FC2ブログ
私の旅行記というか旅行雑感を書いています。Tripuncleのお店に来る人にも役に立てば嬉しいです。
ただのタイが好き、そして旅が好きなTripuncle代表の旅行ブログです。

時系列の問題があるため、左のバーにあるカテゴリーから読みたい記事をクリック願います。 途中からだと何の記事かわからないといったことが起きますので、カテゴリーから入ったほうが読みやすいです。


2015年12月にネットショップ「Tripuncleアジアの暮らし雑貨」をオープン。関連記事も書いていきます。 Tripuncle アジアの暮らし雑貨にて、少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版



2017年8月
山形-仙台-東京とバタバタの旅
2日目

山形県天童市にある、腰掛庵のわらびもちが、とても美味しいかった件

東北の旅は、事前にレンタカーを予約しておいたので、
ドライブしながら周ることになりました。

バジェットレンタカー仙台駅前店まで、
仙台の街を見ながら徒歩移動です。
仙台も大都会ですね。
沖縄から来ると、東京の街を歩いてるのと変わらない感覚です。
日差しは、沖縄と比較すると、まだ弱いので、
暑さを感じないのは助かりますね。

何せ、今日は山寺に行き、1000段に石段を上るのですから・・・
それはさておき、
山寺に到着する前に、どうしても寄りたいお店があったので、
それらのお店を紹介してから、
山寺の記事へと進んでいきましょう。


まずは、国道48号線を経由して山形県天童市へ向かいます。
目的地は、天童市内にある腰掛庵です。

かき氷、わらびもちが有名ですが、
自分としては、田舎饅頭なるものに狙いを絞っていたんです。。

ところが、腰掛庵に到着してみますと、
夏の期間は田舎饅頭は作ってないとのお返事・・・
うーむ、もっとちゃんと調べておけばよかったなあ・・・
まあ、気を取り直して、
わらびもちをゲットしました。

こんな佇まいです。
雰囲気がよいですね。
腰掛庵外観



喫茶コーナーも休業してたので、
テイクアウトとなり、
蔵王温泉の宿に着いてから頂いたんですが、
これまた、何とも言えない食感と、絶妙の甘さの餡子が織りなす、興味深い味に遭遇して、
食べてる間は無言になりました。
美味しいものを食べてると、味わいたくなるので無言になるんでしょうかね。

というわけで、
田舎饅頭の期待を裏切らない、
腰掛庵のわらびもちなのでした。
いやあ、美味しかった。

この腰掛庵ですが、
天童市の住宅街にあるので、
運転して行く時は、歩行者に注意してくださいね。
道も広いわけではないので・・・

山形に来て、次に向かうお店は、
お蕎麦屋さんです。


つづく



Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 腰掛庵, 山形, 天童, わらびもち, 田舎饅頭, 蕎麦, 山寺, 石段,

2017年8月
山形-仙台-東京とバタバタの旅
2日目


ようやく、山寺へ到着。1000段に石段の登山にチャレンジ

腰掛庵のわらびもち
又右エ門そばの日本蕎麦
と食べ歩きのような感じになってきましたが、
今回の旅の目的のひとつは、
宝珠山立石(山寺)の石段を登りきることです。

沖縄に住んでますと、まず歩かなくなりますので、
1000段近い石段を登り切るのは、正直大丈夫か??と不安を抱くことに違いはないのですが、
それでも、
1段ずつ登ると、その段ごとに一つの煩悩が消えていくというところにも惹かれ、
登ってみたいという気持ちにもなりますね。

それと、
お寺そのものが、沖縄には少ないので、
こうしたお寺を見に行くというのも楽しみの一つということになります。

8月の平日ということで、
そんなに激混みではないであろうとの予想で、
カーナビ頼りにレンタカーを走らせます。

さて、
まったく快調に走れる道を走行し、
山寺の入り口の大駐車場までやって来ました。
調べによると、ここに停めると結構歩かねばならなず、
1000段の石段を上り下りした後とあっては、
なるべく歩行を避けたいとの理由から、
山門入口の近くに駐車がベターとの情報があったので、
其れに従い、山門の近くまで車を走らせます。

すると、山門の近くに
比較的安い駐車場を発見!

周囲が500円なのに、なぜか300円!
「ほりかわ」というお店でした。
お店で1080円以上買うと、駐車料金無料となるみたいで、
なんと良心的!

ちょうど空きもあったので、ここに駐車して、
山寺の石段にトライすることにしました。

さあ、準備体操して、いざ!
山寺登山口




つづく


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村


関連タグ : 山寺, 立石寺, 石段, 1000段, 山形, 腰掛庵, 又右エ門, そば,

2017年8月
山形-仙台-東京とバタバタの旅
2日目


山寺にて1000段以上の石段に登った件、結果はいかに


ほりかわに車を停めて、
登り始めます。
登山口?はすぐ近くなので、
たとえ疲れ切って、足が棒になったとしても、
下山後すぐに車まで辿り着くことができます。
これはありがたい!

