fc2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2022年8月

タイに行ってきてからもう3か月。タイ入国の現状 


前回の2022年5月のタイ渡航から、すでに3か月経過。
早いもんですね。

現状、タイへの入国に関しては、
まったく問題なし。

ワクチン接種証明書か
出発時刻の72時間以内の陰性証明書、
この2つのどちらかがあれば、
問題なくタイに入国可能です。

タイ大使館のホームページからチェックしてみると、

https://site.thaiembassy.jp/jp/news/announcement/10866/

タイ到着後、タイ疾病管理局により書類審査が無作為に実施されますので、
の記載が見られますが、

到着するバンコク・スワンナプーム空港では、
無作為なので、基本的には証明書のチェックはない模様ですね。

なので、整理すると、
タイ行きの飛行機に搭乗する際に、
日本出発空港のチェックインカウンターで、接種or陰性証明書をチェックされて、
タイ入国の時はランダムにてチェック。
必ず提示の必要はないと。。
まあ、流動的ですが・・・当局の気分次第といったところでしょうか。
念のため、いつ見せろと言われても、すぐに取り出せるようにしておくのがいいかと。

入国さえしてしまえば、
あとは何ら問題なくタイ国内を移動できますね。

2022年5月も入国しちゃえば、あとは大丈夫でした。
国内線の飛行機に乗る時も、
陰性証明は?などという質問はなかったですね。
さらにチェンマイ到着時も、関所はなく、コロナ前と何ら変わりはなかったです。
人は、少なくなっていましたが・・・

最後の隔離ということで、
5月のタイ入国では、
私たちは隔離5日間という選択をしましたが、
現在は、ThailandPassも廃止され、
入国時の隔離というシステム自体が無くなり、
陰性証明書の取得が必須となったわけです。

どうやって陰性証明書を低価格で取るか、、
これは、また追々次のタイ渡航までに調べていきたいところですね。

PCR検査で陽性を喰らうと、旅程が全部吹っ飛ぶことになり、
最初から手配し直さないといけなくなるので、難儀ですね。

ホテルとかは、キャンセル無料で予約しておけば何とかなるけど、
タイ国内線航空券は、キャンセル効かないかもです。
日本からタイへの国際線航空券は変更は要交渉となるでしょうが、まったくの未知数ですね。
変更に応じるかどうか・・・

と、出発前にかなりのプレッシャーがかかりそうですね。

これをクリアして、タイ旅行を楽しんだ後も、
最後の難関、帰国時のPCR検査がお待ちです。

長くなるので続きは次回。

IMG_20220523_192116374_HDR_convert_20220802150429.jpg



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル特設支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : PCR検査, チェンマイ, バンコク, 入国, 隔離, 陰性証明書, 接種証明書,

2023年1月

いよいよタイへ出発が迫ってきたが、まさかの入国規制が・・・ 

往復の航空券が揃い、
中身の日程も決定して、
航空券、ホテル、レンタカー、などの手配も完了して、
あとは、出発を待つのみという状況になりつつあった、
1月6日頃のことでした。

タイ政府が、
入国時に2回以上のワクチン接種証明書の提示を要求してきたのです。

中国が春節を前に海外旅行を解禁するにあたり、
日本やアメリカなどの各国の政府が水際対策を強化していく中で、
タイ政府は2回以上のワクチン接種の証明書を入国や航空各社チェックインの際に提示するという策になったという情報。

しかも、1月9日の入国から適用と。。。
私たちの入国は1月11日なので、・・・
しかも接種してない!できない!やばい!!となったわけです。

代替え案も検討。

エアアジアのバンコクから先のホーチミン行きなどを予約して、
ドンムアンで乗り継ぎはできないか?
結論は無理。
最初からフライスルーなる予約で2区間同時に予約しないと、
空港内のトランスファーエリアの通過は不可。
追加で第3国へのチケット付ける時は、
一旦入国してチェックインやり直しとなるので、入国できない場合は1区間目搭乗できない。
予約をフライスルーに変更もできない・・・

となると、
タイ・エアアジアの日にち自体を変更しないととなりますが、
そんなことが本当にできるのでしょうか?
タイの中身の手配もすべてやり直しなんて悪夢ですよ。
このチケットはパーになってしまうのか?
ちょっと不安になってきますね。

しかし、ちょっと明るい情報としては、
この規定は空路のみで陸路は証明書の提示はないという話もあり、
それならば、マレーシアなどから陸路で越えてみてもいいかもなと思ったり。

それがだめなら、
タイ自体を諦めるしか方法ないので、
台湾やベトナムでも行くかと、
福岡からのフライトをいろいろ調べてました。

9日から施行なので、
8日の香港航空で飛ぼうかなと真剣に考えましたよ。
結局やめておいてよかったけど。
7日22時の時点で沖縄発の香港航空、空席はありました。
エアアジアのチケットはパーになりますが・・・
しかも1名5万円ほどの出費。。ちょっと痛いですね。

つづく

DMKノックエアー

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル 特設支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : タイ, 入国規制, ワクチン, 接種証明書, バンコク, エアアジア, タイエアアジア, 福岡, 搭乗拒否, 規制,