FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年4月
バンコク6日目(旅行自体は12日目)

スワンナプーム空港の保安エリアに入ると、
タイを出国してしまったという実感が沸きます。

ブラックカンヨンのコーヒーショップで、
今回のタイ旅行を締めました。
また、タイにやって来ることは間違いないのですが、
なんとなく寂しい気分になりますね。

日本へ戻る飛行機は、
タイ航空676便成田行き。
使用機材は、エアバスA380。総二階建ての大きな機体です。
A380機体


ゲートはC3。A380用のゲートなのでしょう。
A380ゲート


タイ航空は、2階席にもエコノミークラスの座席があるので、
そこをリクエストしてみたとこ、運良く2階席をゲット。
ボーイング747以来の2階席です。

乗り込んでみると、タイ人がかなり乗ってました。
日本へのビザ免除が大きいですね。
2階席も広く感じて、ここが2階であることも忘れてしまうくらいです。

サービスは、タイ航空のいつもどおりな感じで、
個人モニターで遊んでいるうちに、
5時間ほどで成田に到着。
A380モニター
快適なフライトでした。
着陸する様子も、モニターで見ることができました。
かなり横風が強い様子で、クラブ着陸してました。

ここから、さらに沖縄へ戻らねばならないので、
まだまだ旅は続くのでした。

2013年3月4月のタイ旅行記は、これにて終了です。

次は、国内旅行でも書こうかな。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : タイ航空, A380, ボーイング747, 成田, スワンナプーム,

いやはや、沖縄在住の私にとって、よいニュースが飛び込んできました。
来年2016年2月20日からピーチ(Peach MM)が、
沖縄から新路線として、那覇-成田に就航するとのことではないですか。

最初は、週3便(月、木、土)らしいですが、
夏ダイヤが始まる3月下旬からは、
毎日の運航になるとのこと。
いやはや、すばらしいの一言です。

移住してきてから、
東京から沖縄への航空運賃は高いなあ・・・と思ってましたので、
LCCが就航したときは大歓迎でしたからね。

AirAsiaが一旦撤退してからというもの、
ジェットスターとバニラエアが頑張ってましたが、
やはり、ピーチの就航してる大阪関西空港に比べると、
成田便は高い印象でしたので、
ここへピーチが入ってくると、活性化されて、
消費者にとってはお得な運賃で購入できる可能性が増えるかもしれません。

とりあえず、ハッピーピーチが5980円からとなるらしいですね。
セールも楽しみになってきました。


さらに、
沖縄-台北間も増便されます。
現状は1日1往復ですが、
2月19日から、水、金、日曜に関しては1日2便となり、
3月末の夏ダイヤからは毎日2便になるんだそうです。

こちらは、買い付けでこれから台湾経由でタイに行くケースも増えることから、
大いに利用できそうなダイヤ構成で、大助かりです。
台湾のみの買い付けでも気軽にピーチが使えますからね。
より、沖縄から台湾は近いものとなるのではないでしょうか。

早く来年の2月にならないかなあ・・・
できたら、沖縄-バンコク(ドンムアン)にピーチ就航を期待したいとこです。
ドンムアンも第2ターミナルが、やっとこさ開業するみたいですしね。
(前に使ってたターミナルを再利用するだけですけれどね)

それでは、この辺で。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : LCC, ピーチ, 成田, バンコク, ドンムアン, 台北, ジェットスター, バニラエア, 夏ダイヤ,

タイガーエア台湾は、
沖縄台北線に就航してからだいぶ経ちますが、
タイガーエア台湾自体が、路線を拡大してきており、
台北発-沖縄那覇をはじめ、
福岡関西名古屋(中部)、成田などに就航しています。

なかなか頑張っていますね。

tigerairtaiwan

我々にとっての一番肝心な路線が、
沖縄台北なのですが、
他路線を拡大するので
沖縄線は一旦休止するような話もあって、
気になっていたんですが、
3月下旬からの夏ダイヤを調べてみますと、
なんと、増便されているではないですか。。

台北沖縄
月曜 木曜 日曜
の週3便体制から
火曜 金曜が追加され週5便になるみたいです。

チケットももう販売されているようですので、
ほぼ決まったようなもんでしょう。
台湾からの沖縄へのインバウンド旅行が増加の一途ということで、
増便の体制にしたのでしょう。

この路線はピーチも就航しているので、
LCC同士のバトルになり、
バニラエアも近い将来沖縄発の国際線を飛ばすとかなんとかのうわさもありますね。

タイガーエア台湾の気になる料金ですが、
沖縄-台北の区間では、
ピーチの方に軍配が上がります。
タイガーエア台湾はセールを狙うか、
ピーチの方が高いという逆転現象が起きた時に、
購入するくらいでいいのではないでしょうか。
ただし、常にチェックは怠らずですね。

