FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2017年7月

仙台から東京へどう行くか?やはり高速バス??新幹線??その1

(タイ旅行記は中断します)

所用で仙台に行くことになり、
さらにその後東京へ移動することになりました。

仙台から東京への行き方って、そりゃ新幹線使えばいいのでは?
と簡単に言ってしまえばそれまでなんですが、
簡単な行き方ですんなりと行かないのが、
トリップアンクルの癖でして・・・

で、いろいろ調べる結果になったわけです。

確かに、新幹線が一番手堅く、しかも快適。
何も考えずに新幹線に乗りたくなりますよね。
しかし、お値段もそこそこします。
事前に登録しておき、35%オフのチケットを狙う、
「お先にトクだ値」も利用しようしたのですが、
これは、前回にも35%オフチケットを狙って、失敗した経験もあり、
必ず購入できるわけではないということも念頭に置いているんですねえ。
やまびこ142


えきねっとって何?
となると思いますので、ここで説明を、
要は、JR東日本のサービスで、この無料会員に登録することで、
指定席の予約などのサービスがネット上で受けられてしまうという優れもの。
https://www.eki-net.com/top/merit/index.html?src=ekinettop_e
ただし、クレジットカードを登録する必要あります。

ここに登録することで、
「えきねっとトクだ値」
「お先にトクだ値」の2つの割引サービスを受けれます。
チケットの受け取りは当日乗車前でOKです。
詳しくはJR東日本のページに譲ります。

で、ここで仙台ー東京の料金を調べると、
お先にトクだ値を利用しても、最低7200円。
これは、うまいこと購入できた場合の話。
ネットで事前予約かけてもどうなるかはわかりませんからね。

で、仕方がないので、
東京まで高速利用して自分の運転で来て、
レンタカー乗り捨て作戦も考えましたが、
高すぎて不可。

そして、最近流行ってる高速バスに目が向いたわけですね。
で、バスで仙台から東京まで移動を検討してもよいのでは・・・
となったわけです。

詳しくはつづく!

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : えきねっと, 新幹線, 高速バス, トクだ値, 快適, 安さ,

2017年7月

仙台から東京へどう行くか?やはり高速バス??新幹線??その2


で、結局のところ、
WILLERのバスの予約をすることになりました。
willerbus2017_
★willerTravelのホームページから抜粋

新幹線のお先にトクだ値でも35%OFFで、
7200円ですから、かなり安いのですが、
バスはさらに安く、運行便によっては、3760円ですからね。

うーん、こうなると新幹線の半額。
これは行くしかないんじゃないの?
というわけで予約に至るわけですが、
同じバス路線でも、車両が何種類があって、
座席の快適性が変わるんですねえ。これが。

3列シートのニュープレミアムなんか、とても快適そうですが、
時間が合わないのと、
福島経由となっていて、所要時間が少しかかりますね。

他の3列シート車両は、ポーテというのがあって、
これにしようと思ったんですが、
出発時刻が少し早いなあ・・・
その前にレンタカー返さなあかんし・・・

で、結局、仙台発9:50の4列シート、リラックスNewにしました。
このシートは、顔を隠せるような仕様になっていて、
少し普通のバスとは違うようでして、
女性客を意識してるんでしょうね。
シート感覚も少し広めに取られてるので、まあ快適性は保たれるかなと。

それでも、所要時間は6時間くらいかかるので、
新幹線と比較すると、そりゃ遅いに決まってるんですが、
やっぱり半額とくるとね。安いのでこちらに・・・。

とは言っても、
翌日に東京で所用があるし、
その前には山寺とか行くし、疲労がたまってるかな。。
と心配は尽きないのでした。

そこで、えきねっと使って、
新幹線も35%OFFを狙って、
事前予約も入れました。
35%OFFのチケットが購入できれば、新幹線にしてしまおうか・・・
さーてどうしようかなあ・・・

と、悩んでる時間って、
とても好きなんですよね。
決定後は、また、別の楽しみがあるんですが・・・

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 仙台, 東京, WILLER, 高速バス, 新幹線, 安い, ,

2017年7月

仙台から東京へどう行くか?やはり高速バス??新幹線??その3

仙台から東京への移動で、
どうすべきか??と考えてましたが、
最近、1通のメールが来まして、それで決定となりました。

お先にトクだ値
JR東日本のHPより抜粋

なんと、「お先にトクだ値」の35%割引の、
東北新幹線の指定席が予約できましたというメールでした。
かなりラッキーです。
JR東日本さん、ありがとうございます。

いろいろと調べてると、
予約できなかった旨のメールが来て、
その時点で35%割引のチケットはなくて、
15%割引のチケットを買うしかない状況になるとか・・・
35%割引のチケットは、残席1で2名分の予約はできないとか・・・
まあ、そんな状況になることも、あるみたいです。

