FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年4月
バンコク1日目(旅行自体7日目)

フォーポインツ・バイ・シェラトンのスタッフの善意によって、
ホテルの中を通過して、
ソイ17からソイ15へ移動し、
ようやく、ドリームバンコクホテルへチェックインです。

最近バンコクで流行の、
ブティックホテルとあって、
フロント周りは、ワットを模したオブジェなどが置かれていて、
ちょっと変わった雰囲気です。

agodaからの予約なので、プリントアウトしたバウチャーを提示し、
部屋のキーをもらいました。
かざすだけで開錠するカードキーのシステムです。

部屋自体は、それほど広くはないものの、
設備は整っているので、
バンコクの街を歩き回って、戻って寝るだけなら、
もう十分すぎるくらいですね。

ただ、シャワールームのシャワーが固定式なのが、ちょっと痛いです。

ドリーム内部
幻想的な光が面白い廊下。

さて、荷物を置いたら、
久しぶりのバンコクの繁華街に繰り出すとしますか。
ここは、スクンビットのソイ15です。
BTSに乗って、まずは大ショッピング街のサイアムへ。
このホテルも駅までは徒歩で5分ほどだから、便利ですね。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ドリームバンコク, バンコク, 伊勢丹, BTS,

2013年4月
バンコク1日目(旅行自体は7日目)

ドリームバンコクを出て、
マンハッタンホテルの前を通れば、
すぐにスクンビット通りに出られます。

スクンビットに出る少し手前には、
インド人?の経営する、カバン屋さんがあり、
ここの店員が少々声をかけてくるものの、
笑顔のみで、スルー。
毎日通れば、顔を覚えられそうな感じもするけど・・・

ターミナル21という最近完成したショッピングモールに直結した、
BTSアソーク駅まで、
ドリームバンコクから、徒歩で5分くらいでしょうか。
途中には露店が軒を連ねているので、
ついつい見てしまいますが、強引な勧誘はなしです。
安心して買い物を楽しむことができますね。

ターミナル21は、すごいビルです。
空港を模したビルでしので、また後で書きたいと思います。

あとは、落ち着いて歩いて、
BTSへの階段を昇り、
トークン(切符)を購入して、
チットロム駅へ向かいます。

トークンは自動券売機で購入しますが、
お札が使用できる券売機が少ないので、
コインがない場合は、窓口で両替してもらう必要があります。
駅は結構混雑していますので、落ち着いて。

BTSの車両は、エアコン全開で、
少々肌寒く感じるかもしれません。
つい最近、ドアがいきなり開く事故が発生したらしいのですが、
よく見てみると、
ドアのところに、寄りかかり禁止のステッカーが貼られてました。
こんな事故を想定していたのでしょうか。

ツーリストとタイ人を満載したBTSは、
いつもどおりに、チットロム駅へ到着しました。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : ドリームバンコク, マンハッタンホテル, 伊勢丹, BTS, チットロム, ターミナル21, アソーク,

2013年4月
バンコク1日目(旅行自体は7日目)

BTS伊勢丹周辺のショッピングモールに出てみますと、
この写真の通りです。
町並み

この写真は、いつもバンコクに来ると写している気もしますが、
いつも渋滞していて、すごい車の数です。
変わったことといえば、
車が以前に比べると新しいのが増えたなという感じです。
タクシーに新しい車、それもカラフルな色の車が増えたから、
そんな風に感じるのかもしれませんがね。

パパッと買い物したり、
いろいろなものを見たりしているうちに、
あっという間に時間は夜に。

晩御飯は、伊勢丹向いのBigCに入っている、
MKレストランです。
タイスキのお店です。

タイスキといっても、要はナベです。
目の前にある鍋に具を入れて煮て食べるだけですから、簡単です。
暑い時期にエアコンの効いた室内で食べる鍋。
また、ここのMKレストランのタレが美味しいのです。
MK美味しい2


ちょっとピリ辛なタレに、
肉、ツミレ、野菜、豆腐、揚ちゃん、えび、などの具を煮込んで食べ、
最後は雑炊にして〆る。
なんだか日本に居るみたいですね。
MK美味しい


そういえば、MKレストランは日本にも進出してると聞きました。
日本でも行ってみたいなあ。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : MKレストラン, タイスキ, 伊勢丹, BTS, バンコク, タクシー,

2014年8月 
チェンマイ6日目

せっかくバンコクに立ち寄ったのですから、
空港にだけ居たのではもったいないので、
エアポートエクスプレスを使って市内へと足を伸ばしてみます。

現在18時。
次に乗るのは、
日付がかわった翌日2:10発の香港航空なのですから、
エアポートエクスプレスの最終列車で戻っても理論上は間に合います。
が、流石にちょっと怖いので、
23時にはスワンナプーム空港に戻ってこようかなと。