登山口から山門(ここから入山料あり)までが200段くらい。
山門入ってから、奥の院までが800段あまり。

入山料払ってからが勝負ですね。
山門を入ると、ひたすら石段が続いていきます。
場所によって、登りやすいとこと、
ちょっと足場が悪いなというとこもありますが、
全体としては、きちんと整備されていて、通行には支障はないですね。

雨が降ると滑りやすくなるくらいでしょうか。

登り始めると、
突然山の中の登山道の様相を呈してきますが、
下山してくる人も多く、
途中で写真撮ってる人もいて、
結構な数の人に出会います。

最初は、元気でもだんだん疲れてきて、
おしゃべりもそこそこに、
ひたすら無言で、一段ずつ登っていくということになりますね。
なので、煩悩が1つずつ無くなっていくというのは、本当かもです。

途中で、ポストがあって郵便も出せる休憩場所があって、
またこの場所が、
終点は近いものの、
疲労度はピークに達し、
奥の院はすぐそこなのに・・・
という絶妙なタイミングで、現れる休憩所なものですから、
ついつい休憩したくなるものです。

この場所で、一息入れて、
歩き始めると、終点の奥の院はすぐそこでした。

所要時間は計ってませんが、
30分くらいだったんでしょうか。
休憩入れたらもう少しになるのかなあ・・・

登り詰めた達成感を感じつつ、
奥の院に参拝したのでありました。

山寺奥の院


Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 山寺, 山形, 1000段, 石段, 登山口, ほりかわ, , 所要時間,

2017年8月
山形-仙台-東京とバタバタの旅
2日目

山寺登ったら、奥の院の帰り道、必ず眺望のよい五大堂に立ち寄るべし

奥の院まで登りきって、参拝を終えると、
達成感と共に疲労度が増すのでしょうか。
よって、早く下山したいという衝動に駆られ、
パッともと来た道を戻ってしまいそうですが、
それでは、ちょっと勿体ないですね。

下山ルート上に、「五大堂」という、
とても眺めの良い場所があるんです。
ここに立ち寄らないと、山寺にやって来た楽しみが半減しますね。

奥の院まで登っても、下界はあんまり見えないのですが、
ちょっと寄り道して、五大堂まで来れば、
パッと視界が開けて、
今さっき登り始めたあたりの門前町が一望できます。

この眺めを見れば、
疲労度もかなり解消されますから、
ぜひ、お立ち寄りくださいね。
寄り道といっても、狭い階段を譲り合いながら少し登るだけです。
3分くらいで着きます。

眺め↓
五大堂からの眺め


帰りは、1000段の石段を今度は下ります。
ゆっくりと、いかないと、やばいです。
膝が笑っていますから・・・

登りは息が切れますが、
下りは、膝ががくがくと笑う?ので、
下山する方が慎重になります。

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 山寺, 奥の院, 五大堂, 1000段, 石段, 下山, 眺望,

2017年8月
山形-仙台-東京とバタバタの旅
2日目

山寺のまとめ

①車でやって来たら
駐車場はなるべく登山口に近い所に停めるのがベターです。
1000段の石段を上り下りして、
疲れ切った身体で、また下界の道を10分となると、
ちょっとげんなりしてくるかなと。

あっ、私は沖縄に住んでいて、
普段から歩く距離が少ないので、
こんなことを言うのかもしれませんが・・・

とはいえ、ピークシーズンの大混雑時は、
そんなことも言ってられない状況なのかもしれませんね。
10分くらいなら徒歩でも仕方がない、大したことないと思う方は、
あまり深く考えない方がいいかもです。


②1000段は、登ってみると意外と大丈夫かも
山門で入山料払ってから
奥の院までは800段くらいです。
雨さえ降ってなければ、ちゃんと整備された道ですので、
登りやすいです。
ブログに書いた休憩場所からは、石段の一段が高いような気も・・・
休んでから、体がおかしくなったのかな??
しかし、個人差がありますので、自分のペースで登りましょう。
早い人に合わせると大変ですからね。
所要時間は30分から40分くらいですかね。


③五大堂に立ち寄りをお忘れなく
奥の院を参拝後、
五大堂の見学を忘れないように。
勿体ないですよ・・・
そんな人はいないでしょう!!
と思うかもしれませんが、うちの父親は普通に帰ろうと・・・
「五大堂があるよ!」って止めましたけれど。
まあ、疲れで忘れてるって可能性もありますから、
一応、こうして記載しておきますね。


以上、山寺からのリポートでした。

山寺奥の細道



PS:いつもタイの話ばかりですので、
たまには、新鮮でよいかと思います。

Tripuncle アジアの暮らし雑貨
少しでも旅に行った気分になっていただけたら、という想いを込めて。。

トリップアンクル縮小版

Tシャツの販売も開始!⇒トリップアンクル Tシャツ支店もよろしく


ランキング参加中↓
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連タグ : 山寺, まとめ, 駐車場, 石段, 立石寺, 五大堂,