FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年3月

バンコク・スワンナプームで国内線に乗り継ぐ方法ですが、
これはタイ航空の国内線に、タイ航空国際線から乗り継ぎする方法です。
すでに、国内線のボーディングパスを手にしている状態で、
この乗り継ぎ専用のパスポートコントロールを抜けることができます。

タイ航空以外の国際線でタイに到着して、
エアアジアなどのLCCに乗り継ぐ場合は、自力でドンムアンまで移動する必要があるため、
スワンナプームの普通の乗り継ぎ用ではない、通常のパスポートコントロールを抜けて、
入国となるわけです。

すでにボーディングパスを手にしているのに、
通常のパスポートコントロールを通過して入国しても問題はないと思われますが、
やったことがないのでわかりません。
タイ航空国内線のボーディングパス持ってる人は、
無難に普通にこの専用のパスポートコントロールを抜けて入国しましょう。
その方が楽ですから・・・

飛行機を降りてターミナルに入ったら、
Transfer to Chiangmai, Chiangrai, Phuket, Krabi, Samui
の表示に従って進むだけですので、簡単です。
飛行機がどこに着いたかで、歩く距離はかなりになります。
スワンナプームって広いんですよ。

このパスポートコントロールに入る前に、
本当にあなたは乗り継ぎですか?というチェックがあり、
パスポートとボーディングパスを見せるように言われます。
チェック後OKなら、黄色のシールが貰えますので、
これを胸にしっかりと貼り付けておきましょう。
このシール、チェンマイなど目的地の空港に着いた時に、
これを目印に到着客を振り分けているようですので。
乗り継ぎシール

我々がチェックの列に並んでいると、
前に居た日本人の5人組くらいの男の子達が、
居変に気がつき「ここは乗り継ぎの人の列だ!」と慌てて出て行きました。
確かに、勘違いしてしまいそうではあります。
まあ、万一並んでいても、
ボーディングパス持ってないと、通過はできませんが・・・

バンコクエアウェイズも、スルーチェックインしてる場合は、
同じようにこの専用のパスポートコントロールを抜けることができるようです。
黄色じゃないシールを貼ってる西洋人が居たので、
たぶんバンコクエアウェイズを利用してるんじゃないかと思いました。

と、あっけなくタイに入国して、
またいつものスタンプがパスポートに押されました。

さあ、国内線エリアに入って、一休みしますか。

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : スワンナプーム, 乗り継ぎ, チェンマイ, パスポートコントロール, 入国,

2014年8月
ちょこっとチェンマイ 1日目

長い長い、1日目。
ようやく本日の最終目的地のバンコクに着陸です。
今回は、上空待機もなく、タイの大地にすんなり着陸。

沖縄から飛行時間としては短いはずの、
バンコクにようやく着きました。
かなりの疲労度合いですね。もう寝てませんから・・
時間にして、着陸したのは4:10
本当は0:55が定刻。3時間の遅延。

ゲートからトボトボと歩いて、入国審査へ。
この時間はさすがに空いていて、待ち時間ゼロ。
すぐにパスポートにスタンプされて、ビザの有効期限確認OK。

で、予約してあるホテルの送迎バスの待ち合わせ場所へ移動。
こんな時間で本当に人がいるのか、そもそも朝の5時すぎにチェックインなんて・・・
という思いで、外へ出て、到着口4番の扉のところへ行ってみると、
案の定誰も居ません。
外の車のとおりを見ても、「トンタリゾートスワンナプーム」のバンも居ません。

仕方がないので、
持参のSIMフリー携帯のSIMを購入し、
早速その電話で、ホテルへ連絡してみると、
「30分で行きます」とのこと。
本当かなあ・・・と思いつつも、その場所で待つことにしました。
これが、間違いの始まりだったのです・・・

待てど暮らせど来ない・・・
こんなことなら、素直に「ノボテル」にしとけばよかった・・・
電話から40分も経過。
タイだから10分くらいの遅れは当たり前。
うーん、もう一度確認の電話をしてみようとホテルへ電話。
「さっきも電話したけれど、いつ来るの?」
「あっ、そうでしたか。ごめなさい」
「いいよ、何分で来る?」
「20分で、空港の4番のところで待ってください」
ところが・・・



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : トンタリゾートスワンナプーム, スワンナプーム, バンコク, 入国,

