FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2013年3月

バンコクのスワンナプーム空港を無事に離陸した、
タイ航空TG116便は、1時間でチェンマイに到着するとの機内アナウンス。
タイ語と英語だけの機内アナウンスを聞いて、
ああ、タイにやって来たんだな。という実感が沸いてきますね。

3人掛け座席の通路と中央に、連れと並んで座っていたんですが、
連れが、飛行機の入口でもらった、タイ語の新聞を広げていると、
窓側のタイ人が、
「タイ語読めるの?」と英語で話してきました。
「いやいや、眺めてるだけですよ」
私は、タイ語は、ほんの少しだけ読めますが、まだまだの領域です。

こんなきっかけから、よく話を聞いてみると、
このタイ人は、オーストラリアのシドニーに住んでいるらしく、
チェンマイに帰省したところだそうです。
オーストラリアでの生活の方が長いようです。
こんなタイ人もいるんですね。
見た感じで、どこの国の人だろう?と思っていたのですが、
タイの方でした。

途中で、機内食のスナックとコーヒーが配られました。
TG116機内食

飛行時間は1時間しかないので、
機内食も、こんな感じの簡易なものになりますね。
それにしても、暖かいコーヒーをいただけるのは、嬉しい限りです。

1時間の飛行時間はあっという間に過ぎて、
徐々に降下し、かなり降りてきたのですが、
私の席からは、あまり地上を確認できませんでした。

晴れているのか、曇っているのかわかりませんが、
ややガスっているようです。
中国のPM2.5なんかも、ちょっと気になるところですね。
そのせいで、なんとなくモヤがかかったように見えるのでしょうか。

そんなことを考えているうちに、
チェンマイ空港に着陸となりました。
チェンマイに来たのは、とても久しぶり。
いつだったか、15年くらい前かもしれません・・・
変貌ぶりが楽しみです。

やがて、飛行機はゲートに入りました。
(つづく)


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : タイ航空, 747, チェンマイ, 機内食, TG,

2014年8月
ちょこっとチェンマイ 1日目

台風の影響で、8時間の遅延となった、
香港航空679便はようやく、那覇を離れて香港へ向かいます。
とっぷりと日は暮れていて、窓の外は闇。

離陸後しばらくすると、
機内食が配られました。
この機内食は、ホットドックか思わせるタイプのパンが一つと、
ドリンクという構成です。
このホットドックのようなパンは、中身がピロシキというか、
肉まんの具みたいな感じで、意外と美味しいです。
写真を撮ろうと思いましたが、どうも良い絵にならないので、やめておきました。

本当は、コーヒーなどのドリンクも配られるはずたったのですが、
気流が悪いところを通過中とかで、
結局その後は、サービスありませんでした。

2時間30分後、ようやく香港の近くまで飛んできましたが、
なにやら、窓の外を見ていると、
月が2回見えて、旋回しているのでは?という疑念が・・・

しばらくすると、案の定、機長からのアナウンスがあり、
香港空港のトラフィックが、落雷と雷雨の影響で、混雑しており、
管制から上空待機ホールディング)を指示されたため、
着陸が40分後になります。」
とのこと。

やれやれ、香港上空でも、またもや待機ですか。
まあ、安全に着陸してくれたらよいので、よしとしますか。

その場所で25分くらい旋回を続けて高度を下げた後、
下に香港の夜景を見下ろしながら、香港空港へとアプローチ。
香港の街の夜景はとても綺麗ですね。
いいもの見させてもらいました。

いよいよ、香港国際空港の滑走路にタッチダウンということになりました。

それにしても、相当の遅れですね。


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : 香港航空, ホットドック, 機内食, 香港空港, タッチダウン, 旋回, ホールディング, 上空待機,

2014年8月
ちょこっとチェンマイ 2日目

スワンナプーム国際空港にて、
バンコクエアウェイズのブティックラウンジを堪能した後は、
いよいよ目的地のチェンマイへ向けて、
バンコクエアウェイズで飛び立ちます。

PG1225

PG1225という4桁のフライトナンバー、機材はエアバスのA319。
日本ではあまりお目にかかれない機体ですので、
あえてこのフライトを選んだ次第です。
本当はもう1本後ろのフライトでもよかったんですが・・・

ゲートナンバーB3より搭乗です。
バンコクエアウェイズの機体には、それぞれ愛称がつけられているのか、
機体の頭の部分に、「Chiang Mai」と書かれています。

ブティックラウンジから、あわてて駆けつけて搭乗かと思いきや、
定刻の11:40より少し遅れるようで、
11:30頃から機内への案内が始まりました。

お客さんはツーリストとタイ人の半々でした。
ヨーロッパ系のツーリストが多いようですね。
やはりタイ人はLCCに流れているんでしょうか。

定刻より5分ほど遅れての離陸。
香港航空での遅れが凄かったので、5分なんて遅延に入りません。
もちろん、バンコクエアウェイズからも遅延した旨の、
お知らせはありませんでした。

