FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年3月

チェンマイ3日目

さて、ソンテウがエンジン唸らせ、
山道を登りつめると、ワット・プラ・タート・ドイ・ステープへ到着。
下車後、階段を登り始めました。
結構な段数がありますよこれ。

四国にある金比羅さんが思い出されます。
でもタイ人も登ってるから、大丈夫でしょう。
きっと20分もあれば登れるはず。
と、タカをくくってサンダル履きのまま登山開始。

ガイドブックでは入場料がかかるとあったのですが、
登ってく途中では、徴収されるポイントはなし。

かなり登ったところでありました。
料金所が・・・
しかし無人です。
このままスルーしてもわからなそうな雰囲気も。

だけど、ここはお寺ですからね。
我々ツーリストは、スルーするのは心が痛むというわけで、
料金を払う窓口へ行ってお金払って、チケットを。
そして参道へ戻ると、チケットチェックのおじさんが居るではないですか。

さっきはタイミングで居なかったのかも。

さあ、いよいよ本堂に入ります。
靴を脱ぐのが作法なんですが、
ものすごい数の靴やサンダルが入口に放置されています。
さすがに、ここに置いておいたら無くなりそう・・・
というわけで、そこら辺あったロッカーを借りました。

ロッカーと言っても、誰か管理してる人が居るわけではないので、
使用後にお布施を入れるシステム。
ありがたく利用させていただきました。

本堂はこんな感じ↓絵葉書にありますね。これ。
ドイステープ本堂



ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ワット・プラ・タート・ドイ・ステープ, お布施, 本堂, 階段,

2013年3月
チェンマイ4日目

ワット・チェンマンに到着後、しばし雨宿り。
雨が上がったのを見計らって、
本堂内部に入りました。

本堂の内部では、
なにか法要が行われた後のようで、
椅子が多く並べられていました。
きっと大勢の人が訪れたのでしょう。

いくつかのお堂を回ったり、
裏にある仏塔を見たりしていましたが、
このお寺がとても多いですね。

タイはどこに行ってもがいることが多いですが、
このお寺ワットチェンマンは、
居心地がよいのか、多くのに出会えましたよ。
ワットチェンマン2


まるで、お堂を守るかのように、入口の左右で眠っていたりと、
これまた癒されますね。

きっと何かよい流れを、
たちは感じ取っているのかもしれませんね。

裏にあるお堂には、
仏像と仏像の手の指同士を、
紐で結んであったのが、印象的でした。
赤い糸ではないけれど、
きっと何かの意味があるんでしょうね。
ワットチェンマン3


雨も上がり天気も持ち直してきました。
さて、本日のメインのサンデーマーケットへ向かうとしますか。
近いので、徒歩で行きます。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : , ワットチェンマン, お寺, 本堂, お堂,

2014年8月
チェンマイ5日目

さて、朝早起きをして托鉢を見ることができたので、
これはかなりの収穫でしたね。
心洗われるとはこのことなのかもしれません。

少しゆっくりしてお昼過ぎに出発。
目指すは、ワットスアンドークです。
お堀の外側ですね。
適当な場所でソンテウを捕まえて、行き先を告げて乗り込みます。
途中でひろったお客さんを、カードスアンケーオに送ってから、
ワットスアンドークへ。
少し遠回りでしたが、これがソンテウの特徴なんですね。

このお寺は、最初入口がわからずにウロウロしましたが、
どうにか本堂にたどり着けました。
ここのお堂はとても広いですね。
イベントやったら、何人座れるんだろう??
などと想像してしまいました。
ワットスアンドーク


白いチェディーがいくつもあるお寺。
しかし、チェディーよりも本堂が立派だったので、
そちらのほうが印象に残りますね。
ワットスアンドーク2


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ワットスアンドーク, チェンマイ, ソンテウ, 本堂,

2017年3月から4月
タイ買付けへ
10日目

ワットロンクンは、やはり白かったです。観光客も多く混雑。。噂のトイレはいかに・・


ワット・ロンクンは完全に観光地でした。
ありがちな、ショッピングモールもできていて、
お土産も食事も、ここですべて完結できるシステムです。
中国の方のバスが次々とやって来ます。

すでに白いお寺は見えているのですが、
中に入るには入場料が必要です。
1人50バーツ。

境内へ入り、本堂への参道。
まさに地獄か。。。
ワットロンクン2

本堂内は撮影禁止ですが、
壁画がすごい。
ドラえもん、スーパーマン、ウルトラマン、などが、
不思議な絵の中に描きこまれており、
これは何かのメッセージ?と考えさせられてしまう壁面の絵でした。

本堂を出ると、
お守り?が大量に吊るされた藤棚のようなものが。。
ワットロンクン3

それから、噂のトイレ。
やはり金ぴかでした。
内部もとてもきれいです。
掃除する人が常に待機して、目を光らせております。
これでは綺麗に使わざるを得ないのでは・・・との考えは日本人的なのかしら?
ちなみにトイレの金色は、煩悩を表してるそうな。
金銭欲や物欲でしょうな。
ワットロンクン4


あっという間に見学終了してしまいました。
まだまだ、建設の途中でこれからどんどん拡張していくという、
ワットロンクン。
今後が楽しみですね。

それにしても人が多いこと。

市内に戻るとしましょうか。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : ワットロンクン, チェンライ, 中国人, 観光地, バス, トイレ, 本堂, 白い,