FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年3月

バンコク・スワンナプームで国内線に乗り継ぐ方法ですが、
これはタイ航空の国内線に、タイ航空国際線から乗り継ぎする方法です。
すでに、国内線のボーディングパスを手にしている状態で、
この乗り継ぎ専用のパスポートコントロールを抜けることができます。

タイ航空以外の国際線でタイに到着して、
エアアジアなどのLCCに乗り継ぐ場合は、自力でドンムアンまで移動する必要があるため、
スワンナプームの普通の乗り継ぎ用ではない、通常のパスポートコントロールを抜けて、
入国となるわけです。

すでにボーディングパスを手にしているのに、
通常のパスポートコントロールを通過して入国しても問題はないと思われますが、
やったことがないのでわかりません。
タイ航空国内線のボーディングパス持ってる人は、
無難に普通にこの専用のパスポートコントロールを抜けて入国しましょう。
その方が楽ですから・・・

飛行機を降りてターミナルに入ったら、
Transfer to Chiangmai, Chiangrai, Phuket, Krabi, Samui
の表示に従って進むだけですので、簡単です。
飛行機がどこに着いたかで、歩く距離はかなりになります。
スワンナプームって広いんですよ。

このパスポートコントロールに入る前に、
本当にあなたは乗り継ぎですか?というチェックがあり、
パスポートとボーディングパスを見せるように言われます。
チェック後OKなら、黄色のシールが貰えますので、
これを胸にしっかりと貼り付けておきましょう。
このシール、チェンマイなど目的地の空港に着いた時に、
これを目印に到着客を振り分けているようですので。
乗り継ぎシール

我々がチェックの列に並んでいると、
前に居た日本人の5人組くらいの男の子達が、
居変に気がつき「ここは乗り継ぎの人の列だ!」と慌てて出て行きました。
確かに、勘違いしてしまいそうではあります。
まあ、万一並んでいても、
ボーディングパス持ってないと、通過はできませんが・・・

バンコクエアウェイズも、スルーチェックインしてる場合は、
同じようにこの専用のパスポートコントロールを抜けることができるようです。
黄色じゃないシールを貼ってる西洋人が居たので、
たぶんバンコクエアウェイズを利用してるんじゃないかと思いました。

と、あっけなくタイに入国して、
またいつものスタンプがパスポートに押されました。

さあ、国内線エリアに入って、一休みしますか。

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : スワンナプーム, 乗り継ぎ, チェンマイ, パスポートコントロール, 入国,

2014年8月
チェンマイ6日目

ドンムアン空港の第1ターミナルに着いたのですが、
当たり前のことなんですが、昔のまんまでした。
LCCが発着しているだけあってか、結構賑やかです。

NokAir オリエントタイ エアアジア ライオンエア
など全部あわせると、かなりの便数になるのでしょう。

我々の乗る香港航空ですが、
ここドンムアンではなく、新空港スワンナプームからの出発となるため、
空港移動が必要になります。

ここで登場するのが、
ドンムアンスワンナプーム間を結ぶ無料シャトルバスです。
乗り継ぐ飛行機のチケットを見せれば、無料で利用できます。
BKK無料シャトル


一応、カウンターがあるので、そこでチケットを見せて、
乗る手続き?をします。
やる気のないタイ人が、適当にフライトナンバーを書き込んでいました。
かなりテキトーな手続きです。
でも、チケットがない人はお金を払っても乗ることができない仕組みのようですね。

時刻表では、日中は30分おきに運行となってますが、
実際はもう少し間隔が開いているような・・・
まあここはタイですからね。時刻表どおりには・・・
30分くらい待ったころ、バスに乗車。座席がちょうど埋まるくらいの乗車率。
立客はなしでした。

夕方17:00ごろでしたが、
大したラッシュにも巻き込まれず、ちょうど1時間ほどでスワンナプーム空港に到着。
予想以上に順調でした。
2時間はかかると見ていましたが、
予想に反して、すべて高速道路を走行のため、
結構早く感じました。

