FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2016年3月 
タイ
1日目

桃園市内への強行買付けはできなくなってしまったので、
仕方なく、空港見物がてら第2ターミナルにでも行ってみよう!となりました。

その前に、第1ターミナルから入国です。
入国カードには、宿泊先を記入する欄があるのですが、
そこにあえて「Transit」と記入して、係官に差し出しました。
すると案の定、「帰りのチケットか乗り継ぎのチケットを見せて」と言ってきたので、
次に乗る、
タイガーエア台湾のEチケットの印刷したのを提示しました。
すると、入国カードに便名を記入してました。次からそうしよっと。

まあ、LCCの乗り継ぎでタイに向かう人なんて皆無でしょうから、
入国審査官からしたら奇妙に映るのかもしれませんね。
このあたりが、台北空港でのトランジットの肝かもしれません。

無事に入国は完了したので、
さっさと税関をスルーして、
第1ターミナルの到着ロビーに出ました。
ここで、少し両替して台湾ドルを手にしておきます。
空港の両替所は手数料を取られますので、
なんだか損した気分になりますが、台湾の滞在時間はわずか3時間くらいですので、
そんなに大量に両替するわけにもいかず・・・

とりあえず、
以前に乗った、空港内のシャトルという無人電車に乗って
第2ターミナルビルへ移動します。
第1ターミナルと第2ターミナルはそんなに離れてはないのですが、
徒歩では歩道が無くて行けそうもありません。
そこでこの無料のシャトルを利用します。

各ターミナルを移動するバスもあるようですが、この無人電車が速くて便利です。
ただの無人運転の電車で、およそ5分おきに各ターミナルを移動していて、
空港の職員が多く利用してるのを見受けますね。

さあ、これに乗車して、
第2ターミナルビルで、ご飯でも食べてくることにしましょう。
TPEシャトル


つづく



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 台北, 桃園空港, シャトル, 市内, ターミナル, 無人電車,

2016年3月
タイへ
1日目

台北桃園国際空港では、
ピーチ到着から、次に乗るタイガーエア台湾のバンコクドンムアン行きまで、
約6時間ありました。

とは言っても、
着陸してスポットまで飛行機が移動、降機して、
入国審査、税関、やっと到着ロビーに出る。
ここまで1時間弱はかかってしまい、
かつ次の便は国際線だから、2時間前にはチェックイン開始。
となると、
滞在時間としては、正味3時間ほどになるわけですね。

この3時間を駆使して、
Tripuncleは買い付けを、
5059番のバスで1時間ほどの桃園市内で断行しようとしていたのですが、
ピーチの遅延で難なく諦めました。

もし、強行していたら、
ちゃんと帰ってこれたかどうか。。。。
かなりバタバタになったんじゃあないでしょうかね。
帰りはタクシーを使って・・・なんてなったかもしれません。。。

それと、
台鉄の桃園駅と、新幹線の高鉄桃園駅はまったく違う場所ですので、
混同しないようにご注意くださいね。
台鉄桃園へのバスの方が本数が少ないようです。
まあ、今回は行かなかったんですが、
タイの買い付けの帰りにこうした台北付近での、何かの買付けというのはチャンスがあるかもです。
乞うご期待ください。

なので、今回は空港内で過ごすことになり、
第1ターミナルに居てもつまらないので、
第2ターミナルへやって来ました。
ここの地下にはフードコートがあって、美味しいものが食べられそうです。

こんなスープと、美味しいタレののった、麺を食べました。
じゃじゃ麺ですね。
付属のお茶は、ほんのりと甘いのですが、
これがまた絶妙な組み合わせで、妙にじゃじゃ麺と合ってしまうから不思議。
TPEfoodcourt

のんびりしましょう。

つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : 桃園, 5059番, バス, 市内, 買い付け, じゃじゃ麺, Tripuncle,


2017年3月

ピーチが沖縄からバンコクに就航 バンコク・スワンナプームに深夜着をどう乗り切るか。その2



さて本題です。
ピーチでバンコクに着くと、
午前0時はまわって日付も変わっています。

ダウンタウン(バンコク市内)へ向かう一番簡単な方法が、
ARL(エアポートレイルリンク)ですが、
すでに終電が出て行った後で、始発は6:00頃。

市内へ向かうバスもありません。
あとは、タクシーしかないのですが、
一般タクシーは、深夜の利用はあんまり推奨できません。

よって、作戦はかなり限られてきます。

そこで、
1つ目
空港周辺のホテルに宿泊する。

ノボテルスワンナプームが徒歩で行ける場所にありますが、
値段がお高いので、
深夜到着で朝にチェックアウトでは、コスパが・・・
それに勿体ないかなあ・・・
なので、あんまりおすすめできません。
そこで、よくよく調べると、
スワンナプーム空港周辺には、送迎つきの格安ホテルがかなりたくさんあります。

Agodaなどの
ホテル検索サイトを開いて、
スワンナプーム空港で検索してみると、
出るわ出るわ。
いったいどこのホテルがいいのやらと、なりますね。

ポイントは、送迎が無料でついているところがいいですね。
私は、以前に、あるホテルで送迎を空振りしていますので、
口コミなどを見て、
ちゃんと深夜でも、空港にしっかり迎えに来てくれるホテルを探すのがよろしいかと。

今回、実際にタイに行きますので、
ピーチで到着後、泊まったホテルはどうだったのか?
ということをレポートしますので、
お楽しみに!