ちなみに、タイガーエア台湾福岡線と名古屋線については、調べていて安いなあと感じました。
1万円を切る日が多いですね。
この路線はVairも就航し、バトルが繰り広げられそうです。

今後の路線展開に期待したいところです。

以上です。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。
http://blog-imgs-88.fc2.com/n/a/n/nanginet/20160111223136188.jpg" alt="トリップアンクル縮小版" border="0" width="204" height="90" />">トリップアンクル縮小版


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : LCC, タイガーエア台湾, 沖縄, 台北, Vair, 成田, 名古屋, 関西, 福岡,

2016年2月25日

エアアジアジャパンは、一回エアアジアグループとして日本に参入するも、
一旦は撤退してしまったんですが、
現在は2016年の夏から再び就航するという計画で、
今頃いろんな計画を練ってるんでしょうね。

そんな中で、
エアバスの330型機を導入して、
ホノルル線に就航する予定というニュースが飛び込んできました。

LCCは親会社系列のエアアジアXが、
関西からホノルル線を以遠権を使って就航を目論んでおり、
それにならってなのか、成田からホノルルへ運航の予定となってるみたいです。
ところが、
最近、レガシーキャリアのANAも大型のエアバス380型機を導入して、
ホノルルへ参入しシェアを獲得するという計画を発表したばかり。

JALが優位に進めるホノルルへの路線は、
LCCを巻き込んで、かなり熾烈な競争になりそうですね。

本来LCCは、
短距離を高頻度で、なるべくお客を詰め込んで運航して、
コストを圧縮して利益を得るのが得意なので、
果たして長距離路線では効力を発揮できるのか、
はなはだ疑問点はあるのですが、
まあ、こうしたリゾート地へ安い航空運賃で行ける時代が来ると思うと、
なんだかワクワクしてきますね。

とはいっても、2019年頃のお話で、
その時にはどうなっているか、誰にもわかりませんが・・・

実は、エアアジアジャパンは、
私の好きなLCCの一つだったんですがね。
当時は、成田-那覇線でかなりお世話になりました。
2500円くらいで成田から沖縄まで運んでくれたこともありました。
エアアジア昔2013

機内も、どことなくアジアな雰囲気で、
とっても好きというか、私好みだったんで、
日本撤退の話を聞いたときは、悲しかったですね。
「日本ではLCCは受け入れられないのかなあ」
なんて思ったりもしたものですから、
このたび、名古屋を拠点に楽天グループと組んで戻ってくるとのことで、
大いに期待して待っているところです。

やはり、エアアジアジャパンは、
沖縄にも飛んで来てほしいですね。
そして、沖縄と本土の航空運賃をもっと安くしてほしいなあ・・・
と言うのが私の本音です。
まずは、名古屋拠点で、次に沖縄へ・・・
なんて、無理かなあ。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : エアアジアジャパン, LCC, 成田, 沖縄, ホノルル,

沖縄に住んでいると、
内地にある実家にたまに帰りたくなるものです。

ところが、
沖縄から東京への航空運賃は高すぎて、
簡単には帰れる金額ではないというのが現状だったんですが、
LCCの就航によって、
かなり下がってきました。
というか、とっても安くなって、
LCC様様といったところなんですが、
人間と言うのは、慣れる生き物でして、
一度激安の那覇から成田の2490円とかを目にしてしまうと、
5690円が高い!と感じるんですね。
だから、JALやANAが12,000円とかだと、目の玉飛び出る!というくらい高く感じてしまうんですね。

不思議なもんです。

LCCとJALやANAのレガシーキャリアですが、
日によってはそんなに違いがない可能性もあるので、
安く、お得に行きたければ、
よく調査して運賃の動向をチェックするのはもちろん、
自分がどこに何をしに行くのか?時間的に余裕はあるのか?
などを総合的に考えていかねばなりませんね。

そこで、
夏休み8月3日に沖縄から東京へ行くと仮定してみました。
行きは8月3日
帰りは8月6日 の3泊4日

ジェットスターとJALで比較しました。
2月28日の時点で、
8月3日
那覇から成田のジェットスター 9,190円が最安値
那覇から羽田のJAL 22,890円が最安値

8月6日
成田から那覇のジェットスター 20,390円が最安値
羽田から那覇のJAL 22,890円が最安値

となりました。

運賃総計では、
ジェットスターが往復で29,580円+発券手数料
JAL 45,780円
と圧倒的にジェットスターの方に安さでは軍配が上がりますが、
内容をよく見ていくと、
必ずしもそうでもないんですね。