これなら利用価値はあると思います。
ただし、乗り継ぎの場合は、かなり時間的余裕を持ったほうが無難でしょう。
LCCのDELAYや、こうしたバスの思わぬ渋滞などもありますからね。
そんなことがあろうものなら、あっという間に2.3時間過ぎます。
バンコクの空港を変えての乗り継ぎは、
最低でも5時間くらいはあった方がいいのではないでしょうか。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : ドンムアン, スワンナプーム, 空港, 無料, シャトルバス, 乗り継ぎ,

2015年3月
チェンマイへ 1日目

那覇からのチャイナエアラインは、
少し遅れたものの台北桃園空港に到着しました。
満席ですので、降りるのも時間がかかりますね。
荷物が棚に入っているので、取り出すのは最後にしようと諦め、
一番最後に降りました。
ゲートの出口のとこでは、
チャイナの係員が誘導しておりました。
この飛行機は、A-9ゲート(第1ターミナル側)に到着したのですが、
入国審査は第2ターミナルで行わなければならないというもの。
もし、強引に第1ターミナルへ行って入国したとしても、
荷物を預けていた場合には、第2から出るので、ピックアップできない・・・
という事態になるはず。
そもそも、日本路線は第2ターミナル扱いなので、
第1でイミグレしたら、何かの不都合が生じるのかもしれませんね。
試したい方は、自己責任でお願いします。

乗り継ぎの場合は、
そのまま第1のトランジットエリアを通過できるのかもしれません。
バンコクとかに乗り継ぐ人は、
確認の上、それぞれ案内しているようでした。

我々が次に乗り継ぐV-Airは、
第1ターミナルでチェックインなので、
荷物もないしこのまま第1でイミグレ通過させてくれたらいいのになあ・・・
でも無理っぽいので、あえて確認しませんでした。

第2ターミナルの入国審査までは、
かなりの距離を歩かされました。
やっとこさ、入国審査の長い列に並びましたが、
列が長い割には、30分くらいでしょうか、
1時間?とか思った割には半分くらいで通過できました。

乗り継ぎ用のトランスファーカウンターが、
制限エリアにあれば入国しないで済むのかもしれませんが、
V-Airについてはないので、表(一旦入国した側)の台北空港内のカウンターで
チェックイン手続きが必要なため、短時間に入国をすることになりました。

台湾の消火器

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村








関連タグ : 台北, 桃園空港, ターミナル, V-Air, トランスファー, 乗り継ぎ, LCC,

2015年9月
5日目 台北⇒沖縄

さて、バンコクから台北に着いても、
そんなにゆっくりしてる時間はなく、
3時間で沖縄行きのピーチ乗り継ぎです。

LCCの場合は、
こうして一旦入国して、荷物があればピックアップして、
次に乗る航空会社のカウンターにてチェックインの手続きをとらないといけないですね。
もし、乗り継ぎカウンターが到着した制限エリア内にあるのであれば、
そこで手続きをして、入国せずにトランジットエリアを抜けて、
出発ゲートへという方法もあるようですが、
LCCの場合はないことが多いです。

タイガーエア台湾は、乗り継ぎカウンターがあるようですが、
例えばピーチで着いて、
入国せずにタイガーエア台湾乗り継ぎカウンターへ出向いて、
その場でチェックインしてOKなのかはわかりません。
もし、預け荷物がある場合は、この方法は使えないと思いますが。

よく考えると、LCC同士の乗り継ぎって、
かなりリスキーですよね。
遅延したら乗り継ぐ飛行機のチケットはパーになるのですから・・・

ピーチのチェックインと、
出国手続きは特に何もなく普通に終わり、
B1ゲートへ向かいます。
一番端っこです。
歩くと結構距離があるんですよね。

ピーチは、隣のB2からは関西空港行きが出発。
その後、沖縄行きも定刻どおりに飛ぶようです。
これが、今回の弾丸旅行の最後の飛行機です。
やれやれ。

peach乗り継ぎ


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : LCC, 乗り継ぎ, トランジット, 台北, ピーチ, タイガーエア台湾, 乗り継ぎカウンター,