2015年9月
5日目 バンコク⇒台北

AairのZV8は、定刻より少し早めに台北空港へ着陸しました。
時間にしたら、5:30くらいでしょうかね。
まだターミナルには、到着便も少ないせいか、
人もまばらな感じです。
早朝ですからね。

ここで、入国審査となったわけですが、
入国カードには、台北での宿泊先を書くことになっているのですが、
我々はトランジットなので宿泊はありません。
なにせ、3時間後には沖縄へ向けて飛び立つわけですから、
入国時間はせいぜい2時間くらいなものでしょう。

この弾丸旅行の初日の台湾入国の時は、
「GrandHotel」(圓山飯店)と書いて入国を通りましたが、
今回は、試験的に「Transit」と書いてみました。

それを見た入国審査官は、
「乗り継ぎ便のチケットはありますか?」と聞いてきました。(しかも日本語)
「はい、ありますよ」と
3時間後に出発するピーチのEチケット控えを見せると、
入国スタンプを押してくれました。

結論は、トランジット扱いでも、宿泊先記入してもどちらでも大丈夫そうです。
今後、個人的には台北のこのようなトランジットは増えると思われますので、
うまい事やっていこうかなと思った次第です。
まあ、正直に申告しておいたほうがよいのかもしれませんね。

到着ロビーに出てきて、
台湾ドルがないので、もう一度両替。
両替のたびに手数料を持っていかれるので、
よく計算の上、両替回数は1回で済ませたいところですね。

まだ時間が早いため、
開いているお店は限られています。

仕方なく、第1ターミナルの地下のフードコートへ。
準備中のお店が多いですが、そんな中で焼きたてパンのお店を発見。
しばしの間、コーヒー飲んで休憩ですね。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




関連タグ : 台北, 桃園, フードコート, Vair, トランジット, 入国,

2016年3月
タイへ
1日目

IT505便のタイガーエア台湾は、遅れることなく、
ほぼ定刻通りにバンコクのドンムアン空港に到着してくれました。
やれやれ。

ボーディングブリッジに接続されて、
空港内の建物に入る頃には、
ドンムアン空港の独特な空気と雰囲気を肌で感じ、
そしてがっちり効いたエアコンの冷風と、
タイの生暖かい空気が絶妙に交じり合った空気を吸い込むことで、
「ああ、タイにやって来たんだ」と認識できます。

スワンナプーム空港ができる前は、
ここドンムアン空港がバンコクの玄関口だったので、
初めてバンコクを訪れた時から、何度利用したことでしょうか。

そしてLCCの台頭で、再びドンムアン空港が復活し、
自分も利用することになるとは・・・
なんとも面白いものですし、
私は、このドンムアン空港の空気も好きなので、
ここに来ると、懐かしさと相まって、テンションも上がるんですよね。

イミグレはそんなに混雑はしてませんでしたが、
その付近には、
ビザ待ちの方々が大勢おりまして、それはそれは賑やかでした。
これもいつもの光景になっていますね。

それと、タイの入国時には、入国カードがありますが、
この入国カードに、ホテル名とかタイの居場所を記入する欄があります。
そこにホテル名と住所を書かないと、
その場でいろいろ聞かれたり、記入を求められるという情報がありましたので、
今回は、
宿泊ホテル名と住所を書いておきました。
今までは、ホテル名だけ記入でよかったんですけどね。

列を見ていると、
やはり記入がない人は、その場でいろいろ聞かれたり、
なんだかんだ、すったもんだしてましたが、
自分の番が来てみると、何も聞かれなかったので、
今後は、ホテル名&住所の両方を記入をした方が無難ですね。

税関はフリーでスルーして、
いよいよタイへ入国。
ドンムアン空港到着荷物


ここからは、
本日の宿泊ホテル、Bizotel Bangkokへ向かいます。
場所は、BTS戦勝記念塔駅に近い、ソイ・ランナムにあるので、
A2バスを使うか、タクシーか、悩んでおります。
現在時刻は19:35。A2バスは20:00発らしいです(係りの方が言ってましたが、どうかな)

その前に、ドンムアン空港内の郵便局の営業時間をチェックしましょう。

つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : ドンムアン, 入国, イミグレ, カード, ホテル, 居場所, Bizotelbangkok, タイガーエア台湾, LCC,