荷物を空港の一時預けに預けて、
身軽になってバンコクの街へ。
バンコクの・・
パヤタイ駅付近↑

BTSへ乗り継いで、伊勢丹周辺まで行きましたが、
相変わらずの大賑わいです。
バンコクも本当に都会になりましたね。
来るたびにそんなことを考えます。
初めてバンコクの地を踏んでから20年にもなろうとしてるのですから、
当たり前といえば、当たり前ですね。

伊勢丹前のBIG-Cにて買い物です。
ここで買うのは、タイのお菓子などですかね。
あと、タイ米とか・・・

結局、荷物を増やしたことになって、
スワンナプーム空港へ戻りました。

スマホで確認したとこによると、
これから帰ろうとしてる沖縄地方に台風が接近中とのこと。
行きに台風でつかまっただけに、
気になりますねえ・・・


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 香港航空, エアポートエクスプレス, スワンナプーム, 空港, 伊勢丹,

2016年3月
タイへ
2日目

さて、BizotelBnagkokの朝食は、予想以上によかったので、
お腹も満足です。
これで、買い付けというハードなスケジュールに対応できますね。

本日は、サンペーンというチャイナタウンのエリアに向かうのですが、
その前に、
このBizotelBangkokの周辺について書いておきましょう。

ランナム通りは、タイ人の若者で多く賑わうエリアですね。
よって、深夜にでもならない限り、
人通りもそこそこあるので、そんなに危険な感じはしません。
これは重要です。
周囲に何もないと、ちょっと怖い。野犬とか・・・

ホテルの隣には、セブンイレブンあり、テスコロータスのスーパーあり、
食べ物の屋台も豊富にあり、
ちょっと賑わっているイサーン料理の食堂もあり、
またまた、タイマッサージもあり、
と、かなり十分な環境です。

BTSの戦勝記念塔駅(アヌサワリチャイ)からは、
ランナム通りを歩いてくると、
約10分というところでしょうか。
雨が降るとちょっと厳しいかもしれません。

ホテルの朝食会場から、
外を眺めていたら、バイクタクシーが待機してましたので、
地元のタイ人は戦勝記念塔あたりまで、
バイタクを利用してるのかもしれませんね。

ランナム通りも、BizotelBangkokの辺りまで来ると、
もう端っこの方になっているので、
ラチャプラロップ通りにもすぐ出れます。

ラチャプラロップ通りをそのまま南下していくと、
伊勢丹周辺までいけるということになります。
バスも走っています。
BTS利用よりも、このバスを使うという方法もありですね。

そして、BizotelBangkokのすぐ裏に、
クルンテープアパートメント(KRUNGTHEP APARTMENT)というアパートがあったんですが、
このアパート、もしかしたら昔友人が住んでいたアパートかも、
何か見覚えあるんですよね。
記憶はかなりあやふやですが・・・・
クルンテープアパート


つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : BizotelBangkok, 朝食, ランナム, バイタク, バス, 伊勢丹, ,

2016年3月
タイへ
2日目

ランナム通りを東側に歩くと、
ラチャプラロップ通りに出ます。
この通りを南下すると伊勢丹方面に行けるわけですね。

なので、今回は、目的地がサンペーンとチャイナタウンにあることから、
BTSは使わず、バスにてアクセスしてみます。
バスマップを確認してみると、204番のバスが乗り換えなしでいくではないですか。

なので、早速利用してみることにしました。

ランナム通りを東側に出て、
スタンドのある通りが、ラチャプラロップ通り、
伊勢丹方面は右なので、歩道橋を利用して反対側に渡ります。

歩道橋の上から、伊勢丹方面を望む↓
ラチャプラロップ通り


バスの停留所はタイらしく、適当な感じで、
何となく人が集まっているところ、この辺だろうね。
と待っていると、すぐに204番のバスが来ました。

おーラッキーとばかりに乗車。
これに乗ってれば、とりあえずサンペーンの周辺まで行けます。
車掌さんには、「サンペーン」と伝えて料金を払います。
エアコンバスでしたので、距離で料金が変わるので、行き先を伝えないといけないです。

いつもバンコクでバスに乗るたびに思うのですが、
このタイのバスの車掌さんは、いつも手際がいいですね。
シャシャと切符に切り込みを入れたり、筒にお金をしまったり、お釣りを出したり。
エアコンバスは、距離によって料金違うから、
きっと全区間の料金表がだいたい頭に入っているのでしょうね。
しかも、どんなに混雑していても、必ず料金を徴収にやってきます。
で、払った人の顔をだいたい覚えているところもまた凄いです。