先日、友人がサムイ島へ行ってきたようで、
なかなか楽しんで、リフレッシュできたみたいです。

今年は、タイも気温が幾分か低下しているようですが、
サムイあたりまで南下してしまうと、
もう夏のような状態なんでしょうねえ。

昔は、真冬の成田空港から、しばしばタイへ行ったもんですが、
その時は気温のギャップに悩まされましたね。
特に帰国した時が寒いのですよねえ。
気温30℃から気温10℃の世界へ放り出されるわけで、
到着した瞬間は寒くないものの、少し時間だ経つと身体がびっくりしてるのがわかります。

さて、その友人はスワンナプーム空港で、
帰国の際に5時間の乗り継ぎ時間があったそうで、
時間も遅かったことから、空港で過ごしたとのこと。
かなり時間を持て余した様子です。

まあ、初めてなら無理もないですが、
自分なら5時間あれば、空港から市内へ出ますと言いたい所ですが、
それがどんなチケット持っているのかによりますね。

タイ航空タイ航空乗り継ぎであるならば、
サムイで出国手続きを済ませてしまうことになりますので、
その場合は、バンコクスワンナプームでもう一度入国手続きをすることはできず、
専用のゲートから、
国際線の出発エリア(制限区域)に行くことになります。
たぶん空港でシールをもらえるはずなので、失くさないでくださいね。
なので、この制限エリア内で5時間を過ごすしかないですね。
まあ、かなり広い空港ですので、ブラブラしていればすぐに時間はつぶせると思います。

逆にサムイでチェックインの時に、
バンコクの空港で一旦降りたい旨伝えると、
もしかしたら対応はしてもらえるかもしれません。
ただし、荷物があれば、一旦バンコクで取り出すことになるし、
もしかしたらバンコクで再チェックインになるかもしれません。
空港使用料もさらに要求されることになるかも・・・

例えば、午前のタイ航空サムイを出て、
夜のバンコク発のナイトランで朝日本に着く飛行機に乗り継ぎするならば、
バンコクで12時間くらい空きますので、
上記の方法でOKしてくれるかもしれません。
荷物はスルーチェックになるのか微妙なところですね。

個人でチケットを買ってれば、
バンコクでの途中降機(StopOver)として発券したら、
問題なくバンコクで街中へ向かうことができます。
途中降機は24時間以上の滞在を指しますので、当然なんですが・・・
あんまり時間が無いときは、チケットの種類によっては、
バンコクでは空港の制限エリア内で時間をつぶすのが無難な方法なのかもしれません。

ちょっとバンコクのスワンナプーム空港では、
特殊な乗り継ぎ方法となっていますので、
注意が必要ですね。

スワンナプーム空港


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。
http://blog-imgs-88.fc2.com/n/a/n/nanginet/20160111223136188.jpg" alt="トリップアンクル縮小版" border="0" width="204" height="90" />">トリップアンクル縮小版


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : 乗り継ぎ, スワンナプーム, バンコク, タイ航空, 制限エリア, サムイ,

2016年3月

タイへ
1日目

システムダウンのため、ピーチが約1時間遅れたので、
次のフライトまでの待ち時間が少し短くなったため、
予定していた桃園市内へ出向いての買い付けは中止となりました。

そもそも10:00から14:00くらいまでの、わずか4時間で、
路線バス使って台鉄(新幹線ではない)桃園駅まで行って、
付近の文具屋で何かを見つけてくるというミッションだったんですが、
フライトが順調に行っての話。

まさかのピーチサーバーがシステムエラーを起こして、
ダウンするなんて予想しなかったので・・・
まあ、こんなもんでしょう。

おとなしく、次の16:00出発の、
タイガーエア台湾505便のバンコクドンムアン行きまで、
空港内で過ごすことにしましょうかとなりました。

これは、ピーチの遅延が決まった段階で、
もうこうしようと、実は心の中で決定していたんですが・・・

とは、言ってもただ座ってましたではつまらないので、
次回のために空港のトランジットカウンター付近にある、
シャワールームを見学。

どうやら、乗り継ぎの人のみ、
利用できるようですね。
例えば、チャイナエアラインから、チャイナエアラインへの乗り継ぎみたいな。

我々のようなLCC乗り継ぎ組みは、
どちらにしても表のカウンターでのチェックインをしなければならず、
一度入国手続きが必要になるわけで、
このシャワールームとは縁がないようです。