深夜に着いて、
安めの空港周辺のホテルへとりあえず寝場所を確保し、
ゆっくり休んだ後、空港まで送ってもらい、
翌日の午前中に市内へエアポートレイルで向かうのが、
お勧め方法の一つとなりましょう。

スワンナプーム国際空港周辺ホテルはこちらで確認


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : スワンナプーム空港, タクシー, ホテル, 送迎, エアポートレイル, 市内, バンコク,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
8日目


チェンライ空港からのタクシーの運転手さんは、話好き・・・ チェンライ市内へ移動

空港からのタクシー運転手は、
やたら話好きで、
お決まりの、チェンライは初めてか?に始まり、
タイは何回来た?
日本人?日本のどこ?
日本の政治家はすごいの誰?
車はどこの日本メーカーがよい?
いくらくらいするの?

などなど、質問攻勢。
適当に受け流すことに。
しまいには、
明日はどこにいくの?私が案内しよう。
などと言い出すので、
かなり困ったものです。

明日は、まだ何にも決まってないから、
明日になって考えようね・・・などと受け流す。

チェンライ空港は、
ちょっと市街地から離れており、
片側2車線の道路をひた走り市街へ入って行くという具合。
初めて来たら、わかりにくいような道路構成ですが、
慣れれば大丈夫そうな感じですね。

20分程走ると、市街地に入ってきたようで、
バスターミナルを発見。
しかし、今は改築工事してるみたいで、
ただの砂利の広場にバスが停まっていて、
どこかの田舎町のバスターミナルの様相を示してました。

バスターミナルを通過すると、
ハイチェンライホテルはすぐ近くです。

タクシー運転手は、明日の予約を取りたがっていましたが、
そんなこと言われても、こっちは決められないので、仕方がありませんね。
そのままお帰りいただきました。

ハイチェンライホテルは、かなり綺麗なホテルで、
おそらく完成して間もないでしょうね。
チェックインも順調で、部屋は3階とのことで、
自分で移動です。ベル係りは当然いません。

まあ、こんなもんでしょうし、
このくらいの放置具合が我々には心地よいです。

写真は チェンライ空港の様子。ピンボケですんません・・・
CEI空港の様子



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : チェンライ, 空港, タクシー, 市内, ハイチェンライホテル, バスターミナル, 改築,

2017年12月
台湾へちょこっと仕入と旅行を兼ねて 台南&台北 4日間
1日目


高鐵の台南駅からは、台鉄に乗車して20分で中心部へ向かいます。沙崙から


高鐵の台南駅に着いても、
まだここは台南市内からは離れているのです。
注意が必要ですね。

沙崙駅という台鉄の駅が併設されていて、
ここから、台鉄に乗って20分くらいで、
ようやく台南の本駅に着くのですね。
沙崙駅

喜んで、ここから歩き始めてしまうと、
台南駅からの地図と違うぞ!!という結果になるので、
お気を付けください。

この沙崙線も渋いですね。
車両がいかにも台鉄という感じで、
乗っていて、鉄道好きにはたまりません。
台鉄車両

長栄大学という駅もあり、
新幹線の新駅と大学のために作られた路線なんですね。

沙崙線はロングシート車両で、
なんだか昔の通勤電車に乗っているような( ^ω^)・・・
台鉄車内ロングシート

ガタゴトと、20分も揺られると、
あっという間に台南駅に到着しました。

桃園空港あたりは、肌寒い感じもしてましたが、
南下したお陰で、熱帯に入ったせいもあり、暖かく感じますね。

天気もよいし、
さっそく、散歩しながら、ホテルへ向かいましょう。

さあ、台南滞在スタート!


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




関連タグ : 台南, 市内, 中心, 高鐵台南, 台鉄, ロングシート, 沙崙, 長栄大学,

2019年5月
タイへ仕入旅 バンコクとチェンマイ
1日目

バンコクスワンナプーム空港入国は、たったの5分で通過!!

ピーチのフライトは、
4時間と少々でバンコクに到着。

日本時間で午前2:30頃。
タイの夜景




眠い目をこすりながら、
端っこのゲートから長い通路を歩きます。
ピーチはいつも遠いゲートに到着が多いですね。

動く歩道を駆使して、
ようやくイミグレにたどり着き、
ここで長蛇のに並ばねばならないのか・・・
とうんざりして。。。
と思ったら、全然そんなことはなく、
ガラガラで、拍子抜けでした。

いつもは入口まで人が溢れかえってるんですが、
今日は入口から入って、
グルグルもしないで、
いきなり入国管理のに並び、
係官の対応も早く、たったの5分たらずで通過。
という運びになりました。

中国人は、自動ゲートとかの専用レーンに誘導されてるらしく、
それで、かなり並ぶ人が減ったんだとか。

日本人も自動化ゲートに対応してもらいたいものですな。

で、難なく入国をすまし、
バンコク市内へ向かうことにしました。

Glabアプリを使います。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




関連タグ : ピーチ, バンコク, 市内, Glab, アプリ, 入国, , スワンナプーム空港,