バスは、プラトゥナムを抜けて、伊勢丹前、マーブンクーロンセンターを通り、
チャイナタウンに近づいていきます。

ようやくサンペーン周辺に到着した模様です。
車掌さんも「ここはサンペーン」とみんなに伝え、
ほとんどの乗客が下車。

さて、買い物地獄のサンペーンエリアに足を踏み入れて行きますか。
すでに混雑して来てますね~。

つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




関連タグ : ランナム, ラtyプラロップ, 204, バス, エアコンバス, 伊勢丹, マーブンクーロンセンター, チャイナタウン, サンペーン,

2016年3月
タイへ
2日目

サンペーン買い付けは、かなり疲れてきたこともあって、
一旦終了としました。
で、伊勢丹のある辺りへでも行こうか、
プラトゥーナムでも行こうか、
となりましたので、チャオプラヤーエクスプレスボートに乗ろう!となったんですが、
乗り場まで歩くのに難儀しました。

GoogleMapを頼りに行こうとしたんですが、
車道の多い公園のような所を突っ切らねばならず、
面倒くさくなったので、中止。

周辺を買い付けの癖でウロウロして、
寺の周りをぐるっと回って、
インディアンエンポリの裏手の方に回り込むと、
文房具のお店を発見!
ここでいろいろと物色。タイの文房具店も面白いですね。

やはりバスで伊勢丹方面に向かおうとなりましたが、
また、元のインディアンエンポリウムの前辺りに戻らねばなりません。
これがまた、難儀・・・
適当なソイを曲がると、
裏路地の市場のようなところに迷い込み・・・
布を多く売るインド系の方々がお店をやっているエリアみたいで、
なんとも不思議な感覚。

これを「ヤワラー地獄」というのでしょうか・・・
ヤワラー界隈で迷ったらなかなか抜けられないよと、
昔誰かが言ってたのをふと思い出しました。

しかし、なんとか脱出に成功。
このときは、もうかなり疲労困憊してましたね。
それでも、買い付けの癖で何かないかな・・?と探してしまうのは、
もう病気なんでしょうかね。

地図サンペーン界隈

上の地図のように、インディアンエンポリからぐるっと一回りしたんですが、
かなり遠く感じました。
たぶん、歩く速度が遅い、人やものが多くてまともに歩けない・・・、周りを見すぎ・・・
などの理由で遅いのでしょうけど。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : サンペーン, 買い付け, インド人, ヤワラー, 伊勢丹,

2016年3月
タイへ
2日目

インド人街を彷徨った挙句、
何も目ぼしいものが見つからなくなったというか、
かなりの疲労度になってきたので、
一旦、サンペーンからの撤収を決めました。

チャオプラヤ川のエクスプレスボートは、
乗ろうとしたものの、乗り場探しで失敗したというか、
探すのが面倒くさいし、歩くのも面倒ということで、
あきらめ、バスにてどこかへ向かうことにしたものの、
なかなか、この場所からサイアムスクエアまで行くバスはない。

そんな中で40番のバスが、
バスマップBMTA(バス公社)のアプリから行きそうな気配。
しかしながら、アプリ画面を見ていると、
40番のバスが3つ載っており、
途中で止まってしまうものもあるみたいです。

見ていると、40番のバスは、
ミニバスとエアコンバスが交互にやって来てる印象だったので、
おそらくどちらかが途中止まりかもしれないなと思いながら、
40番のミニバスに乗車。

すぐに女性の若い車掌が回ってきたので、
「ワートレ」(伊勢丹辺り)というと、
すごく変な顔をして、感じ悪・・・と思ったけど、
ここは作戦通りに「じゃあ、フォアランポーンね」と言うと、
少しほっとした顔して、料金を徴収。

この後、バスは爆走して、
チャイナタウンを走行していきます。
ミニバスは、たいていの場合、運転が荒いことが多いのですが、
このミニバスの運ちゃん、何を血迷ったのか、
前がつかえているのに、
アクセル全開、急ブレーキ、
進路変更しまくり、空ぶかししながら強引な割り込み、
を繰り替えし、がんがん前へ前へ。
そんなに急いでも変わらないと思うけどね・・・
大丈夫なんだろうか?と不安になりました。
40番のバス ミニバス

いやあ、久しぶりに、ヤバイ運転に出会いました。
座れたのでよかったけれど、
立っていたら、あの運転はかなりヤバイです。

みなさんも、バンコクのミニバスに乗車の際は、
お気をつけくださいね。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ミニバス, チャイナタウン, BMTA, バスマップ, 伊勢丹, フォアランポーン,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
6日目


ピンクのカオマンガイのお店 ラーン・ガイトーン・プラトゥーナムへ

BACC(バンコク・アート・カルチャー・センター)を後にして、
プラトゥナムにある、
カオマンガイで有名なお店、
ラーン・ガイトーン・プラトゥーナムへ向かうことにしました。

