FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2015年9月
1日目

MM921のピーチの飛行機は、
時間より早く台北桃園空港に着陸しました。
到着ゲートからは、歩いて入国審査へと向かいます。

台北の入国カードは機内で記入済。
トランジットで台北には12時間くらいの滞在となりましょうか。
次に乗るVairバンコク行きは21:10出発予定。
ホテルを記入する欄があるのですが、ここってトランジットだとどうなるのでしょう。
悩んだ末、適当なホテル名を記入しました。
帰国時は、ためしにtransitと記載してみたのですが、それはまた帰国時の記事にて。

写真と指紋を摂られたものの、
難なく通過。
荷物は機内持ち込みにつき、ターンテーブルはスルー。
税関もスルーし、
到着ロビーに出てきました。

半年前の3月にも来たばかりなので、
場所はわかっています。
両替を済ませ、荷物の一時預かりを探します。

地図を頼りに行きましたが、見当たらず・・・
「あれおかしいな・・・」
地図どおりに行くと外に出てしまう・・・あれ?

ピーチ機内で出会った、中国語堪能な沖縄出身の男の子と、
再び偶然出会ったので、聞いてみると、「わからない」とのこと。
一緒にインフォメーションへ行ってみると、そこのオバちゃんの係員日本語ペラペラでした・・

結果、外に出て、出発ロビー側に移すると、カウンターがあるので、
そこに預けられるとのことでした。
沖縄の男の子、オバちゃんありがとう。

というわけで、荷物を抱えたまま台北市内を歩き回るということは回避できたので、
早速バスに乗って台北市内へ向かうことにします。

バス乗り場へ移動し、
迷わず国光客運チケットカウンターで、台北駅まで125元の切符購入。
5番乗り場へ
バス番号1819
すでにアメリカンバスが待機してました。
国光号1

このバスは、結構古いですよ。
トランクに荷物がたくさん入るので、空港線に多く使われているバスとか。
国光号2

このバスに揺られて、
台北市内へ向かいます。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 台北市内, バス, 国光客運, アメリカン, チケット, 荷物,

2015年9月
1日目

台北桃園空港から台北市内へは1時間弱。
国光客運のアメリカンスタイルのバスは、
老体にむち打ってる感じで、一生懸命高速道路を走ります。
上り坂にさしかかると減速。

ほとんど高速道路を走行するのですが、
結構アップダウンがあり、上り坂ではバスは苦しそうに走行してます。
大丈夫かな・・・

やがて、高速道路を降りると台北市内へ入ります。
いくつかのバス停に停まり、客を降ろしながら進み、
終点の台北駅に到着です。
50分くらいでした。

台北駅前

電車の線路は地下にあるので、
駅っぽくはないのですが、
建物はやたらと大きく、いくつものテナントも入っており、
どこの食べ物屋さんもおいしそうです。

10年ぶりに台北駅に降り立ちましたが、
過去の記憶っていい加減なもんですね。
こんなにお店がたくさんあったという記憶がまったくありません。

駅の中をウロウロしていると、
美味しい食べ物に目移りしてしまうので、
早めに本日の目的の一つである、
鼎泰豊の本店に向かうことにします。

最近、地下鉄ができてアクセス便利になったんですね。
東門駅からすぐではないですか。
いざ、出発!


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 鼎泰豊, 台北駅, 国光客運, テナント, バス, 地下鉄,

2015年9月
1日目  台北

胡椒餅を食べた後には、
そろそろ時間も迫ってきました。
予定の17:30より少し早いですが、
とりあえず、空港へ向かうことにしましょう。

空港からのバスは、台北駅のすぐ脇に到着しましたが、
空港へ向かうバスの乗り場は違います。
それでも、すぐ近くなんですが、
台北西站A棟というところになります。



ちゃんとしたバスターミナルです。
中に入ると、コンビニなんかもあって便利です。
ただ、意外と手狭な感がありますね。

ここでも、バスチケットを購入します。
帰りも国光客運です。125元一人
大有巴士というバスもありますが、こちらは途中で高速降りたりと、
多少時間がかかりますが、90元と安いです。

国光客運は本数も多く、
すでに空港行きのバスが入線してましたが、
このバスは見送ります。
このように自動券売機もあります。もちろん窓口でもチケット購入可能です。
台北バスターミナル