写真は、シャワールームの入口と注意書き
台北空港トランジット2

台北空港トランジット1


どちらにしても、台北の空港内はとても寒いのです。
よって、シャワーだけでは温まらないなあ・・・
なんて、負け惜しみみたいなことを考えてしまうのですが・・・

それにしても、台北の空港内は寒いですよ。
夜明かしなんかする時は、防寒対策が必要なくらいです。

とまあ、いろいろ偵察を行ってから、
入国審査の列に並びました。

つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ピーチ, システム, 桃園市内, 路線バス, 新幹線, 台北, シャワー, 乗り継ぎ,

2016年7月

まだ少し先のニュースですが、
LCCのバニラエアが、
台北-ホーチミン路線に就航します。
就航時期は、今年9月14日から毎日運航。

VW-SGN
バニラエアのサイトより引用

これは画期的なニュースですね。
何故画期的がというと、
それは、
以遠権を用いているということ。
それと、日本のLCCとしては初の海外路線であるということ。
の2つがあげられます。

以遠権というのは、
各国が航空協定を結ぶことで2国間での運航が原則になるが、
さらに、第3国への運航もして良い権利のことであって、
簡単に言うと、経由地から第三国への運航が可能、
すなわち、日本の航空会社なのに、
海外発⇒海外行きのフライトが営業運航できる。かな。

バニラエアはこの以遠権を活用してるんですね。

以前は、日本の航空会社は、
日本航空が、
成田-バンクーバー-メキシコシティ
成田-ニューヨーク-サンパウロ
などの区間を運航してましたが、
撤退してしまったので、
久しぶりに日本の航空会社が以遠権を活用することになるのですね。

沖縄からでも、
バニラエアの活用で、
台北での乗り継ぎでベトナムのホーチミンへ行くことができます。
台北-ホーチミン間には、
ベトジェットエアというベトナムのLCCも就航してますので、
選択肢が増えたことになりますね。

今後の旅に取り入れていきたいものです。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : バニラエア, LCC, 以遠権, 台北, ホーチミン, 日本航空, 乗り継ぎ,

2016年8月

大変なニュースが先週飛び込んできました。
タイに買い付けに行く際によくお世話になっていた、
台湾のLCCであるVAirが、運航を休止するとのことではないですか。。

そして、10月1日からは親会社のトランスアジア航空に吸収されるとのこと。
路線は、一部をトランスアジア航空が引き継ぐものの、
ほとんどは休止、そして払い戻しとなるようです。

実は9月末にタイに買い付けに行くことが決定してるのですが、
その時、帰りにVAirを利用しようと目論んでいたところでしたので、
ショッキングなニュースでした。

台湾には、
このVAirと、タイガーエア台湾の2社のLCCがありますが、
どちらも業績が思わしくないようで、
危機に陥っているようですね。。
何とかねばってほしいものですなあ。

で、VAirの方が会社をたたむことになったみたいですね。
台湾でLCCを展開する場合は、国内線を持つことが難しく、
国際線に展開するしかない状況のため、
予想以上に収益を出していくのが大変だったかもしれないです。
日本路線も拡大し、沖縄、福岡、関西、名古屋、羽田、茨城と6路線あります。
沖縄も就航したばかりでしたのに・・・

VAirはキャビンの方も若くて機敏に動いているし、
イメージキャラクターのクマも可愛いく、
クマを使ったグッズも展開していたので、
上手くいってそうな感じがしたんですがね。

沖縄からタイへ、Tripuncleの買い付けに行く際に、
ピーチで台湾に出て、台湾で乗り継いで、タイへ。
という利用方法で非常に重宝していたのですが、
このような状況になってしまうとは・・・

10月1日から全面運航停止するとのことで、
9月末のタイ行きでは、
帰りに、Vairの見納めフライトに乗ってみようかと、
そんな風に考えております。
VAIRの飛行機


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : LCC, VAir, タイガーエア台湾, 台北, 乗り継ぎ, タイ, 重宝,

