FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版


2016年の3月にタイに行くことに決めました。
で、チケットの確保に走るわけですが、
ここは、LCCで行くことに決定し、
先に台北ーチェンマイまでのチケット。しかも片道を予約したことまでは書きました。

で、続けてピーチの沖縄-台北を取ることにしました。
ちょうど有給取得宣言とやらのセールを全路線で展開してましたので、
ここぞとばかりに台北までのチケットを購入。

行きは、セール運賃の3990円!で買えましたが、
帰りが7180円とやや高めです。
今回は2名で行くので、検索の時点で2名と入力して、料金を調べるんですが、
何故か、1名で検索すると、6480円と出てきます。
どうやら、6480円のチケットは残席1席のようです。

なので、1名分は
行き3990円 帰り6480円(空港諸税は別)
もう1名は
行き3990円 帰り7180円(空港諸税は別)
と分けて予約することで、少しだけ運賃を圧縮しました。

帰りの7180円の枠も、残りが5席くらいとみえました。
(6名で検索すると、もう一段階高い8080円となりましたので)
と、考えるとこの技は、人数が多いときには全体の運賃を安くするにはいいかもです。
8名で行くなら、1名(6480円)、5名(7180円)、2名(8080円)と分けて買ってみると。
ただ、誰がどの運賃で乗るか?精算は?という問題も生じますが、
まあ仲良く頭割りということでうまく活用できるのでは?とも思いましたね。
もしこれから購入を考えてるのであれば、参考までにしてみてくださいね。

あと、片道ずつ買う作戦も考えましたが、
帰りの台北発沖縄の料金は、台湾ドルで計算され、
少し高めの設定となってましたので、やめました。
どうやら、海外発のピーチの料金はやや高めの設定になってるような。
まあ、日本のLCCですから、当たり前なのかもしれませんね。

うーむ。
こうして考えてみると、LCCのチケット購入も奥が深いです。
私は、毎日、何か安くていける方法はないか・・・
と探し回っております。
それにしても、LCCの台頭でよい時代になりましたねえ・・・

あっ、帰りのチェンマイから台北のチケットも取らなきゃ!
買ったら、また報告しますね。

ピーチ沖縄1


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。
http://blog-imgs-88.fc2.com/n/a/n/nanginet/20160111223136188.jpg" alt="トリップアンクル縮小版" border="0" width="204" height="90" />">トリップアンクル縮小版


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ピーチ, LCC, 台北, チェンマイ, 片道, 検索, セール,

2017年6月

ピーチの2名同時予約で、沖縄からバンコクまで片道4000円!破格セール

最近、仕入れや買付によくバンコクに行く機会が増えており、
前からラジオで、沖縄からバンコク直行便の話などをよくしていたのですが、
その念叶ったのか、、
ピーチが那覇-バンコク線を就航してくれまして、
本当にありがたい限りです。

就航してから、早4か月となるのですが、
その期間でも、セールをよくやってくれますね。
これまたとてもありがたいです。ありがとうございます。

すでに今月末のバンコク買付では事前セールで、
片道5590円で予約し、かなり安いなあ・・・と喜んでましたら、
今回は、片道4,000円ということで、
今までに見たことのないセール運賃で、驚いておりました。
ただし、条件付きで2名同時予約だと1名片道4,000円ということだそうで・・・
これはタイが呼んでいるなと・・・
さすがLCC価格。。
MM_BKK4000


明日6月19日までが購入期限となっており、
土壇場まで日程調整がつかず、
日々PCの画面を見ては、まだ4000円チケットあるな・・・などと、かなり悩んでいましたが、
ようやく9月上旬で日程調整がついたので、
思わず片道4,000円!エイヤッ!と購入してしまいました。

こんなに安いなら、仕入れ費用の圧縮ができて、
お客様に還元できるというものです。
しかも、新商品をお選びいただけるチャンスも増えるということで、
我々にもお客様にも良いことばかりとなりますので、
これは、チャンスとばかり、飛びつきました。

総額は、往復2名分で21,440円
これに、発券手数料(クレジットカード時片道440円)がかかるので、
21,440円+440円x2回=22,320円
なので、2で割ると11,160円となります。
荷物もつけず、座席指定もしないということで、
この値段です。1名バンコク往復で1万円と少し・・・
いやあ、すごい金額ですよ。しかも往復ですからね。

この金額なら、かなりお得にバンコクまで行けちゃいますので、
どんどん行ってもらいたいですね。

まだ冬スケジュールが発表されてないので何とも言えませんが、
10月29日以降もバンコク線の存続を願っております。
そのためには、搭乗率を上げていかないとですね。
インバウンドの需要もまだまだ旺盛ですが、
沖縄の方にもぜひ、タイに行ってもらいたいものです。

また、内地の方も沖縄経由でバンコクというパターンもできますので、
片道だけでも沖縄にタッチいただけると嬉しいですね。

あ、私は、ピーチの社員でもなんでもなく、
ただのタイ好きの雑貨店主ですから・・・
誤解なさらないでくださいね。


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : ピーチ, 4,000円, 片道, バンコク, 冬スケジュール, 就航, LCC,

2018年7月
バンコク&チェンマイへの仕入れ旅。毎度のピーチ利用
2日目

トンタリゾートについて、少し補足です。朝食と無料送迎について

トンタリゾートは、1泊2500円程度という、
ありえないくらい安い価格なんですが、
なんと朝食が付いてます。

6:00から10:00までの時間限定です。
この時間にかからない利用方法の方は、
朝食付きプランを選んでも意味ないので、お気を付けください。

朝食付きでこの価格ですから、
朝食無しにすると、もっと安くなります。

それから、空港との往復送迎も付いてます。
1往復は、無料ですが、
連泊した場合は、2回目の空港往復からは、片道150バーツ取るようです。
おそらくチェックインの時か、チェックアウト時に請求されるのでしょう。
空港でのチェックはないので・・・

まあ、ここに連泊しようとは思いませんが・・・
よほど仕入れに良い場所があるとかでないと、連泊はないですね。
連泊してる人はいるのでしょうか。。
トンタリゾートは、
完全に空港トランジットに特化してるという印象です。

で、朝食をいただきました。
いつも通り、プレートに乗ってるだけです。
量は多くありません。
全員が朝食をとってるわけではなさそうですね。

席に座ると、おばちゃんが部屋のリスト持ってきて、
部屋番号と朝食の有無を確認してます。

食べ終わると、やることないので、
さっさと空港に送ってもらいます。

これも、特に予約してるわけではないので、
来たバンに乗り込むだけです。
チェックイン時に聞かれもしません。
宿帳に書く欄はありますが、書いても無駄かも。

一応、30分ヘッドで出発。
毎時00 30 に出発してるみたいです。

たまに、大勢のグループに出くわすと、
次の便に回されて30分待たされることもありそうなので、
時間に余裕をもった方がいいですね。

表に出れば、流しのタクシーとか拾えそうですが、
やったことないので、わかりません。

トンタリゾート玄関201807



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : トンタリゾート, スワンナプーム空港, リゾート, 空港送迎, 片道, タクシー,