で、次にやって来たのは、またアメリカ製のお古のバスでした。
が、乗客は非常に少なく、
車体が軽いせいか、ガンガンに飛ばして、上り坂もものともせず、
45分ほどで空港に到着してしまいました。
早いね。
台北アメリカ製バス


さて、荷物をピックアップして、
Vairバンコク行きZV007便のチェックインをいたしましょう。

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 国光客運, 大有巴士, 空港, 台北西站A棟, アメリカ製,

2017年12月
台湾へちょこっと仕入と旅行を兼ねて 台南&台北 4日間
2日目

豪華2列シート車両の和欣客運で、台北へ向かいます。高速渋滞・・

チケットを買ったところから、
30メートルくらい台南駅に寄ったところが、
どうやらバス乗り場となってる模様。

係りのお兄さんが、親切にも案内してくれました。

ターミナルといっても、
路上駐車して、客を乗せてすぐに出発ということで、
次々にバスがやって来ます。

台北行きもありましたが、
車内を見たところ、3列シート車両なので、
違うなということで、見送り。

で、やっとやって来ました。
2列車両なので、間違いないでしょう。

乗ってみてびっくり。
シートがでかいです。
和欣客運車内1

電動シートで、マッサージ機能も付いて、
USB端子付きでスマホ充電もOK。
テレビも付いてます。

これなら、快適なバスの旅になりそうです。

ところが、台南市内を抜け出すのに少々時間がかかり、
高速道路に乗ってからも、
所々で渋滞に引っかかるなど、
所要時間は5時間くらいかかりました。

我々の乗ったのは、直達車ということで、
ノンストップで台北までいきました。
途中で、どこかに停まるバスだと、
もう少し所要時間がかかるのかもしれません。

それと、和欣客運は安全運転です。
高速道路も、100km/h以下で走行。
統帥客運の緑色のバスにどんどん抜かされてました。
国光のバスにも。。

安全運転なのは、素晴らしいですが、
やはり飛ばすと時間は、当然ながら短縮されるわけで・・・
時間があまりない旅行者にとっては、
どのバス会社を選ぶのか??
難しい選択かもしれませんね。

でも、私は、和欣客運は気に入りましたよ。

このバスは、何時間乗ってても快適です。

2列シートを選んでよかったなあ。
また、次乗るなら、断然2列ですね。
和欣客運車内2


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 和欣客運, 統帥客運, 国光客運, 台南, 台北, バス, 2列シート, 3列シート, 豪華バス,

2017年12月
台湾へちょこっと仕入と旅行を兼ねて 台南&台北 4日間
4日目

帰りは、MRTではなく国光客運のバスで台北桃園空港へ

せっかくMRTが開通したので、
乗ってみたかったんですが、
ホテルで荷物をまとめてみますと、
結構な量になってしまいました。
それと、重さもかなりのもの・・・

で、これを持って、
MRTの空港行きの駅まで歩いたり、
階段の上り下り、
電車内での取り扱いを考えると、
バスの方がよいという結論になりました。

妻は、MRTに乗りたがっていたけれど、
ここは、荷物のため、我慢してもらいました"(-""-)"

バス乗り場ですが、
最近は変更が相次いでいるらしいですね。
昔のバスターミナルが懐かしい(今は更地)

国光客運のバスは、前は台北駅の東三門だったんですが、
今回は、台北駅の東三門のすぐ近くにできた、
新しいバスターミナルからの出発でした。

ニッコービジネスホテルからは、
徒歩で5分。
ホテルの部屋によっては、部屋の窓から、
このバスターミナルが確認できそうな近さです。

で、荷物を持っておっちらおっちらと、
台北駅の構内を横切り到着。

バスの良い所は、
トランクに荷物を預けてしまえるのと、
必ず座れるところ。

14:00くらいの便でしたが、
MRTの開通後も乗る人は結構いるんですね。
125元と格安だからでしょうか。
MRTは160元だった気が・・・

この時間は、渋滞もなく、
50分で桃園空港に到着。

あとは、ピーチのチェックインをすればよいだけ・・

バスターミナルの写真は撮ってない・・・
荷物が重かったからなあ。。。

大名ビジネスホテル入口



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : MRT, 桃園空港, 国光客運, バス, 台北駅, 乗り場, 荷物多いと, ,