2016年9月

名古屋からサムイへLCCで行く?その4

もう一つ、
裏技的になるのですが、
名古屋(セントレア)から香港までをHKエクスプレス
香港からバンコクをタイ・エアアジア
と分けて飛ぶ方法もあります。

HKエクスプレスは、よくセールもやってるので、
かなりの安さが期待できるかもしれません。
ただし、
料金は安くなるかもしれないけれど、
香港の空港で乗り継ぎ時間をたっぷりと取っておいたほうがいいです。

LCC同士の乗り継ぎですので、
何が起こるかわかりませんからね。
乗り遅れてしまうと、チケットはパーになり、
買い直す以外にありません。
当然、保証はないので、この部分は注意が必要ですね。

なので、
LCC同士や、LCCからの乗り継ぎの時は、
むしろ1泊するくらいの時間を取っておくのがちょうどいいかもしれません。

そのくらいの余裕がないと、
こうしたLCC同士の乗り継ぎは、厳しいかなとも思います。

私も、台北の空港で、
何度もLCC同士の乗り継ぎをやってますが、
運良く?大幅な遅延に巻き込まれていないので、
助かっているという面もありますね。
かなりのリスクテイクかとも思っております。

それにしても、
最近は、ベトナム航空とかが、
日本からタイまで安い料金を出してきてますから、
無理して、LCCで行こうとすると、
かえって荷物料金を取られたりして、高くつくというケースも見られます。

あまり変わらないのなら、
LCCじゃない、レガシーキャリアを選ぶというのも、
一つの方法ですね。

しっかりと調べることが肝要でしょうか。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : HKエクスプレス, 香港, バンコク, LCC, 乗り継ぎ, 荷物, 保証,

2016年12月

これは大ニュースです。
正直、この告知を見た時は、目を疑いましたね。

ピーチ沖縄からバンコクへ飛んでくれないかな?!」
とブログで書いたり、あちこちで言ったりしてましたから、
もしかして、ピーチの方が見てくれて考えてくれたのかな??
(そんなことはないと思うけれど)

と、言ったことが実現した感じです。
かなり嬉しいです。
沖縄からだと、タイへ行くにはどうしても経由便になって、
乗り継ぎが発生してましたから・・・
それに運賃もそこまで安いわけではなく、
東京や大阪からの方が安いなあとも感じてましたんで。
直行便となるLCCピーチの就航は価値があるってもんです。

しかも、
ピーチ沖縄バンコク路線は、
毎日運航するとのことですから、
スケジュールも組みやすいですね。

ぜひ、ぜひ、次のトリップアンクルの仕入で使ってしまおうか、
セールはいつ行われるのだろうか?
それはいつ?で、いくら位の値段になるんだろうか??
といろいろ考えてしまいますね。

12月15日より発売開始ということですので、
発売開始記念セールや就航記念セールというのがあるものと、期待してます。

フライトスケジュール
沖縄発は夜の21:20 バンコク着0:15(翌日)
バンコク発は1:15 沖縄着7:30
曜日によって、時刻が異なるスケジュールで組まれてます。
3月25日まで、それ以降はサマースケジュールになるんでしょうね。
MM_OKA_BKK
ピーチのHPより

バンコクに到着が少し遅いのが気になります。
市内へ向かうエアポートレールは終電は終わってるので、
空港近くの格安ホテルを使って、
朝になってから、市内へエアポートレールで向かうというのが、
一つの方法ですね。
スワンナプーム周辺には、安い乗り継ぎ専用のホテルがいくつもありますから。
それか、夜中にタクシーで市内へ入るかですが、これは少々リスクを伴うかなと思います。

初めてバンコクに行かれる方は、スケジュールを確認して、
空港から市内へどうやって向かうかを検討された方がよいですね。
今後、この関連記事も書いてみようかと思ってます。

それにしても、
ピーチ沖縄-バンコク就航!は、
私にとってはかなり大きなニュース!
でした。

今後スケジュールを考える一つのツールになりますね。

ではでは。。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ピーチ, バンコク, 沖縄, 乗り継ぎ, 直行, , スケジュール, スワンナプーム,