ただ、今回は、
運よく35%割引のチケットを購入できたので、
新幹線に乗ってみようかと思いましたね。
第一希望で、お席のご用意ができました。。との嬉しいメール。

バスなら、半額で済みますが、
やはりこの年齢になると、体力的に・・・
というのがあって、
この旅は、前半には山形県の山寺まで行きますし、
東京に移動後は、所用が控えてるので、
体力を温存しておきたいところですね。

というわけで、少々値段は上がってしまいますが、
新幹線をチョイスというわけです。
しかし、冷静に考えてみると、
仙台-東京を7200円で新幹線の指定席って、安い方だと思いますね。

JRの指定席は、1か月前から予約開始なんですが、
えきねっと会員だと、
その1週間前から事前予約受付ができます。
これで、事前予約しておくと、当日は自動で指定席の予約をしてくれて、
メールで回答という、便利なものですので、
一度利用してみてはいかがでしょうか。

沖縄にいると、なかなか利用機会がないですからね。






Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : お先にトクだ値, 新幹線, 東北新幹線, 山形, 仙台, 東京, バス,

2017年11月
ロイクラトン見学と仕入れ(チェンマイ、バンコク)
2日目

結局、タイラインエアのカウンターで、チェンライ行きのチケットを別購入と、乗れなかったチケットはリファンド(払い戻し)の手続きをすることで合意

さて、予約カウンターのお姉さんが
リファンド(払い戻し)の手続きを進めている間に、
こちらはどうするか考えておかねばなりません。

作業中でしたが、
今日のチェンライ行きの空席状況を確認すると、
まだ空席はあるよとのこと。
出発時刻は17:50。現在時刻17:05。

隣のカウンターでは、日本人4名groupの女の子が、
うちらと同じ状況に陥っており、
どうするか、4名で考えておりました。

面白かったのは、
予約の係りの方、
「飛行機以外だと、タイには新幹線がないので、列車だと時間がかかるよ」
と説明。
列車で行きたがる女の子たちに、わかりやすく説明してました。
その方、私の方を見て説明してやってくれと言うので、
「列車だとかなり時間かかるよ~。それに指定席はないだろうから、座れるかは運次第かな」と補足説明してあげました。

チェンマイの宿も取ってあるらしく、困り顔。
他にも、韓国人のカップルがだいぶカウンターで揉めていたな。

詳しく日本人の子に聞くと、
やはりライオンエアの親会社から予約して、
連絡来ず、空港にて出発済みと聞かされたということで、
寝耳に水というか。。。
うちらと同じ状況ですね。

僕らは、チェンライ行きのチケットを発券してもらって、
もう時間がないので、すぐにカウンターを離れ、チェックインカウンターへ急いだため、
その女の子4人組がどうなったかは、わかりません。

僕らはチェンライから回り込んでチェンマイへ行くよという話はしましたが、
チェンライ行きの飛行機では見かけなかったし、
チェンライの街中でも見かけなかったので、
おそらく国鉄という選択肢を選んだのかもしれませんね。

払い戻しのお金は、クレジットカードのアカウントに戻す。
とのことだったので、この場は信用して、
リファンド証明書をもらって、
チェンライ行きのチケット片手に、ゲートへと急いだのでした。。
しかし、クレジットカードでとっくに支払い済んでるのに、そんなことは可能なの??
という一抹の不安を残したまま。

ドンムアン空港201703
この時は、写真を撮ってる余裕はなかったので、
同じ写真が続きますです。(*^_^*)


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 新幹線, タイ, チェンマイ, 指定席, 列車, チェンライ, タイライオンエア, チェックインカウンター,

2017年12月
台湾へちょこっと仕入と旅行を兼ねて 台南&台北 4日間
1日目

高鐵桃園駅で、KKDAYで購入したチケットを指定席券に交換した件


KKDAYというサイトがあります。
ここで台湾の新幹線を予約すると、
20%オフになると、いろいろ調べてると出てきました。

https://www.kkday.com/ja/product/2674

このサイトから、チケットを購入しておき、
いざ新幹線に乗る時に、
駅の窓口で、乗車券&指定席券に替えてもらうというものです。

本当か??
とも思いましたが、大丈夫そうなので、
出発の3日前くらいに購入しました。
すると、メールで確認書が送られてくるので、
それを印刷して台湾へ渡航。

乗車当日、桃園駅の窓口で、
係員にこのバウチャーを見せて、
台南までこれでチケットをくださいと、お願いすると、
次の次の列車新幹線で、指定席券を発行してくれました。

