FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年3月
チェンマイ3日目

この日は、チェンマイ郊外の山の頂上にある、
ワット・プラ・タート・ドイ・ステープへ行く計画です。

行き方は、
チャーンプアック門あたりに停まっているソンテウを利用とありますが、
そのソンテウは人数が集まらないと出発しない仕組み。
本日は土曜日ですが、どうなんでしょうかね。

と思いつつ街へ出てみたものの、
やはりチャーンプアック門へ行くのが面倒になり、
ターペー通りで、流してくるソンテウ交渉しました。

赤いソンテウには、
よくドーイステープのステッカーが貼ってあるのを、
見かけていたので、
たぶん、どの赤いソンテウも行くんだろうという想定で、
流してくる、しかも空車っぽいものを停車させます。

タイ式に手を斜め下に伸ばして合図。

ルートは、
ワット・プラ・タート・ドイ・ステープワット・ウモーン⇒ミマヘミン通り

1台目のソンテウ
これで交渉してみたものの、
2人で1000バーツとのこと。

「えー高いよー。800で」と粘るも、
「これだけ行ったら、何時間もかかるから割に合わないよ」
と泣き顔の運転手さん。
「いや、ドーイステープは1時間でいいから800で」
と粘り交渉も虚しく、
連れも「もういいよそれで・・」となり、
上記ルートは1000バーツなり・・・
まあ、いいかっと。

昨日歩いたターペー通りを経て、すぐにターペー門へ。
さすがに乗り物は早い。
お堀に沿って進んで、
カードスーアンケーオの脇を通過し、
どんどん郊外へ進んで行きます。

ドイステープの犬


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ, ワット・ウモーン, , ソンテウ, 交渉,

2013年3月
チェンマイ3日目

ソンテウチャーター計画は、
自分の思ったようには、いきませんでしたが、
まあ、ワット・プラ・タート・ドイ・ステープに行けることだし、
OKでしょう。

ソンテウは、郊外へ向かい、
チェンマイ大学の脇を通過して、
いよいよ山登りを開始。エンジンが唸りを上げています。

チェンマイの町は、
ちょっと走るとすぐに山道となり、
市街地から外れて、とたんに緑が多くなるんですね。
今の時期、PM2.5が気になるところですから、
空気が良いのか悪いのかはわかりませんね。

ソンテウはどんどん山道を登り、高度を稼いでいきます。
途中には、お寺があったり、
少数民族の村?といっても観光地化されたような場所があったり、
なんだか面白い光景が展開されます。

ちょっと郊外のこういった場所に、
住んでいる少数民族の方々は、
いったいどんな生活をしているんでしょう?
なんとなく気になりました。
次回は訪れてみようかなあ・・・

さらにソンテウは、山道をガンガン登り、
ついに、ワット・プラ・タート・ドイ・ステープに到着です。

普通の道路の脇に屋台があって、
参道への入口があって、
多くの人で大賑わいとなっていました。

ソンテウの運転手さんは、
自分の携帯の番号を教えてくれました。
でも、僕らは携帯ないし・・と思いつつも。
で、どこで待ち合わせるか、よく確認しておきます。
ここで、置いてけぼり喰らったらヤバそう・・・と思いながら。

しかし、それはないでしょう。
「じゃあ後でね!」と。

ドイステープ階段



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ, ソンテウ, 少数民族,

2013年3月

チェンマイ3日目

さて、ソンテウがエンジン唸らせ、
山道を登りつめると、ワット・プラ・タート・ドイ・ステープへ到着。
下車後、階段を登り始めました。
結構な段数がありますよこれ。

四国にある金比羅さんが思い出されます。
でもタイ人も登ってるから、大丈夫でしょう。
きっと20分もあれば登れるはず。
と、タカをくくってサンダル履きのまま登山開始。