2016年3月
タイへ
8日目

ついに日付が変わり、最終日です。
チェンマイを21:30に発ったV-AirのZV10便は、
台北には深夜2:30に到着予定ですが、
大幅に早まりそうです。

機内誌を見ていたら、
携帯用のデジタル秤の、
かわいいV-Airのクマ仕様があったので、
CAの方に、「これは売ってないの?」と聞いてみると、
「オンラインショップのみです。」との返事でした。
うーん、残念。欲しかったけどなあ・・・
しかし、我々トリップアンクルもオンラインショップだし・・・

台北桃園空港に到着前は、かなり気流が悪く、
高度を下げるにつれて、
ガタガタとジェットコースターみたいな感じになってまして、
ガタガタ、ガクガクと上下左右にかなり揺れました。
上下にも激しく揺れると、お尻が浮き上がるような気がしましてね。。

窓から見ていると、一向に地上が見えないので、
こりゃ雨雲がかなり低いなあ・・・
でも、台北桃園空港はILSは装備してるけれど、カテゴリーは何だったかなあ?
ゴーアラウンド(着陸復行)したら人生初になるなあ・・・
なんて思っていると、ようやく地上の明かりが見えました。
と同時に揺れもなくなり、
滑走路に無事に接地。

台湾時間にして、1:40に着陸です。
そのままタキシングしてA9スポットへ。
1:50に着いてしまいました。
外は雨模様ですな。
台北は雨


さて、ピーチの出発は、10:15だったかな。
それまで、どこで仮眠しようかな。
と、眠い目をこすりながら、
入国審査へ行きます。

ガラガラです。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : チェンマイ, 台北, V-Air, 台北桃園空港, 入国, デジタル秤, ,

2017年1月
台北仕入と遊びに
3日目


桃園空港まで来たら、後は普通の光景 ピーチにて沖縄へ

3列シートの國光客運の車輌は、
高速道路を順調に走行して、
渋滞にも巻き込まれず、45分くらいで桃園空港に到着。
早いですねえ。

そのまま空港のピーチチェックインカウンターへ。
結構並んでおりました。
インバウンドの需要で沖縄路線は好調と聞いておりましたが、
客層はほとんどが台湾人と見え、
日本人の方が圧倒的に少ないですね。
MM928201701

うーん、これなら1日2便飛ばしても、
まだ足りないくらいではないでしょうか。

ちなみにお隣のゲートは、ヴェドジェットエアのハノイ行きでした。
荷物は7kgなんですね。
VJ隣のゲート

我々の乗ったMM928は、
那覇空港へは、定刻より少し遅れての到着となりましたが、
まあこの位は許容範囲でしょう。
今後は、この台北からの夜の便は那覇に駐機せず、
バンコクを往復してくることになるので、
MM928が時間通りに飛ぶかどうかで、
バンコク路線の定時率も変わってくるんでしょうなあ・・・
なんて、考えながら那覇に戻ったのでした。

入国は案の定、日本人は少ないですね。
ちなみにこの日のMM928は満席とのことでした。
180名は飛んできたわけですね。

入国時に日本人用に並んでいたら、
ピーチの外国人キャプテンが、
申し訳なさそうに「すみません」と列に割り込み、
入国審査を受けてました。
LCCターミナルならではですねえ。

次の台湾仕入はいつになるのでしょうか。
また、タイの帰りで寄るかどうか。
コスト的にはどうなるのか・・・
検証が必要ですね。

これで、1月の台湾旅行記は終わります。
ありがとうございました。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : LCC, ピーチ, MM, 満席, 外国人機長, 入国, 那覇, バンコク, ヴェドジェットエア,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
1日目

ピーチ、バンコク行きMM989 バンコクに到着後、イミグレで時間かかる

さて、沖縄発バンコク(スワンナプーム)行きです。
搭乗してみますと、ほとんど満席です。
搭乗率は90%は楽々オーバーでしょうね。

我々は一番後方の座席を指定してましたので、
隣は居ませんでしたが、
結構隙間なく埋まっていて、170名くらいは乗っているのではないですかね。
ほとんどがタイ人と思われますが・・・