次回のブログでは、細かいところを見ていきます。
jetstar1


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ジェットスター, JAL, ANA, LCC, 成田, 羽田, 那覇, 沖縄, 航空運賃,

前回のブログでは、
行き 沖縄発8月3日で東京へ
帰り 東京発8月6日で沖縄へというルートで、
ざっくり計算してみたところ、
ジェットスターのLCC側に軍配が上がりました。

ジェットスターが往復で29,580円+発券手数料
JAL 45,780円

となって、差額が10,000円以上出ました。
(2月28日の時点での料金)

ジェットスターは、LCCですので、
この他に発券手数料が、まずかかり、
必要であれば、座席指定料金、受託手荷物料金などが加算されてきます。
機内持ち込み荷物は、空港にて厳格にチェックされてるので、
空港で重量が規定値を越えてるのが発見されると、
高い料金を請求されることになってしまいます。

家族4人で行くのであれば、
座席は指定して、荷物はお父さんにだけ付けるという方法で、
料金を圧縮できますね。

これを計算の上、今ある差額が、
JALと、どの位縮まるのかというのを見ていき、
どちらかを選ぶという方法がまず一つあります。

それから、東京へ行くのか、千葉県へ行くのか、
というのもありますね。
ジェットスターは成田空港に到着します。
千葉県成田市にある空港です。

ですから、東京へ行くのであれば、
成田から東京都心へと移動してこなくてはなりません。
現在は、格安バスが走っていて、
成田空港から東京駅まで1,000円もあれば来られます。
他にも、JRの特急や私鉄の特急列車を使う手もありますが、
運賃はそれなりに高くなっていきます。

ちなみに羽田空港から東京駅へは、
京浜急行とJRの乗り継ぎで580円となります。

成田からt東京都心へ行くのか、
または、千葉市内へ行くのか、
TDLへ行くのか、
などなど、目的地によっても成田や羽田からの所要時間や交通費が変化しますので、
それらのことを総合的に考えねばならないですね。

で、安いか便利かということを決めていけばよいかと思いますよ。

ただ、LCCが安いからという理由だけで、飛びついても、
結果的に変わらないのでは、
LCCで安く飛ぶ意味がないですからね。

成田空港は遠いから行くのが面倒という理由だけで、
時間に余裕はあって、予算に余裕がないなら、成田空港の利用も悪くないと思います。
成田空港は、第3ターミナルができて、
よりLCC色が強くなってますから、
そういうのも見に行くという視点でいくと、旅も充実してくるかもしれませんね。

また、行きは成田、帰りは羽田を利用で、
比べてみるのもひとつですね。

というわけで、夏の旅行にほんの一例を示しましたが、
LCCの就航で選択肢は、明らかに広がったので、
それをうまく活用していくという、消費者の賢い目というのも、必要な時代です。
当ブログが参考になれば幸いです。

JAL機窓



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村




関連タグ : LCC, JAL, 成田, 羽田, 東京都心, TDL, 千葉,

2016年6月

さて、これで沖縄⇒仙台⇒東京までのチケットを買えました。
あとは、東京から沖縄へ戻る飛行機ですね。

安さを考えると、
LCCが筆頭に上がりますが、
今成田から沖縄へ飛んでいるのは、
ジェットスター、バニラエア、ピーチの3社ですね。

帰りの時間を考えると、
成田発は遅いほうがいいので、
ジェットスターが有利ということになってきます。

成田をベースにしているLCCですから、
どうしても沖縄で折り返して成田に戻る関係上、
成田発は早い時間になってしまいます。
そんな中で18時以降に成田を出発するジェットスターはありがたい存在。

値段を調べると、
ジェットスターの最終便は、
やや高めの料金設定となっており(購入時5月7日前後は)
1本前の15:05発は最安値でしたので、
これしかないかなと。

最終便は那覇に着くのが22:00と遅く、
しかもそこから自宅まで帰ることを考えると、
深夜になってしまうので、ちょっと敬遠かなと。
まあいいのですが、翌日のこととか考えると、体力的にね。

しかし、15:00に出発ということは、
14:30までにチェックイン完了しないといけません。
実家を出る時間が早くなります。
あんまりゆっくりできないね・・・

本当は、羽田空港からスカイマークで帰る方法もあったんですが、
料金が少し高めであったこと。
それと、成田空港の第3ターミナルの見学をどうしてもしたい。(記事に書きたい)
という理由から、
今回は、少々無理をして、ジェットスタージャパンのお世話になることにしました。

つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : LCC, 成田, 仙台, 沖縄, スカイマーク, ジェットスター, ピーチ, バニラエア,