やっと目的地チェンマイへのフライトは離陸となったわけです。

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : PG, バンコクエアウェイズ, chiangmai, 機内食, チェンマイ, スワンナプーム,

2014年8月
ちょこっとチェンマイ 2日目

バンコクエアウェイズでは、なんと機内食が出ました。
これは意外な展開です。
PGはLCCではないので、
ドリンクと軽食(パンくらい)のサービスはあると予想はしていましたが、
まさか、結構ちゃんとした機内食が出るとは。

バンコクからチェンマイまでは、
フライト時間にして約1時間です。
バンコクを離陸後、ベルトサインが消えると、
いっせいにCAによって機内食が配られました。
時間がないので、CAは忙しそうです。

こんな感じの機内食です。
PGの機内食です

先程、ラウンジにて少々食べ過ぎてしまいましたが、
ここでもさらに食べることになりました。
バンコクエアウェイズは気前がよいエアラインですね。
ぜひとも、バンコクー日本路線にも飛ばしてもらいたいです。
そういや、以前バンコクー広島に就航して、すぐに撤退したことがありましたっけ。
残念。どこかの日本路線に復活を希望したいものです。

コーヒーも飲んで、一息ついているうちに、
A319型機は、
もう、チェンマイへ向けて高度を降ろし始めました。

外は、雨季のせいか雲が多くて、
それ程天気はよくないようです。
雲を突き抜けて、チェンマイ近郊の村々が見えてきました。

ところどころにワット(お寺)の仏塔がキラリと光り、
「ああ、タイにやってきたのだなあ」と実感させられる光景を見下ろしながら、
チェンマイ空港に着陸となりました。
南側からいつもどおりの着陸です。

ようやく、チェンマイに着きました。
沖縄から香港経由で、本当は近いはずだし、
到着時間も変わらないのですが、
寝てないだけあって、疲れましたね・・・


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村



関連タグ : バンコクエアウェイズ, 機内食, CA, チェンマイ, 香港,

2015年3月
チェンマイへ 1日目

沖縄那覇空港発11:55のチャイナエアライン台北行きは、
少しばかり遅れました。
でもそんなに遅れてはいませんよ。
20分くらいのレベルです。このくらいでは・・・

乗り込む際に、飛行機へのPBBから外を見てみると
面白い並びが撮れました。
ANAスカイマーク香港航空の3機
NHBCHX並び

乗り込む台北行きのCI121便の機材はエアバスのA330です。
だいたい300席くらいの機体ですが、
沖縄から台北への需要はかなり旺盛らしく、
ほぼ満席の状態です。
ボーイング737-800からの機材変更もうなづけます。
たまに、747のジャンボが入ることもあるこの沖縄-台北線。
なかなかやりますねえ。

離陸後、1時間20分くらいで台北に着いてしまうという、
福岡線よりも短い路線なのですが、
ちゃんと機内食も振舞われました。
さすがはチャイナエアライン
それにしても、意外なほど美味しい機内食でした。ごちそうさま。

ゆったりとコーヒー飲んでると、あっという間に石垣島を跳び越して、
台北への着陸態勢に。
ほんとに台湾は近いですねえ。

CAの人たちは笑顔を絶やさずがんばってます。
フライト時間短いのにお疲れ様です。

定刻より10分遅れくらいで、
台北桃園国際空港へ着陸しました。
天気は曇です。

ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 台北, CI, チャイナエアライン, 機内食, 香港航空, ANA, スカイマーク, 那覇,

2016年9月
バンコク&台北 1日目


離陸してベルトサインが消える頃、
改めて機内を見渡すと、
搭乗率は70%くらいでしょうか。
この搭乗率だと、
もしかしたら前日でも比較的安い料金で購入できるのかもしれませんね。

機内販売のワゴンが巡回を開始。
機内食等を販売中。
我々も水でも買おうか・・・
機内誌の一つをチェックしてみると、
水が1本約300円くらいですね。
これなら、買ってから乗るべきだったなあ・・・
まあ、コソコソになるんだけれどね。
放送では、「持ち込みでの飲食はご遠慮ください」とは言っていた。

さらに周りを見てみると、
結構、お菓子なんかを食べてる人もチラホラ。
それを見ても、CAは何も言いません。
そこまで厳格ではないのかもしれませんね。

787の機内で湿度は少し上がったとはいえ、
まだまだ地上に比べたら、低いですからね。
身体によくないので、お茶は飲ませてもらいましたよ。すみません・・・

あとは、寝るなり考え事するなり、
モニターなどが付いていないので、
こうした時間も取れるというのが、LCCの良いところとも言えます。

安く運んでくれるのですから、
あとは、おとなしく座っていればよろしい。

というわけで、ウトウトしてるうち、
バンコクのドンムアン空港に着陸となりました。
少し遅れて出発した割には、
ほとんど定刻通りの運航でしたね。
TZ297出発直前



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 機内, 機内食, コソコソ, スクート, 飲食, 遠慮,