やがて、
那覇空港の滑走路の南端までタキシングしてから、
北向けに離陸となりました。

あとは、ほとんど洋上飛行で一路バンコクへ。

機内販売などもあったようですが、
バンコク到着に備えて、眠りにつきました。
MMバンコク行き機内


バンコクまでは4時間ほどで着陸。
LCCのピーチに沖縄から乗って、
バンコクのしかもスワンナプームに到着するなんて、
なんだか不思議な感じです。
「ほんとにここはバンコクだよねえ」

ピーチのCAの方と少しお話ししました。
聞くところによると、このままバンコクでは降りずに、那覇に戻るのだそうです。
で、明日福岡経由でベースの大阪へという、
ハードなスケジュールなんだそうですね。
本当にお疲れ様です。
きっと、那覇-バンコクの往復乗務はさぞかしきついでしょうね。

到着してからは、
いつもどおり入国審査まで進み、
列に並んだのですが、夜中の0時を過ぎてるというのに、
かなりの行列です。
どうやら、中国からのフライトの到着と重なっている模様。

スワンナプームは大きな空港ですから、
夜中でも発着があるので、まあ仕方がないですね・・・

それでもイミグレの係官が頑張ってくれたおかげで、
長蛇の列にもかかわらず、
20分くらいで通過できました。

さて、荷物を取って、表へ。
ここで、本日のポイント、
予約してるホテルの係とうまく出会うことができるでしょうか。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ピーチ, 沖縄, 那覇, スワンナプーム, バンコク, CA, 乗務, イミグレ, 空港, 入国,

2017年7月

タイに仕入れ行って来ました。ピーチの搭乗率は行き7割、帰り6割くらいかな


前回の旅の様子をいろいろと書きなぐっておりますが、
それが完結しないうちに、
次の仕入れの旅に行って来てしまいました。

今回は、高速買付を敢行したので、
あんまり情報はないのですが、
先に、気になっているピーチの沖縄-バンコク路線の搭乗率についてです。

このままずーっと存続していただきたいので、
とっても気になる搭乗率。
だって、うちのトリップアンクルの仕入れにもろに影響しますからね。

行きは
6月28日でしたが、
搭乗率は7割くらいとのこと。
これは実際にカウンターで係りの方に聞いたので、
ほぼそんなものなんでしょうけれど、
日にちによっては7割以下のこともあるとのことでして、
これまた気になりますね。

2月に就航したときは、最初ということもあってか、
好調を維持できるような気配もあったんですがね。

このまま行くと、冬のスケジュールからは、
週4便くらいに減便されてしまうのか??
いやあ、困りますね。

ピーチさん、これを読んでいたら、
なんとかデイリーで維持してくださいと言いたいところですが、
週3便でもかまわないので、存続していただきたいです。
よろしくお願いします。

この日は、曜日の関係で、
バニラエアとバッティングしなかったので、
LCCターミナルの国際線待合所(出国後)は、
まだ幾分か座れる椅子も残ってました。

フライトそのものは、
定刻通りに飛んでくれました。

深夜の時間帯でも、入国審査はかなりの行列。
欧米人の家族に割り込みされましたが、
まあ、タイの入国係員の誘導もよろしくなかったですね。
所要時間は20分くらいで通過しました。
荷物もそのころには出てきていて、すんなりと到着ロビーに出れましたよ。

バンコクに行かれる方、
ぜひピーチの沖縄-バンコク線をご利用ください。
ピーチ那覇空港にて


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ピーチ, 沖縄, バンコク, 直行, LCC, トリップアンクル, 仕入れ, 搭乗率, 入国, スワンナプーム,


2017年11月
ロイクラトン見学と仕入れ
2日目

バンコクに到着。あれれ?変更になったと聞いたはずの入国カードがそのままだけれど・・

ピーチのバンコク行きは時間通りに飛んで、
ほぼ定刻通りにスワンナプーム空港に着陸しました。
揺れもなく快適な飛行でした。
LCCTerminal201711
この那覇空港のLCCターミナルから、いきなりスワンナプーム空港というのも不思議な感じがしますね。