2016年6月

次のトリップアンクルの買い付けを計画してるのですが、
当面の問題は、
いかにセール運賃を利用して、安くタイに辿り着くのか。
というところになります。
そこを目標にやっていってます。

しかしながら、
内地の東京(成田)や大阪(関西)発着のLCCと比較すると、
沖縄からだと、
どうしても航空路線上で不利な状況になってしまいますね。

成田や、関西からだと、
スクートやエアアジアというアジアの国々の格安LCCが、
タイのバンコクまで多数飛んでおり、
しかも運賃もそれなりに安いんですね。
しかも、直行だしね・・・

おまけに、成田から経由便にはなるのですが、
例えば、マカオ航空やらベトナム航空やらが、
LCCに負けず劣らず安い運賃で勝負してきており、
荷物も無料で食事まで付いてくるとなると、
これはレガシーキャリアに軍配が上がるのは当然のことですね。

と、内地からだと選択肢が増えるんですね。
まあ当たり前ですけれど。

沖縄からだと、
直行はないので、
一旦内地の成田関西まで飛んで、
そこで各国行きに乗り換えるか、
直接、台湾や香港またはソウルなどに飛んで、
そこで乗り継ぎをするか、
ということになってきて、
しかも、運賃が高いという事態になるんですねえ。。

まあ、沖縄の場合はインバウンド需要で、
航空路線の開設が相次いでいる現状ですから、
仕方がないといえば、それまでですね。
沖縄から海外への需要は少ないですからねえ。
NHBCHX並び


つづく。

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : LCC, タイ, 沖縄, 台北, 成田, 関西, マカオ航空, ベトナム航空, 経由, 直行,

2016年7月

スクートのセール

スクートのセール201607
スクートのHPより引用

スクートがセールやってました。

LCCのスクートは、大阪や成田から、台北やバンコク、シンガポールへ
のフライトを持っているので、
沖縄発の我々にとっては、関係のないように見えますが、
LCC同士の組み合わせによっては、
安くバンコクまで行けるかもしれません。

セール期間中に関しては、
大阪関西-バンコク 8500円から
成田-バンコク 11000円から
という金額設定の日もあります。

沖縄からだと、それぞれ成田や関西まで、ピーチやジェットスターなどのLCCで出て、
そこからスクートを利用する方法になります。

これでうまく買えれば、
沖縄からバンコク往復で、30,000円を切ってくるかもしれませんね。

ただ、タイは西にあるので、
わざわざ一回、沖縄から東寄りの、
大阪や東京まで行き、再び沖縄の上空を飛び越してバンコクへ行くのって、
なんか複雑な気分ですよね。

飛行機が好きな人には、
何時間乗っていても飽きないでしょうけれど、
飛行機は移動手段と考えている方にとっては、
飛行時間が長いのはきついかもしれません。

と、次の仕入れの時期を考えていて、
そうだ、東京や大阪経由があったじゃないか・・・!
と思ったので、記事にしてみました。

そういや、スクートは使用機材が、
ボーイング787だったですね。
LCCでも新機材を使う会社も出てきております。
燃費が良いので、効率的ということなのでしょう。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : LCC, スクート, 沖縄, バンコク, ピーチ, ジェットスター, 成田, 関西,

2016年9月

トリップアンクルの仕事で、
東京に行くことになりました。
とは言っても、直近ではありませんよ。

11月の話です。
ちょうど、バニラエアがセールを開催していまして、
帰りの便は1890円+TAX+手数料でなんと、2870円!
でゲットできました。
これは破格ですね。
いやいや、嬉しい限り。

ところが、問題は行きのチケット。
日にちの調整がつかず、まだ買ってません・・・
私は、よくこういうことをするんですよね。

タイに買付け行く時も、
よく台湾からバンコクまでチケットを買っておいて、
台北までのチケットは持ってないとか・・・
帰りのバンコクからのチケットは、まだ買ってないとか・・・
ある1区間だけ購入してないってことは、よくあるんですね。

「なにしてんの?」っと突っ込まれてますが、

なんだか、こういうのが好きみたいです。
イメージとしては、
このまま粘って安くなるのを待っているということなんですが、
これはもし失敗すると、
逆に値上がりしてしまうことにもなるので、
諸刃の剣というところでしょうか。

これを読んでるみなさんは、
あんまりマネをしない方がいいかもしれませんね。

LCCのセール運賃でチケットを買うのは、
いつもドキドキして、楽しく買ってますが、
安く買えた時は嬉しいものですね。

さて、次は、沖縄から東京へ行くチケットを購入せねばなりませんな。
タイミングを見ながらという、まめさが必要になります。



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : バニラエア, セール, 沖縄, 成田, バンコク, チケット, 台北,