FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2014年8月
チェンマイ2日目

チェンマイのサタデーマーケットを歩き通しました。
かなり疲れました。
途中に休めるとこがあればよいのですが、
何かを買ったりしても、基本立ち飲み、立ち食いになるので、
あんまりゆっくりはできませんね。

結果、いろんなお店を冷やかしながら、
気に入ったものがあればその場で購入していくというスタイルになります。
それに人ごみとあって、疲労度倍増。
しかも昨晩はまともに眠ってないぞとなるわけでした。

そんなわけで、ウアライ通りのサタデーマーケットを突き抜けたので、
お腹も空きました。

どこか適当な屋台でと思ってうろついていると、
道を渡った反対側のチェンマイ門市場のあたりに、
屋台街を発見。
観光客慣れしてるのか、メニューを持った女の子が客引きしてたので、
吸い込まれるように入って着席。

鶏肉のチャーハンと、
鶏肉のバジル炒めご飯を注文。

屋台のお父さん、がんばっていますね。
毎日、きっとこうして屋台で調理に励んでいるのでしょうね。すごいです。
屋台様子1

バジル炒めご飯ですが、
目玉焼きを一緒に頼むの忘れた!!まあいいか。
目玉焼きがあれば、美味しさは倍増なんですがね。
バジルイタメゴハン


お腹を満たした後は、
ソンテウでホテルへ戻りました。
久しぶりにぐっすりと眠れそうです。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : チェンマイ門, 市場, 屋台, 鶏肉バジル炒め, 目玉焼き, チェンマイ,

2014年8月
チェンマイ5日目

DinDeeにて雨宿りをしていましたが、
やっと上がってくれたので、
また降り出す前に、ソンテウワロロット市場に向かいました。

本当は、ニマンヘミン通りをブラブラしてもと思ったんですが、
空を見上げると、今にも降り出しそうな・・・
仕方なくソンテウを拾いました。

アートセンター敷地内にいたソンテウの運転手は昼寝中・・・
声をかけるとだるそうに「通りで拾って」だって。
ところが通りへ出てみてもあんまりソンテウ走ってません・・・
こんなもんですよね。
乗らない時はたくさん見かけるのに。
そうこうしてると、先ほど声かけたソンテウが後から追ってきました。
気が変わったのかな?
結局、このソンテウワロロットへ向かうことになりました。

お堀を回って、ワロロットへ着くころには、
また雨が降り出しました。
まず、銀行で両替です。

ワロロットは、雨だと言うのに活気づいていました。
雨でも屋根があるので、ゆったりと買い物できますね。
ここは実にいろいろなお店があります。
食料品、衣料品、日用品、雑貨、漁業関係の道具?そのた大工道具、
それに生鮮食料品も豊富です。
隣接のトンラムヤイ市場も同じような感じですかね。

しかし、迷路ですね。
何回も歩いていて、やっと土地勘をつかんできましたが、
また元に戻るとなったら、
結構大変です。
あれーどこだったかな?

そんなチェンマイ市場も、また面白いですね。




ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワロロット, チェンマイ, 市場, 生鮮食料品, ソンテウ, お堀,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
9日目


チェンセンの街とは。。。メコン川の対岸はラオスで、イミグレもありました。


ゴールデントライアングルから、
運よくメーサイから来たソンテオを拾うことができて、
チェンセンの街までやって来ることができました。

ここまで来れば、
1時間に1本は、チェンライへのバスが出発してるので、
もう安心ですな。
最終バスを逃さなければ大丈夫というわけです。

そこで、ちょこっとチェンセンを散歩。
しかし直射日光が照り付け、そんなに長時間は無理と判断して、
チェンライ行きのバス停から、メコン川の川岸までと、
チェンセンのローカルな市場の2か所を散策。
チェンセン1

チェンセンにもイミグレーションがあって、
ラオスへの船が出ているみたいです。
我々外国人はこの船に乗ってラオスに入国できるかは不明ですが、
たぶん無理でしょうな。
タイ・ラオス間の国境は決まったポイントでしか、
通過はできないはず。(ノンカイ-ビエンチャンなど、いくつか)
チェンセン3

ちょうど船が1艘出てラオスに向かいました。
地元の人を乗せているんでしょうね。
このメコン川の向こうがラオスということで、
川を眺めてると不思議な感覚がしてきました。国境とはこんな感じかと。
川の反対側はラオスですからね。
この川1本で、経済的にも差が出ているなんてねえ。

この辺りは、メコン川の貿易が盛んで、
中国からも船が来てるとか・・・
ただ、どのボートがそれなのかは、見当がつきませんね。
もし、船でメコン川を中国方面へ行くのなら、
結構、危険を伴うのかなあと、山賊とか出そうですよね。。怖い怖い。
チャレンジなんてしない方がいいですよ。ほんと。

そんなメコン川を見学してから、
チェンセンの市場へ行きました。
ただのローカルな市場ですね。
チェンセン2


バスが発着するあたりは、
一番栄えてるのでしょうかね。
コンビニにスーパーに銀行に市場と、一通りはそろっています。
屋台もあったので、
ここで腹ごしらえをしてから、
チェンライ行きのバスに乗ることにしましょうか。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ゴールデントライアングル, ソンテオ, チェンセン, メーサイ, チェンライ, 市場, ラオス, イミグレ, メコン川, 国境,