ガイドブックでは入場料がかかるとあったのですが、
登ってく途中では、徴収されるポイントはなし。

かなり登ったところでありました。
料金所が・・・
しかし無人です。
このままスルーしてもわからなそうな雰囲気も。

だけど、ここはお寺ですからね。
我々ツーリストは、スルーするのは心が痛むというわけで、
料金を払う窓口へ行ってお金払って、チケットを。
そして参道へ戻ると、チケットチェックのおじさんが居るではないですか。

さっきはタイミングで居なかったのかも。

さあ、いよいよ本堂に入ります。
靴を脱ぐのが作法なんですが、
ものすごい数の靴やサンダルが入口に放置されています。
さすがに、ここに置いておいたら無くなりそう・・・
というわけで、そこら辺あったロッカーを借りました。

ロッカーと言っても、誰か管理してる人が居るわけではないので、
使用後にお布施を入れるシステム。
ありがたく利用させていただきました。

本堂はこんな感じ↓絵葉書にありますね。これ。
ドイステープ本堂



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ, お布施, 本堂, 階段,

2013年3月
チェンマイ3日目

ワット・プラ・タート・ドイ・ステープの本堂は、
真ん中にあるお堂の周りを、
マントラを唱えながら、周るとご利益があるようで、
タイ人の方はみんなそうしているようでした。

英語バージョンのマントラもあったので、
眺めてみましたが、
何のことやら・・・
すると、英語バージョンはないの?と探してる、
シンガポール人?と思しきおばちゃんがいたので、
ここにあるよ!と渡しておきました。

本堂の周りの回廊を一回りして、
本堂からは出てきて、サンダルをゲット。
ちゃんとお布施は払いましたよ。

境内は広く、裏手に回ると、
チェンマイの市街地を一望できるはずなのですが、
天気がよいのに、モヤがかかっていて、何も見えず。
やはり、PM2.5の影響ってあるのかしら・・・
ドイステープより

ドイステープより2


ここで、トイレに行くと、
なんと麓までケーブルカー?があるではないですか。
どうりで、登ってくる人数の割りに、
境内が混雑しているなあと感じるわけですよ。

しかし、それほどの距離でもないので、
我々は歩いて階段を下りて行くことにしました。

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ, ケーブル, お布施, チェンマイ,

2013年3月
チェンマイ3日目

ワット・プラ・タート・ドイ・ステープを見学後、
同じ階段をトボトボと降りてきました。
下りの方が意外と大変かもしれません。

ましてや、この階段は、タイ製ですので、
段差が一定ではない部分もあったりと、
結構適当な造りになってるんですね。

ゆっくりと、ひざを笑わせながら降りてきましたよ。

麓が近くなると、屋台が多くなります。
ふと1軒の屋台に目が止まりました。

どうみてもたこ焼きではないですか。
カノム・クロックというタイのお菓子です。
味は、たこ焼きとは全然違います。
ココナツ味の生地の中にネギが入っていました。
そこに砂糖がかかっていて、ほんのり甘いのとネギが混ざった、
何とも言えない味。
タイ人には人気なんだそうですよ。
カノムクロック

この後、イチゴを発見。
聞くところによると、チェンマイの周辺はイチゴの産地なんだそうです。
1カップにイチゴがぎっしり入ったもので、20バーツ。
イチゴ自体は思ったより甘くなかったですが、
これにも砂糖がまぶされているので、
その砂糖の味でなんとか甘さを出している感じですね。

他にもいろいろな屋台があったんですが、
この2種類のみにしておきましょう。
暑いので食欲があまり出ず。
ついつい水分を取りすぎてしまいますが、
これが熱中症防止なんだとか。

さて、ソンテウのおじさんに言われたとおり、
ドイステープの参道より、少しチェンマイ寄りに降りて、
歩いていくと、停まってました。ソンテウおじさん。
仲間たちと談笑中でしたね。

さあ、次の目的地、ワット・ウモーンに向かうとしますか。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ, カノム・クロック, イチゴ, 屋台, ワット・ウモーン, ソンテウ,