バンコク来たら、
食べることも多くなって困ったもんです。

BACCからだと、
歩いていけなくもないですが、
ちょっと、遠いなあと感じる距離でしたので、
バスに乗っていくことにしました。

国立競技場駅のとこで、
ちょうどノンエアコンの204番来たので、
飛び乗ってみますと、なんと無料バスでした。
無料バスってまだあったんですね。
この前も、サンペーンから乗ったら、無料のバスでしたので、
もしかしたら、204番は無料バスの確率が高いのかしら・・・

2停留所くらいで、伊勢丹前に到着。
ここで下車して徒歩で向かいます。
伊勢丹前周辺もかなり変わりましたね。
まず、歩道橋ができて、プラトゥーナム方面につながっているのと、
BTSのモーチット方面にも完成しつつあるではないですか。
特にプラトゥーナム方面は狭い歩道しかなかったんで、かなり便利になりましたね。
伊勢丹前歩道橋チットロム

伊勢丹前歩道橋_

そんな歩道橋とは、反対側の歩道を歩いて、
ピンクのカオマンガイこと、ラーン・ガイトーン・プラトゥーナムに到着。

18時を少しすぎたとこなのに、
もう満席状態ですね。
歩道上には順番待ちできるように、柵ができていて、
そこで待ちます。

「相席でもいいですか?」と日本語でおじさんに聞かれました。
このおじさん(たぶん社長)は、何か国語かしゃべります。
それだけいろいろな国のお客さんが多いのでしょうね。

順番待って、台湾人と思しき女性2名と相席になって、
やっとこさ運ばれてきた、カオマンガイはとても美味しかったですよ。
一口食べると、そのおいしさの意味が分かるはず。
なんでこんなにも並んでまでして食べるのか?という回答を得られる美味しさですね。
タイ人は持ち帰りが多いみたいですが。
ピンクのカオマンガイ2

ピンクのカオマンガイ1

他のお店のカオマンガイも美味しいところはあるんですが、
やはりここは違うなあ・・・と感じますね。
タイに来たら、カオマンガイの食べ比べも面白いかと思いますよ。

カオマンガイの奥の深さを垣間見た感じですね。

お腹も膨れたので、今日はこの辺でホテルへ帰還。
お店の前から、536番のエアコンバスで、ランナム通りの入り口付近へ。
今日は、これで終わりです。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ピンクのカオマンガイ, ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム, BACC, 無料バス, 伊勢丹, チットロム, プラトゥナム, 歩道橋,

2017年9月
バンコク弾丸仕入
5日目

ピーチの深夜便で帰国、出発までどうやって過ごそうかな??その2

で、今回は、
レイトチェックアウトをするか悩みましたが、
中途半端な時間となる上、
費用をほぼ1泊分取られてしまうのは勿体ない!
という結論に達し、
なるべく汗をかかないルートで、時間をつぶして買い物でもしてようとなったわけです。

予定通り、12時ギリギリまで部屋で粘り、
「時間ですよ」のコールをもらってから、
チェックアウト。

ランナム通りから、ラチャプラロップ通りへ出てバスに乗り、
伊勢丹付近へ。
ここで、あちこち見て回って時間をつぶします。
基本的にエアコンが効いてるところを中心に。

さらに、サイアムパラゴンへ移動。
雨が降ってましたが、スカイウォークを利用して移動。
しかし、パラゴンの近くは極端に通路が狭くなるので、
人の渋滞が発生してましたが、通路の拡張工事が行われてる様子でした。
パラゴン内の、「au bon pain」にて、お茶の時間を設けます。
cafeはたくさんありますので。お好きなところへ。

再び歩いて伊勢丹へ戻りつつ、
プラティナムファッションモールを視察。
この服飾のビルの活気はものすごいですね。
衣料関連商品は、ここを一日うろついてると、
何等かの仕入れはできそうですね。

でそれから、
17時オープンのカオマンガイ、
ピンクのカオマンガイ(ラーンガーイプラトゥーナム)へ18時頃着。
少し並んでから、カオマンガイを満喫して、
路線バスでロイヤルビューランナムへ戻りました。

ここで、荷物の整理とトイレを拝借し、
ラチャプラロップ駅まで徒歩で向かい、
日曜日なので、比較的すいてるエアポートレールで、
20時過ぎには空港へ向かいました。

ラチャプラロップ駅にて201709


21時前には、スワンナプーム空港到着。となりましたね。

エアコンの効いてる室内で過ごした時間が長かったので、
まずまず、汗をかかずに済んだのでした。
計画通りですねえ。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : , パラゴン, 伊勢丹, カオマンガイ, バンコク, エアポートレイル,