FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年4月
バンコク2日目 (旅行自体は8日目)

タイに何回も来ているにもかかわらず、
バンコク観光の重要地点である王宮には行ったことがなかったので、
やっと行くことができました。

なんか、安心感があったのと、
思わぬ混み具合で、バンコクの主要観光地であることを、
改めて、思い知らされました。

そして、強烈な直射日光を浴びながらの観光であったため、
何だか疲労感を覚えました。

こんな時は、タイマッサージを受けたくなるものです。
お隣のワット・ポーへ行くことにしました。

チェンマイでは、粗悪なマッサージを受けてしまい、
マッサージ後に、足が痛い、ちっとも気持ちよくない・・・
という事態に陥りましたが、
ワット・ポーはタイマッサージの総本山です。
熟練した人が多いので、定評があります。きっと大丈夫でしょう。

ワット・ポーの門をくぐり、
マッサージへ直行といきたいとこですが、
ここには、巨大な寝釈迦仏がいるので、
スルーするのは失礼なこと。

本堂にて、まずは寝釈迦仏を拝むことにしました。
いつきても大きい寝釈迦です。
あまりの大きさに圧倒されます。
全長49メートル、高さ12メートルとのこと。
ワットポー_convert_20131027144149


ここも、バンコクの主要観光地ですね。
まずは、タイマッサージの前に、
寝釈迦を拝みます。もう何回も拝んでいますが、再び。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワットポー, 寝釈迦, タイマッサージ, バンコク, 観光地,

2013年4月
バンコク3日目(旅行自体は9日目)

クレット島にも、何と寝釈迦仏がおりました。
お土産屋が多く立ち並ぶというエリアに向けて、
徒歩でトボトボ向かっていると、
標識より、寝釈迦の案内が・・・

では、行ってみようではないかということになり、
早速、WAT・PORAMAIYIKAWASなるお寺の寝釈迦を見に行きました。
このお寺には、トイレもありました。
この場所にトイレは、希少価値あります。

寝釈迦はこんな感じですね。
クレット寝釈迦

寝釈迦を拝ましていただいた後、
クレット島のお土産屋さんが並んでいるというエリアに入っていきました。

それにしても、平日につき、
人が少なくて閑散としています。
クレット通り

実は、このクレット島は、お菓子の島でもあるらしいのです。、
なので、お菓子を探していると、ありました。
お菓子を売るお店。早速、購入してみました。
見た目は、普通のクッキーのようですが、
独特の味のするお菓子です

たぶんではありますが、
キャンドルの煙を利用して、香りつけをしたのではないかと。
食べた感じの味が、少し煙いというか、
何ともいえない、独特な味(決してまずいわけではないのです)がします。
ちょっと、クセがありました。

そんなお菓子を味わいながら、
お土産屋さん通りを結構進んでみましたが、
陶器の数も少なく、行けども行けども製作現場には出くわしません。

飽きてきたので引き返すことにしますか。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 寝釈迦, WAT・PORAMAIYIKAWAS, クレット島, キャンドル, お菓子,

2014年8月
チェンマイ3日目

この日の予定は、
ランチを食べに「Hoshihana Village」に行くこと。
なので、前日のうちからタクシーをお昼に呼んであるのでした。

それまで時間があったので、
99ザギャラリーホテルにて朝食を食べた後、
やって来たのが、ここワットムーングンコーンです。
ムーングンコーン1


このお寺は、ちょっとわかりにくい場所にあって、
本当は正面から入るべきところ、裏口から入ってきてしまったようで・・・

しかし、寝釈迦仏もいたりして、雰囲気いいですね。
ムーングンコーン2

ツーリストは何故か少なめでして、
地元のタイ人のオバちゃんに、「ゆっくりしていきなさい」などど話しかけられたりして、
非常にローカルな感じの空気が漂ってました。

チェンマイに来るたびに、訪れてみたいお寺のひとつですね。
ちなみに、映画「プール」のワンシーンにも出てきます。
この映画が好きな人は、きっと見覚えのある光景に出会えることでしょう。

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : チェンマイ, ワットムーングンコーン, 寝釈迦, ,

2018年2月
タイへ弾丸仕入旅の様子 またもピーチを利用
2日目

久しぶりにワットポーへ行きました。


今日は、木曜日ということで、
チャトチャックに行っても、お店があんまり開いてないので、
違う方面と、少し息抜きということで、
ワットポーへ久しぶりに行ってみました。
ワットポー1


チェンマイなどに行くと、
お寺に入って一休みとかしてるんですけれど、
バンコクだと、街中にお寺は少ないので、
簡単に一休みしようというわけにはいかないんですけれどね。

で、急遽、ワットポーへ行こうとなりました。

マーブンクーロンの近くにいたので、
48番バスに乗って、ワットポーへ。
ノンエアコンのバスですが、これに乗ると、終点がワットポー。

途中で渋滞にはまったり、
バスが通るにしては狭い道を通ったりして、
終点のワットポーに到着しました。

最後に運河の脇を通ったので、
少し本来のルートから外れたような・・・
まあ、タイのバスは、ルート変更がよくあるので、
こうなったのかもしれません。
または、運転手の気分かな??

ワットポーと言っても、裏手の僧坊のある辺りに到着するので、
表へ回り込む必要がありますが、
その回り込む途中に、入り口があるので、
そこでお金を払って入場です。

今はワットポーに入るのに、100バーツいるんですね。
昔はもっと安かったような気が・・・
地元の人は、もちろん払わないのでしょうけれど。

入ってみますと、また混雑してますね。
こんなにも人が多いと、
ゆっくり見学というわけにもいきませんね。
本当にバンコクへの観光客は多いんだなあ・・・
と実感できますよ。

王宮は、もっと人が多いかもしれない。

やっぱり寝釈迦は大きいですね。
ワットポー3

回廊に並ぶ仏像も立派です。
ワットポー2



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ワットポー, バンコク, 寝釈迦, 入場料, バス,

2018年7月
バンコク&チェンマイへの仕入れ旅。毎度のピーチ利用
8日目

アカアマコーヒー(ラチャダムヌン)とワット・ムングンゴーン

チェンマイでの残り時間も少なくなってきました。

買い付けの旅なんですが、
チェンマイに居ると、買い付けの仕事をしていることを忘れそうになります。
なんて居心地がよいのでしょうか。

このままチェンマイでずっと居たいし、
次にタイに来る時には、
仕入れはチェンマイのみってできないかな??
とか考えてしまいますね。

ファンペーンでの食後は、
アカアマコーヒーにて、
ゆっくりとしたひと時を。


その後、
ワットムングンゴーンにお参りです。
ワットムングンゴーンの仏像

寝釈迦様にお参りしようとしたんですが、
野犬がいて、通せんぼされ、
寝釈迦様は、遠くから拝むことになってしまいました。

以前は、犬は居なかったんですがね。
これ以上入って来るな!と吠えたてるもので・・・
はい、わかりましたと、寝釈迦には近づけませんでした。

狂犬病とかも怖いしね。
普通に噛まれたらと思うと・・・

良い時間になったので、
ホテルへ荷物を取りに帰ると、
シャワーを使わせてくれました。
汗をかいたまま帰国することになると思っていたので、
とっても助かりました。

おまけにスマホの充電も。。

ありがとうございました。
Hホテルプラシンの従業員の方。
また泊まりに来ますね。

HhotelPhrashin


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : チェンマイ, 仕入れ, ワットムングンゴーン, 寝釈迦, , 狂犬病, Hホテルプラシン, シャワー,