何やら、席を外して、裏の事務所まで行き、
いろいろ手続きをしてくれて、
戻って来て、発券してくれました。

手続きは、かなり簡単ですので、予定が決まっているならば、
KKDAYは利用してもいいんじゃないでしょうか。
高鐵桃園駅構内


交換後は、桃園駅をゆっくりと見学して、
食事を買うところはないか、と探すも、
MRTの駅の周辺と、新幹線の連絡口界隈には、
パン屋くらいしかありません。

仕方なく、ここでパンを買ってみましたが、
新幹線の改札を通り抜けて、
コンコースに降りてみたら、、
なんとお店はたくさんあるじゃあないですか・・・
セブンイレブンもあったりして・・・
しまった!早まった!と思ってももう遅い・・・

仕方なく、コーヒーだけ購入して、
新幹線に乗り込むことにしましたぞ。

空港から、直接高鐵桃園駅に来た場合には、
改札内には、お店有りと覚えておいてくださいな。

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : 高鐵桃園駅, KKDAY, チケット, 新幹線, 予約, 改札内,

2017年12月
台湾へちょこっと仕入と旅行を兼ねて 台南&台北 4日間
1日目


台湾新幹線に初乗車。日本の新幹線とやはり一緒でした。

高鐵桃園駅は、地下ホームなんですね。
MRTで空港から到着しても、
新幹線の線路は見えません。

新幹線というと、高架を走ってるイメージが強いので、
あれ?線路は?となるわけです。

地下にホームがあって、
上り下りが別の階層に分かれてるので、
ホームで新幹線を待つ間に、
どっちから列車が来るのか一瞬わからなかった私。

やがて、左営行きの南下する列車が入線してきました。
高鐵桃園新幹線入線

南下という表現が面白いですね。
ちなみに台北方面は北上ですな。

桃園駅は中間駅で、通過する列車も多く、
乗り込んだのは、いわゆる「こだま」タイプの列車。
それでも、先頭車両の顔つきは、東海道新幹線と同じような・・・
ただ、色がオレンジ基調ですな。

乗り込んでみると、
車内も当たり前ですが、
日本と同じじゃないですか。

しかも、通行も左(対向列車は、右側を通ってすれ違う)
ではないですか。
逆だと思っていたので、意外でした。

日本の技術を使ったので、
日本のそれに倣ったのかもしれませんね。

車内販売や、ごみを集めにくる清掃の方も乗っていて、
座席前のテーブルは閉じた状態だと、
車両の編成案内があったりして、
景色見なければ、日本で新幹線に乗ってるような錯覚に陥りますね。

現在の走行スピードも表示がありました。
293kmを示していましたよ。
現在時速表示_台湾新幹線

日本の新幹線では、この手の表示は最近見なくなったので、
新鮮ですね。293kmかあ・・・)^o^(

途中駅でも、乗り降りがあって、
結構混雑してました。
こうした途中駅で下車してみるのも、
面白いですよね。

というわけで、
1時間40分ほどで、高鐵台南に到着。
ここから、台南市内へは、さらに台鉄に乗るのです。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 台湾新幹線, 新幹線, こだま, 時速, 表示, 日本の新幹線, 途中下車,

2017年12月
台湾へちょこっと仕入と旅行を兼ねて 台南&台北 4日間
1日目


台南に到着後、明日のバスを予約。和欣客運の発着場にて。2列シート車両を予約。


台南に到着。
ようやく着きました。
新幹線の駅から、台鉄に揺られて20分くらい。
結構、離れているんですね。

台南駅前201712


台北への戻りは、
台鉄の特急自強号も考えました。
所要時間は4時間半くらいです。

高鐵台南まで移動して、待ち時間とか考えると、
自強号でも変わらないかなとも思いますが、
ここはあえて、以前から乗りたかったバスにしました。

バスでも2列座席という、豪華シートの並ぶ車両ですよ~

事前調査によると、
和欣客運というバス会社が良さそうなので、
そこで事前に予約をしておこうと思いました。

バスは、3列シートが主流みたいです。
2列はあんまりないみたいですね。

台南から台北への和欣客運のバスは、
かなりの高頻度運行でして、
1時間に何本も出ている様子です。
台北まで所要時間は4時間ほどらしいですね。

駅前に乗り場とオフィスがあったので、
出向いて、明日の分を予約。

英語は通じないので、筆談で買いました。
日にちを書いておけば、間違いを防ぐことができますね。
これ台湾の良い所。
しかし、本日分を間違えて発券されるところでした。
クレジットカードは使えませんでしたね。

で、無事に明日の14:30発、台北行きの、2列座席をゲットです。
どんな豪華車両が来るのでしょうか?
乗り物好きとしては、非常に楽しみなのでした。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 台南, バス, 新幹線, 2列シート, 和欣客運, 3列シート, 自強号, 台鉄,