fc2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2016年9月
バンコク&台北 1日目

LCCのスクートバンコクに到着。
最近では、スワンナプームに到着がメインですが、
ここは、ドンムアン空港です。
昔ながらの空港でして、
飛行機からつながったジャバラのトンネルを通って、
ターミナルビルへ吸い込まれます。

そこは、昔からあるドンムアンの光景そのままでして、
天井はなんとなく低く感じ、
エアコンの独特な匂いが鼻をついてきて、
「ああ、タイに来たんだな・・・」
という実感も沸いてくるわけです。

思えば、タイに最初に行ってから、
もう20年以上になるんですね・・・
そして、またしてもドンムアン空港から入国してるってのも、
不思議な感じがしますね。

さて、そんなドンムアン空港ですが、
まずはイミグレーションの列に並びます。
ところが、
今さっき到着されたのか、某国からの団体さんが、
イミグレの全部の列に並ばれており、賑やかなこと。
これでは、時間がかかるぞーと、気長に待っていると、
予想以上にテキパキと、我々の列の入国審査官はこなしてましたよ。。。
それでも20分以上はかかったでしょうか。

いつものドンムアンの到着ロビーへ抜け、
いそいそと、アマリドンムアンエアポートホテルへ向かいます。

アマリのサインに従って進み、
道路と線路を越える橋を渡り、ホテルのロビーへ。
チェックインはすぐにできました。。。

今晩は、そこで旅の疲れを癒します。
スクート機内1



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 懐かしい, ドンムアン空港, LCC, スクート, バンコク, スワンナプーム, 利用,

こんにちは。
ずいぶんと期間が空いてしまいました。

前回のタイへの仕入れは、
2020年2月でした。
その後コロナウィルスが蔓延し、
タイに入国ができなくなったので、
滑り込みでしたね。

いつも通りの高速仕入でしたが、
今から考えると、タイの地を踏めたというのは、
とてもありがたいことだったんだなと思います。

今は、入国したくもできない状況ですので。

本当は、4月末にタイ行きを予定してましたが、
沖縄からのピーチのフライトも当然のごとくキャンセルになってしまい、
6月に延期しましたが、
それもまた危ういという状況ですね。

おそらく、日本はまだ感染者が増えてるから、
危険とみなされて簡単に入国許可は出ないでしょうね。

検査を義務付けされても、
事実上日本では検査はできないし・・・。

次にいつタイに行けるのかなあ?
と思いつつ過ごす日々です。

写真は、BTSです。懐かしいと感じてしまいますが。

202002タイBTS

また、書きます。

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

関連タグ : コロナウィルス, タイ, 入国, バンコク, 滑り込み, ピーチ, 懐かしい,

2020年9月

沖縄地方は台風9号が通過し、
大荒れの天候でした。

そういえば、今日から9月。
ということは、8月31日で閉店の伊勢丹はもう見れないのかと思うと、
何だか寂しくなりました。

そうなんです。
2020年8月31日でバンコク伊勢丹は閉店してしまいました。

202008伊勢丹閉店バンコク


私が初めてタイに行ったのが、
1996年2月で、その時からあった伊勢丹。

まだ若造で海外慣れもしていなく、
何とか路線バスに乗って伊勢丹方面に行ったこともありました。

紀伊国屋書店が入居していることから、そこで立ち読みして情報集めたり。。
まだスマホもないアナログ時代で、
何とも懐かしいです。

そういや、はじめの頃はBTSが開通してなかったですね。

その後のバンコク滞在中は涼みがてら伊勢丹に行くと、
何だか落ち着いた気分になったのも覚えています。
通ったらお茶しに立ち寄ってましたね。

ここ5年くらいは、仕事の関係で渡タイ回数が増え、
バンコク滞在中はちょくちょく伊勢丹周辺には出向いてました。
当たり前ですが、日本人もとても多く見かけました。

考えてみれば、
バンコクに行くと必ず伊勢丹周辺は通っていた記憶がありますね。
伊勢丹内部には入らなかったこともあるのですが、
伊勢丹の安心感みたいのはあったのは確かです。
安心感て、日系のデパートに行けば何とかなると思ってるからなんでしょうね。
勝手にそう思ってるだけで、実際は何ともならないことが多いと思いますが・・・

ここに伊勢丹があるのは当たり前のような感覚でしたが、
もう閉店し、行くことができないとなると、何だか寂しさを感じますね。

コロナウィルスの影響で、
渡タイできない中の閉店はすごく残念。
2020年2月にちらっと見た伊勢丹が最後でした。
最後の挨拶をしたかったですね。

同じ年代で、
タイが好きで何度もバンコクに来てた方は、
伊勢丹にはお世話になった方も多いのではないでしょうか。

バンコク伊勢丹、お疲れ様。
そしてありがとうございました。

これでタイにある日系百貨店は東急くらいですね。
時代の流れです。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 伊勢丹, バンコク, 懐かしい, コロナ, 残念, 東急, BTS, 閉店,

