェンマイ, 青山通り, カフェ,