珍しく、バンコクの南側から進入して滑走路01Rに着陸です。
今日は南風ではないようですね。
こちら側からの着陸は珍しいかもしれません。

降機後は、長い通路を歩いて移動し、
イミグレーションへ向かいます。
今日は端っこに到着した模様で、歩く距離もそれなりです。
なので、動く歩道を活用します。

深夜の到着にもかかわらず、相当数の旅客が入国審査の列に並んでおり、
イミグレの入り口からターミナル側まであふれてる状態です。

そういや、機内で渡された入国カードですが、従来のままでした。
変更になったと聞いていたんですが、
昔のままだったので、ピーチの乗務員に聞いてみたところ、
これで問題はないとのことでした。

入国審査場で新カードに書き直しを命じられたら面倒くさいなあ・・・
と思いましたが、
一応係員が、入国審査の手前で、入国カードとパスポートをチェックして、
空いてる方の列に並ばせるべく誘導してました。

自分の番が来て、
古い記入済みのカードとパスポートを見せるとOKとのこと。
カード自体を見るというより、署名してあるかをチェックしてる感じでした。

イミグレのカウンター横には、
入国カードが変更になったという記載がある看板があるのに・・・
不思議なことです。
ひょっとすると、古いカードの在庫が尽きるまで使うのかもしれませんね・・
次来る時に在庫が尽きてたら、次は新しいカードになってるかもです。
タイらしい対応ですね。

結局イミグレ通過に50分くらいかかりました。
入国審査の通過の際に懸念事項が一つあったんですが、
それは、次の記事に書きます。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : イミグレ, 入国, 入国カード, 動く歩道, スワンナプーム空港, ピーチ, 乗務員,

2017年11月
ロイクラトン見学と仕入れ
2日目


タイに入国が今年4回目につき、不安を抱きつつイミグレに並ぶも、無事通過の件

事前情報による入国カードの変更はどうやらされてないらしく、
もしかすると、新旧のカードが混在してる状況なのかもしれませんね。
並んでる人の持ってるカードを全部チェックしたわけではないので、
わかりませんが、そんな印象です。

我々は、今年タイに入国4回目なんですね。

いろいろと調べてると、
タイには年2回しか入国できないという情報もあり、
夫婦で入国して、旦那さんだけ拒否とか、
この方、タイに4回目くらいでそれぞれ1回の滞在日数も少ないみたいですが・・・

外務省のHPによると、
タイに陸路で入国するのが年に2回まで。
という規定になっていて、空路に関しては回数の規定はないというふうにも取れます。

いろいろな人にも聞いてみましたが、
年4回で、それぞれの滞在日数が少なければ何も問題はないとのことでした。
毎回30日目一杯滞在してると、労働してる疑いを掛けられると。
しかし、念のため、復路のEチケット控えと、現金を多めに持って来れば、
何か言われても入国拒否はできないでしょうとの情報が多数。

厳しくしてるのは、
タイに観光ビザで出入国を繰り返し、労働をしてる人がいるので、その取り締まり目的とのこと。

なので、毎回の滞在日数がノービザの30日ギリギリ滞在で、
それを何回も繰り返し、タイでの滞在日数が合計90日近くに達してると、
イミグレのコンピューターで警告が出るとか・・・
そうすると、タイで働いてるのでは・・・と疑われ⇒入国拒否となることもあるかと。
観光ビザの延長を繰り返していても、
あらぬ疑いを掛けられることになりかねないので怖いですね。

今回の我々の場合は、4回目でも各滞在日数が、
1回目 16日 3月 
2回目 5日 6月
3回目 5日 9月
という状態なので、合計26日。まあ大丈夫でしょうと。

並んだイミグレの列は、
隣の列より動きが鈍いです。
のんびりした係官なのかな・・・

自分の番が来て、いよいよパスポート提出。
カメラを見てから、
何も言わずに、「バン、バン」と2回判を押す音が。。。
よかった、入国完了。

このバンバンと2回判を押す音が聞こえると、
安心してしまうのは自分だけでしょうか。

結論は、4回目でも問題なく入れました。
たぶん滞在日数が短いからでしょう。
冷や冷やするので、タイの入国は年間で4回くらいにしておいた方が無難なのかなあ・・・
と思ったり。。

大好きなタイに入国拒否されるという悪夢は、
訪れませんでした・・・
ありがとう、タイランド!!

しかし、この後、チェンマイ行きのフライトでトラブルが・・・
順番に書いていきますね。お楽しみに。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : イミグレ, 入国, タイ, 入国拒否, 入国カード, 労働, 疑い,