イビススタイルズ・バンコク・カオサン・ビエンタイがASQホテルに

2020年11月

まだまだ、タイに簡単には観光で行けないし、
特別観光ビザも発給対象国から外されてしまった日本ですが、
そんな中で、ASQのホテルは確実に件数を増やしています。

そしてついに、100軒を超えてきましたね。
で、104軒目のASQ指定ホテルとして、
イビススタイルズ・バンコク・カオサン・ビエンタイが指定されました。

昔の話になってしまいますが、
カオサンにある旧ヴィエンタイホテルです。
それが、イビススタイルの系列にリブランドされて、
現在に至るわけです。

私がカオサンに宿泊していた頃は、
ヴィエンタイホテルなんて高嶺の花でしたけれどね。
1泊100バーツとかのゲストハウスに宿泊してましたんで。。

よくても、
D&DINN(今でもある)や、NANAPLAZA INとかのAC付400バーツくらい
のお部屋に泊まるのが関の山でしたからね・・・
セコイ話です。

年齢と共に、
次第に楽をするようになり、
宿泊ホテルもゲストハウスではなくなり、
宿泊エリアが変化していったこともあり、
カオサンエリアに宿泊することはなくなってしまったんですが、

ASQに旧ヴィエンタイホテルが指定されたということで、
「ああ、ついにカオサンのホテルもか・・・」
と思いましたが、

値段を調べてみたら、
結構高いのですね。

ASQホテルは、コストがかかる・・・

現在の
カオサンのエリアは、
ツーリスト目当てのお店が多いことから、
今は閑古鳥状態らしく、厳しい経営状態が続いてるようですね。

カオサン自体が、タイ人もよく来るエリアに変化したみたいな話も聞きましたが、
やはり、ツーリストに占める割合もかなりあったのでしょうね。
インバウンド不在で、
ゲストハウスも休業してるところが多いみたいで・・・

イビスとしては、
この状態だと、ASQに指定してお客さんを入れた方がよいと判断したのでしょうね。

もしかすると、
お世話になることがあるかもしれない、
いや、このままの状況だと必ずお世話になるであろうASQホテル。
どこに宿泊がよいか、想像を膨らませることで、
タイロスを回避してる今日この頃です。

ドイカムの寝釈迦


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく

関連タグ : ASQ, ビエンタイホテル, イビススタイル, カオサン, ゲストハウス, 懐かしい, タイロス,

2023年1月

久々のドンムアン空港からはA2バスで、戦勝記念塔へ


タイ入国。
ドンムアンからの入国は本当に久しぶりで、
昔を思い出しましたね。
降機してからの導線なんかはほぼ同じだと思うので、
なんだか不思議な感じです。

まさかドンムアン空港から入国する日がまた来るとはね。
自分の記録によると、
台湾からV-AIRというLCCが飛んでいた頃に一度ドンムアンから入国してますが、2016年のことなんでもう7年前。

スワンナプームに移行直後は、
ドンムアン空港は、プライベートジェットと貨物便以外は、
全く使われなくなっていたので、
ドンムアン空港復活した時は嬉しかったのを覚えてます。

そういえば、洪水で水没したこともあったね。

そんな風に思いながら、ターンテーブルで荷物を待っていたところ、
全然出てこない!
他の荷物はどんどん出てくるのに。。
とうとう最後の方になってしまい、
もしかして初のロスバケ!とか思ったけど、
やっと出てきました。。これまたラッキー。

税関は、いつも通り、何もなく通過。。

やっと制限エリアから表に出れて、
タイに入国できたんだという実感がやっと湧いてきました。

ここ3日間の気苦労。いったい何だったんだろう。。。
それにしても、よかった、過去は過去です。。

早速市内へ向かいます。

新しくできたレッドラインの電車で市内へ向かってもいいけれど、
バンスーからは地下鉄しかないので、
我々の向かう戦勝記念塔へは不便になってしまいます。

なので、いつも通り、エアポートバスのA2に乗って戦勝記念塔へ向かいます。

IMG_20230111_133839842_HDR_convert_20230225122713.jpg

エアポートバスは、
4系統あるのですが、
そのうちA1はかなり頻繁にやってきます。
これに乗って、BTSモーチットからBTS高架電車を使って戦勝記念塔へ行ってもいいですが、
今日は時間もあるので、
わずか30バーツで行ける、A2の戦勝記念塔行を待ちます。
荷物もあってBTSに乗り換えるのも面倒ですしね。

IMG_20230111_142043447_convert_20230225122738.jpg


そういえば、
まだドンムアン空港しかなかった頃、
カオサンまで走っていたエアポートバスも
A2の番号だったような気が・・
懐かしいですね。

モーチットまでは高速利用で、
20分ほどで到着。
そこから戦勝記念塔までは、一般道経由なので、
渋滞に巻き込まれつつ20分くらいでしょうか。
ドンムアンから戦勝記念塔までは40分程で到着しました。
時間帯にもよりますが、まあこんなもんでしょう。

ちなにみ、バスの車両はエアポート専用らしく、
スーツケースも置けるスペースが設けられています。

戦勝記念塔(アヌサワリー)に到着
IMG_20230111_143946639_HDR_convert_20230225122757.jpg

つづく

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル特設支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ドンムアン空港, スワンナプーム空港, バス, BTS, レッドライン, A2, 戦勝記念塔, 懐かしい, タイ入国,